カテゴリ:奈良県(42)( 42 )

九頭神社(奈良市西狭川町)

奈良県奈良市西狭川町は九頭神社。
京都府笠置町内の国道163号「笠置大橋」交差点を南へ、
奈良県道33号に入る。
「須川」交差点より北側、田部神社より南側。
c0182455_12175792.jpg
祭神 天手力男命。
創建は不詳である。
境内の宝庫はもと神宮寺(宗派不明)であった。
九頭神社のイチョウは奈良市指定保存樹木。
ほか室町時代の能面6枚を有する。

例祭日は不明。2017年11月10日参拝。駐車可。
少し離れて田部神社、融通念佛宗の中墓寺があり、
田部神社は当社の御旅所である。

参拝の記録
笠置町内の国道163号「笠置大橋」交差点を南へ、
奈良県道33号に入る。
朱色の鳥居がとても美しく、
境内はこれ以上ない程に静寂に包まれている。
紅葉の時期の参拝で、イチョウが黄色に色づいていた。
とても素晴らしく、また参拝したい。

中墓寺は神宮寺と同じく明治5年新たに設立された寺院で、
薬師如来坐像は平安時代の作である。

当日の参拝経路
八阪神社(甲賀市信楽町柞原)ー大智寺(和束町)ー和束天満宮ー
正法寺(和束町)ー極楽寺(和束町)ー天満宮(南山城村)ー
戸隠神社(奈良市須川町)ー奈良豆比古神社ー
般若寺(奈良市般若寺町)ー九頭神社(奈良市西狭川町)

[PR]
by sionozaki | 2018-08-14 08:57 | 奈良県(42) | Comments(0)

戸隠神社(奈良市須川町)

奈良県奈良市須川町は戸隠神社。
国道369号「大柳生」交差点を西方面に向かい、
その先「須川」交差点付近にある。
c0182455_12414187.jpg
祭神 天手力男命。
創建は不詳。
境内社に春日若宮社、三合社、春日神社、九頭神社がある。
境内又は周辺に当社の神宮寺があったが、
明治7年に周辺の四寺と共に廃され新たに神宮寺が設立された。境内。
c0182455_07192690.jpg
奈良市東部のこの地域には戸隠神社が多く、
戸隠神社(奈良市北村町)、戸隠神社(南庄町)がある。

例祭日は不明。2017年11月10日参拝。駐車可。

参拝の記録
奈良市立興東小学校の南側方面、
奈良県道33号「須川」交差点の南側に鎮座する。
「須川」交差点は交通量が多いが、
「須川」交差点から南進する県道184号は狭く交通量が殆どない。
社叢が大きく広がっていることが印象的、
境内に立ち入ると光が差すように美しく感じた。
非常に美しい神社と感じました。

明治7年新たに設立された神宮寺は当社の南西にある。
神宮寺の薬師如来坐像は鎌倉時代の作である。

当日の参拝経路
八阪神社(甲賀市信楽町柞原)ー大智寺(和束町)ー和束天満宮ー
正法寺(和束町)ー極楽寺(和束町)ー恋志谷神社ー
戸隠神社(奈良市須川町)ー奈良豆比古神社ー
般若寺(奈良市般若寺町)ー九頭神社(奈良市西狭川町)
全国の戸隠神社
戸隠神社(長野市)ー長野県長野市
戸隠神社(春日井市)ー愛知県春日井市
戸隠神社(郡上市)ー岐阜県郡上市和良町
戸隠神社(奈良市須川町)ー奈良県奈良市須川町
戸隠神社(奈良市北村町)ー奈良県奈良市北村町
戸隠神社(奈良市南庄町)ー奈良県奈良市南庄町
戸隠神社(山添村)ー奈良県山辺郡山添村桐山


[PR]
by sionozaki | 2018-08-11 18:58 | 奈良県(42) | Comments(0)

