<   2017年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

白鳥神社(新城市作手清岳宮山)

愛知県新城市作手清岳宮山(旧南設楽郡作手村清岳宮山)は白鳥神社。
国道301号「作手総合支所東」ー「清岳」交差点区間の東。
神社背後には古宮城跡がある。
c0182455_19402481.jpg
手元に参考になる資料がなく創建は不詳だが、
祭神は日本武尊と推測される。
天和3年(1683年)再建された。
新城市裏野にある曹洞宗 永住寺(新城市)の有する銅鑼は
もと当社が有していたともいう。
この銅鑼は長享2年(1488年)の紀年銘がある。

例祭日は不明。2017年10月27日参拝。駐車可。
少し離れて十二所神社(新城市)、臨済宗永源寺派のの正眼寺(新城市)、
白鳥神社(新城市作手鴨ケ谷)、臨済宗永源寺派の甘泉寺がある。

参拝の記録
本年5月新城市に行った際に目の前を通り気になっていた。
社叢は非常に大きく美しい。
古宮城跡は元亀2年(1571年)築城。
作手村は平成17年新城市、鳳来町と合併し、新新城市となった。


当日の参拝経路
明誓寺(豊田市)ー白鳥神社(新城市作手清岳宮山)ー
貴船神社(新城市作手保永)ー摩訶戸神社ー摩訶戸古墳ー石座神社(新城市)

全国の白鳥神社
白鳥神社(富山市寺町)
白鳥神社(富山
市八尾町三田)
白鳥神社(東御市)
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)
白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
白鳥神社(土岐市鶴里町雨沢)
白鳥神社(瑞穂市)
白鳥神社(七宗町)
白鳥神社(養老町)
白鳥神社(神戸町)
白鳥神社(郡上市)
白鳥神社(東郷町)
白鳥神社(岡崎市大西)
白鳥神社(岡崎市大和町)
白鳥神社(豊田市下仁木町)
白鳥神社(豊田市榊野町宮ノ洞)
白鳥神社(豊田市有間町)
白鳥神社(豊川市)
白鳥神社(新城市作手白鳥)
白鳥神社(新城市作手清岳宮山)
白鳥神社(新城市中河内亀田)
白鳥神社(新城市作手鴨ケ谷)
白鳥神社(新城市作手守義)
白鳥神社(新城市愛郷)
白鳥神社(東近江市石谷町)
白鳥神社(東近江市市原野町)
白鳥神社(東近江市高木町)
白鳥若宮社(東近江市)
白鳥神社(宇陀市)


[PR]
by sionozaki | 2017-12-31 19:45 | 愛知県(316) | Comments(0)

明誓寺(豊田市)

愛知県豊田市月原町上向田(旧東加茂郡足助町月原上向田)は明誓寺。
愛知県道11号「下川口」交差点を東へ向かう。
熊野神社(豊田市月原町)の東側。
真宗大谷派。白木山。本尊は阿弥陀如来。
c0182455_17253793.jpg
手元に参考になる資料がなく創建は不詳だが、
もと天台宗寺院で明専院と称していた。
元亀元年(1570年)~天正8年(1580年)の石山合戦の際には
明専寺住職が門徒を連れて石山に籠城した。
合戦後 門徒は国外追放となり
長野県上水内郡信濃町に居住することになった。
同町の明泉寺(信濃町)と関連する。

2017年10月27日参拝。駐車可。
近隣に熊野神社(豊田市月原町)、曹洞宗の慈眼寺(豊田市)、
天神社(豊田市下川口町)、真宗大谷派の栄行寺(豊田市)がある。

参拝の記録
雰囲気は当寺より東にある願永寺(豊田市)に良く似ている。
手水舎の鉢に山号の「白木山」と刻まれている。
近隣の曹洞宗 慈眼寺(豊田市)の創建などは不明であるというが、
現在は非常に廃れた寺院となっている。
月原町は「わちばら」町と読む。
足助町は平成17年周辺の町村とともに豊田市に編入合併された。
長く参拝したいと思っていた寺院に参拝でき、嬉しく思います。


