福成就寺

三重県名張市箕曲中村は福成就寺。
国道165号「瀬古口」交差点を南へ。箕曲神社が隣接する。
真言宗室生寺派。槙山。本尊 薬師如来。

c0182455_0353761.jpg
創建は不詳。
当寺所蔵の大般若経に「名張 中村壬生寺」の表記があることから
平安時代名張市中村にあった壬生寺と関わり深い寺院とみられ、
壬生寺の後身寺院であるとも考えられるという。
天正9年(1581年)に伽藍が焼失するまでは大寺であった。
丈六寺、無動寺、宝蔵寺と合わせ名張郡の四大寺といわれた。
境内の石造十三重塔は1293年(正応6年)の銘のあるものである。
木造黒漆厨司は高さ約21cm、国指定重要文化財。

2010年5月28日。駐車可。

[PR]
# by sionozaki | 2010-06-08 00:35 | 三重県(164) | Comments(0)

延壽院(名張市)

三重県名張市赤目町長坂は延壽院。
天台宗。妙法山。本尊は不動明王。
c0182455_1236517.jpg
正縁という僧が吉野・熊野・長谷で修行中、
夢のお告げにより、名張郡の黄滝に不動明王の正体があることを知り、
1122年(保安3年)延僧により創建されたという。
「黄滝」は赤目四十八滝のこと。
平安期には赤目付近一帯が修験の道場であったという。
境内には観音堂、津島神社などがある。

2010年5月29日参拝。駐車場不明。

[PR]
# by sionozaki | 2010-06-05 13:11 | 三重県(139) | Comments(0)