椋下神社

奈良県宇陀市榛原福地(旧宇陀郡榛原町福地)は椋下神社。
読み「くらげ」。国道165号「福地」交差点付近。
延喜式神名帳大和国宇陀郡の椋下神社に比定される。

c0182455_18240431.jpg
祭神 高倉下命。
創建は705年(慶雲2年)で もと福地岳に鎮座していたとされる。
「日本書紀」に神武天皇が東征により熊野(現在の熊野市)に至る際、
高倉下命が刀(布都御魂)を献上し、
刀の功績により大和国が平定した話が載る。
この功績を受け八咫烏神社と同時に勅祭された神社である。
境内社に愛宕神社、金比羅社(祭神 大名牟遲命、軻遇突知命、猿田彦命)がある。
神宮寺に桜島寺があったが、現在は廃寺である。

例祭日は11月3日。2012年11月1日参拝。駐車場なし。
近隣に日蓮宗の妙祥寺などがある。


[PR]
by sionozaki | 2015-07-18 17:44 | 奈良県(42) | Comments(0)

長柄神社(御所市)

奈良県御所市名柄は長柄神社。読み「ながら」。
国道309号「豊田」交差点を南に向かう。
延喜式神名帳大和国葛上郡の長柄神社に比定される。社号標。
c0182455_09290328.jpg
祭神 下照姫命。創建は不詳。
「日本書紀」天武天皇9年(705年)9月9日の条に
「朝嬬に幸す。因りて大山位より以下の馬を長柄杜に看す」とあり、
この長柄杜が当社に比定される。馬は流鏑馬のこととされる。
祭神については諸説あり、
八重事代主命という説がある(特選神名牒)。
俗に「姫之宮」、「姫の宮」と称された。
「長柄」の語源は「長江」に由来しているという。
長江は山(葛城山)の緩やかで長い丘陵を示す語である(境内由緒書)。

c0182455_10201785.jpg

長柄神社本殿は奈良県指定重要文化財。
本殿は一間社春日造、桧皮葺の本殿は県の重要文化財。
建立年は明らかでないが、正和元年(1312年)の棟札を有する。
当社の手水舎は市内にあった朝原寺より移築されたものである。
朝原寺は廃寺。龍正寺(御所市)でも朝原寺の建造物を有する。
大和国葛上郡の式内社は鴨都波神社、葛木御歳神社、
葛城一言主神社、多太神社、当社、巨勢山口神社、葛城水分神社、
鴨山口神社、高天彦神社、駒形大重神社、大穴持神社、
大倉姫神社、高鴨神社の以上17坐である。

例祭日は10月15日。2013年2月21日参拝。神社前の長柄公民館に駐車可。
すぐ近くに浄土宗の龍正寺、日蓮宗の本久寺があり、
少し離れて式内社 多太神社、吐田(はんだ)神社がある。


[PR]
by sionozaki | 2013-03-30 10:19 | 奈良県(42) | Comments(0)

高鴨神社

奈良県御所市鴨神は高鴨神社。読み「たかがも」。
国道24号「東佐味」交差点を西へ向かう。
延喜式神名帳大和国葛上郡の高鴨阿治須岐託彦根命神社に比定される。
全国各地にある鴨神社・加茂神社・賀茂神社の総本社。
名神大社。旧県社。遠景。
c0182455_9531958.jpg
祭神 阿治須岐高彦根命、事代主命、天稚彦命、阿治須岐速雄命。
延暦16年(797年)完成の「続日本紀」の天平宝字8年1月7日(764年)の条に
「復祀高鴨神於大和国葛上郡、高鴨神者法臣円興、
其弟中衛将監従五位下加茂朝臣田守等言」云々とある。
延喜元年(901年)完成の「日本三代実録」に
清和天皇貞観元年正月27日(859年)の条に従一位の神階の記述がある。
阿治須岐高彦根命を除いた三柱の神については異説が多く、
下照比売命、天稚彦命説、田心姫命などの説がある。
境内社に八幡神社、一言主神社、猿田彦神社、金刀比羅神社、聖神社、
稲荷神社、松尾神社、細井神社、春日神社、八坂神社、
牛瀧神社、東神社、西神社などがある。
字を捨篠といい、俗に「捨篠社」、「高鴨社」、「佐味宮」などと称された。
c0182455_2583990.jpg
高鴨神社本殿は国指定重要文化財。
本殿は三間社流造、檜皮葺で、扉裏に天文13年(1544年)の墨書がある。
室町時代の代表的な建築である。
東本殿も同じく三間社流造、檜皮葺。
五枚の棟札があり棟札とともに奈良県指定重要文化財。
神宮寺に神通(じんど)寺があった。