当日の参拝経路
明誓寺(豊田市)ー白鳥神社(新城市作手清岳宮山)ー
貴船神社(新城市作手保永)ー摩訶戸神社ー摩訶戸古墳ー石座神社(新城市)
全国の明誓寺
明誓寺(青森市)
明誓寺(新潟市西蒲区)
明誓寺(新潟市南区)
明誓寺(豊田市)
明誓寺(吹田市)


[PR]
by sionozaki | 2017-12-31 14:55 | 愛知県(316) | Comments(0)

名古屋市~滋賀県甲賀市、京都府和束町、南山城村、奈良県奈良市 滋賀県道5号線

2017年11月21日(火)に滋賀県甲賀市、
京都府和束町、南山城村、奈良県奈良市へ行く。
昨年7月に滋賀県甲賀市信楽町に行った際に「和束」という
表記があってとても関心を抱いていた。

国道1号にて桑名市、国道421号にて東近江市、
国道307号にて甲賀市信楽町へ。
甲賀市信楽町の国道307号「中野」交差点の一つ西の
信号機のない交差点を南へ、京都府和束町に至る。
和束町は京都府東部にあり相楽郡に属す、
茶畑のある風景が有名で日本で最も美しい村連合に加盟している。
途中 国道421号の石榑峠では雪に遭遇する、
雪道は運転できないので少し焦るが、
積雪とは言えない程度の雪で何とか越えることができた。
雪が降る前に一度何処かへ行こうと思った旅行で雪に遭ってしまった、
今冬は早期から積雪が多いので良く行く彦根方面、
中津川市方面にしても控えたいと思っている。

朝は5時の出発、
9時前に最初の目的地の八阪神社(甲賀市信楽町柞原)に到着した。
八阪神社のある甲賀市信楽町柞原。
c0182455_10240902.jpg
国道307号から入った滋賀県道5号は道を進むごとに細くなって行く。
京都府に入れば甲賀では見なかった茶畑が徐々に現れ、
臨済宗永源寺派の大智寺(和束町)に着く。
ナビ等を使えば別だが大智寺(和束町)は分かりにくい場にある、
県道5号沿いの空きスペースに車を置き急な坂道を歩いた。
当寺のある和束町湯船中山地区は一昔前の住宅が多くあり、
少しだが茶畑もあって心が動かされる。

その先に白山神社(和束町湯船五ノ瀬)があり、
今日の一大目的地であったが都合で参拝できなかった。
更に進むと和束天満宮の看板が見える、
和束天満宮は和束町で最も著名な神社である。
c0182455_11265537.jpg
社域は広く、本殿は国指定重要文化財。
次に参拝する戸隠神社(奈良市須川町)、
九頭神社(奈良市西狭川町)にしてもそうだが
京都や奈良中心部の人の多い神社を見るよりゆっくり楽しめる。

