<   2016年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

六所神社(名古屋市西区比良)

名古屋市西区比良は六所神社。
国道302号「比良口」または「比良3丁目」交差点を北へ向かう。
境内社の非多神社は延喜式神名帳尾張国春日部郡の非多神社の論社。
他の論社は三明神社(小牧市)。
c0182455_09400753.jpg
祭神 伊弉諾命、伊弉冉命、天照大御神、蛭子命、
素盞嗚尊、月読尊。
また境内社 大江神社の祭神は木花開耶姫命、
境内社 非多神社は国常立尊、天御中主尊。
手元に参考になる文献がなく六所神社の創建は不詳、
非多神社も不詳だが延喜式神名帳の古社である。
非多神社はもと他の場にあり、
大正8年堤防改修に伴い遷座したもの。
c0182455_08495910.jpg
境内社に天王社、社宮司社、御嶽社などがある。
尾張地方に多い蕃塀を有する。
境内のムクノキは名古屋市の保存樹木。

例祭日は9月19日。2016年9月7日参拝。隣接の公民館に駐車可。
長い間(3年間)参拝したかった神社に漸く参拝できました。


[PR]
by sionozaki | 2016-09-30 09:44 | 愛知県(292) | Comments(0)

護山神社

岐阜県中津川市付知町(旧恵那郡付知町護山)は護山神社。
国道256号「付知峡口」交差点付近。
同市加子母に奥社が鎮座する。旧県社。
c0182455_09104120.jpg
祭神 大山祇神、久久能智神、鹿屋野姫神。
裏木曽・木曽の山林は神宮の遷宮などに用いられるなど森林の豊富な地であるが、
1838年(天保9年)江戸城西の丸の用材を
切り出そうとしたところ神異があり、幕府は尾張藩に創建を命じた。
境内社に鹿嶋社、香取社、客神社、三輪社、熱田社、真清田社、
津嶋社、水神社、稲荷社、弥栄社、御嶽社、田口社がある。
明治6郷社指定。大正12年県社指定。
昭和33年岐阜県下の社格 金幣社指定。
c0182455_09111161.jpg
境内の「井出之小路の木曽大ヒノキの標本」は
中津川市指定天然記念物。

例祭日は4月第四日曜日。2016年9月2日参拝。駐車場あり。
付知には他に倉屋神社、臨済宗妙心寺派の宗敦寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-09-30 09:29 | 岐阜県(148) | Comments(0)

倉屋神社

岐阜県中津川市付知町(旧恵那郡付知町)は倉屋神社。
国道256号「付知峡口」交差点付近。上付知簡易郵便局付近。
この地域では規模の大きい宗敦寺が近くにある。
c0182455_19262195.jpg
祭神 須佐之男命。
また白山媛命、宇迦之御魂神、応神天皇、大山祇神、また石神社がある。
創建は不詳(岐阜県神社庁)。
もと「牛頭天王社」・「天王社」と称していた。
16世紀付知領主 田口家の氏神として屋敷の鬼門の方角に祀ったという。
境内社に天満社、八幡社、御鍬社がある。
明治4年倉屋神社と改称。
c0182455_19271244.jpg
倉屋神社石造御手洗は中津川市指定重要有形民俗文化財。
倉屋神社のムクロジは中津川市指定天然記念物。
また大祭で奉納される翁舞と人形頭と面は岐阜県指定無形民俗文化財。
近隣に「田神」の石像があるのが面白い。

例祭日は7月第二土曜日。2016年9月2日参拝。駐車可。
周辺の宗敦寺(そうこう寺)は臨済宗妙心寺派寺院、
多くの文化財を有する。
ほか水無神社(中津川市付知町)、護山神社などがある。
この時期国道沿いに咲くサルスベリが美しい。

[PR]
by sionozaki | 2016-09-29 19:33 | 岐阜県(149) | Comments(0)

白山神社(中津川市川上)