例祭日は4月15日。2013年2月21日参拝。駐車場あり。
近隣に高野山真言宗の如来寺などがある。


[PR]
by sionozaki | 2013-03-30 02:10 | 奈良県(42) | Comments(0)

鴨都波神社

奈良県御所市宮前町は鴨都波神社。
国道24号「済生会病院前」交差点付近。
延喜式神名帳大和国葛上郡の鴨都波八重事代主命神社に比定される。
名神大社。旧県社。読み「かもつわ」。
c0182455_23561099.jpg
祭神 積羽八重事代主命、下照姫命、大国主命。
また建御名方命を配祀する。
創建は第10代崇神天皇の頃と伝える。
崇神天皇の御代 太田田根子の孫の大賀茂都美命が
加茂の地にて事代主命を奉斎し創建という。
このことより桜井市の「大神神社の別宮」ともいわれる。
もと御所市櫛羅に鎮座していたと伝える。
「鴨都波」の語源について
鴨の水際(みづは)という説、鴨つ三輪という説がある。
「かもつば」神社とも呼ばれるが、
神名帳では「かもつわ」、平凡社歴史地名大系でも「かもつわ」とあり
かもつわ神社が正しいものと思われる。拝殿。
c0182455_11311942.jpg
大和国葛上郡の式内社は当社、葛木御歳神社、
葛城一言主神社、多太神社、長柄神社、巨勢山口神社、葛城水分神社、
鴨山口神社、高天彦神社、駒形大重神社、大穴持神社、
大倉姫神社、高鴨神社の以上17坐である。

例祭日は10月9日。初回参拝日は不明、2013年2月21日再参拝。
駐車場あり。近隣に野口神社(御所市)がある。


[PR]
by sionozaki | 2013-03-28 23:57 | 奈良県(42) | Comments(0)

天岩戸神社(橿原市)

奈良県橿原市南浦町は天岩戸神社。読み「あめのいわと」。
国道165号「出合」信号機を南へ向かう。
神社北側は天香具山であるが当社の場所は分かりにくい。
延喜式神名帳大和国十市郡の坂門神社の論社。
他の論社は橿原市の阪門神社。拝殿。
c0182455_22303524.jpg
祭神 天照大御神。
創建は不詳だが本殿はなく磐座(天岩戸)を神体としており、
古代の神社と考えられる。
記紀に天照大御神が窟に隠れる話が載るが、
その窟は当地であると伝える。
延喜式神名帳大和国十市郡の坂門神社の論社だが、
当社は天香具山に至る「坂」に当たり、当社とも考えられる。
拝殿裏手の竹林の中に4個の巨石(磐座)がある。
c0182455_22334578.jpg
自生する竹は毎年7本ずつ生え代わるという伝承を持つ。
江戸時代の「西国三十三所名所図会」に
当社・当社周辺に関する記述がある。

例祭日は9月16日。2013年2月21日参拝。駐車場なし。
近隣に式内論社 天香山神社、春日神社(橿原市南山町)、
春日神社(橿原市戒外町)、真言宗豊山派の興善寺がある。

[PR]
by sionozaki | 2013-03-28 22:35 | 奈良県(42) | Comments(0)

