<   2017年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

春日神社(神戸市西区平野町宮前)

兵庫県神戸市西区平野町宮前は春日神社。
西区内の国道175号「平野出張所前」交差点を東へ向かう。
延喜式神名帳播磨国明石郡の宇留神社の論社。
他の論社は明石市の稲爪神社。
c0182455_15214781.jpg
神社は宇留山に鎮座し、宇留春日神社とも称する。
祭神 武甕槌命、経津主命、天児屋命、姫大神。
創建は神武天皇の頃とも第31代用明天皇2年(586年)とも伝える。
その後 第37代斉明天皇6年(660年)に社殿を再建したという。
諸説あるがもとは他の場所にあり、
その後現在地の宇留山の遷座されたという。
境内社に稲荷神社、若宮神社などがある。
春日神社本殿、春日神社拝殿、春日神社幣殿は
いずれも神戸市指定有形文化財(平成11年に文化財指定)。
明治7年村社指定。拝殿。
c0182455_09271181.jpg
稲爪神社は明石市内の国道2号線沿いにあり、
祭神 大山祇神、面足神、惶根命。
目の前を車で通ったが今回は参拝できませんでした。
延喜式神名帳播磨国明石郡には宇留神社、物部神社、
海神社、弥賀多多神社、林神社、赤羽神社、
伊和都比売神社の以上9坐が記されている。

例祭日は10月11日。2016年10月13日参拝。駐車可。
非常に素晴らしい神社と感じました。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-27 16:48 | 兵庫県(68) | Comments(0)

浄土寺(小野市)

兵庫県小野市浄谷町は浄土寺。
国道175号「浄谷町北」または「浄谷町南」を東へ向かう。
高野山真言宗。極楽山。本尊は薬師如来、阿弥陀如来。
同名寺院に浄土寺(尾道市)などがある。
c0182455_12424077.jpg
創建は建久年間(1190年~1198年)で開山は重源。
奈良東大寺(華厳宗)は治承4年(1180年)平重衡による兵火で
多くの伽藍を焼失し、その後重源の活動により復興された。
当地は東大寺領であることから、
東大寺播磨別所が置かれた。この播磨別所が当寺である。
伽藍に浄土堂、薬師堂、鐘楼堂、不動堂、文殊堂などがある。
また境内に産土神の八幡神社がある。
塔頭には歓喜院、宝持院がある。
浄土寺浄土堂、浄土寺木造阿弥陀如来及び両脇侍立像は国宝。
浄土寺薬師堂、浄土寺木造阿弥陀如来立像、
浄土寺境内八幡神社本殿、拝殿、
浄土寺木造重源坐像、浄土寺木造菩薩面、
浄土寺銅製五輪塔、浄土寺絹本著色涅槃図、
絹本著色真言八祖像などは国指定重要文化財。
浄土寺木造行道面、浄土堂扁額などは兵庫県指定文化財。

浄土寺浄土堂は建久5年(1194年)の建立で、
堂内に安置される木造阿弥陀如来、脇侍勢至菩薩、
脇侍観音菩薩は快慶の作である。
浄土寺薬師堂は建久8年(1197年)の建立で、
神戸大学附属図書館蔵の浄土寺縁起に依れば
堂内の薬師如来坐像は広渡廃寺にあったものという。
広渡廃寺跡は小野市広渡町にあり国指定史跡、
広渡寺は7世紀末の創建とされる。浄土寺浄土堂。
c0182455_12421235.jpg
東大寺の別所は七つあり東大寺七別所、重源の七別所という。
当播磨別所のほか伊賀別所、周防別所、高野新別所、
東大寺別所、渡辺別所、備中別所がある。
うち伊賀別所は三重県伊賀市の新大仏寺(真言宗智山派)、
周防別所は山口県周防市の阿弥陀寺(華厳宗)である。

2016年10月13日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい寺院と思いました。
周辺に愛宕神社(小野市浄谷町)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-25 09:35 | 兵庫県(68) | Comments(0)

春日神社(西脇市蒲江)

兵庫県西脇市蒲江は春日神社。
国道175号「蒲江北」交差点のすぐ西側にある。
西脇市内に春日神社は他に春日神社(西脇市小坂町)、
春日神社(西脇市高田井町)、春日神社(西脇市黒田庄町田高)がある。
c0182455_09260062.jpg
祭神 天児屋命。
また武甕槌命を配祀する。
手元に参考になる資料がなく創建や由緒は不詳。