プロフィール

出身地:長野県松本市
前住所:三重県伊勢市
現住所:愛知県名古屋市
性別と年代:男性、20代
専攻:神社

好きな事柄:神社、寺院、写真、運転、自動車、植物、陶器
好きな食べ物:蕎麦、鰻、鮨
好きな音楽:遊佐未森さん
支持政党:自民党
最も好きな曲:Forest Notes、雨あがりの観覧車、夢をみた、野の花、きみのなかに、、土の話、一粒の予感、Diary、風が走る道、天使のオルゴオル、ハモニカ海岸、午後のかたち、潮見表、ハモニカ、ちょっと海まで、small is beautiful、サヨナラ東京、クレマチス、I'll remember、空に咲く花、I'm here with you(遊佐未森さん)、花は咲く(唱歌)、月の光(ドビュッシー)、ジムノペディ、ジュ・トゥ・ヴ(サティ)
最も思い出のある地域・場所:高麗川神社、瀧岸寺、永田の白鬚神社、小岩井神社、萬福寺、長泉寺、西善寺、三峯神社一の鳥居、大滝温泉、普寛神社、滝沢ダム、雁坂峠・雁坂トンネルなど国道140号線、飛尾神社(埼玉県日高市、飯能市、秩父市、山県山市など)、宮崎・境海岸、境川、市振、親不知、田海川、青海川、姫川、早川、能生、能生白山神社、日光寺、山王の森、水保観音堂、大野神社、奴奈川神社、小滝、根知、蓮華温泉、雨飾山(富山県朝日町、新潟県糸魚川市、長野県小谷村)、上越市牧区の棚田、牧区の諏訪神社、安塚区の安塚神社、菱神社、浦川原久の白山神社、津南町下船渡の十二社、十日町市の如来様、国道253号線の風景と津南町の風景、赤倉温泉と妙高高原、関山神社(新潟県上越市、十日町市、津南町、妙高市)、鬼押出、白根山(長野県軽井沢町、群馬県草津町)、戸隠神社奥社、中社、宝光社、奥裾花自然園、鬼無里、鬼無里日影の春日神社、鬼無里の白髭神社、久米路峡(長野県長野市)、白馬、姫川源流、若一王子神社、安倍神社、仁科三湖、差切峡、筑北の大切通し、福満寺、有明山、穂高神社、安曇野、沙田神社、梓川の真光寺、須々岐水神社と兎川寺、針塚古墳、美ヶ原、松本城、阿禮神社、池生神社とセツブンソウ自生地、野麦峠とサンカヨウ自生地(長野県白馬村、大町市、安曇野市、松本市、塩尻市、岐阜県高山市など)、木曽路、奈良井宿、鎮神社、寝覚ノ床、其渓谷、妻籠宿、夕森公園、龍神滝、裏木曽、倉屋神社、護山神社、加子母大杉地蔵尊(長野県塩尻市、木曽町、岐阜県中津川市など)、芦ノ湖、箱根神社、湯涌谷温泉、宮ノ下温泉(神奈川県箱根町)、足助八幡宮、東大見町の白山神社、神越川、当具津川、豊川、豊邦の津島神社、愛郷の白鳥神社、釣月寺、石雲寺とセツブンソウ自生地、治部坂峠、寒原峠(愛知県豊田市、長野県飯田市)、泳宮跡と八坂入彦命墓、浅間神社と久々利サクライソウ・クマガイソウ自生地、久々利の八幡神社、円明寺、明鏡寺、飛水峡、神淵神社、金山町菅田桐洞の須波神社、金山町菅田笹桐の白山神社(岐阜県可児市、八百津町、七宗町、下呂市)、洲原神社、粥川鰻棲息地、星宮神社、円空岩、那比新宮神社、長良川と国道156号、戸隠神社と戸隠神社磐座群、和良岳、念興寺(岐阜県美濃市、郡上市)、神宮125社、波切漁港、大王崎、安乗漁港、安乗神社、瀧原宮(三重県伊勢市、志摩市、大紀町)、愛荘町・東近江市・日野町の田舎風景、八風街道国道421号・鞍掛峠国道306号、西明寺、百済寺、金剛輪寺、大陋神社、蚊野の軽野神社、岩倉の軽野神社、八木神社、我孫子神社、春日神社、塞神神社、八咫神社、飯開神社、石谷町の白鳥神社、歳苗神社、高野神社、大瀧神社、黄和田町の日枝神社、永源寺、鈴休神社、村井の馬見岡綿向神社、西大路の落神神社、蔵王の金峯神社、里口の八幡神社、蓮花寺の白鬚神社、十禅師の比都佐神社、中山の熊野神社、金剛定寺、石塔寺等の社寺群(滋賀県東近江市、日野町、多賀町)、田村山、山