<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大宮五十鈴神社

長野県駒ヶ根市赤穂は大宮五十鈴神社。読みは「おおみやいすず」。
国道153号の駒ヶ根駅付近「中央」信号機を西へ向かった所に鎮座する。
c0182455_18060494.jpg
祭神は熱田大神。社伝によれば応神天皇39年に瑞武彦が
尾張の熱田神宮より熱田神を勧請し創建したという。
瑞武彦は御食津彦の子であるという。
応神天皇42年神宮から天照大神、諏訪神社から建御名方命を勧請し、
この三神を主祭神として祀られてきた。

例祭日不明。20141月4日参拝。駐車場あり。



[PR]
by sionozaki | 2014-02-14 18:06 | 長野県(85) | Comments(0)

蕗原神社

長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪沢は蕗原神社。
読み「ふきはら」。
国道153号「沢上」信号機の東、
JR飯田線の「沢」駅近くに鎮座する。
c0182455_16211161.jpg
祭神は大貴己命、ほか9柱。
1335年(建武2年)に御嶽社として創建された。
明治になり八幡社、白山社などを合祀。
明治45年に蕗原神社に改称した。

例祭日不明。2014年1月4日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2014-02-09 16:22 | 長野県(85) | Comments(0)

太子堂(松本市)

長野県松本市和田太子堂は太子堂。
正確には聖徳院太子堂で、山号は恵眼山。
「太子堂」は地名になっている。
県道291号と県道48号の交差する「南和田」交差点の南東、
和田の住宅街にあって、道は狭く場所が非常に分かりにくい。
c0182455_16042537.jpg
創建は不詳(境内の由緒表示)。
1865年(慶應元年)に僧 恵眼が再建したという。

縁日は3月20日。2014年1月4日参拝。駐車可。
すぐ近くに阿弥陀堂があり、和田中心部には
真光寺(松本市和田)、萬年寺(松本市)などがある。

[PR]
by sionozaki | 2014-02-09 16:13 | 長野県(85) | Comments(0)

阿弥陀堂(松本市神林)

長野県松本市神林川西は阿弥陀堂。
神林と和田の境にあり、東側には鎖川が流れる。
c0182455_10155015.jpg
阿弥陀如来を安置し、
額には説教所と書かれる。

2014年1月4日訪問。駐車可。
近隣に太子堂(松本市)、福應寺(松本市)などがある。

[PR]
by sionozaki | 2014-02-09 15:57 | 長野県(85) | Comments(0)

栗林神社(松本市)

長野県松本市島立は栗林神社。読みは「くりばやし」。
長野県駒ケ根市にも同名の神社があるので区別する。
c0182455_1883942.jpg
平凡社 歴史地名大系に記述がなく、祭神や由緒など不明である。
神社のアカマツは松本市の天然記念物である。

例祭日不明。2014年1月3日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2014-02-09 14:58 | 長野県(85) | Comments(0)

建部神社(山形村)

長野県東筑摩郡山形村上竹田は建部神社。
読み「たけべ」。長野県道291号「記念碑前」交差点付近。
山形村は旧波田町と朝日村に挟まれた小さな村。
c0182455_185325.jpg
手元に参考になる資料がなく祭神など不明だが、
建部神社からの勧請と考えられ、祭神は大貴己命か。

例祭日は不明。2014年1月3日参拝。駐車可。
近隣に浄土宗の見性寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2014-02-09 10:17 | 長野県(85) | Comments(0)

国分神社(上田市)

長野県上田市国分は国分神社。
国道18号「信濃国分寺駅」交差点の北側。

c0182455_20421253.jpg
祭神は誉田別命(歴史地名大系、平凡社)。
創建は不詳だが、古社という。。
もと「八幡神社」と称していた。
本殿西側に境内社の三峯神社がある。

例祭日不明。2013年1月2日参拝。駐車場なし、駐車難。



[PR]
by sionozaki | 2014-02-09 09:57 | 長野県(85) | Comments(0)

