<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

名居神社

三重県名張市下比奈知は名居神社。
国道368号「下比奈知トンネル南」交差点を西へ向かう。
または国道165号「芝出」交差点を東へ向かう。
延喜式神名帳伊賀国伊賀郡の名居神社に比定される。
c0182455_1573880.jpg
祭神 大己貴命。また少彦名命、天児屋命、市杵嶋姫命、
事代主命、蛭子命。
第33代推古天皇7年(599年)の創建と伝える。
養老4年年(720年)完成の「日本書紀」の
推古天皇7年(599年)4月条に地震の神を奉斎したことが記される。
諸説あるが「ない」とは地震や大地の古語で、
伊賀に於いては当社 名居神社が祀られたと考えられる。
比奈知川上流に散在する国津神社の惣社ともいう。
「神名帳考証」に依れば、「名居」は「なおり」と訓じて
のち名張へ訛ったとする。
近世は「国津大明神」、「大己貴社」と称されていた。
明治41年興玉神社(祭神 猿田彦命)、ほか7社を合祀した。
興玉神社はもと当社東にあり、
本地仏として十一面観音を有していたという。
明治7年村社指定。明治39年神饌幣帛料供進神社指定。

例祭日は11月3日。2011年11月16日参拝。駐車場は不明。
近隣に高野山真言宗の永福寺(名張市)がある。


参拝の記録
名張比奈知郵便局の南側にある。
名張では知られた神社である。
永福寺(名張市)は本尊は十一面観音。
下比奈知には他に念仏寺(宗派不明)があったが廃寺。


今回の旅行の参拝経路
阿射加神社(松阪市小阿坂町)阿射加神社(松阪市大阿坂町)
神宮寺(多気町)丹生神社(多気町)北畠神社
徳蓮院(名張市)積田神社名居神社ー談山神社
橘寺久米寺(橿原市)久米御縣神社諸鍬神社(葛城市)當麻寺


[PR]
by sionozaki | 2011-11-30 23:10 | 三重県(174) | Comments(0)

積田神社

三重県名張市夏見は積田神社。
国道165号「夏見」交差点を東へ向かう。
読み「せきだ」又は「つむた」。
c0182455_1439938.jpg
祭神 武甕槌命、経津主命、天児屋命、姫大神。
手元に参考になる資料がなく創建は不詳。
奈良市の春日大社と深い関わりがある神社と考えれ、
社殿後方にある柿神は春日神が遷幸した際に鞭としたという。
近世は「積田社」、「春日社」などと称されていた。
神宮寺として大五龍寺(宗派不明)があったが廃寺、
仏具等は同じ夏見にある福典寺(真言律宗)に移っている。
明治期に近隣より18柱を合祀。
境内社に十柱神社などがある。
社家は梅岡氏または梅木氏。

春日神が常陸国から大和国へ遷る際に
逗留したとされる春日神遷幸地の一つである。
春日神が遷幸したことは「春日社記」、「神明鏡」、
「延喜式神名帳頭注」などに見られ歴史的事実であるというが、
その場所については諸説ある。
諸説は同市平尾の宇流冨志禰神社、同市薦生の中山神社、
伊賀市の大村神社、当社などだが当社が有力という。

例祭日は不明。2011年11月16日参拝。駐車場あり。
近隣に真言律宗の福典寺、夏見廃寺がある。

参拝の記録
神社のすぐ前を名張川が流れる。
春日大社と相当の関わりがある神社と思われる。
神宮寺 大五龍寺は日秀山と号し福典寺の末寺であった。
福典寺の創建は不詳であるが古寺とも思われる。
夏見廃寺は白鳳期の寺院跡。


今回の旅行の参拝経路
阿射加神社(松阪市小阿坂町)阿射加神社(松阪市大阿坂町)
神宮寺(多気町)丹生神社(多気町)北畠神社
徳蓮院(名張市)ー積田神社ー名居神社談山神社
橘寺久米寺(橿原市)久米御縣神社諸鍬神社(葛城市)當麻寺


[PR]
by sionozaki | 2011-11-27 15:43 | 三重県(174) | Comments(0)

徳蓮院(名張市)