例祭日は4月11日。2016年10月13日参拝。駐車場なし。
少し離れ西脇公園付近に
この地域の名刹 高野山真言宗の西林寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-25 08:54 | 兵庫県(68) | Comments(0)

兵主神社(丹波市)

兵庫県丹波市春日町黒井(旧氷上郡春日町黒井)は兵主神社。
国道175号「六反田」または「野村」交差点を北へ向かう。
その先兵庫県立氷上高等学校付近。旧県社。
延喜式神名帳丹波国氷上郡の兵主神社に比定される。
同名社に兵主神社(豊田市)、兵主神社(西脇市)などがある。
c0182455_10414258.jpg
祭神 大己貴命、少彦名大神、天香山命、蛭子大神。
創建は天平18年(746年)。
天正7年(1579年)黒井城落城の際に当社も焼失した。
社殿背後に影向石がある、
この石は磐座とも古墳の一部材とも考えられる。
実際に周辺には幾つかの古墳があり、
当社西の稲塚と呼ばれる古墳は前方後円墳である。
この稲塚は丹波市春日町稲塚として地名にもなっている。
当社に祈願すると疱瘡に効くといわれた。
神宮寺に神光寺(宗派不明)があった。
兵主神社社叢は兵庫県環境緑地保全地域。
兵主神社のオガタマノキは丹波市指定天然記念物。
兵主神社近衛基前筆兵主社社号、兵主神社近衛信尹筆和歌懐紙、
兵主神社近衛信尹筆和歌短冊は丹波市指定文化財(書籍)。
c0182455_10421295.jpg
「兵主」とは兵庫(つわものぐら)の守護、守護神の意である。
延喜式神名帳に於ける兵主神社、兵主の名を冠する神社は
三河国賀茂郡の兵主神社=比定:兵主神社(豊田市)、
近江国野洲郡の兵主神社=比定:兵主神社(野洲市)、
近江国伊香郡の兵主神社=比定論:兵主神社(長浜市高月町横山)、
比定論:兵主神社(長浜市湖北町高田)、
大和国城上郡の穴師坐兵主神社=比定:穴師坐兵主神社(桜井市)、
和泉国和泉郡の兵主神社=比定:兵主神社(岸和田市)、
播磨国飾磨郡の射楯兵主神社=比定論:射楯兵主神社(姫路市)、
比定論:行矢射楯兵主神社(姫路市)、
播磨国多可郡の兵主神社=比定:兵主神社(西脇市)、
丹波国氷上郡の兵主神社=比定:兵主神社(丹波市)、
但馬国朝来郡の兵主神社=比定論:兵主神社(朝来市)、
比定論:八幡社(朝来市山東町森)、
但馬国養父郡の兵主神社=比定:兵主神社(豊岡市日高町浅倉)、
但馬国出石郡の兵主神社=比定論:大生部兵主神社(豊岡市奥野)、
比定論:大生部兵主神社(豊岡市但東町薬王寺)、
比定論:穴見郷戸主大生部兵主神社(豊岡市)、
比定論:有庫神社、比定論:伊福部神社(豊岡市)、
但馬国気多郡の久刀寸兵主神社=久刀寸兵主神社、
但馬国城崎郡の兵主神社=比定:兵主神社(豊岡市赤石)、
但馬国城崎郡の兵主神社=比定:兵主神社(豊岡市山本)、
因幡国巨濃郡の佐弥乃兵主神社=比定:佐弥乃兵主神社(岩美町)、
因幡国巨濃郡の許野乃兵主神社=比定:許野乃兵主神社(岩美町)、
壱岐島壱岐郡の兵主神社=比定論:兵主神社(壱岐市)、
比定論:八幡神社(壱岐市勝本町)があり、
特に但馬国に特に多いことが分かる。
また延喜式神名帳に記載のない兵主神社という名称の神社は、
兵主神社(むつ市)、兵主八幡神社(柏市)、
兵主神社(岡山市)、兵主神社(新温泉町田井)、
兵主神社(新温泉町指杭)、兵主神社(出雲市)、
兵主神社(姶良市)などがある。