本山、日撫神社、山津照神社、石作神社・玉作神社、西柳野の八幡神社、意波閇神社、伊香具神社、鉛練比古神社、上丹生の丹生神社、下丹生の丹生神社、佐波加刀神社、塩津神社、向源寺、黒田観音寺等の社寺群・湖北の国道8号・365号・161号線の風景、野坂神社(滋賀県米原市、長浜市、福井県敦賀市、南越前町)、垂水頓宮跡、田村神社、蟹が坂、油日神社、櫟野寺(滋賀県甲賀市)、名張市の風景と赤目四十八滝と室生寺、大野寺、宇多水分神社、阿紀神社(三重県名張市、奈良県宇陀市)、由良川、土師川、福知山市の阿良須神神社、伊智布西神社、倭文神社、笠水神社、私市円山古墳、聖塚・菖蒲塚古墳、堀の一宮神社、庵我神社、稲粒神社、塩津峠、小富士山、竹田川、市島町上垣の愛宕神社、阿陀岡神社、鴨神社、岩戸寺、済納寺、白毫寺など京都府丹後地方と兵庫県丹波地方(京都府福知山市、綾部市、兵庫県丹波市)、国道372号の京都府南丹市天引〜加東市上鴨川の風景、安田大杉、如来寺、波々伯部神社、磯宮八幡神社、佐佐婆神社、二村神社、篠山市今田町上小野原の住吉神社、今田町上立杭の住吉神社、神田神社、味渕神社、追手神社、追入神社、柏原八幡神社、苅野神社、円成寺、高蔵寺、大乗寺、国道173号能勢街道、岐尼神社、観音寺、蓮華寺、岩城神社、佐々尾神社(京都府南丹市、兵庫県篠山市、大阪府豊能郡)、海神社、稲爪神社、明石海峡大橋、尾上神社(兵庫県神戸市垂水区、明石市など)、浦富海岸、荒砂神社、御湯神社、佐弥乃兵主神社、中臣崇健神社、白兎神社、笹井温泉、湯村温泉、小代温泉、浜坂温泉、久谷八幡神社、香住海岸、法庭神社、帝釈寺(鳥取県鳥取市、兵庫県香美町、新温泉町など)
好きな音楽:Distonation、花一杯君を待つ、カナリヤ、いつも同じ瞳、旅人、星屑の停留所、日曜日、暮れてゆく空は、ふたりの記憶、時の駅、僕の森、山行きバス、ハルモニオデオン、Forest Notes、雪溶けの前に、雨あがりの観覧車、午前10時午後3時、夢をみた、Echo of Hope、野の花、シリウス、Will、空、だいじょうぶ、きみのなかに、プロローグ、フリージア、すみれ、つゆくさ、われもこう、東京の空の下、one、たったひとつの、Silent Bells、オルガン、森とさかな、、土の話、一粒の予感、水辺にて、合歓の木陰で、緑の絵、Floria、Diary、咲くといいな、バスを降りたら、海、風が走る道、虹を見ること、海のように青い、銀の砂 金の星、天使のオルゴオル、roka、午後のかたち、ハモニカ海岸、潮見表、ラララ、エコー、ネクター、青の行方、眠れぬ夜の庭で、ハモニカ、small is beautiful、paddle out、ココア、ネクター、still room、サヨナラ東京、ちょっと海まで、オレンジ、遠いピアノ、通り雨、空に咲く花、遠いピアノ、通り雨、月夜の浜辺、dive、Pie Jesu、クレマチス、leaf、箱根、light song、流線、blue heaven、色の雲は、Daisy-Daisy、彼方、I'll remember、ポプラ、Angel snow、君の声がする、あこがれ、ベージュ、春の雨、エニシダ通り、I'm here with you、襷〜光の射す道で〜、五月 エニシダ、Snow Rose、花と夢、poetry days、風の自転車、アアルトの曲線、小さな夜、風の庭(遊佐未森さん)
砂の扉、遠い音楽、五つの橋、harvest rain 豊穣の雨、夏日記(ZABADAK)、Dearest(斉藤由貴さん、遊佐未森さん)、kiss for the earth(鈴木重子さん、木住野佳子さん、遊佐未森さん)、モランディのテーブル(外間隆史さん)、空をみてたら(リーピ・チープ)、消えない灯り、愛する人へ(つじあやのさん)、花は咲く(唱歌)、伝えたい君に(唱歌)、生命賛歌(唱歌)、心の瞳(唱歌)、君が代(日本国歌)、松本ぼんぼん、出身高校校歌、月の光(ドビュッシー)、ジムノペディ、ジュ・トゥ・ヴ(サティ)