三重県名張市平尾は徳蓮院。
国道165号「名張駅口」交差点を北へ向かう。
曹洞宗。龍雄山。本尊は聖観音。
c0182455_18454511.jpg
藤堂高吉(1579年~1670年)の家臣である
堀江氏の創建と伝え大蓮寺と称していた。
藤堂高吉は当寺を菩提寺とし、
以降は名張藤堂家代々の菩提寺となった。
明治になり藤堂市が津市へ移ると寺は衰退した。
寺宝として普賢菩薩像、大権修利菩薩像、涅槃図などを有し、
境内に白山社(白山祠)がある。

2011年11月16日参拝。駐車場あり。
近隣に高野山真言宗の宝蔵寺(名張市)がある。


参拝の記録
近鉄大阪線 名張駅から徒歩5分程度。
寺のすぐ前を名張川が流れる。

今回の旅行の参拝経路
阿射加神社(松阪市小阿坂町)阿射加神社(松阪市大阿坂町)
神宮寺(多気町)丹生神社(多気町)北畠神社
徳蓮院(名張市)積田神社名居神社談山神社
橘寺久米寺(橿原市)久米御縣神社諸鍬神社(葛城市)當麻寺


[PR]
by sionozaki | 2011-11-27 13:00 | 三重県(174) | Comments(0)

北畠神社

三重県津市美杉町上多気(旧一志郡美杉村上多気)は北畠神社。
国道368号「上多気」交差点を北へ向かう。
旧別格官幣社。別表神社。
c0182455_17371770.jpg
祭神は北畠顕能。また北畠親房、北畠顕家。
寛永20年(1643年)北畠具房4代の孫である
鈴木孫兵衛家次が創建と伝える。
明治14年現在の社名に改称した。
神宮寺として真善院(宗派不明)があった。
境内社に多芸神社、留魂社がある。

北畠氏館跡、
多気北畠氏城館跡 北畠氏館跡 霧山城跡は国指定史跡。

例祭日は5月5日、10月13日。
2011年11月15日参拝。駐車場あり。
近隣に浄土宗の聖光寺(津市)がある。

参拝の記録
美杉の多気は「たげ」と読む。
美杉村は平成18年津市と新設合併し消滅した。


今回の旅行の参拝経路
阿射加神社(松阪市小阿坂町)阿射加神社(松阪市大阿坂町)
神宮寺(多気町)丹生神社(多気町)北畠神社ー
徳蓮院(名張市)積田神社名居神社談山神社
橘寺久米寺(橿原市)久米御縣神社諸鍬神社(葛城市)當麻寺


[PR]
by sionozaki | 2011-11-27 12:24 | 三重県(174) | Comments(0)

丹生神社(多気町)

三重県多気郡多気町丹生(旧多気郡勢和村丹生)は丹生神社。
国道368号「吉江」交差点を概ね北側に向かう。
延喜式神名帳伊勢国飯高郡の丹生神社に比定される。
また延喜式神名帳伊勢国飯高郡の丹生中神社に比定される。
神宮寺の神宮寺(多気町)が隣接する。
c0182455_16362435.jpg
祭神 埴山姫命、水波売命。
また天照大御神、栲幡千千比売命、武甕槌命、斎主命、天児屋命、
姫大神、大己貴命、活津彦根命、熊野樟日神、火速日命、猿田彦命、
大山祇命、田山比売命、月読尊、素盞烏尊、気吹主命。
創建は継体天皇16年(523年)と伝える。
聖武天皇が東大寺大仏殿の建立の際 水銀の産出をこの神に祈ると
忽ち水銀が湧出したので、丹生明神と名付けたという。
また嵯峨天皇が降雨を祈ると霖雨があり、晴れを祈ると晴れたという。
中世には北畠氏が造営、奉仕を行った。
当地は古代では最大規模の水銀鉱山があったという。
近世は「丹生社」と称していた。
神宮寺は隣接の神宮寺(多気町)である。
境内に陰石(女性器を象った石)がある。
明治4年村社指定。明治41年現在の社名に改称した。