智識寺(千曲市)

長野県千曲市大字上山田八坂(旧埴科郡上山田町上山田)は智識寺。
天台宗。清源山。

麻績村と旧上山田町を結ぶ長野県道55号線沿いにある。
国重文 大御堂を有する寺として知られる。写真は大御堂。

c0182455_20392910.jpg
奈良時代に聖武天皇が創建した古寺で、
大御堂はもと冠着山山麓の曽根堂という所にあった。
平凡社の歴史地名大系に依れば、
建久年間(1190~1199年)に弥勒寺観音林に遷り、
のち天正年間(1573~1592年)に現在地に移ったという。
大御堂は寄棟造で、
室町時代の形式を良く残したもので国指定重要文化財。
千曲市は更埴市、戸倉町、上山田町が合併し誕生した市である。

2013年1月2日参拝。駐車場あり。
近隣に八阪神社がある。
当地より麻績村へ向かう峠を四十八曲峠というが、
四十八曲峠はもと波閇科峠といい、付近に式内社 波閇科神社がある。


[PR]
by sionozaki | 2014-02-09 09:37 | 長野県(85) | Comments(0)

佐良志奈神社

長野県千曲市若宮(旧埴科郡戸倉町更級若宮)は佐良志奈神社。
読み「さらしな」。
延喜式神名帳の信濃国更級郡の佐良志奈神社に比定される。
長野市と上田市を繋ぐ国道18号「戸倉」信号機を西へ、
千曲川を渡ると当社に突き当たる。
c0182455_20335636.jpg
祭神は誉田別命、息長足姫命、大鷦鷯命。
本来の祭神は誉田別命一柱で、
創建は允恭天皇の皇子 坂合黒彦皇子という。
創建の時期については不明だが、
もと更級山または更級山支脈にあり、
887年(仁和3年)の地震により現在地に遷座した。
c0182455_20325629.jpg
遷座により麓の社と一体となり、
祭神は三柱となったという(歴史地名大系、平凡社)。
境内社に天神社、八王子社などがあり、
社殿東側奥に宝篋印塔がある。
戸倉には県宝の仏像を有する戸倉観音堂、
「戸倉」信号機付近に水上布奈山神社がある。

例祭日は9月23日。2014年1月2日参拝。駐車場あり。
とても素晴らしい神社でした。

[PR]
by sionozaki | 2014-02-08 12:54 | 長野県(85) | Comments(0)

砥鹿神社

愛知県豊川市一宮町西垣内(旧宝飯郡一宮町西垣内)は砥鹿神社。読みは「とが」。
三河国一宮。延喜式神名帳の三河国宝飯郡の砥鹿神社に比定。
「日本三代実録」の貞観6年(864年)の条に当社の名が見える。
本宮山の頂上には砥鹿神社奥宮があり、当社は里宮。国道151号沿いに鎮座する。
c0182455_21211898.jpg
祭神は大己貴命。本宮山を神体とする古い形態を残した神社であり、
古代よりこの地に鎮座していたと考えられる。
飛鳥時代、文武天皇の病気の折に煙厳山(現 鳳来寺山)に遣わされた勅使が、
道に迷った末に本茂山(現在の本宮山)に辿りつき、
砥鹿神に導かれ無事に煙厳山に行くことができたという。
社家は代々草鹿砥(くさかど)家がつとめ、
煙厳山に遣わされた勅使も草鹿砥氏に関わりがある。
境内社の二宮社は事代主命を祀り摂津国からの勧請、
三宮社は祭神 建御名方命で信濃国からの勧請である。

例祭日は5月3、4、5日。また奥宮では1月15日に粥占祭が行われる。
2013年12月30日参拝。駐車場多数。

[PR]
by sionozaki | 2014-02-02 21:23 | 愛知県(294) | Comments(0)