畝尾都多本神社

奈良県橿原市木之本町は畝尾都多本神社。
国道165号「出合」信号機を南へ。奈良文化財研究所の隣。
延喜式神名帳の大和国十市郡鎮座の畝尾都多本神社に比定される。
読み「うねおつたもと」。
神社の森を泣沢の森・啼沢の森(なきさわのもり)、
又は泣沢女の森・啼沢の森(なきさわめのもり)という。
c0182455_12512387.jpg
祭神 泣沢女神・啼沢女神。
泣沢女神・啼沢女神は名の通り泣く・啼く女の神である。
創建は不詳。
泣沢女神・啼沢女神は和銅5年(712年)編纂の「古事記」に
伊邪那美命が亡くなり伊邪那岐命が泣き、
その涙から生まれた女神であると記される。
天平宝字3年(759年)前後成立の「万葉集」に
「哭澤の 神社に神酒据え 祈れども 我が大君は 高日知らしぬ」とあり、
哭澤の神社(もり)は当社に比定される。
この檜隈女王の歌である。
境内社に八幡神社、稲荷神社、厳島神社がある。
「出合」信号機から南下する道の側が神社入り口であり、
自然に参拝すると末社の八幡社が正面の社殿となる。
本殿はそうでない側の社殿であり本殿はなく、拝殿背後には井戸がある。
鳥取市の中臣崇健神社でも井戸を神体とする。

c0182455_22253511.jpg
大和国十市郡の式内社は多坐彌志理都比古神社、
竹田神社、小部神社、小杜神社、屋就神命神社など19坐ある。

例祭日は9月後半。2012年2月21日参拝。駐車場なし。

[PR]
by sionozaki | 2013-03-28 22:23 | 奈良県(42) | Comments(0)

多坐弥志理都比古神社

奈良県磯城郡田原本町多は多坐弥志理都比古神社。
国道24号「千代南」交差点を西に向かう。通称 多神社。
延喜式神名帳大和国十市郡の多坐彌志理都比古神社に比定される。
名神大社。旧県社。読み「おおにますやしりつひこ」。
日本三代実録に記述がある国史見在社でもある。
c0182455_13450449.jpg
祭神 神八井耳命、神渟名川耳尊、神武天皇、玉依姫命。
創建は不詳。
730年(天平2年)成立の「大倭国正税帳」に当社についての記述がある。
901年(延喜元年)完成の「日本三代実録」の
貞観元年(859年)正月27日条に
従三位勲八等から正三位への神階の記述がある。
神渟名川耳尊は綏靖天皇。神八井耳命は神武天皇の皇子。
俗に「大社」、「太社」、「意富社」などと称された。
社名の読み方について
延喜式神社の調査webページでは多坐「やしりつひこ」神社だが、
平凡社歴史地名大系では多坐「みしりつひこ」神社となっている。
また周辺に当社に関連する皇子神命神社、姫皇子命神社、
小杜神命神社、屋就神命神社が配置される。いずれも式内社である。
境内社に熊野神社、住吉神社、春日神社、石上神社などがある。
明治年間郷社指定。大正12年県社指定。
神宮寺があったが詳細不明。拝殿。

c0182455_19285838.jpg
多坐彌志理都比古神社本殿は奈良県指定重要文化財。
春日造で時期は江戸時代のものである。

例祭日は4月第三日曜日。2013年2月21日参拝。駐車場あり。
近隣に前述の屋就神命神社、小杜神社、姫皇子命神社がある。


[PR]
by sionozaki | 2013-03-25 20:44 | 奈良県(42) | Comments(0)

姫皇子命神社

奈良県磯城郡田原本町多は姫皇子命神社。
国道24号「千代南」交差点を西に向かう。
延喜式神名帳大和国十市郡の姫皇子命神社に比定される。
多坐弥志理都比古神社のすぐ東側に鎮座する。読み「ひめみこのみこと」。
c0182455_19244217.jpg
祭神 姫皇子命。
「大和志」に俗に鎮守と称したことが記される。
「五郡神社記」によれば本社 多坐弥志理都比古神社二坐と
皇子神命神社、姫皇子命神社、小杜神命神社、屋就神命神社の
四皇子神を併せて意富六所神社と称した(歴史地名大系、平凡社)。

例祭日は10月12日。2013年2月21日参拝。駐車場なし。

[PR]
by sionozaki | 2013-03-25 19:25 | 奈良県(42) | Comments(0)