<   2016年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

名古屋市~滋賀県長浜市、高島市 国道8号、303号、161号

2016年6月3日(金)は滋賀県高島市を目的にして出掛ける。
行き先は郡上市白鳥町石徹白、藤枝市岡部と高島市と
どこにしようか少し悩んだけれど、
先日郡上(美並)には行ったし、
津野神社に行きたいのと萩乃露を買いたいという二つの思いにより高島市とする。

朝の出発はいつもより遅くなってしまい、
更に長区間の名神の車線規制などがあって米原IC着は10時となった。
長浜市に入り神照町を通ると、
もう6年も前に訪ねた神照寺を思い出した。
8号を北上し、8号より少し逸れた場に浄土宗の報恩寺(浄土宗)と
隣接の産土神社が目に留まり参拝。
続いて南速水の熊野神社、海老江の小江神社に参拝する。小江神社。
c0182455_07294340.jpg
たいへん素晴らしい神社だが、
整備されていないところも見られた。
湖北町海老江という地域は以前より知っていたが、
4月に富山県に行った際 舟橋村に「古海老江」という
似た地名があることを知った。

海老江や今西などこの付近からは山本山の眺めが良い。
山本山は古く朝日山、白山などといった。
付近には式内論社 比伎多理神社、飯開神社の杜が大きく広がる、
私の中の滋賀県の印象・風景はこのような眺めである。
c0182455_07470151.jpg
西柳野の八幡神社、赤後寺にも行きたいが、
高島に行く時間がなくなるので見送った。
国道8号、303号交差にある「道の駅 塩津海道あぢかまの里」に
立寄ると店内には中国語が飛び交い、
滋賀のこの場所にも中国人観光客が見られた。
c0182455_11102790.jpg
道の駅を出て303号方面に、
トンネルを幾つか経て昨年参拝した岩熊の矢合神社が視界に入る。
菅浦にも行きたいが、今日のように慌ただしく見るものは勿体ない。
今度一泊で予定を組みたい。
高島市が目的なので「野口」交差点よりを南下する。
北進して新疋田、刀根、麻生口辺りを見るのも良いが次回に回す。
161号沿いに海津天神社の看板が目に入った。
境内社が多くあり、
それぞれ神名帳の大田神社、小野神社、大前神社の論社である。
c0182455_08184717.jpg
境内は静かで、山々は間近に目に映り
近江の奥地の様相を呈していた。
津野神社が高島市今津町北仰と高島市今津町角川と
二社あることは最近知ったのだが、今回は北仰の津野神社に向かう。
季節のちょうど良い頃の参拝、
写真映りはどれも綺麗で何度も何度もシャッターを押した。
c0182455_08333700.jpg
田園地帯に大きく据わる社叢に赤鳥居。
今年(2016年)参拝した神社の中では白川町の佐久太神社、
糸魚川の大野神社と並んで最も素晴らしく感じた。

それから布留神社に参拝、
布留神社の社号標は少し離れた木の傍に立っていた。すぐ近くの堂。
c0182455_08130453.jpg
安曇川のこの付近には与呂伎神社、
賀茂神社、阿志都彌神社がある。
高島市は滋賀県では最も遠い地域、
今回余りゆっくりできなかったので、一泊でまた来たい。

最後若狭方面に至る国道303号を少しだけ走った。
コンビニ近くに社叢を見つけ、
参拝すると白山神社(高島市上弘部)であった。
c0182455_08142044.jpg
近くの永寿院(曹洞宗)も、
この付近の光景も心に残るものでした。

今回は報恩寺(長浜市小観音寺)、産土神社(長浜市小観音寺)、
熊野神社(長浜市湖北町南速水)、小江神社(長浜市湖北町海老江)、
称名寺(長浜市)、比伎多理神社、津野神社(高島市北仰)、
願慶寺(高島市)、海津天神社、布留神社(高島市)、
永寿院(高島市)、白山神社(高島市上弘部)の13ヶ所に参拝しました。
すべて掲載しますが、
更新頻度を下げていますので時間が掛かります。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-18 08:27 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

多為神社(関市)