好きな日本酒・おいしかった日本酒:新政(秋田県秋田市)、ゆきの美人(秋田市)、墨廼江(宮城県石巻市)、綿屋(宮城県原市)、写楽(福島県会津若松市)、結人(群馬県前橋市)、花陽浴(埼玉県羽生市)、天覧山(埼玉県飯能市)、願人(新潟県新潟市)、越の寒中梅(新潟県小千谷市)、鮎正宗(新潟県妙高市)、謙信(新潟県糸魚川市)、根知男山(糸魚川市)、雪鶴(糸魚川市)、杉錦(静岡県藤枝市)、初亀(藤枝市)、勝駒(富山県高岡市)、黒部峡(富山県朝日町)、遊穂(石川県中能登町)、舞美人(福井県福井市)、白岳仙(福井市)、一本義(福井県勝山市)、花垣(福井県大野市)、水尾(長野県飯山市)、明鏡止水(長野県佐久市)、大信州(長野県松本市)、美寿々(長野県塩尻市)、神渡・豊香(長野県岡谷市)、御湖鶴(長野県下諏訪町)、本金(長野県諏訪市)、仙譲(長野県伊那市)、七賢(山県北杜市)、醸し人九平次(名古屋市緑区)、生道井・若水(愛知県東浦町)、白老(愛知県常滑市)、義侠(愛知県愛西市)、長珍(愛知県津島市)、長誉(愛知県岡崎市)、三千櫻(岐阜県中津川市)、始禄・小左衛門(岐阜県瑞浪市)、御代櫻・津島屋(岐阜県美濃加茂市)、百春(岐阜県美濃市)、初霜・竹雀(岐阜県池田町)、鈴鹿川・作(三重県鈴鹿市)、早春・田光(三重県菰野町)、妙の華・るみ子の酒(伊賀市)、瀧自慢(三重県名張市)、而今(名張市)、喜楽長(滋賀県東近江市)、金亀(滋賀県豊郷町)、鈴正宗(滋賀県日野町)、笑四季(滋賀県甲賀市)、浪乃音(滋賀県大津市)、不老泉(滋賀県高島市)、萩の露(高島市)、七本鑓(滋賀県長浜市)、篠峯・櫛羅(奈良県御所市)、鷹長・風の森(御所市)、玉川(京都府京丹後市)、秋鹿(大阪府能勢町)、秀月(兵庫県篠山市)、奥丹波(兵庫県丹波市)、盛典(兵庫県加古川市)、香住鶴(兵庫県香美町)、誠鏡(広島県竹原市)、鍋島(佐賀県霧島市)
おいしかったお店・思い出のあるお店:きときと寿し 糸魚川店(鮨、新潟県糸魚川市)、畑屋(鰻、埼玉県飯能市)、大善(蕎麦、長野県長野市)、美郷(蕎麦、長野県大町市)、清流庵(蕎麦、長野県大町市)、まつか(鰻、長野県松本市)、蔵の花(蕎麦、松本市)、くぼた(蕎麦、松本市)、こばやし(蕎麦、松本市)、水門(鰻、長野県岡谷市)、浜丑(鰻、岡谷市)、壱藤(鮨、名古屋市東区)、蕎野(蕎麦、名古屋市名東区)、舞扇(天羅、名東区)、まさむ根(鰻、名古屋市守山区)、三河屋(和食、愛知県小牧市)、ます本(和食、愛知県北名古屋市)、角忠(和食、愛知県江南市)、井の(和食、愛知県日進市)、ふじかわ(鰻、愛知県瀬戸市)、湾(和食、愛知県常滑市)、川安(鰻、愛知県豊田市)、川鈴(鰻、豊田市)、今勝(鰻、豊田市)、はせべ(鰻、愛知県岡崎市)、きくのや(鰻、愛知県高浜市)、うなみ(鰻、愛知県西尾市)、曽我の軒(鰻、愛知県豊川市)、蕎麦甚(蕎麦、岐阜県多治見市)、山品(鰻、岐阜県中津川市)、うな好(鰻、岐阜県八百津町)、辻屋(鰻、岐阜県関市)、そば輝(蕎麦、関市)、熊の島(和食、岐阜県白川町)、荒凡夫(蕎麦、三重県松阪市)、竹の家(和食、三重県玉城町)、さち丸(和食、三重県伊勢市)、うな嘉(鰻、伊勢市)、東山物産(鰻、三重県志摩市)、膳(鰻、三重県度会町)、ちとせ(和食、三重県伊賀市)、はすいけ庵(饂飩、福井県越前町)
不思議に感じた地域長野県道254号線 牛首峠(長野県塩尻市、辰野町)、岐阜県恵那市上矢作町本郷〜長野県平谷村中平、国道418号(岐阜県恵那市、長野県平谷村)、滋賀県道9号線、甲賀市土山町鮎河、大河原(滋賀県甲賀市)