和束町役場を過ぎた「白栖橋」交差点付近には安積親王陵墓がある。
安積親王は聖武天皇の第二皇子。
茶畑に囲われた中にあって和束町独特の光景は美しく、
今まで見てきた中でも指折りの情景。
また「白栖橋」を反対方向に向かえば臨済宗永源寺派の正法寺(和束町)、
高野山真言宗の蓮花寺(和束町)がある。
正法寺は偶然参拝できた寺院であったが紅葉の名所である、
また創建は行基菩薩と伝え当地域の古刹である。
c0182455_12282058.jpg
安積親王墓を過ぎて南下すれば国道163号と合流する。
伊賀や木津地域は自動車免許を取得した始めの頃、
良く来ていた地域だけあって懐かしく思う。
163号を西へ向かい上狛から国道24号を北上、
蟹満寺や和伎坐天乃夫支売神社に行こうとも思ったが今回は見送った。
今回は恋志谷神社、
そして奈良県道33号にて須川町方面へ向かうことにする。
c0182455_12305421.jpg
恋志谷神社本殿は2~3年前に改修した様子であった。
神社近くの真言宗大覚寺派の真輪院(南山城村)
真言宗智山派の春光院(南山城村)は見ないでしまった。
神社前で見知らぬ人から蜜柑を貰って気が動転してしまった。
再び西へ戻って国道163号「笠置大橋」交差点を南へ向かい、
奈良県道33号にて奈良市須川町に至った。
奈良県道・京都府道33号奈良笠置線沿いを走れば、
田部神社、九頭神社(奈良市西狭川町)があり、
「須川」交差点南には戸隠神社(奈良市須川町)がある。
戸隠神社(奈良市須川町)の社叢。
c0182455_12414187.jpg
奈良市西部や木津川、笠置付近の道はとても狭いが、
当社のある奈良県道184号須山西狭川線は更に狭い。
軽自動車だったり傷をつけてもいい車で来るのならいいが、
正直将来新車を買った場合 その車では来たくないと思ってしまうだろう。
この日の天候は別段悪くなかったが、
洗い越しに近い場所もありタイヤが泥まみれになってしまった。
この後迷って奈良県庁や東大寺付近まで行ってしまったが、
また「須川町」交差点に戻った。
そして国道163号にて伊賀市、津市へと下道で戻りました。
もともと三重県はスピードを出す県と思っていますが、
夜間の国道163号は皆速度が速く大分疲れました。

今回は八阪神社(甲賀市信楽町柞原)、大智寺(和束町)、
和束天満宮、正法寺(和束町)、恋志谷神社、戸隠神社(奈良市須川町)、
九頭神社(奈良市西狭川町)の7ヶ所を紹介しています。
和束や笠置など磨崖仏が多くあり、今後磨崖仏も見ようと思います。

今後の更新は豊田、新城、豊田、恵那、大府、豊田、
甲賀、和束、奈良、安八、神戸の順番で行います。
全ての記事を濃い黒色にする作業を行っていますので、
全体的に更新が遅れます。





[PR]
by sionozaki | 2017-12-31 09:40 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

六所神社(長浜市余呉町菅並)

滋賀県長浜市余呉町菅並(旧伊香郡余呉町菅並)は六所神社。
国道365号「余呉支所前」交差点を東へ向かう。
延喜式神名帳近江国伊香郡の波彌神社の論社。
他の論社は伊豆神社(長浜市)境内社の波彌神社、
八幡神社(長浜市木之本町飯之浦)。
宗派不明の東林寺(長浜市)が隣接する。
c0182455_17211377.jpg
祭神 伊弉諾尊、大己貴命、大山祇命、
菊理姫命、金峰大神、菅原道真。
古く神社前の高時川に大蛇が棲み危害を与えていた。
そこへ六人の山伏が来て退治したと伝える。
明治9年村社指定。
明治42年神饌幣帛料供進神社指定。

例祭日は4月11日。2017年10月10日参拝。駐車可。
近隣に曹洞宗の洞寿院(長浜市)、
春日神社(長浜市余呉町田戸)がある。

参拝の記録
木之本・余呉地域は日本で最も好きな地域であるし、
当社は最も好きな神社。
余呉地域の最も奥地にあり福井県南越前町とも近い。
神社前には豊富な水量を誇る二つの川が合流し、古い家々が並ぶ。
様々な地域に出掛けているが風景はどこよりも素晴らしく、
私の神社・寺院散策の根幹。
洞寿院(長浜市)はこの地域の曹洞宗の中心寺院で、
木造観音菩薩立像は国指定重要文化財。
春日神社(長浜市余呉町田戸)は当社より奥にあり、
現在は通行止めにつき車では行くことができない。


