<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

八坂神社(松本市)

長野県松本市里山辺は八坂神社。読み「やさか」。
国史見在社論社の須々岐水神社(松本市)

神宮寺の兎川寺や高校野球で知られる松商学園高校の近く。

c0182455_20581428.jpg
創建は不詳。
祭神は素戔嗚尊、櫛田姫命、大己貴命。
もと「天王社」、「牛頭天王」と称され、
疫病の神として信仰があったという。
1871年(明治4年)に八坂神社に改称。
本殿は1745年(延享2年)の建立で、茅葺三間社流造。
境内社に愛染社、事平社、稲荷社、水神社、戸隠社、古宮社、
大将軍社、小八幡社、神明社、若宮八幡社、
秋葉社、ほか自然石がある。
また「修羅」という巨石運搬用の器具を有している。
修羅は社殿横に建物を設けて保存されているが、
長く舞屋の床下にあった。
欅材、2.3メートルのもの。修羅はとても珍しい。

例祭は5月5日(宵祭)、5月6日(本祭)。
2012年1月9日参拝。駐車可。
近隣に須々岐水神社、兎川寺、針塚古墳がある。


[PR]
by sionozaki | 2012-01-31 20:58 | 長野県(87) | Comments(0)

穂高神社

長野県安曇野市穂高(旧南安曇郡穂高町穂高)は穂高神社。
国道147号「穂高駅入口」交差点を西へ向かう。
延喜式神名帳信濃国安曇郡の穂高神社に比定される。
旧国幣小社。旧県社。名神大社。
c0182455_20334663.jpg
祭神 穂高見命、瓊々杵命、綿津見命。
また別宮に天照大御神を祀る。
諸説あるが古く祭神は一坐であったともいう。
6世紀頃安曇氏はこの地に定着、
祖神である綿津見命を奉斎したものと考えられる。
穂高見命は綿津見命の御子神である。
貞観元年(859年)2月に正五位上の神階の記述がある。
延長5年(927年)の延喜式神名帳の信濃国安曇郡の
穂高神社に比定され、名神大社である。
社殿は穂高造という独特の様式を伝える。
松本市安曇の前穂高岳山麓に奥宮があり、穂高見命を祀る。
また奥穂高岳山頂には嶺宮がある。
近世は「穂高宮」と称されていた。
江戸時代には境内社に薬師堂があった。
境内社に若宮社、秋葉社、子安社、保食社、
鹿嶋社、八坂社、八幡社などがある。
明治15年県社指定。昭和15年国幣小社となる。境内社。
c0182455_20345053.jpg
穂高神社御船神事は長野県選択無形民俗文化財。
御船神事(御船祭)は毎年9月27日に行われる。

本宮例祭日は9月26日。奥宮例祭日は10月8日。
2012年1月6日参拝。駐車場あり。
近隣に日蓮宗の妙法寺(安曇野市)がある。


参拝の記録
JR大糸線 穂高駅を降りてすぐ。
長野県下屈指の名社。境内に穂高神社資料館がある。
穂高町は平成17年周辺町村と合併し安曇野市となる。

今回の旅行の参拝経路
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
栄珠庵(松本市)ー武水別神社ー信濃国分寺ー犀宮神社
廣田社(安曇野市)ー八幡宮(安曇野市明科東川手)ー中村大己神社
日置神社(生坂村北陸郷)田島堂(生坂村)細野神社(松川村)
穂高神社八坂神社(松本市)須々岐水神社(松本市)
大門神社(塩尻市)ー阿禮神社ー諏訪大社手長神社(諏訪市)


[PR]
by sionozaki | 2012-01-31 20:29 | 長野県(87) | Comments(0)

細野神社(北安曇郡松川村)