[PR]
# by sionozaki | 2010-06-02 23:26 | プロフィール | Comments(0)

名古屋市~三重県津市久居~奈良県宇陀市榛原 国道165号

2010年5月28日は三重県名張市の赤目四十八滝や
奈良県宇陀市の室生寺を主な目的として旅行に行くことにする。
四日市、亀山を経て久居ICで降りる。
国道165号に沿って西へ行けば、目的地なのでそのまま走る。
まず目を引いたのは三重県津市庄田町にある七栗神社。
c0182455_1453266.jpg

その先はずっと山道。田園地帯に住宅や寺、郵便局がある程度。
「垣内」の信号を超えたら本格的な峠道である。
165号は「初瀬街道」といい、
江戸時代大阪・京都から神宮へお参りする人々の主要道だった。
特に伊勢路は旅籠の密集している所で、
今もその景観を残している
c0182455_28267.jpg
この辺りから165号に沿っている川は木津川。
その先「別府」の辺に来ると大村神社という看板がある。
当社へ参拝出来ただけで、
来た甲斐があったと思える程に心に残る神社。
c0182455_212434.jpg
名張市内の宿泊先には早く着いたので、
瀧自慢蔵元でお酒を購入。
蔵元に行く際に迷ってたどり着いた相楽神社にも参拝。

2日目。9時過ぎにホテルを出発、
昨日の相楽神社が気になりもう一度参拝。
c0182455_3271763.jpg

本当に綺麗な所でずっとここに居たい気になる。
それから赤目四十八滝に行くが、
結構歩くことが分かり時間を取りそうだったので断念した、
それはその先の室生寺に参拝したいから。
もう一度165号に戻って更に西へ。
天下錦を醸す福持酒造が右手にある。
c0182455_3345378.jpg

それから車で15分程で奈良県宇陀市内に。
新しくできた道を通り室生寺へ。
c0182455_3365690.jpg
国宝五重塔。
それから龍穴神社、宇太水分神社、墨坂神社、
神波多神社に参拝し、帰路につきました。

[PR]
# by sionozaki | 2010-05-30 02:25 | 散策の記録・旅日記(31) | Comments(0)

氣比神宮

福井県敦賀市曙町は氣比神宮。
国道8号「気比神宮」交差点付近。
延喜式神名帳越前国敦賀郡の氣比神社に比定される。
名神大社。越前国一宮。旧官幣大社。
また境内社の和志前神社、角鹿神社、織田神社、
大神下前神社、天理劔神社、天伊弉奈姫神社、天伊弉奈姫神社は、
いずれも延喜式神名帳越前国敦賀郡の同名社に比定される。
c0182455_9124418.jpg
祭神 伊奢沙別命(氣比大神)。
また仲哀天皇、神功天皇、応仁天皇、日本武尊。
社名の「氣比」・「気比」は伊奢沙別命のことを指し、
他に御食津大神とも称された。
伊奢沙別命は食べ物を司る神。
「けひ」を古く「笥飯」と書いて食べ物を入れる箱のことともいう。
702年(大宝2年)勅により社殿を造営し、
仲哀天皇、神功天皇を合祀した。
平安期に書かれた法令集である「類聚三代格」には
神階正一住勲一等と記されている。
明治28年に官幣大社に移行してからは、
それまで様々な表記を用いていた
「けひ」の字は氣比(気比)に正式に定まり、
氣比(気比)神宮と称された。拝殿と拝殿前の鳥居。
c0182455_9113475.jpg
境内には土公と呼ばれる盛地があり、
古代の信仰形態を留めている。
神功皇后13年(213年)、
神功皇后は玉姫命、武内宿祢命を従え参拝したという。
明治28年官幣大社となる。
境内社は多くあり、そのうち式内社も多くある。
その一つ角鹿(つぬが)神社。
c0182455_1484746.jpg
「角」は直線が突き出た字が正式のよう。
祭神 都怒我阿羅斯等命(つぬがあらしとのみこと)。
角鹿神社の「つぬが」が
地名「敦賀」の由来となったといわれる。

