葛屋神社

岐阜県加茂郡七宗町上麻生は葛屋神社。
国道41号「七宗橋」交差点を北へ、
その先 岐阜県道64号「神淵支所前」交差点を東へ向かう。
神淵神社入口より東の葛屋地区に鎮座する。
c0182455_09045767.jpg
祭神 須佐之男命。
創建は不詳。
葛屋地区の産土神で神淵神社御前立の社ともいう。
大正6年神明神社を合祀した。

例祭日は4月1日。2017年3月15日参拝。駐車可。


[PR]
# by sionozaki | 2017-05-05 23:24 | 岐阜県(166) | Comments(0)

洞雲寺(白川町)

岐阜県加茂郡白川町和泉は洞雲寺。
国道41号「白川口」交差点を北東へ、
その先岐阜県道62号線沿いにある。
曹洞宗。大龍山。本尊は聖観音。
c0182455_23090431.jpg
創建は康正元年(1455年)と伝え、
劫庵寂永という老僧が庵を結んだことが始まりという。
その後慶長9年(1604年)に洞雲寺となる。
田代の洞雲寺と呼ばれ もと外山山上にあったが
昭和33年に現在地に移った。
洞雲寺須弥壇、大龍山扁額、洞雲寺の駕籠は
白川町指定有形文化財。
「とううん」寺と呼ばれるが正しい読みは「どううん」寺である。
中部四十九薬師霊場第四十六番札所。

2017年3月15日参拝。駐車場あり。
少し離れて河股神社などがある。


[PR]
# by sionozaki | 2017-05-04 12:01 | 岐阜県(166) | Comments(0)

佐々良木古墳群

岐阜県恵那市三郷町佐々良木は佐々良木古墳群。
国道418号「佐々良木上平」交差点付近。
道の駅 そばの郷らっせぃみさとのすぐ近く(西側)にある。
1号墳、2号墳から構成される。写真は1号墳。
c0182455_11524496.jpg
ともに円墳。
古墳があることを示す簡単な看板があるが、
民家にすぐ近かったり林に覆われるなど分かりにくい。
1号墳は赤い鳥居が目印となっている、
現在石室の一部が露出している。
恵那市指定史跡。

2017年3月3日訪問。道の駅に駐車可。
近隣に武並神社(恵那市三郷町佐々良木)、
臨済宗妙心寺派の常久寺、諏訪神社(深瀬諏訪神社)がある。


[PR]
# by sionozaki | 2017-05-04 11:51 | 古墳・陵墓(17) | Comments(0)

八幡神社(瑞浪市釜戸町5008)

岐阜県瑞浪市釜戸町5008は八幡神社。
恵那市内の国道418号「佐々良木上平」交差点の一つ北の
信号のない交差点を西へ向かう。
c0182455_10543903.jpg
祭神 応神天皇。
創建は不詳。
寛永16年(1639年)に再興した。
境内社があるが詳細不明、また舞台がある。

例祭日は10月第二日曜日。2017年3月3日参拝。駐車可。
周辺に佐々良木古墳群がある。


[PR]
# by sionozaki | 2017-05-04 10:57 | 岐阜県(164) | Comments(0)

大野神社(新城市)

愛知県新城市大野奥林(旧南設楽郡鳳来町大野奥林)は大野神社。
国道151号「大野」交差点を南へ向かう。
この土地は宇連川と真立川の合流地点に当たる。
同名社に大野神社(糸魚川市)大野神社(一宮市)
国生大野神社、大野神社(栗東市)などがある。
c0182455_12272110.jpg
祭神 建速須佐之男命、応神天皇、仁徳天皇など。
創建は不詳。
嘉禎9年(1243年)社殿を再建したという。
参拝が不便の為 享保年間(1716年~1735年)各村に分社した。
境内社に服部神社、郷土神社がある。
服部神社は祭神 豊受大神、天棚機姫之命。
郷土神社は地元の戦没者を祀るもので、
天神山山麓にあった穂積神社を大野神社境内に遷したものという。
明治6年村社指定。昭和5年現在の社殿が建立された。
境内にはケヤキの巨木がある。本殿。
c0182455_12274027.jpg
服部神社は神宮に奉納される赤引糸と関係のある神社である。
生糸は岡本(静岡県)に送られ、その後伊良湖から神宮に送られた。
残糸や内耳鍋などが残る。