当日の参拝経路
河脇神社(愛荘町)石部神社(愛荘町)白山神社(愛荘町)
若宮八幡宮(東近江市五個荘石塚町)長勝寺(東近江市)
乎加神社神郷亀塚古墳麻蘇多神社天八百列神社
天正寺(長浜市)大澤寺(長浜市)大澤神社
観音寺(長浜市木之本町黒田)六所神社(長浜市余呉町菅並)


[PR]
by sionozaki | 2017-12-22 11:46 | 滋賀県(175) | Comments(0)

観音寺(長浜市木之本町黒田)

滋賀県長浜市黒田(旧伊香郡木之本町黒田)は観音寺。
国道8号と国道365号が交差する「木之本IC口」交差点を北へ。
越前市方向へ向かう国道365号の余呉川付近にあり、
周辺には重要な社寺が密集する。
c0182455_17182280.jpg
手元に参考になる資料がなく創建は不明。
木造伝十一面観音立像は国指定重要文化財。
十一面観音立像は高さ199cm、一木造の素地仏。
一説には准胝観音であるという説がある。
地域住民により管理され、拝観も可能である。

2010年11月19日参拝。2017年10月10日二度目の参拝。
東側に観光駐車場あり。
近隣にともに曹洞宗の天正寺(長浜市)、大澤寺(長浜市)、
黒田神社(長浜市)、真宗大谷派の明徳寺(長浜市)、
浄土宗の正覚寺(長浜市)がある。

参拝の記録
木之本・余呉地域は日本で最も好きな地域であるし、
当寺は最も好きな寺院。
2010年参拝から屋根が葺替られていた。
黒田神社は延喜式神名帳近江国伊香郡の黒田神社に比定され、
祭神は大己貴命、黒田大連。
周辺寺院はいずれも古寺である。


当日の参拝経路
河脇神社(愛荘町)石部神社(愛荘町)白山神社(愛荘町)
若宮八幡宮(東近江市五個荘石塚町)長勝寺(東近江市)
乎加神社神郷亀塚古墳麻蘇多神社天八百列神社
天正寺(長浜市)大澤寺(長浜市)大澤神社
観音寺(長浜市木之本町黒田)ー六所神社(長浜市余呉町菅並)


[PR]
by sionozaki | 2017-12-22 11:05 | 滋賀県(175) | Comments(0)

大澤神社

滋賀県長浜市黒田(旧伊香郡木之本町黒田)は大澤神社。
国道8号と国道365号が交差する「木之本IC口」交差点を北へ。
越前市方向へ向かう国道365号の余呉川付近にあり、
周辺には重要な社寺が密集する。
延喜式神名帳近江国伊香郡の大澤神社に比定される。
c0182455_18312733.jpg
祭神 沢道彦命。また大国主命。
開化天皇58年の創建と伝える。
明治9年村社指定。
手元に参考になる資料がなく、その他の由緒は不明。

例祭日は4月17日。2017年10月10日参拝。観音寺近くに観光駐車場あり。
近隣にともに曹洞宗の天正寺(長浜市)、大澤寺(長浜市)、
黒田神社(長浜市)、臨済宗妙心寺派の観音寺(長浜市木之本町黒田)、
真宗大谷派の明徳寺(長浜市)、
浄土宗の正覚寺(長浜市)がある。

参拝の記録
木之本・余呉地域は日本で最も好きな地域。
式内社 黒田神社(長浜市)の西、
観音寺(長浜市木之本町黒田)の東。
黒田神社は延喜式神名帳近江国伊香郡の黒田神社に比定され、
祭神は大己貴命、黒田大連。
周辺寺院はいずれも古寺である。


当日の参拝経路
河脇神社(愛荘町)石部神社(愛荘町)白山神社(愛荘町)
若宮八幡宮(東近江市五個荘石塚町)長勝寺(東近江市)
乎加神社神郷亀塚古墳麻蘇多神社天八百列神社
天正寺(長浜市)大澤寺(長浜市)大澤神社ー
観音寺(長浜市木之本町黒田)六所神社(長浜市余呉町菅並)