例祭日は9月4日。2010年5月3日参拝。駐車場あり。

[PR]
# by sionozaki | 2010-05-27 09:17 | 福井県(83) | Comments(0)

名古屋市~福井県敦賀市、鯖江市、福井市、長野県松本市

ゴールデンウィークは母を乗せ福井へ出掛けることとなった。
福井県の企業の会社説明会、それから試験があって
今年に入って3度目の福井行きとなった。

敦賀―鯖江―福井―大野―勝山という具合の2泊3日の旅行。
まず訪問したのが気比神宮。これで2度目の参拝。
境内は広くないが格式の高いそんな雰囲気がある。
GWとあって人が多い。
c0182455_22434331.jpg
それからは1月末に訪ねたのと同じように国道8号を北上するが、
一つだけ寄り道し、帰り山観音の霊水の近く
江良海水浴場のあたりを散策。
c0182455_22513252.jpg
同じく途中から305号のしおかぜラインに入る。
今年1月にしおかぜラインに来た際には、
対向車5台程しか遭遇せず秘境であると思っていたが、
GWには立派な観光地となっていた。
その先は8号に沿わず県道28号線で越前市街へ、
今夜の宿の鯖江へと向かう。
c0182455_2254346.jpg
ここがその分岐点。以前はこのまま8号に沿って北上した。
時間が余ってしまったので、
最近閉店したシピィを過ぎて国道365号線に入る。
いつの間にか越前町。
八田の近辺は本当に長閑かで麗しい土地である。
c0182455_22573363.jpg

c0182455_22581846.jpg
更に行くと蝉丸の墓がある。
c0182455_22585860.jpg

c0182455_0355895.jpg
蝉丸は平安期の歌人で、百人一首にある
「これやこの 行くも帰るも分かれつつ
 知るも知らぬも逢坂の関」を読んだ人物。


2日目は今回の旅で最も行きたかった大谷寺へ向かう。
その前に鯖江市の西山公園がちょうど躑躅祭だというので寄ってみる。
大勢の人で賑わっている。 それにしても暑い、30度位あったろうか。
c0182455_0152085.jpg
そして越前国二宮 劒神社にも参拝。当社の記事は作成済み。
c0182455_23594067.jpg
劍神社からは県道3号線で福井市方面へ走らせ大谷寺。
看板があるので分かり易い。
c0182455_0101129.jpg
大谷寺は天台宗の寺院で福井県下屈指の寺院である。
c0182455_0113430.jpg
昼食は向かいの饂飩屋さんで頂く。
何でもこのGWに開店したばかりとのこと。
営業時間外なのに開けて頂いてしまった、感謝しています。
大谷寺では由緒について大変丁寧に説明して頂き、
お昼もゆっくりしていたので時間がなく、
その先福井市内の足羽神社へ簡単に参拝して、
この日の宿泊先の大野市へ向かう。
計石駅の近辺は正に心の風景。線路と水田が美しい。
夕食は大野市内のお鮨屋で頂く。
c0182455_1731319.jpg
3日目は最終日。
親は松本まで帰らなくてはいけないし、私も松本へ用があるので
大野市から松本市までのドライブとなる。
朝は7時に起床、有名な大野の朝市へ出向いてみる。
店の数は多くないが、売る方とお話し出来たり楽しい時間を過ごせた。
花垣の名で販売している南部酒造場。
朝市に合わせてか早くから開いていた。
c0182455_1784140.jpg
距離が距離なので観光は控えめにするが、
勝山市の平泉寺白山神社へ行かない訳にはいかない。
c0182455_17113240.jpg
2度目の参拝だが、美しさは変わっていない。
これ程の神社はそうあるものでは無い。
以降は九頭竜湖を越えて岐阜県方面へ。
九頭竜湖は5月というのに、桜が咲いていた。
旧白鳥町そして高山市を通り松本に無事着きました。