例祭日は4月19日。2017年2月2日参拝。駐車場なし。
非常に素晴らしい神社と感じました。
大野地区の禅林寺(臨済宗方広寺派)は廃寺か。
真立川沿いに八坂神社、天白神社などがある。


[PR]
# by sionozaki | 2017-04-27 10:38 | 愛知県(291) | Comments(0)

石雲寺(新城市)

愛知県新城市名号(旧南設楽郡鳳来町名号)は石雲寺。
国道151号「名号」交差点を西へ、その先国道沿いにある。
臨済宗方広寺派。水源山。本尊 釈迦如来。
セツブンソウの咲く寺として知られる。
c0182455_12211557.jpg
創建は永禄元年(1558年)と伝える。
「名号」の地名は その昔弘法大師が名号を書いたという
伝説に由来している。
お盆に大団扇を背負って
太鼓や鉦を鳴らして踊る「放下」という行事がある。
当寺のセツブンソウの見頃は概ね2月始め、
セツブンソウについては花・植物カテゴリで紹介する。

2017年2月2日参拝。駐車場あり。
周辺に六所神社(新城市名号丹野)、諏訪神社(新城市川合中貝津)、
曹洞宗の智蔵院がある。


[PR]
# by sionozaki | 2017-04-27 10:20 | 愛知県(293) | Comments(0)

釣月寺

愛知県新城市副川奥双瀬(旧南設楽郡鳳来町副川奥双瀬)は釣月寺。
愛知県道32号「海老」交差点を南へ、
その先NTTの施設のある交差点を東へ向かう。
臨済宗方広寺派。双瀬山。本尊 釈迦如来。
c0182455_19172648.jpg
創建は応永元年(1394年)と伝える。
応永6年(1399年)の寄進状(釣月寺蔵)に釣月庵の名が見える。
当山ではマムシが出没する。
新城市は110以上の寺院があり 比較的多い様に思う。
特に臨済宗永源寺派寺院は15以上もあり
この数は臨済宗永源寺派寺院全体の一割以上である。

2017年2月2日参拝。駐車場あり。
周辺に諏訪神社、海老神社、曹洞宗の東泉寺がある。


[PR]
# by sionozaki | 2017-04-26 19:18 | 愛知県(291) | Comments(0)

白鳥神社(新城市愛郷)

愛知県新城市愛郷(旧南設楽郡鳳来町愛郷)は白鳥神社。
国道257号と国道420号が交差する信号のない交差点を南へ、
その先で愛知県道435号線に入る。
白鳥神社という名称の神社は愛知県新城市、
愛知県豊田市、愛知県安城市、
岐阜県土岐市、富山県富山市、
滋賀県東近江市などに多くある(作者調べ)。
c0182455_17394232.jpg
祭神 日本武尊など。
創建は不詳。
新城地域の白鳥神社の本宮は
白鳥神社(新城市作手白鳥)と考えられる。
この地域の白鳥神社は他に白鳥神社(新城市作手中河内亀田 )、
白鳥神社(新城市作手高里宮山)、白鳥神社(新城市作手清岳宮山)、
白鳥神社(新城市作手鴨ケ谷)がある。
当社付近を流れる川を蜂川という。

例祭日は不明。2017年2月2日参拝。駐車可。
周辺に熊野神社(新城市中島薮下)、八剱神社、
宗派不明の光輪寺、津島神社(新城市愛郷)、
また鷠山(うのやま)神社などがある。
この地域はとても好きな地域で、
鷠山神社と古刹 善福寺には本年中に参拝する。


[PR]
# by sionozaki | 2017-04-26 17:41 | 愛知県(292) | Comments(0)