[PR]
by sionozaki | 2017-12-19 18:23 | 滋賀県(175) | Comments(0)

大澤寺(長浜市)

滋賀県長浜市黒田(旧伊香郡木之本町黒田)は大澤寺。
国道8号と国道365号が交差する「木之本IC口」交差点を北へ。
越前市方向へ向かう国道365号の余呉川付近にあり、
周辺には重要な社寺が密集する。
曹洞宗。龍頭山。本尊は十一面千手観音。
同名寺院に大澤寺(大町市)、大澤寺(五條市)などがある。
c0182455_16321746.jpg
神亀年間(724年~729年)行基に依り創建と伝える。
天正11年(1583年)賤ヶ岳の合戦により伽藍を焼失した。
大澤寺梵鐘は長浜市指定文化財。
高さ101cmのもので、
印刻に「近江国伊香郡中庄黒田郷大澤寺鐘之事 領家方村人
右修理田者成国名内三反反 一反半者修理田
二反田半者鐘撞給也 応永十九年壬辰九月十四日」などとあり、
応永19年(1412年)のものと判明している。

2017年10月10日参拝。観音寺近くに観光駐車場あり。
近隣に曹洞宗の天正寺(長浜市)、大澤神社、
黒田神社(長浜市)、臨済宗妙心寺派の観音寺(長浜市木之本町黒田)、
真宗大谷派の明徳寺(長浜市)、
浄土宗の正覚寺(長浜市)がある。

参拝の記録
木之本・余呉地域は日本で最も好きな地域。
式内社 黒田神社(長浜市)の西、
観音寺(長浜市木之本町黒田)の東。
黒田神社は延喜式神名帳近江国伊香郡の黒田神社に比定され、
祭神は大己貴命、黒田大連。


当日の参拝経路
河脇神社(愛荘町)石部神社(愛荘町)白山神社(愛荘町)
若宮八幡神社(東近江市五個荘石塚町長勝寺(東近江市)
乎加神社神郷亀塚古墳麻蘇多神社天八百列神社
天正寺(長浜市)大澤寺(長浜市)大澤神社
観音寺(長浜市木之本町黒田)六所神社(長浜市余呉町菅並)


[PR]
by sionozaki | 2017-12-16 16:46 | 滋賀県(175) | Comments(0)

天正寺(長浜市)

滋賀県長浜市黒田(旧伊香郡木之本町黒田)は天正寺。
国道8号と国道365号が交差する「木之本IC口」交差点を北へ。
越前市方向へ向かう国道365号の余呉川付近にあり、
周辺には重要な社寺が密集する。
曹洞宗。大音山。本尊は釈迦如来。
同名寺院に天正寺(大町市)、天正寺(大阪市)がある。
c0182455_18523145.jpg
手元に参考になる資料がなく創建は不詳だが、
もと天台宗寺院である。
天正18年(1590年)余呉の洞寿院11世在天永察が再興、
曹洞宗に改宗した。明治13年になって現在地に移転。

2017年10月10日参拝。観音寺近くに観光駐車場あり。
近隣に曹洞宗の大澤寺(長浜市)、大澤神社、
黒田神社(長浜市)、臨済宗妙心寺派の観音寺(長浜市木之本町黒田)、
真宗大谷派の明徳寺(長浜市)、
浄土宗の正覚寺(長浜市)がある。


参拝の記録
木之本・余呉地域は日本で最も好きな地域。
式内社 黒田神社(長浜市)の西、
観音寺(長浜市木之本町黒田)の東。
山号の大音山は木之本町大音に因むものと考えられる。
黒田神社は延喜式神名帳近江国伊香郡の黒田神社に比定され、
祭神は大己貴命、黒田大連。

