<   2016年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

名古屋市~高山市、飛騨市、富山市、立山町、上市町、魚津市、黒部市、入善町、朝日町、糸魚川市、小谷村 国道41号、8号

2016年4月19日(火)、20(水)、21日(木)の3日間
富山市と糸魚川市を目的にして出掛ける。
2泊する旅行は久振り、昨年春の妙高・十日町の旅行以来のこと。

名古屋市から富山市まで国道41号が一本で繋がっており、
この道で富山県へ。朝日町で二泊し糸魚川に向かい白馬・大町におりる計画。
高速を使わないのは 運転が好きで下道を走ることが楽しいのと、
田舎の風景が好きで
途中気まぐれに車をとめて歩いたり写真を撮るのが好きだから。
先日車を買い替えに東京に行き、新しい車での初めてのドライブとなった。
朝は6時の出発を予定していたが、
前夜寝ることができず夜中の2時頃に出発。
各務原市、川辺町を過ぎれば国道はトラックばかりになった。
飛騨国一宮 水無神社に着く頃に丁度日の出。少し寒い中参拝をした。
c0182455_19264529.jpg
通勤の時間帯の7時位に富山県に入った。
神通川のダムを過ぎると笹津、横樋、寺家、舟倉集落、
この地域に鎮座する姉倉比売神社を見つけるのは少し時間が掛かった。
富山市婦中町羽根交差点。
c0182455_15390760.jpg
富山市内の式内社を幾つか見て、
立山町日置の日置神社と稚子塚古墳に向かう。
富山県道6号「利田曽我」交差点を南に向かうと日置集落となった。
日置神社は高速高架の手前にある。
c0182455_16200666.jpg
「利田曽我」交差点に戻り東に行くと稚子塚古墳。
余り目印になるものがなく見つけられるか心配だったが、
すぐに目に留まった。
春らしい空の下にこんもりとした森が広がっていた。
5世紀頃の円墳で富山県指定史跡。
近くにある稚子塚駅はこの古墳に由来している。
c0182455_16203082.jpg
それからいくつか社寺を見て、
19時頃に朝日町の宿に到着しました。
予定していなかった上市町の神度神社に参拝できたことはとても光栄でした。

1日目は水無神社(高山市)、金龍寺(飛騨市)、
神明神社(飛騨市神岡町東茂住)、姉倉比売神社(富山市舟倉)、
八幡宮(富山市八尾町)、最勝寺(富山市)、
白鳥神社(富山市寺町)、速星神社(富山市婦中町速星)、
神明社(立山町高原八ツ屋)、日置神社(立山町日置)、稚子塚古墳、
神度神社、神田神社(上市町)、教徳寺(入善町)の14所ヶに参拝・訪問しました。


2日目 4月20日(水)は朝日町を出て、糸魚川に向かう。
朝日町は富山県の最も東側。県境の境川。
c0182455_02594940.jpg
境川を渡ると糸魚川市青海という地域だが、
平成の合併以前は西頸城郡青海町といった。
ここに式内論社の青海神社があるが、場所が分からず。
一昨年行った福井県高浜町の青海神社と
関連のある神社だったが断念した。
ちなみに新潟県加茂市にも青海神社がある。
青海川の上流には橋立ヒスイ峡がある。青海川。
c0182455_03014170.jpg
国道148号線側には小滝川ヒスイ峡があって、
この地域は世界的なヒスイの原産地である。
今でも糸魚川市押上~青海~朝日町宮崎・境の海岸では
上流から流れたと思われるヒスイを拾うことができる。
「古事記」に大国主命が沼河比売命に求婚する話が載るが
「ヌナカワヒメ」の「ヌ」はこのヒスイのことである。
糸魚川のフォッサマグナミュージアムではヒスイの鑑定も可能(要予約)、
松本に住んでた頃に拾った石を今回持ってきたのだった。