例祭日は10月9日。2016年10月13日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい神社と思いますし、
境内が非常によく整備されていると感じました。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-18 11:13 | 兵庫県(68) | Comments(0)

興禅寺(丹波市)

兵庫県丹波市春日町黒井(旧氷上郡春日町黒井)は興禅寺。
国道175号「六反田」交差点を北へ向かう。
その先丹波市立黒井小学校付近。
天台宗の歌道寺のすぐ西側。
曹洞宗。大梅山。本尊 釈迦如来。
c0182455_09422742.jpg
創建について諸説あるが、
同市氷上町御油の円通寺(曹洞宗)12世の融山の開山という。
もと誓願寺と称していたが、
円通寺21世の関翁が当寺を再興し、
円通寺末となって現在地に移転したといわれる。
春日局生誕の地として知られる。
黒井城の下館があったと考えられ黒井城跡は国指定史跡。

2016年10月13日参拝。駐車場あり。
近隣に天台宗の歌道寺、浄土宗の称名寺、
法華宗真門流の法華寺、真宗本願寺派の永証寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-17 11:12 | 兵庫県(68) | Comments(0)

歌道寺

兵庫県丹波市春日町黒井(旧氷上郡春日町黒井)は歌道寺。
国道175号「六反田」交差点を北へ向かう。
その先丹波市立黒井小学校付近。
興禅寺(丹波市)のすぐ東側。
天台宗。金力山。本尊 阿弥陀如来。
c0182455_23301703.jpg
創建は斉明天皇元年(655年)で開基は法道と伝える。
その後 仁寿元年(851年)天台座主円仁が丹波に訪れ、
本尊の阿弥陀如来を自作し安置したと伝える。
中世には赤井氏の庇護を受けた。
丹波市にある同宗 白毫寺(丹波市)に於いても
円仁が訪れた話を伝えている。

2016年10月13日参拝。駐車場あり。
近隣に曹洞宗の興禅寺、浄土宗の称名寺、
法華宗真門流の法華寺、真宗本願寺派の永証寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-13 19:40 | 兵庫県(68) | Comments(0)

白毫寺(丹波市)

兵庫県丹波市白毫寺(旧氷上郡市島町白毫寺)は白毫寺。
国道175号「東勅使」交差点を西へ向かう。
天台宗。五大山。本尊 薬師如来。
同名寺院に白毫寺(奈良市)がある。
c0182455_10241591.jpg
この地域の名刹で創建は慶雲2年(705年)と伝える。
寺伝によれば開基は法道と伝える。
天台座主円仁が当地に訪れ、
唐の五台山に似ていることから山号を五大山と命名、
薬師如来像が眉間白毫で光を放っていたことから
白毫寺と命名したという。
鎌倉時代には50程度の塔頭を備える大寺院であった。
天正6年(1578年)明智光秀の丹波攻めにより被害を受け、
天正12年(1584年)宥真が再興した。
境内に貞治4年(1365年)と至徳元年(1384年)の銘がある
宝篋印塔がある。
ほか長享2年(1488年)の銘のある鰐口を有する。
白毫寺太鼓橋は技法から江戸時代中期のものとみられるといい、
長さ約5m、幅約2mものである。
寺院に木造の橋がある例は
安曇野市の満願寺(真言宗豊山派)などがあるが太鼓橋は非常に珍しい。
c0182455_10300991.jpg
貞治4年(1365年)の銘のある宝篋印塔と
円仁が唐より持ち帰った五種鈴は兵庫県指定文化財。

白毫寺太鼓橋は丹波市指定文化財。

兵庫県にはインドの僧 法道仙人・法道が創建と伝える寺院が多い。
三木市の伽耶院(本山修験宗)、教海寺(真言宗大覚寺派)、
加東市の朝光寺(高野山真言宗)、光明寺(高野山真言宗)、
加西市の一乗寺(天台宗)、
朝来市の鷲原寺(高野山真言宗)、
多可町の圓満寺(高野山真言宗)、
神河町の法楽寺(高野山真言宗)、
西脇市の西林寺(高野山真言宗)、
篠山市の大乗寺(高野山真言宗)、和田寺(天台宗)、
大国寺(天台宗)、龍蔵寺(天台宗)、高蔵寺(天台宗)、
文保寺(天台宗)、高仙寺(天台宗)、
丹波市の岩戸寺(高野山真言宗)などがそれである。