岐阜県関市西田原は多為神社。読み「たい」。
関市立田原小学校の南側。
国道248号「大杉」交差点を南へ、
津嶋神社(関市大杉)の少し南を西に向かう。
延喜式神名帳美濃国賀茂郡の多為神社に比定される。
また美濃国神名帳の「従五位下多井明神」に比定される。旧郷社。
同名社に多為神社(津市)がある。
c0182455_12065487.jpg
祭神は大須禰比売命。
創建は不詳。
明治初期の神社明細帳によれば祭神は不詳と記されており、
昭和の神社明細帳には大須禰比売命と記されている。
現在神像二体を有するが、
神坐は3つあり一体はいつ頃かに盗難にあったという。
明治6年郷社指定、
明治40年神饌幣帛料供進神社に指定。
c0182455_12093283.jpg
道沿いに「旧郷社式内 多為神社」と刻まれた
鳥居がどっしりと構えられているが、逆光の為掲載できません。

例祭日は4月15日。2016年5月5日参拝。駐車場なし。
近隣に黄檗宗の小松寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-05 11:46 | 岐阜県(170) | Comments(0)

安楽寺(坂祝町)

岐阜県加茂郡坂祝町大針は安楽寺。
国道248号「西町5」交差点と「黒岩北」交差点区間の南側。
大針神社(坂祝町)がすぐ近くに鎮座する。
臨済宗妙心寺派。吉祥山。本尊 聖観音。
同名寺院に安楽寺(上田市)、安楽寺(各務原市)、
安楽寺(郡上市美並町)、安楽寺(京都市)など多数ある。
c0182455_09342374.jpg
古寺で創建時は天台宗。
創建は791年(延暦10年)、開基は妙吉祥覚法。
もとは洞山という場にあった。
本尊の聖観音は平安時代後期の古仏で坂祝町指定文化財。
西国三十三所観世音菩薩は
もと東白川町にあったもので同じく坂祝町指定文化財。
駐車場からは大針神社(坂祝町)の社叢が良く見渡せる。

2016年5月5日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-05 09:34 | 岐阜県(170) | Comments(0)

大針神社(坂祝町)

岐阜県加茂郡坂祝町大針は大針神社。
国道248号「西町5」交差点と「黒岩北」交差点区間の南側。
地理的には式内社 坂祝神社のちょうど北側にあたる。

c0182455_18555755.jpg
祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、
伊邪那岐命、伊邪那美命。創建は不詳。
もと「住吉神社」と称していた。
1652年(元禄5年)の棟札が残る。
大正年間 十二社神社を合祀し大針神社と改称した。
神社は大きな社叢に覆われ、
すぐに神社であることが分かった。拝殿と本殿。

c0182455_19301373.jpg
参道に中央が陥没した変わった石像がある。
「住吉神社」であるが、美濃市・加茂郡などは内陸である。

例祭日は4月第一日曜日。2016年5月5日参拝。駐車可。
近隣に臨済宗妙心寺派の安楽寺、
少し離れて岩を神体とする黒岩神社がある。
安楽寺はもと天台宗の古寺である。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-04 19:41 | 岐阜県(170) | Comments(0)

伊和神社(富加町)

岐阜県加茂郡富加町加治田は伊和神社。
富加町内の国道418号「駅前」交差点から岐阜県道97号線に入り、
津保川を渡ると道沿いに絹丸神社、龍福寺(富加町)
当社、清水寺(富加町)がある。
同名社に伊和神社(松本市)、伊和神社(宍粟市)、伊和神社(鳥取市)がある。

c0182455_18165871.jpg
祭神 大己貴命。創建は不詳だが、
当社蔵の獅子頭の銘に1346年(貞和3年)とある。
明治43年宮前というところから現在地に遷座という。
境内社に金刀比羅神社があり、伊和神社と別に鳥居が建つ。
伊和神社田の神祭祭事は岐阜県指定無形民俗文化財。
神事に用いる木造獅子頭、
木造能面癋見(べしみ)は富加町指定重要文化財。

例祭日は4月5日。2016年5月5日参拝。駐車場なし。

[PR]
by sionozaki | 2016-06-04 18:43 | 岐阜県(170) | Comments(0)

清水寺(富加町)