国道8号「早川橋西詰」を南へ入り、早川を上っていくと月不見の池がある。
池は地滑りにより自然にできたものという。
藤の季節には賑わうというが、とても寂れた雰囲気だった。
この池より命名した月不見の池という日本酒がある。
c0182455_04160484.jpg
早川流域には日光寺、大蓮寺、普済寺、興順寺、西福寺、宝善寺、
白山神社、東海神社など社寺が多い。
このうち日光寺(真言宗豊山派)は748年創建の古刹、
たいへん素晴らしい寺院だった。
周辺の寺院群ももう少し見てきたら良かった。

能生まで進む頃には午後3時、
余り東へ行くと朝日町の宿が遠くなるので戻る。
新潟・富山県境付近の道の駅 親不知ピアパークに寄った。
c0182455_04462285.jpg
海岸でヒスイを拾う人や
ヒスイの露店、ヒスイに関する本の販売などがされていた。
それから十二社に参拝、宿に戻った。
2日目は諏訪神社(糸魚川市寺島)、大野神社(糸魚川市)、天津神社・奴奈川神社、
宝伝寺(糸魚川市)、日光寺(糸魚川市)、白山神社(糸魚川市日光寺)、
光栄寺(糸魚川市)、水保観音堂、山王の森、西性寺(糸魚川市木浦)、
十二社(糸魚川市市振)の11ヶ所に参拝しました。


3日目 4月21日(木)は午後から雨の予報。
8時半には宿を出てまず鹿嶋神社(朝日町)に参拝、
入善・朝日町内の神社をいくつも見た。入善町古黒部の神明社。

c0182455_12180941.jpg
宇奈月温泉方面に向かう富山県道13号沿いには
古刹 十三寺(高野山真言宗)があった。
この寺より先はもう黒部市(旧宇奈月町)。

c0182455_12185886.jpg
午後からは糸魚川のフォッサマグナミュージアムに行く予定。
糸魚川中心部の秋葉神社、
西性寺、経王寺などを見て博物館到着。
石の鑑定の結果はヒスイではなかった。
長者ヶ原遺跡出土の品々を拝見、
見終わる頃には雨で国道148号線にて帰路に就いた。
148号は小谷村、白馬村を経て松本市に至る。
松本市の国道19号(白板・渚付近)は2016年になっても酷い渋滞だった。
松本は他県に比べて道が悪く、松本生まれとして恥ずかしく思う。
塩尻ICより高速を使った、
22時過ぎ 名古屋に帰ってきました。
名古屋東部は明るく帰ると落ち着きます。
合計900km程走りましたが、
新しい日本車はとても運転しやすくそれ程疲れませんでした。

3日目は鹿嶋神社(富山県朝日町)、山王宮(富山県朝日町)、
明光寺(富山県朝日町)、改観寺(富山県朝日町)、神明社(入善町古黒部)、
白山神社(富山県朝日町窪田)、羽黒神社(入善町)、
十三寺(入善町)、西養寺(入善町)、神明社(富山県朝日町藤塚)、
秋葉神社(糸魚川市横町)、経王寺(糸魚川市)、
西性寺(糸魚川市)の12ヶ所に参拝しました。
天気にも恵まれ写真は1,000枚以上撮りましたし、
日本酒(謙信)も美味しく、とても楽しい旅となりました。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-22 21:06 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

東光寺(四条畷市)

大阪府四条畷市逢阪は東光寺。
清滝峠沿いにある。
浄土宗。山号不明。本尊 阿弥陀如来。
同名寺院に東光寺(八百津町)などがある。
c0182455_19223745.jpg
資料がなく創建は不明だが、
守口市佐太中町にある来迎寺(浄土宗)と関わりある寺院である。
逢阪には磐座のほか、
延元年間(1336年~39年)の銘がある五輪塔がある。
五輪塔は大阪府指定有形文化財。

2016年3月31日参拝。駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-13 19:17 | 大阪府(15) | Comments(0)

国中神社(四条畷市)

大阪府四条畷市清滝中町は国中神社。
国道163号「楠公里」交差点付近、
すぐ東は清滝峠で奈良県生駒市へ続いている。
読み「くになか」または「くなか」。
延喜式神名帳河内国讃良郡の国中神社に比定される。
c0182455_19033565.jpg
祭神 国常立尊、天照大神、猿田彦命、
菅原道真だが、本来の祭神は不明。
「天満宮」、「天神宮」、「大蛇宮」と称されていた。
創建は不詳だが、式内社であり古社である。
天照大神、猿田彦命は四条畷市逢阪の神社から合祀、
菅原道真は境内社の若宮社が倒壊したことから
合祀したものである。
境内社に三神社、祇園社、稲荷社などがある。

