<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

佐美長神社

三重県志摩市磯部町恵利原(旧志摩郡磯部町恵利原)は佐美長神社。
国道167号「伊勢道路入口」交差点付近。
志摩市立磯部中学校のすぐ東。磯部神社(志摩市)の南側。
延喜式神名帳志摩国答志郡の同島坐神乎多乃御子神社の論社。
伊雑宮摂社。読み「さみなが」。
c0182455_11583616.jpg
祭神 大歳神。
延喜式神名帳には同島坐神乎多乃御子神社
(あわしまにますかみおたのみこじんじゃ)と記されている。
近世は「大歳社」、「穂落社」と称されていた。
倭姫命世紀には「鶴の穂落とし伝承」がある。
上之郷字穂落(ほおとし)には、佐美長神社遺跡があり
縄文土器、弥生土器、須恵器片などが出土している。
穂落に関連して、亀山市川崎町に穂落神社(式内社)がある。

例祭日は不明。2012年4月15日参拝。駐車場なし。
近隣に磯部神社、伊雑宮がある。

[PR]
by sionozaki | 2012-05-27 12:09 | 三重県(172) | Comments(0)

伊雑宮

三重県志摩市磯部町上之郷は伊雑宮。読みは「いざわのみや」。
志摩国一宮。皇大神宮別宮。延喜式神名帳志摩国3坐の内の二坐。
c0182455_11225520.jpg

祭神は皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)。
相殿に玉柱屋姫命(たまはしらやひめのみこと)。
祭神について磯部氏の祖先伊佐波登美命(いざわとみのみこと)と、
玉柱屋姫命の2柱とする説もある。
創建は垂仁天皇の御代とされる(由緒書)。
倭姫命が内宮にお供物をとる場(御贄地)を探し志摩国を訪れ、当社を創建した。
これは倭姫命世紀の記述による。
志摩国の一宮が当社であるか鳥羽市の伊射波神社であるのかについて
現在では当社と見ることが一般的であるようだ。

内宮、外宮の本殿撮影禁止に基づき、当社も社殿の撮影を控えた。
毎年6月24日に御田植祭(磯部の御神田)がある。
2012年4月15日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2012-05-27 11:54 | 三重県(172) | Comments(0)

大原野神社

京都府京都市西京区大原野南春日町は大原野神社。
西京区内の国道9号「沓掛」交差点を南へ向かう。
延喜式神名帳山城国乙訓郡の入野神社の論社。
他の論社は入野神社。旧官幣中社。現在は別表神社。
c0182455_9271568.jpg
祭神は武甕槌命、伊波比主命、天児屋命、比咩大神。
創建は784年(延暦3年)と伝える。
第50代桓武天皇が平城京から長岡京に都を移した際、
大和 春日神社より春日明神を勧請し創建と伝える。
伊波比主命は経津主命の別名。
境内社に樫本神社(祭神 仁徳天皇)がある。
明治4年官幣中社となる。
現在の社殿は慶安年間(1648年~1652年)の建立である。
特殊神事に御弓祭、相撲神事があるが現在は行われていないという。

京都市西京区大原野上羽町にあり、
祭神は天児屋命など。神宮寺に蔵王寺があった。
延喜式神名帳山城国乙訓郡には羽束師坐高産日神社、與杼神社、
大井神社、乙訓坐大雷神社、石作神社、走田神社、御谷神社、
国中神社、向神社、大歳神社、茨田神社、
石井神社、神川神社、久何神社、簀原神社、小倉神社、
入野神社、自玉手祭来酒解神社、神足神社の以上19座が記されている。

例祭日は4月8日。2012年5月12日参拝。駐車場不明。
近隣に天台宗の勝持寺、
真言宗東寺派の正法寺、西山浄土宗の西迎寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2012-05-27 09:28 | 京都府(29) | Comments(0)