丹生という地名は朱砂・水銀の採れる場のことを言う。
「丹生」を冠する神社名は福井県小浜市の丹生神社、
長浜市余呉の丹生神社、宇陀市榛原の丹生神社、
東吉野村の丹生川上神社、かつらぎ町の丹生都比売神社がある。

延喜式神名帳伊勢国飯高郡には立野神社、大神社、
物部神社、加世智神社、意悲神社、丹生神社、丹生中神社、
堀坂神社、久尓都神社の9坐が記されている。

例祭日は7月16日。2011年11月15日参拝。駐車場あり。
近隣に浄土宗の西導寺(多気町)、
ともに真宗高田派の浄福寺(多気町)、香念寺(多気町)がある。


参拝の記録
神宮寺(多気町)と同じ場にある。
平成18年勢和村は多気町に編入合併された。

今回の旅行の参拝経路
阿射加神社(松阪市小阿坂町)阿射加神社(松阪市大阿坂町)
神宮寺(多気町)丹生神社(多気町)北畠神社
徳蓮院(名張市)積田神社名居神社談山神社
橘寺久米寺(橿原市)久米御縣神社諸鍬神社(葛城市)當麻寺


[PR]
by sionozaki | 2011-11-24 16:31 | 三重県(174) | Comments(0)

神宮寺(多気町)

三重県多気郡多気町丹生(旧多気郡勢和村丹生)は神宮寺。
国道368号「吉江」交差点を概ね北側に向かう。
真言宗山階派。丹生山。本尊は十一面観音。
丹生神社(多気町)が隣接する。
c0182455_1340223.jpg
宝亀5年(774年)光仁天皇の勅願に依り
勤操の開基を以て創建されたと伝える。
勤操は天平勝宝6年(754年)大和国高市郡生まれの三論宗の僧。
弘仁年間(810年~824年)空海が伽藍を整備という。
隣接の丹生神社の神宮寺である。
神宮寺経筒は三重県指定文化財。
神宮寺本堂、神宮寺大師堂、神宮寺護摩堂、神宮寺客殿、
神宮寺仁王門は多気町指定文化財。
本堂は延宝年間(1673年~1681年)の建立でもと観音堂である。
大師堂は天正18年(1590年)良心に依り建立され、
貞享年間(1684年~1688年)の再建である
仁王門は正徳年間~享保年間(1711年~1736年)の建立と見られる。
ほか汞砂器(こうさき)と焼釜(水銀蒸溜器)を有し、
ともに数少ない鉱業遺産として重要である。

2011年11月15日参拝。駐車場あり。
近隣に浄土宗の西導寺(多気町)、
ともに真宗高田派の浄福寺(多気町)、香念寺(多気町)がある。


参拝の記録
丹生神社(多気町)と同じ場にあり同社の神宮寺。
多気町には真言宗山階派の近長谷寺、
単立の普賢寺(多気町)、当寺など名刹が揃う。
平成18年勢和村は多気町に編入合併された。

今回の旅行の参拝経路
阿射加神社(松阪市小阿坂町)阿射加神社(松阪市大阿坂町)
神宮寺(多気町)ー丹生神社(多気町)北畠神社
徳蓮院(名張市)積田神社名居神社談山神社
橘寺久米寺(橿原市)久米御縣神社諸鍬神社(葛城市)當麻寺


[PR]
by sionozaki | 2011-11-24 13:35 | 三重県(174) | Comments(0)

阿射加神社(松阪市大阿坂町)

三重県松阪市大阿坂町は阿射加神社。読み「あざか」。
国道42号「大塚町」交差点を西へ、
「松阪インター入口」交差点を北へ向かう。
延喜式神名帳伊勢国一志郡の阿射加神社の論社。
他の論社は阿射加神社(松阪市小阿坂町)
c0182455_1115616.jpg
祭神 猿田彦命。
創建は不詳。
延暦16年(797年)完成の「続日本紀」の
承和2年(835年)12月条に従五位下の神階の記述がある。
また901年(延喜元年)完成の「日本三代実録」の
貞観8年(866年)11月条に従三位の神階の記述がある。
また「古事記」に猿田彦命が阿邪訶に居た際に
手を挟まれて溺れたという話がある。
阿邪訶(あざか)は阿射加とも浅香とも表記され、
現在の松阪市付近のことを指すと思われる。