当日の参拝経路
河脇神社(愛荘町)石部神社(愛荘町)白山神社(愛荘町)
若宮八幡神社(東近江市五個荘石塚町長勝寺(東近江市)
乎加神社神郷亀塚古墳麻蘇多神社天八百列神社
天正寺(長浜市)大澤寺(長浜市)大澤神社
観音寺(長浜市木之本町黒田)六所神社(長浜市余呉町菅並)


[PR]
by sionozaki | 2017-12-15 18:53 | 滋賀県(175) | Comments(0)

天八百列神社

滋賀県長浜市高月町熊野(旧伊香郡高月町熊野)は天八百列神社。
国道8号「長浜市役所高月支所前」交差点を西へ向かう。
延喜式神名帳近江国伊香郡の天八百列神社に比定される。
c0182455_09353699.jpg
祭神 八瓜入日子王命(やうりいりひこのみこのみこと)。
創建は不詳だが、
弘仁元年(810年)最澄が寺院を建立する際に当社を鎮守としたという。

例祭日は4月2日。2017年10月10日参拝。駐車場なし。
近隣に意波閇神社(長浜市西阿閇)、乃伎多神社、
片山神社(長浜市)などがある。


参拝の記録
意波閇神社(長浜市西阿閇)の北西にあり、社叢が大きい。
田舎だが神社前は案外交通量がある。
近隣の国指定史跡 古保利古墳群は、
130基以上の古墳からなる大規模なもので
県指定史跡だったものが2003年国指定史跡となった。
片山神社は祭神 天日方と奇日方命。創建は不詳である。
高月町は平成22年長浜市に編入合併された。


当日の参拝経路
河脇神社(愛荘町)石部神社(愛荘町)白山神社(愛荘町)
若宮八幡神社(東近江市五個荘石塚町長勝寺(東近江市)
乎加神社神郷亀塚古墳麻蘇多神社天八百列神社ー
天正寺(長浜市)大澤寺(長浜市)大澤神社
観音寺(長浜市木之本町黒田)六所神社(長浜市余呉町菅並)


[PR]
by sionozaki | 2017-12-09 09:16 | 滋賀県(175) | Comments(0)

麻蘇多神社

滋賀県長浜市益田町(旧東浅井郡びわ町益田)は麻蘇多神社。
国道8号「馬渡橋北詰」交差点を西へ向かう。読み「まそだ」。
延喜式神名帳神名帳近江国浅井郡の麻蘇多神社に比定される。
c0182455_09322320.jpg
祭神 白髮神、大山咋命。
創建は不詳。
当社の社叢を「益田の杜」とも呼ばれた。
平安時代後期の公家 藤原顕輔の詠んだ和歌に
「すべらぎを まもりますだの もりなれや あから柏の
あからめもせず」があり、益田の杜は当社を指す。
明治9年村社指定。
社宝に永禄6年(1563年)の紀年銘がある鉄製釣燈籠がある。

例祭日は4月17日。2017年10月10日。駐車可。
近隣に真宗大谷派の真宗寺(長浜市)、
真宗本願寺派の真勝寺(長浜市)、
大安養神社、小江神社(長浜市湖北町海老江)がある。

参拝の記録
県道44号線「安養寺」交差点より南、長浜市立びわ北小学校の近く。
「まそだ」という神社名は変わっている。
びわ町は平成18年長浜市に編入合併された。


当日の参拝経路
河脇神社(愛荘町)石部神社(愛荘町)白山神社(愛荘町)
若宮八幡神社(東近江市五個荘石塚町)長勝寺(東近江市)
乎加神社神郷亀塚古墳ー麻蘇多神社ー天八百列神社
天正寺(長浜市)大澤寺(長浜市)大澤神社
観音寺(長浜市木之本町黒田)六所神社(長浜市余呉町菅並)


[PR]
by sionozaki | 2017-12-08 15:43 | 滋賀県(175) | Comments(0)