また当社より西 四条畷市役所付近に
古寺 正法寺(西山浄土宗)があり、
この寺を創建した者と関わりがあるとも考えられるという。
ちなみに讃良郡の読みは「さらら」郡。

例祭日は10月16日。2016年3月31日参拝。駐車場あり。
たいへん素晴らしい神社でした。
近隣に式内社の御机神社、曹洞宗の龍尾寺、
日蓮宗の如在寺などがある。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-13 19:00 | 大阪府(15) | Comments(0)

天乃神社(守口市)

大阪府守口市橋波東之町は天乃神社。
国道163号「殿島町」交差点を西へ。
曹洞宗の南詢寺が隣接する。
c0182455_20070792.jpg
祭神 素戔嗚命、誉田別命、菅原道真。
もと「天神社」、「天神宮」と称され、
「天農神社」とも表記される。
創建は不詳。
正平年間(1346年~69年)兵火にかかり
河内国讃良郡(寝屋川市、四条畷市付近)に移ったが のち再建された。
現本殿内にある旧本殿は一間社春日造で杮葺、
貴重なものであるという。

例祭日は10月15日。夏祭は7月15日。
2016年3月31日参拝。駐車場なし。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-12 20:05 | 大阪府(15) | Comments(0)

大枝神社(守口市)

大阪府守口市大枝東町は大枝神社。
国道163号「菊水通2」交差点を西へ。
京阪本線 守口市駅、守口の京阪百貨店、守口市民体育館の近く。
c0182455_18421792.jpg
祭神 誉田別命。
もと「産田神社」と称したといい、
歴史地名大系には祭神は蔵王権現とある。
末社に高吉稲荷神、東照大権現を祀る社がある。
境内の楠は守口市の保存樹木に指定されている。

例祭は10月、夏祭は7月。
2016年3月31日参拝。駐車場なし。
近隣に真宗本願寺派の光明寺(守口市)がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-12 18:38 | 大阪府(15) | Comments(0)

阿為神社

大阪府茨木市安威3丁目は阿為神社。
読み「あい」。大阪府道46号「長ヶ橋北詰」交差点の南を西へ入る。
延喜式神名帳摂津国島下郡の阿為神社と
延喜式神名帳摂津国豊島郡の幣久良神社に比定される。
隣接の大念寺(茨木市)から望む。
c0182455_15030707.jpg
祭神 天児屋命、応神天皇、宇迦御魂神、菅原道真。
創建は不詳。
もと「苗森明神」ともいった。
幣久良神社の祭神が応神天皇である。
「新撰姓氏録」にある中臣藍連は
天児屋命12世の孫の大江臣の末裔であるというが、
中臣藍連はこの安威地区を本拠としたことから
中臣藍連の神社であるとも考えられるという。
この「安威」は「阿為」のほか「阿井」とも表記され、
継体天皇陵 三嶋藍野御陵の「藍」とも同じである。
境内社は大歳神社、猿田彦神社など多数ある。
また当地より南 府道46号から少し入ったところに
阿為神社御旅所がある。阿為神社拝殿。
c0182455_15045200.jpg
社宝に漢式二神二獣鏡、太刀などがある。
うち漢式二神二獣鏡は将軍塚古墳から出土したものだが、
東大阪市の式内社 石切劔箭神社の有する鏡と
同じ鋳型のもので注目される。

例祭日は5月4日。2016年3月30日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-11 14:55 | 大阪府(15) | Comments(0)

大念寺(茨木市)