長野県北安曇郡松川村小ノ口は細野神社。
松川村内の国道147号「細野」交差点付近。
c0182455_17175072.jpg
祭神 建御名方命、八坂刀女命、誉田別命。
諏訪神社、八幡神社はもと別の神社で明治41年に合祀された。
細野神社本殿は松川村指定文化財。
本殿は一間社流造、間口2.27m、銅板葺。
屋根裏垂木の墨書銘により寛政9年(1797年)の建立で、
大工は安曇野市堀金の浅川豊八であることが分かっている。
江戸時代の神社建築としては松川村唯一のものである。

例祭日は不明。2012年1月6日参拝。駐車可。

参拝の記録
JR大糸線 細野駅から徒歩5分程度。
神社東側を高瀬川が流れる。
踏切を越えねばならないが道の駅 安曇野松川からも近い。


今回の旅行の参拝経路
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
栄珠庵(松本市)ー武水別神社ー信濃国分寺ー犀宮神社
廣田社(安曇野市)ー八幡宮(安曇野市明科東川手)ー中村大己神社
日置神社(生坂村北陸郷)田島堂(生坂村)細野神社(松川村)
穂高神社八坂神社(松本市)須々岐水神社(松本市)
大門神社(塩尻市)ー阿禮神社ー諏訪大社手長神社(諏訪市)


[PR]
by sionozaki | 2012-01-27 19:54 | 長野県(87) | Comments(0)

田島堂(生坂村)

長野県東筑摩郡生坂村下生野は田島堂。
国道19号「下生野」交差点を西へ向かう。
c0182455_19535693.jpg
古く大登庵と称し当地より東の大林北にあったが、
明和年間(1764年~1772年)現在地に移ったと伝えられる。
明治から昭和に掛けて周辺の阿弥陀堂、
五社下にあった大日堂、池沢の薬師堂から
仏像を集めて田島堂と改称した。
田島堂の仏像は生坂村指定有形文化財。
仏像には阿弥陀如来坐像、大日如来坐像、
薬師如来立像、地蔵菩薩立像、釈迦如来坐像などがある。
ほか境内に三界万霊塔、名号塔などがある。

2011年1月6日参拝。駐車可。

参拝の記録
国道19号「下生野」交差点付近にあり赤い屋根が良く目立つ。
当堂のほか徒歩5分程の場に観音堂がある。
観音堂には観音菩薩像などを有するが建物の傷みが激しい。


今回の旅行の参拝経路
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
栄珠庵(松本市)ー武水別神社ー信濃国分寺ー犀宮神社
廣田社(安曇野市)ー八幡宮(安曇野市明科東川手)ー中村大己神社
日置神社(生坂村北陸郷)田島堂(生坂村)細野神社(松川村)
穂高神社八坂神社(松本市)須々岐水神社(松本市)
大門神社(塩尻市)ー阿禮神社ー諏訪大社手長神社(諏訪市)


[PR]
by sionozaki | 2012-01-27 19:52 | 長野県(87) | Comments(0)

日置神社(生坂村北陸郷日岐)

長野県東筑摩郡生坂村北陸郷日岐は日置神社。
生坂村内の国道19号「下生野」交差点を概ね西方向へ向かう。
延喜式神名帳信濃国更科郡の日置神社の論社。
日置神社(生坂村上生坂)、日置神社(長野市信州新町日原)。
c0182455_235647.jpg
祭神 彦火火出見尊、天照大御神、菅原道真。
白鳳7年(678年)日置部眞木己利という者の創建と伝える。
鎮座地の字を日岐といい、日岐神社とも表記される。
全国にある日置神社と同様 日置部に関わる神社である。
寛弘年間(1004年~1011年)再興されたという。
境内社に金刀比羅社などがあるが一部損傷が激しい。
宝蔵には「太陽の神紋」が描かれている。
c0182455_1431134.jpg
日置神社境内社金刀比羅社、日置神社天神縁起、
日置神社禁制、日置神社神鏡、日置神社家鴨文字巻物、
日置神社天神坐像は生坂村指定文化財。
金刀比羅社は安曇野市穂高町岩原出身の
浅川豊八という大工の手に依るものである。

