八柱神社(豊田市国附町)

愛知県豊田市国附町宮ノ洞は八柱神社。
国道153号「平戸橋西」交差点を北へ、豊田市冨田町で矢作川を渡る。
c0182455_05220817.jpg
祭神 天忍穂命、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、
熊野櫲樟日命、市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫。
創建は不詳。
古く「八柱大明神」と称されていた。
神宮寺として梅洞寺(宗派不明)があった。
境内社に御鍬社、秋葉神社があり御鍬社は明和5年(1768年)、
秋葉社は宝暦5年(1755年)の創建と伝える。
地区では明治初期まで疱瘡送りという行事が行われた。

例祭日は10月。2017年10月31日参拝。駐車可。
近隣に真宗大谷派の智誓寺(豊田市)があり、
少し離れ共に真宗大谷派の極楽寺(豊田市藤原町洞)、
栄行寺(豊田市)などがある。

参拝の記録
国道153号「平戸橋西」交差点を北へ、
愛知県道11号に沿って走り豊田市冨田町で矢作川を渡り国附町に入る。
バス停付近に鳥居が見える。
拝殿はお堂のようにも見え、非常に趣き深く美しい。
国附町は「くにつきちょう」と読む。

当日の参拝経路
八柱神社(豊田市国附町)ー栄行寺(豊田市)ー全雄寺(恵那市)―
八王子神社(恵那市串原)ー武並神社(恵那市三郷町佐々良木)ー崇禅寺


[PR]
by sionozaki | 2018-05-16 14:51 | 愛知県(315) | Comments(0)
<< 栄行寺(豊田市) 石座神社(新城市) >>