岐阜県中津川市川上(旧恵那郡川上村森平)は白山神社。
国道19号「弥栄橋」交差点を西へ向かった岐阜県道3号線沿い、
国道256号「田瀬」交差点を東へ向かった先。
社殿は集落の高台にあり100段以上の階段を登る。
c0182455_18530800.jpg
祭神 天照大御神。また伊弉諾命、伊弉冉命。
創建は1763年(宝暦13年)。由緒は不明という。

例祭日は10月第一日曜日。2016年9月2日参拝。駐車可。
周辺に十三仏堂、浄光寺(中津川市)がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-09-29 18:53 | 岐阜県(143) | Comments(0)

浄光寺(中津川市)

岐阜県中津川市川上(旧恵那郡川上村森平)は浄光寺。
国道19号「弥栄橋」交差点を西へ向かった岐阜県道3号線沿い。
裏木曽県立自然公園の入り口付近。
曹洞宗。大慈山。本尊は阿弥陀如来。
同名寺院に浄光寺(小布施町)、浄光寺(南巨摩郡南部町)
浄光寺(守山市)などがある。
c0182455_18405032.jpg
創建は1667年(寛文7年)。
旧川上村には寺院がなく旧坂下町の長昌寺に
寺院建立の依頼をした歴史がある。開山は長昌寺の大尭。

2016年9月2日参拝。駐車場あり。
裏木曽県立自然公園は景色がたいへん美しい、
今まで各地見てきた中でも屈指の静かな名所だと思います。


[PR]
by sionozaki | 2016-09-29 18:34 | 岐阜県(143) | Comments(0)

蔵田寺(中津川市)

岐阜県中津川市坂下(旧恵那郡坂下町坂下)は蔵田寺。
国道19号「弥栄橋」交差点を西へ向かった岐阜県道3号線沿い。
浄光寺(中津川市)、夕森公園の手前。
曹洞宗。山号・本尊は不明。
c0182455_18391407.jpg
手元に参考になる文献がなく創建は不詳。
木造釈迦如来坐像、木造役行者倚像を有する。
木造釈迦如来坐像は高さ46.5cm、檜材の寄木造り、
眼は玉眼で室町時代のものと推定される。
もと同町の萬蔵山長昌寺にあったものである。
木造役行者倚像は高さ1m、檜材の寄木造り、
同じく室町時代のものと推定される。
こちらはもと同町の金龍山三井寺にあったもので、
二体の像は廃仏毀釈を受け一時 法界寺(中津川市)に移された。
ともに岐阜県指定重要文化財。
苗木藩は廃仏毀釈を強力に推し進めこの地域には仏像が少ない。
役行者像は特に貴重な例である。

2016年9月2日参拝。駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2016-09-29 18:05 | 岐阜県(151) | Comments(0)

諏訪神社(中津川市茄子川)

岐阜県中津川市茄子川は諏訪神社。
国道19号「西諏訪」交差点を南へ向かう。
延喜式神名帳美濃国恵那郡の坂本神社の論社。
他の論社は八幡神社(中津川市千旦林)。
坂本神社諏訪社、式内坂本神社諏訪社などと称される。
社前を流れる川を木曽川水系野田川という。
c0182455_16550095.jpg
祭神 建御名方命。また応神天皇、速玉男命。
神名帳の坂本神社はもと茄子川の深沢という場に鎮座しており
祭神 豊城入彦命、創建は698年(文武天皇2年)という(岐阜県神社庁)。
しかし1357年(延文2年)坂本神社は野火で消失、
当地にもともと鎮座していた諏訪神社に遷宮した。
茄子川深沢には坂本神社旧地があり石碑が残る。
境内社に金比羅神社、秋葉神社、御鍬神社、州原神社(洲原神社)、
神明神社、山神社がある。
近世は「諏訪神社」と称していた。
c0182455_16564919.jpg
当社と千旦林の八幡神社は式内社を争い、
「坂本神社」の名を使わないことで両社は合意した。
八幡神社も坂本神社八幡宮などと称される。
中津川市千旦林の八幡神社は、
創建は不詳だが702年(大宝2年)社殿建立という。
延喜式神名帳美濃国恵那郡の式内社は
中川神社(中津川市)、恵那神社、坂本神社の三坐がある。