例祭日は9月第四日曜日。2012年1月6日参拝。駐車場なし。


参拝の記録
国道19号「下生野」交差点を西へ、
犀川を渡りすぐ東進(右折)する。社殿裏手を犀川が流れる。
日置神社(生坂村上生坂)は生坂村役場付近にあり
祭神は彦火火出見尊。いずれ参拝したい。

今回の旅行の参拝経路
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
栄珠庵(松本市)ー武水別神社ー信濃国分寺ー犀宮神社
廣田社(安曇野市)ー八幡宮(安曇野市明科東川手)ー中村大己神社
日置神社(生坂村北陸郷)田島堂(生坂村)細野神社(松川村)
穂高神社八坂神社(松本市)須々岐水神社(松本市)
大門神社(塩尻市)ー阿禮神社ー諏訪大社手長神社(諏訪市)

全国の日置神社
日置神社(立山町利田)
日置神社(立山町日中)
日置神社(高浜町)
日置神社(長野市信州新町日日原)
日置神社(生坂村北陸郷日岐)
日置神社(生坂村上生坂)
日置神社(名古屋市)
日置八幡宮
日置神社(高島市)

[PR]
by sionozaki | 2012-01-26 03:35 | 長野県(87) | Comments(0)

中村大己神社

長野県安曇野市明科南陸郷(旧東筑摩郡明科町南陸郷)は中村大己神社。
国道19号「下生野」ー「木戸」交差点区間の西側。
c0182455_1564270.jpg
祭神 大己貴命。
手元に参考になる資料がなく創建は不明。
中村大己神社本殿二棟は安曇野市指定有形文化財。
本殿二棟は共に一間社流造、銅板葺で、
寛政9年(1795年)の建立と見られる。
神社入口には数基の道祖神がある。

例祭日は不明。2012年1月6日参拝。駐車可。
近隣に金山神社(安曇野市)、高野山真言宗の泉福寺(安曇野市)、
和泉神社(安曇野市)がある。

参拝の記録
松本市と長野市を結ぶ国道19号から逸れる。
安曇野市陸郷簡易郵便局付近にあり、社叢が大きい。
泉福寺(安曇野市)は名刹で、泉福寺の絹本十二天画像、
絹本不動明王像、紙本武田信玄禁制札は安曇野市指定文化財。
明科町は平成17年周辺町村と合併し安曇野市となる。
駐車場はないが、田舎につき駐車可としています。


今回の旅行の参拝経路
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
栄珠庵(松本市)ー武水別神社ー信濃国分寺ー犀宮神社
廣田社(安曇野市)ー八幡宮(安曇野市明科東川手)ー中村大己神社ー
日置神社(生坂村北陸郷)田島堂(生坂村)細野神社(松川村)
穂高神社八坂神社(松本市)須々岐水神社(松本市)
大門神社(塩尻市)ー阿禮神社ー諏訪大社手長神社(諏訪市)


[PR]
by sionozaki | 2012-01-25 01:55 | 長野県(87) | Comments(0)

廣田社(安曇野市)

長野県安曇野市明科中川手(旧東筑摩郡明科町明科中川手)は廣田社。
国道19号線「東栄町」交差点付近。
c0182455_1333557.jpg
祭神は御饌津命。
創建についての資料等がないといい創建時期は不詳である。
明治4年の「神社取調書上帳」には廣田社祭神は御饌津命で、
末社に龍神宮があることが記されている。
本殿は明治初年、拝殿は昭和15年の建立である。

例祭日は10月第一日曜日。2012年1月6日参拝。駐車可。
近隣に日蓮宗の安國寺(安曇野市)がある。

参拝の記録
JR篠ノ井線 明科駅から徒歩5分程度。
中川手には他に白山神社(安曇野市明科中川手)がある。
明科町は平成17年周辺町村と合併し安曇野市となる。


今回の旅行の参拝経路
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
栄珠庵(松本市)ー武水別神社ー信濃国分寺ー犀宮神社
廣田社(安曇野市)ー八幡宮(安曇野市明科東川手)ー中村大己神社
日置神社(生坂村北陸郷)田島堂(生坂村)細野神社(松川村)
穂高神社八坂神社(松本市)須々岐水神社(松本市)
大門神社(塩尻市)ー阿禮神社ー諏訪大社手長神社(諏訪市)