2016年10月13日参拝。駐車場あり。
近隣に八幡神社(丹波市市島町百毫寺)、
三輪神社(丹波市市島町与戸)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-10 21:54 | 兵庫県(68) | Comments(0)

賀茂神社(福知山市猪崎)

京都府福知山市猪崎は賀茂神社。
京都府道55号「中」交差点を東へ、
三段池公園・福知山市武道館の北側、
臨済宗南禅寺派の醍醐寺(福知山市)の南側。
c0182455_21405022.jpg
手元に参考になる資料がないが、
祭神は加茂別雷命と推測される。
境内社に金比羅社がある。
醍醐寺は木塔山と号し、
創建は暦応4年(1341年)で本尊は薬師如来。
猪崎は遊郭のあった場として知られる。

例祭日は不明。2016年10月12日参拝。駐車可。
近隣に醍醐寺のほか、
周辺に延喜式神名帳丹波国天田郡の庵我神社に比定される庵我神社、
高野山真言宗の照光寺がある。
夕方の参拝で写真映りが良くありません。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-10 21:29 | 京都府(29) | Comments(0)

稲粒神社

京都府福知山市川北は稲粒神社。読み「いなつぶ」。
綾部市里町と福知山市猪崎を結ぶ
京都府道74号線沿い、福知山市雀部簡易郵便局の西側。
c0182455_20573773.jpg
主祭神 保食神。
創建は寛政11年(1799年)。
神社額には「正一位稲粒大明神」とある。
境内社に今宮神社、八幡宮、北野荒神社、
水無月神社、洞流権現、金毘羅神社、三柱神社、
八坂神社、稲荷神社また御旅所などがある。
c0182455_20575143.jpg
稲粒神社本殿附棟札四枚は京都府指定登録有形文化財。
稲粒神社の森一帯は京都府環境保全地区。
稲粒神社本殿は一間社流造で銅板葺、
寛政11年(1799年)の建立である。
小振りだが優れた作品であるといい、
大工は播磨三木の大工と当地の大工との共同作品、
彫物師は中井正忠である。

近隣に曹洞宗の頼光寺、東禅寺跡の太光薬師堂がある。
頼光寺古梵鐘は福知山市指定文化財。
太光薬師堂木造薬師如来坐像は室町期のもので市指定文化財。

例祭日は10月17日。2016年10月12日参拝。駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-10 21:00 | 京都府(29) | Comments(0)

私市円山古墳

京都府綾部市私市町は私市円山古墳。
綾部市里町と福知山市猪崎を結ぶ
京都府道74号線沿い、福知山市私市郵便局の東側。
周辺は私市円山古墳公園として整備される。
読み「きさいちまるやま」。国指定史跡。
c0182455_20491529.jpg
昭和60年代舞鶴若狭自動車道建設の際に発見された古墳である。
円墳で全長81m、高さ10m。
京都府内最大の円墳である。
3か所の埋葬施設があり、
第一主体部からは鉄鏃、鉄剣、鏡、胡籙(ころく)、
第二主体部からは鉄鏃、鉄刀、鏡類、玉類が出土した。
これらは綾部市資料館にて保管されている。
葺石には由良川の石が使用されている。
時期は古墳時代中期(5世紀中頃)と考えられるが、
被葬者は不明である。平成6年国指定史跡となる。
私市円山古墳出土品は京都府指定文化財(考古資料)。
c0182455_20492224.jpg
近年まで知られていなかった古墳である。
この古墳の発見により舞鶴若狭自動車道のこの区間は
トンネル工法となった。
私市町という地名は綾部市、福知山市の両方にある。

2016年10月12日訪問。駐車場あり。
綾部市資料館は休館日あり。
綾部市には他に国指定史跡の聖塚・菖蒲塚古墳、
成山古墳群がある。
古墳頂上からの眺望も良く素晴らしい古墳で心に残っています、
次回この地域に行く際にまた訪ねたいと思っています。


[PR]
by sionozaki | 2017-03-09 20:38 | 古墳・陵墓(20) | Comments(0)