第11代垂仁天皇の御代 倭姫命が天照大神を祀る地を求めた際、
阿佐賀の地を訪れ神伊豆速布留大神を鎮めさせたという。
当地は神宮外宮の御厨であり延元4年(1339年)の
神宮の神領目録「給人引付并神領目録」に
大阿射賀御厨・小阿射賀御厨と二分割されていることが書かれる。
境内社に大日霊神社、宇加日子神社、建皆古神社、
大国主神社、奥津比古神社、大若子神社がある。
明治6年村社指定。明治39年神饌幣帛料供進神社指定。

例祭は10月8日前後。2011年11月15日参拝。駐車可。
少し離れて曹洞宗の浄眼寺(松阪市)がある。


参拝の記録
伊勢国に於ける最古の神社。
猿田彦命を祀る本宮とも考えられる。
浄眼寺(松阪市)は正法山と号し、文明10年(1478年)の創建。

今回の旅行の参拝経路
阿射加神社(松阪市小阿坂町)阿射加神社(松阪市大阿坂町)ー
神宮寺(多気町)丹生神社(多気町北畠神社
徳蓮院(名張市)積田神社名居神社談山神社
橘寺久米寺(橿原市)久米御縣神社諸鍬神社(葛城市)當麻寺


[PR]
by sionozaki | 2011-11-21 11:41 | 三重県(174) | Comments(0)

阿射加神社(松阪市小阿坂町)

三重県松阪市小阿坂町は阿射加神社。読み「あざか」。
国道42号「大塚町」交差点を西へ、
「松阪インター入口」交差点を北へ向かう。
延喜式神名帳伊勢国一志郡の阿射加神社の論社。
他の論社は阿射加神社(松阪市大阿坂町)
c0182455_903458.jpg
祭神 猿田彦命。
創建は不詳。
延暦16年(797年)完成の「続日本紀」の
承和2年(835年)12月条に従五位下の神階の記述がある。
また901年(延喜元年)完成の「日本三代実録」の
貞観8年(866年)11月条に従三位の神階の記述がある。
また「古事記」に猿田彦命が阿邪訶に居た際に
手を挟まれて溺れたという話がある。
阿邪訶(あざか)は阿射加とも浅香とも表記され、
現在の松阪市付近のことを指すと思われる。
中世には「竜天大明神社」と称されていた。
神宮寺として西蔵寺(宗派不明)があった。
境内社に大若子神社(祭神 大若子命)。
明治41年村社指定。

阿射加神社御火試神事、
粥試神事及び小阿坂のかんこ踊りは松阪市指定無形民俗文化財。
阿射加神社社叢は松阪市指定天然記念物。

例祭日は10月8日前後。2011年11月15日参拝。駐車可。
少し離れて曹洞宗の浄眼寺(松阪市)がある。

参拝の記録
伊勢国に於ける最古の神社。
猿田彦命を祀る本宮とも考えられる。
浄眼寺(松阪市)は正法山と号し、文明10年(1478年)の創建。

今回の旅行の参拝経路
阿射加神社(松阪市小阿坂町)ー阿射加神社(松阪市大阿坂町)
神宮寺(多気町)丹生神社(多気町北畠神社
徳蓮院(名張市)積田神社名居神社談山神社
橘寺久米寺(橿原市)久米御縣神社諸鍬神社(葛城市)當麻寺


[PR]
by sionozaki | 2011-11-21 09:33 | 三重県(174) | Comments(0)

北方神社(揖斐川町)