大阪府茨木市安威3丁目は大念寺。
大阪府道46号「長ヶ橋北詰」交差点の南を西へ入る。
浄土宗。安威山。善法院。本尊 阿弥陀如来。
式内社 阿為神社に隣接する。
c0182455_21192327.jpg
この地域の古寺で創建は飛鳥時代と伝える。
藤原鎌足は慧隠法師を招き伽藍を建立、
その後 鎌足は長男を出家させ定慧と称した。
中世には大織堂、また大織冠廟堂といった。
地蔵菩薩を有し雨乞い地蔵と呼ばれる。
安威川地蔵渕から拾われたものと伝わり、
この地蔵渕につけると雨を降らすという。

2016年3月30日参拝。駐車場不明。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-10 21:45 | 大阪府(15) | Comments(0)

太田茶臼山古墳

大阪府茨木市太田3丁目は太田茶臼山古墳。
国道171号「三島丘西」、「西河原」交差点を北へ。
全体的に森になっているのは分かるが、
拝所は住宅地で少し分かりにくい場所にある。
北側に名神高速が通っている。
読み「おおだちゃうすやま」。
継体天皇陵とされ、宮内庁により継体天皇陵に治定される。

c0182455_20033709.jpg
前方後円墳で全長6m。
前方部幅147m、前方部幅147m、前方部高19.8m、
後円部径138m、後方部高19.2m(古墳看板)。
古墳の周囲には幅22m~33mの濠が設けられている。
また陪冢がある。
外堤の発掘調査では円筒埴輪、形象埴輪などが出土、
それらの様子から時期は5世紀中頃と考えられるという。
しかし継体天皇は6世紀に亡くなっていることや(日本書紀)、
「延喜式」に継体天皇陵は摂津国島上郡にあるとあるが、
太田は島下郡であることなどから疑問が生まれた。
これにより継体天皇陵は当地東の今城塚古墳と考えられるようになり、
当墳は継体天皇の曽祖父 である意富富杼王など
継体天皇に関わる人物の古墳の可能性が高い。
出土した円筒埴輪、形象埴輪の多くは、
高槻市土室町の新池遺跡で作られたものである。

すぐ西に太田神社が鎮座している。
太田神社は延喜式神名帳摂津国島下郡の太田神社に比定されるが、
延喜式の版本によっては大田神社と表記され
新撰姓氏録にある中臣大田連に関連するものと考えられる。
また当古墳付近には飛鳥時代に遡ることができる
太田廃寺があり、中臣大田連に関わる地であることがわかる。

2016年3月30日訪問。駐車場なし。
近隣には太田神社のほか、国道171号線沿いに
延喜式神名帳摂津国島下郡の新屋坐天照御魂神社の論社の
新屋坐天照御魂神社(茨木市西河原)がある。
他の論社は新屋坐天照御魂神社(茨木市宿久庄)、
新屋坐天照御魂神社(茨木市西福井)である。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-10 20:47 | 古墳・陵墓(17) | Comments(0)

八剣神社(岐阜市芋島)

岐阜県岐阜市芋島4丁目は八剣神社。
岐阜県道140号「芋島4」交差点付近。
各務原市との市境でイオンモール各務原から近い。
c0182455_18250469.jpg
祭神 日本武尊。
また合祀祭神は八皇子神(八王子神)。
創建は不明だが貞享年間(1684年~1687年)以前という。
境内社に稲荷神社、秋葉神社がある。
明治初年 村社指定。
境内看板の稲荷神社祭神「倉稲魂神」の振り仮名が
「くらいなたま」神となっていた、
その振り仮名はちょっと無いなと思いました。

例祭日は10月10日。2016年3月28日参拝。駐車場なし。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-10 18:39 | 岐阜県(167) | Comments(0)

正神社(笠松町)

岐阜県羽島郡笠松町無動寺は正神社。
読み「しょう」。式内論社 綾衾神社
笠松町立下羽栗小学校のすぐ近く。
c0182455_18170244.jpg
祭神 正大神(しょうのおおかみ)。
由緒不明という。

例祭日は不明。2016年3月28日参拝。駐車場なし。
付近は神社の多い地域で、
綾衾神社(笠松町)、冨士神社(笠松町)、神明神社(笠松町)、
津嶋神社(笠松町
)、白山神社(岐南町若宮地)がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-10 18:12 | 岐阜県(167) | Comments(0)