[PR]
# by sionozaki | 2010-05-12 00:19 | 散策の記録・旅日記(38) | Comments(0)

真清田神社

愛知県一宮市真清田は真清田神社。
国道155号「真清田神社」交差点付近。名鉄一宮駅からすぐ。
延喜式神名帳尾張国中島郡の真墨田神社に比定される。
尾張国一宮。名神大社。旧国幣中社。
c0182455_1511949.jpg
祭神 天火名命。
祭神については諸説あり他に大己貴命、
国常立尊などとするものがある。
大己貴命説は吉田兼熈(1348年~1402年)が
「大日本国一宮記」内に記述したことが始まりでるといい、
国常立尊説は「真清田古縁起」と「真清探桃集」に依る。
創建は神武天皇33年と伝える。
延暦16年(797年)成立の「続日本紀」承和14年(847年)
十一月の条では従五位下の神階の記述がある。
延喜元年(901年)成立の「日本三代実録」貞観5年(863年)
七月十六日の条では正四位上に叙された。
この神階は大県神社と共に正四位上に叙され、
尾張国に於いては熱田神宮に次ぐ格式の高い神社となった。
熱田神宮は貞観元年(859年)に正ニ位となっている。
境内社に神明社、松尾社、白山社、八幡社、愛宕社などがある。
大正13年国幣中社となる。
真清田神社木造舞楽面12面(鎌倉期)は
国指定重要文化財。他にも多くの文化財を有する。

例祭日は4月3日。2010年4月21日参拝。駐車場あり。

[PR]
# by sionozaki | 2010-04-25 22:59 | 愛知県(288) | Comments(0)

尾張大国霊神社

愛知県稲沢市国府町は尾張大国霊神社。
国道155号「西島本町」交差点を東へ向かう。
通称 国府宮。
延喜式神名帳尾張国中島郡の尾張大国霊神社に比定される。
また別宮の宗形神社は延喜式神名帳尾張国中島郡の宗形神社の論社。
他の論社は天神社(稲沢市次郎丸天神町)。
また別宮の大御霊神社は延喜式神名帳尾張国中島郡の
大御霊神社に比定される。旧国幣小社。
c0182455_22132927.jpg
祭神 尾張大国霊神。
ほか伊邪那美命、天照大御神、素盞烏尊、活玉依姫、
奇稲田姫命、手摩乳、脚摩乳。
創建は第10代崇神天皇7年と伝える。
本殿脇に磐境があり古い形態を残す神社であり、
当社では五つの自然石が円形に並ぶ。
別宮の宗形神社の祭神は田心姫命、
別宮の大御霊神社の祭神は大歳神御子で
共に式内社、または式内論社である。
明治9年県社指定。昭和15年国幣小社となる。

社殿建築は尾張式という尾張独特の建築様式であり、
他には犬山市の大縣神社などに見られる。
尾張大国霊神社拝殿、尾張大国霊神社楼門は国指定重要文化財。
木造獅子頭、狛犬、鉄鈴は稲沢市指定文化財。
境内に大日堂は神仏分離により、
明治元年に万徳寺(稲沢市)に移設されている。
万徳寺は稲沢市長野にあり、
真言宗豊山派、国重文の多宝塔を有することで知られる。
毎年2月に行われる裸祭(追儺祭、鬼やらい)は特に有名である。

例祭日は5月6日。2010年4月幾日参拝。駐車場あり。

[PR]
# by sionozaki | 2010-04-21 03:48 | 愛知県(288) | Comments(0)