岐阜県加茂郡富加町加治田は清水寺。
富加町内の国道418号「駅前」交差点から岐阜県道97号線に入り、
津保川を渡ると道沿いに絹丸神社、龍福寺(富加町)
伊和神社(富加町)、当寺がある。
臨済宗妙心寺派。白華山。本尊 十一面観音。
同名寺院に清水寺(京都市)、清水寺(山形村)、
清水寺(安来市)がある。二天門。

c0182455_16295513.jpg
もと真言宗寺院で、
寺伝では草創は808年(大同3年)と伝える。開山は延鎮。
十一面観音坐像は高さ1m52cm、檜材の一木造。
平安時代のものとみられ国指定重要文化財。
脇侍地蔵菩薩立像は室町時代のもので岐阜県指定文化財。
清水寺二天門は建立時期は明らかでないといい、
同じく岐阜県指定文化財。
また毘沙門天隆は富加町指定文化財。
ほか延鎮大師像、坂上田村麻呂像などを有する。
境内に大師堂、秋葉堂があり、秋葉堂は袋井市の可睡斎からの勧請である。

2016年5月5日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-04 18:03 | 岐阜県(170) | Comments(0)

龍福寺(富加町)

岐阜県加茂郡富加町加治田は龍福寺。
富加町内の国道418号「駅前」交差点から岐阜県道97号線に入り、
津保川を渡ると道沿いに絹丸神社、当寺、
伊和神社(富加町)清水寺(富加町)がある。
臨済宗妙心寺派。臨済山。本尊 聖観音。
c0182455_11424690.jpg
1557年(弘治3年)小庵がつくられたことに始まる。
のちに佐藤忠能はこれを拡張、佐藤家の菩提寺 龍福寺とする。
当地よりすぐ隣の地域は美濃加茂市だが、
本尊の聖観音はもと美濃加茂市にあったものである。
龍福寺雲版は岐阜県指定重要文化財。
雲版には「蔵春禅庵 大和国高市郡越知比丘
嘉吉三年十二月」などと刻印されている。
槍、鎧、轡、鞍などは富加町指定文化財。
すぐ近くの古寺 清水寺(富加町)は当寺の末寺であった。

2016年5月5日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-02 11:39 | 岐阜県(170) | Comments(0)

宝積寺(坂祝町)

岐阜県加茂郡坂祝町取組は宝積寺。
国道21号線「取組」交差点付近。
坂祝町役場の西側。すぐ目の前を木曽川を流れる。
臨済宗妙心寺派。大祥山。本尊 聖観音。
同名寺院に宝積寺(高根沢町)、宝積寺(名張市)、
宝積寺(大山崎町)などがある。

c0182455_09555659.jpg
創建は宝徳年間(1449年~1452年)で、
各務原市鵜沼に創建された。
武芸川(現 関市)に同派の汾陽寺が創建されると当寺は塔頭となり移転、
汾陽寺の衰退後に坂祝の現地に再建された。
庚申堂にある取組庚申像は坂祝町指定文化財。

2016年5月5日参拝。駐車場あり。
近隣に平野神社(坂祝町)、同派の長蔵寺、東光院がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-02 10:14 | 岐阜県(170) | Comments(0)

普済寺(可児市)

岐阜県可児市石森は普済寺。
国道21号「瀬田」交差点の西側、すぐ近くを可児川が流れる。
天台宗。応現山。本尊 薬師如来。
同名寺院に普済寺(瑞浪市)、普済寺(伊那市)などがある。
c0182455_09451091.jpg
創建は1679年(延宝7年)という(境内由緒板)が、
平安期の仏像を有し古寺とも考えられる。
本尊の木像薬師如来坐像は高さ81cm、
檜材の一木造。平安時代後期のもの。
脇侍の日光菩薩立像、月光菩薩立像はそれぞれ高さ1m13cm、
寄木造で時期は室町時代の者と考えられるという。
以上三体の仏像は可児市指定文化財。
堂の前には幾つかの石仏がある。寺は廃寺である。

2016年5月5日参拝。駐車場なし。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-01 21:44 | 岐阜県(170) | Comments(0)

西性寺(糸魚川市新鉄)

新潟県糸魚川市新鉄は西性寺。
市内の国道148号「横町南」交差点を東へ。
北陸新幹線の糸魚川駅を降りてすぐ、糸魚川の中心部にある。
真宗大谷派。山号不明。本尊 阿弥陀如来。

市内に同名寺院 西性寺(糸魚川市木浦)がある。
c0182455_21381137.jpg
手元に参考になる文献がなく
創建など由諸不明。
次に進めないので取り敢えず掲載し、次に進みます。

2016年4月21日参拝。駐車場あり。
近隣には社寺が多く真宗大谷派の常誓寺、日蓮宗の経王寺、
曹洞宗の真常寺、直指院などがある。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-01 21:38 | 新潟県(49) | Comments(0)