例祭日は10月第二日曜日。2016年9月2日参拝。駐車場あり。
近隣に白山神社、塞神神社があり、ともに大変素晴らしい。

[PR]
by sionozaki | 2016-09-29 16:26 | 岐阜県(143) | Comments(0)

日笠古墳群

福井県三方上中郡若狭町日笠は日笠古墳群。
若狭町内の国道27号「井の口」―「平野」交差点区間。
小浜市西部の新平野郵便局の東側。
上船塚古墳と下船塚古墳からなる。国指定史跡。
c0182455_20522468.jpg
写真は下船塚古墳。前方後円墳で全長約85m。
前方部幅約25m、後円部径約40m(古墳看板)。
この地方では大型の前方後円墳で、
形態は同町脇袋の上之坊古墳と同じである。
周囲に周濠の跡が残り葺石を備える。
時期は6世紀前半と考えられるが、
被葬者は不明である。
盗掘痕があるが遺物については不詳であるという。

上船塚古墳は同じく前方後円墳で全長77m。
周囲に周濠の跡が残り葺石を備える。
時期は6世紀前半と考えられるが、
被葬者は不明である。
昭和10年国指定史跡となる。

2015年7月15日訪問。駐車可。
若狭町には他に国指定史跡の脇袋古墳群がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-09-23 20:55 | 古墳・陵墓(16) | Comments(0)

梶田神社

愛知県瀬戸市幡野町は梶田神社。
愛知県道57号「幡野町北」交差点の東。フィール瀬戸店付近。
c0182455_10372096.jpg
祭神、由緒など後日掲載。
一旦掲載し次に進みます。

例祭日は不明。2016年9月参拝。駐車場なし。


[PR]
by sionozaki | 2016-09-18 10:38 | 愛知県(283) | Comments(0)

和志取神社(岡崎市)

愛知県岡崎市西本郷町御立は和志取神社。旧県社。
国道1号「暮戸町」交差点を南へ、その先「東本郷」交差点の西側。
延喜式神名帳三河国碧海郡の和志取神社の論社。
他の論社は和志取神社(安城市)。
ほか豊田市に鷲取神社がある。
c0182455_12264897.jpg
祭神 五十狭城入彦命。
五十狭城入彦命は木入彦命とも称し景行天皇の皇子。
五十狭城入彦皇子に同じ。母は美濃国の八坂入媛命。
創建不詳。
古く五十狭城入彦命は勅命によりこの地に居住、
当地を平定したと伝える。
当地付近には西本郷古墳群が広がり、
うち最大のものは前方後円墳で五十狭城入彦命の陵墓である。
近世は「瀬部明神」、「本郷大明神」と称していた。
文政13年(1830年)神祇伯より正一位の神階を授けられ、
正一位本郷大明神の額を賜った。
境内社に御鍬社、稲荷社、神宮社、社口社がある。
大正5年郷社指定。昭和21年県社指定。
c0182455_12283141.jpg
隣接の大日堂では当社の本地仏である木造金剛界大日如来坐像、
木造聖観世音菩薩立像を有する。
ともに岡崎市指定文化財。
明治21年すぐ近くの蓮華寺(曹洞宗)で和志取神像が発見された、
延喜年間(901年~923年)作であるという。

豊田市の鷲取神社の鎮座地は御立町というが、
当社の鎮座地も岡崎市西本郷町御立という。
兵庫県尼崎市の式内社 伊佐具神社は五十狭城入彦命を祀り、
長野県松本市の式内社 沙田神社も
五十狭城入彦命を祀るという説がある。
前述の蓮華寺は松本市深志の全久院(曹洞宗)のもと末寺であり、
生まれの松本と岡崎・安城と深い関わりがあり
個人的にたいへん悦しく思っています。

例祭日は10月2日。
古くから例祭、春季大祭、新嘗祭、祈年祭の四度の大祭を行っている。
2016年8月1日参拝。駐車可。
たいへん素晴らしい神社でした。
五十狭城入彦命墓と蓮華寺(岡崎市)にはまた年内に行く計画です。


[PR]
by sionozaki | 2016-09-11 11:14 | 愛知県(288) | Comments(0)