[PR]
by sionozaki | 2012-01-25 01:31 | 長野県(87) | Comments(0)

犀宮神社

長野県安曇野市明科中川手(旧東筑摩郡明科町中川手)は犀宮神社。
国道19号「光橋東」ー「東栄町」交差点区間。
c0182455_1436520.jpg
創建は不詳(日本の神々、白水社)。
祭神についても未詳だが、
東筑摩郡村誌に「日本武尊、大山祇神、建御名方命」とある。
鳥居と社殿は東側を向き、
鳥居は篠ノ井線の線路とすれすれの所に建つ。
当社が穂高神社の丁度東方にあることから、
穂高神社と関係があると見られる。
また当地付近に犀龍という女性の龍が棲み、
この龍の体が赤かったことから当社では赤色の幟を立てるという。
犀龍は泉小太郎の母と伝える。

例祭日は不明。2012年1月6日参拝。駐車場なし。
近隣に共に浄土宗の宗林寺(安曇野市)、給然寺、
高野山真言宗の長光寺(安曇野市)がある。


参拝の記録
神社前を犀川が流れる。
交通量の多い国道19号沿い。
明科町は平成17年周辺町村と合併し安曇野市となる。

今回の旅行の参拝経路
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
栄珠庵(松本市)ー武水別神社ー信濃国分寺ー犀宮神社ー
廣田社(安曇野市)ー八幡宮(安曇野市明科東川手)ー中村大己神社
日置神社(生坂村北陸郷)田島堂(生坂村)細野神社(松川村)
穂高神社八坂神社(松本市)須々岐水神社(松本市)
大門神社(塩尻市)ー阿禮神社ー諏訪大社手長神社(諏訪市)


[PR]
by sionozaki | 2012-01-24 15:06 | 長野県(87) | Comments(0)

武水別神社

長野県千曲市八幡町(旧更埴市八幡町)は武水別神社。
国道18号「打沢」交差点を西へ「八幡辻」を北へ向かう。旧県社。
延喜式神名帳信濃国更級郡の武水別神社の論社。
他の論社は長野市の樋知大神社。
c0182455_759852.jpg
祭神 武水別神、誉田別命、息長足比売命、比咩大神。
創建は第8代孝元天皇の御代と伝える。
延喜元年(901年)完成の「日本三代実録」の
貞観8年(866年)条に従二位の神階の記述がある。
通称「八幡宮」と称するが、
八幡神の勧請は安和元年(968年)石清水八幡宮からの勧請である。
当地が石清水八幡宮の庄園であったことに依るもので、
「石清水文書」、「吾妻鏡」にも記述が見られる。
中世、近世は「八幡宮」と称していた。
神宮寺として更科八幡神宮寺(天台宗)があった。
天保13年(1842年)に多くの社殿を焼失、
嘉永3年(1850年)再興された。
境内社に高良社、秋葉社などがある。明治17年県社指定。
c0182455_8304914.jpg
武水別神社摂社高良社本殿は長野県指定文化財。
武水別神社頭人行事は長野県指定無形民俗文化財。
武水別神社社叢は長野県指定天然記念物。
武水別神社神官松田邸、
武水別神社獅子面などは千曲市指定文化財。
高良社本殿は一般的な流造に見られる廻縁や正面の階段が省略され、
見世棚造に類する形式を持つ。
建立は室町時代後期と見られる。
武水別神社本殿は杮葺、桁行三間で、
棟梁は立川流の立川和四郎富昌(立川和四郎富棟の息子)。
拝殿は安政3年(1856年)水内郡の峰村弥五郎の手によるもの。