岐阜県揖斐郡揖斐川町北方は北方神社。
国道303号「上南方」と「乙原」信号機区間、
揖斐北方郵便局の西側に位置する。
美濃国神名帳の従五位下神三御子明神に比定される。
c0182455_1332236.jpg
祭神 大物主神、事代主命。
また天照大御神、応神天皇、豊受大神、仁徳天皇、
伊邪那美命、水波売神、倉稲魂神、菅原道真。
古く天照大御神を桂山に、大和の御魂を三輪神社に、
大己貴命を大和神社に、事代主命を北方神社に祀っていた。
のち北方神社の脇社に八幡宮、廬舎那仏、伊勢大神宮が
祀られるようになったという。
平安時代になると相殿に春日神を祀り、
春日神社と称されるようになった。
境内社に神明神社、八幡神社、神明神社、八幡宮、水神社
白山神社、稲荷神社、御鍬神社、稲荷神社、熊野神社などがある。拝殿。
c0182455_09493267.jpg
北方神社社叢は北方町指定文化財。
ほか春日大明神祭礼記を有する。
祭事には「ぶいぶいねそねそ」と囃すことから
「ねそねそ祭り」という。

周辺の大和神社は祭神 大国御魂神、
美濃国神名帳の従五位下大和大明神に比定される。
三輪神社は祭神 大物主神。
少し離れてある養基神社は祭神 養基大神、
延喜式神名帳美濃国池田郡の同名社に比定される。

春季大例は4月第三日曜日。秋期大祭は8月15日。
2011年10月29日参拝。駐車場なし。
近隣に真宗本願寺派の長慶寺(揖斐川町)、
少し離れて大和神社(揖斐川町)、三輪神社(揖斐川町)のほか、
臨済宗妙心寺派の大興寺(揖斐川町)、
真宗大谷派の長存寺(揖斐川町)などがある。

参拝の記録
揖斐北方郵便局のすぐ西側、国道沿いに鳥居が建つ。
大興寺(揖斐川町)は龍湫周沢開山の臨済宗妙心寺派寺院で、
山号は雲龍山。応安元年(1368年)創建である。
この付近には社寺が多い。


当日の参拝経路
日吉神社(神戸町下宮)勧学院(神戸町)
日吉神社(神戸町神戸)
横蔵寺ー北方神社(揖斐川町)

[PR]
by sionozaki | 2011-11-07 13:50 | 岐阜県(183) | Comments(0)

横蔵寺

岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原(旧揖斐郡谷汲村神原)は横蔵寺。
国道303号「乙原」交差点を東へ向かう。
天台宗。両界山。本尊は薬師如来。
c0182455_1101836.jpg
創建は諸説あるが延暦20年(801年)又は
延暦24年(805年)最澄により創建と伝える。
最澄が創建というのは疑問があるという(歴史地名大系)が、
この地域に於ける古寺である。
同じく揖斐川町にある天台宗の華厳寺(揖斐川町)も古寺で、
華厳寺は延暦17年(798年)創建と伝える。
弘安6年(1283年)完成の「沙石集」に
当寺の薬師如来像と延暦寺根本中堂の薬師如来像との
関連についての記述がある。
元亀2年(1571年)織田信長の兵火に依り焼失した。

横蔵寺木造薬師如来坐像、横蔵寺木造大日如来坐像、
横蔵寺木造四天王立像、横蔵寺木造十二神将立像、
横蔵寺木造深沙大将立像、横蔵寺木造金剛力士立像、
横蔵寺板彫法華曼荼羅は国指定重要文化財。
横蔵寺本堂、横蔵寺三重塔、横蔵寺仁王門は岐阜県指定文化財。
木造十二神将立像は仁和元年(885年)の作といい、
木造大日如来坐像には寿永2年(1183年)の紀年銘がある。
板彫法華曼荼羅は平安時代の作で
最澄の遺物とも伝える珍しいものである。
三重塔は寛文3年(1663年)の建立である。

2011年10月29日参拝。駐車場あり。
近隣に真宗本願寺派の専教寺(揖斐川町)がある。


参拝の記録
岐阜県に於ける古刹。
少し離れて延喜式神名帳美濃国大野郡の花長上神社に比定される
花長上神社、同郡の花長下神社に比定される花長下神社がある。
谷汲村は平成17年周辺の村と合併し、揖斐川町となった。

当日の参拝経路
日吉神社(神戸町下宮)勧学院(神戸町)
日吉神社(神戸町神戸)
横蔵寺ー北方神社(揖斐川町)

[PR]
by sionozaki | 2011-11-06 10:58 | 岐阜県(183) | Comments(0)