万徳寺(瀬戸市)

愛知県瀬戸市塩草町は万徳寺。
せと赤津ICのすぐ近く。愛知県道33号「せと赤津IC西」交差点付近。
真宗高田派。太子山。本尊は阿弥陀如来。
c0182455_22220687.jpg
関東より僧 海円訪れ豊田市越戸町に一寺を創建したと伝える。
その後 瀬戸市塩草町の現在地に移転した。
瀬戸市城屋敷町に構えられた今村城の城主 松原氏の菩提寺で、
境内には松原塚がある。
松原広長は聖徳太子に帰依し、聖徳太子像を安置する。
また山号も太子山と号する。
関連寺院に豊田市力石町の如意寺(真宗大谷派)がある。

万徳寺聖徳太子絵伝四幅、万徳寺聖徳太子伝五冊、
万徳寺松原広長寄進状一点は瀬戸市指定有形文化財。
聖徳太子絵伝と聖徳太子伝は松原広長が
寛正5年(1464年)に寄進したものである。

2010年11月3日参拝。
2015年3月12日二度目の参拝。駐車場あり。
近隣に式内社 大目神社(瀬戸市)がある

参拝の記録
東海環状自動車道 せと赤津ICを降りてすぐ。

当日の参拝経路
大目神社(瀬戸市)ー万徳寺(瀬戸市)ー深川神社(瀬戸市)


[PR]
by sionozaki | 2010-11-08 02:10 | 愛知県(311) | Comments(0)
<< 深川神社(瀬戸市) 大目神社(瀬戸市) >>