例祭日は9月15日参拝。2012年1月前半参拝。駐車場あり。
近隣に浄土宗の清浄院(千曲市)、吉野神社(千曲市)、
少し離れて笹焼神社、浄土宗の極楽寺(千曲市)がある。


参拝の記録
長野県下屈指の名社。
八幡宮として著名だが本来は武水別命を祀る神社である。
もう一つの論社 樋知大神社は旧大岡村にあり武水別命を祀る。
平成15年更埴市、戸倉町、上山田町が合併し千曲市となる。

今回の旅行の参拝経路
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
栄珠庵(松本市)ー武水別神社ー信濃国分寺ー犀宮神社
廣田社(安曇野市)ー八幡宮(安曇野市明科東川手)ー中村大己神社
日置神社(生坂村北陸郷)田島堂(生坂村)細野神社(松川村)
穂高神社八坂神社(松本市)須々岐水神社(松本市)
大門神社(塩尻市)ー阿禮神社ー諏訪大社手長神社(諏訪市)


[PR]
by sionozaki | 2012-01-22 23:26 | 長野県(87) | Comments(0)

白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)

岐阜県土岐市鶴里町細野白鳥は白鳥神社。
土岐市内の国道363号線沿いに鎮座する。
c0182455_21162539.jpg
祭神 日本武尊。創建は不詳。
白鳥神社は愛知県新城市、岐阜県土岐市を中心に全国にある。
白鳥はその糞が栄養を含み 古代農作に於いて
恩恵をもたらしたことから信仰の対象となったと考えられる。
寛延2年(1749年)社殿を焼失し宝暦4年(1754年)再興された。
明治になって八王子神社へ合併されたが、
現在の地に復旧された。明治25年村社指定。

2011年12月28日参拝。2015年3月12日二度目の参拝。
例祭日は10月10日。駐車可。


参拝の記録
中津川市と瀬戸市を結ぶ国道363号沿い。
国道から少し下がって鳥居が建つ構図は変わっている。
当地付近から岐阜県道・愛知県道19号土岐足助線が延びていることから
三河地域の白鳥神社との関連が考えられると個人的に思う。

今回の旅行の参拝経路
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)ー
栄珠庵(松本市)ー武水別神社ー信濃国分寺ー犀宮神社
廣田社(安曇野市)ー八幡宮(安曇野市明科東川手)ー中村大己神社
日置神社(生坂村北陸郷)田島堂(生坂村)細野神社(松川村)
穂高神社八坂神社(松本市)須々岐水神社(松本市)
大門神社(塩尻市)ー阿禮神社ー諏訪大社手長神社(諏訪市)

全国の白鳥神社
白鳥神社(富山市寺町)
白鳥神社(富山
市八尾町三田)
白鳥神社(東御市)
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)
白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
白鳥神社(土岐市鶴里町雨沢)
白鳥神社(瑞穂市)
白鳥神社(七宗町)
白鳥神社(養老町)
白鳥神社(神戸町)
白鳥神社(郡上市)
白鳥神社(東郷町)
白鳥神社(岡崎市大西)
白鳥神社(岡崎市大和町)
白鳥神社(豊田市下仁木町)
白鳥神社(豊田市榊野町宮ノ洞)
白鳥神社(豊田市有間町)
白鳥神社(豊川市)
白鳥若宮神社(豊川市)
白鳥神社(新城市作手白鳥)
白鳥神社(新城市作手清岳)
白鳥神社(新城市中河内亀田)
白鳥神社(新城市作手鴨ケ谷)
白鳥神社(新城市愛郷)
白鳥神社(東近江市石谷町)
白鳥神社(東近江市市原野町)
白鳥神社(東近江市高木町)
白鳥若宮社(東近江市市原野町)
白鳥若宮社(東近江市上二俣町)
白鳥神社(宇陀市)


[PR]
by sionozaki | 2012-01-22 22:32 | 岐阜県(190) | Comments(0)