摩訶戸神社

愛知県新城市一鍬田は摩訶戸神社。
国道301号「一鍬田三月日」交差点付近。読みは「まかご」。
摩訶戸古墳が隣接する。
c0182455_20525844.jpg
祭神は保食神だが、本来の祭神は未詳という。
古く「真門大明神」と称されていたが創建は不詳である。
境内社に護国神社がある。
明治5年村社指定。明治40年神饌幣帛料供進神社指定。

例祭日は不明。2017年10月27日参拝。駐車場あり。
神社前に曹洞宗の江泉寺(新城市)があり、
ほか一鍬田には曹洞宗の正法寺(新城市)がある。
また少し離れ曹洞宗の龍岳院(新城市)、庭野神社がある。


参拝の記録
比較的交通量の多い「一鍬田三月日」交差点の北東にある。
摩訶戸古墳と繋がっており一帯は鬱蒼とした森となっている。
少し離れた場にある庭野神社も本来の祭神は不詳という。
江泉寺(新城市)と正法寺(新城市)は龍岳院(新城市)の末寺、
江泉寺(新城市)ではヒトツバタゴがある。
「一鍬田」は「ひとくわだ」と読む。

当日の参拝経路
明誓寺(豊田市白鳥神社(新城市作手清岳宮山)
貴船神社(新城市作手保永)ー摩訶戸神社ー摩訶戸古墳石座神社(新城市)

[PR]
by sionozaki | 2018-05-16 11:06 | 愛知県(315) | Comments(0)
<< 摩訶戸古墳群 貴船神社(新城市作手保永) >>