<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

石上神宮

奈良県天理市布留町は石上神宮。読み「いそのかみ」。
奈良県51号線「布留」交差点付近。
延喜式神名帳大和国山辺郡の石上坐布都御魂神社に比定される。
また境内の出雲建雄神社を出雲建雄神社は、
延喜式神名帳大和国山辺郡の出雲建雄神社の論社。
他の論社は葛神社(奈良市都祁)、奈良市の雄神神社。
名神大社。旧官幣大社。布留山の麓に鎮座。
c0182455_17331590.jpg
祭神 布都御魂神。また布留御魂神、布都斯御魂神、
宇摩志麻治命、五十瓊敷命、白河天皇、市川臣命を配祀する。
古来は拝殿後方は禁足地で何もなかった。
後世に禁足地の発掘が行われ、七支刀などが発見された。
創建は不詳。
第10代崇神天皇の御代 伊香色雄命が当地に奉斎したという。
879年(元慶3年)成立の「文徳天皇実録」に正三位、
901年(延喜元年)成立の「日本三代実録」に従二位の神階の記述がある。
平安時代後期白河天皇は当社を特に崇敬、
宮中の神嘉殿を拝殿として寄進した。
境内社に出雲建雄神社、天神社、八王子神社、猿田彦神社などがある。
明治4年官幣大社指定。出雲建雄神社拝殿。
c0182455_15283548.jpg
出雲建雄神社祭神は出雲建雄神。
社伝では第40代天武天皇の頃の創建という。
拝殿は内山永久寺の守護の住吉社の拝殿で、
永久寺の廃仏毀釈後に氏子らにより移築されたものである。
石上神宮拝殿、摂社出雲建雄神社拝殿、七支刀は国宝。
石上神宮楼門、鉄盾、色々威腹巻、
硬玉勾玉などは国指定重要文化財。

例祭日は10月15日。2011年7月12日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2011-07-27 16:05 | 奈良県(40) | Comments(0)

大神神社(桜井市)

奈良県桜井市三輪は大神神社。読み「おおみわ」。
国道169号「三輪」交差点付近。
延喜式神名帳大和国城上郡の大神大物主神社に比定される。
大和国一宮。名神大社。三輪山を神体とする古社。
c0182455_1223245.jpg
祭神 大物主大神。また大己貴神、少彦名神を配祀する。
本殿を持たず、拝殿の裏手には山のみとなっている。
平安期の「新抄格勅符抄」天平神護元年(765年)の条に当社の記述がある。
また近隣にある纏向遺跡との関連がある。
纏向遺跡は紀元前220年頃の大規模な遺跡で、
三輪山から遺跡の成立と同時期と考えられる祭祀の跡が発見されている。
当社の鳥居は三ツ鳥居という独特の鳥居を持つ。
これは明神鳥居の両端に小型の鳥居を組み合わせたもので、
いつ頃からあったか不明とする。
明治4年官幣大社指定。拝殿。
c0182455_14285669.jpg
拝殿は1664年(寛文4年)の造立。
大神神社境内は国指定史跡。
大神神社拝殿、三ツ鳥居、朱漆金剛装楯、
紙本墨書周書、また摂社大直禰子神社社殿は国指定重要文化財。
神仏混淆に於いては桜井市内に
大御輪寺、浄願寺、平等寺などが存在した。
いずれも廃寺となっているが、平等寺は関連する草庵が残っている。
別当寺大御輪寺(おおみりんじ)が有していた十一面観音は、
現在桜井市の聖林寺が有している。

例祭日は4月9日。2011年7月12日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2011-07-24 14:36 | 奈良県(40) | Comments(0)

小宮神社(伊賀市)

三重県伊賀市服部町は小宮神社。読み「おみや」。
国道25号「印代」―「農人町交差点」区間。
延喜式神名帳伊賀国阿拝郡の小宮神社に比定される。伊賀国二宮。
c0182455_105014.jpg
祭神 呉服比売命。
また建御名方命、大山祇命、建速須佐之男命を配祀する。
祭神について「惣国風土記」では園韓神とあるとし、
「延長風土記」では小宮大明神と佐伯大明神という。
「伊水温故」、「三国地史」、「特選神名牒」など
書物に依って異なった見解があるという(日本の神々、白水社)。
平城京出土木簡の一つに「伊賀国安拝郡服織郷俵」とあり、
当社付近には養蚕・機織の技術を持つ集団が居住したと見られ、
「おみや」の「おみ」は紡績・麻績のことと考えられる。
また鎮座地名も服部町と称し、付近の川も服部川という。
中世以降は諏訪信仰が広がり、
1649年(慶安2年)の棟札に諏訪明神の名がある。
境内社に狭伯社(祭神 建速須佐男命、天児屋根命、少彦名命)、
蛭子社(祭神 蛭子命)がある。
近世は「二の宮」と称されていた。拝殿。

c0182455_16560231.jpg
神宝に藤原末期から鎌倉期の神鏡がある。
延喜式神名帳伊賀国阿拝郡には陽夫多神社、宇都可神社、
波太伎神社、須智荒木神社、敢国神社、佐々神社、
穴石神社、真木山神社、小宮神社の9坐が記されている。

例祭日は10月9日。2011年7月11日参拝。駐車場なし。
近隣に天台真盛宗の台上寺がある。

[PR]
by sionozaki | 2011-07-19 13:52 | 三重県(172) | Comments(0)

宇流冨志禰神社

三重県名張市平尾藤ノ木は宇流冨志禰神社。読み「うるふしね」。
国道165号「名張駅口」交差点を北へ向かう。
延喜式神名帳伊賀国名張郡の宇流冨志禰神社に比定される。旧県社。
c0182455_15135746.jpg
祭神 宇奈根命.。
また天照大御神、経津主神、天児屋命、大物主神、火之迦具土神、
宇迦之魂神、建速須佐之男神、仁徳天皇、応神天皇。
宇奈根命がどういった神であるかは審らかでないが、
「うなね」は「うなで」であり人工の水路ではないかと
推測されるという(日本の神々、白水社)。
また本来国衙の鎮守であったとも
朝鮮系渡来人との関係も考えられるという。
宇奈根命は古く近隣の巨岩 弁天岩(鮎取淵)の上に鎮座していたが、
いつ頃遷座された不明という。
毎年6月16日に行われる奇祭「岩祭」に於いては
この弁天岩に神酒を捧げている(白水社、日本の神々)。
神宮寺に普応院(宗派不明)があった。
明治14年県社指定。明治39年神饌幣帛料供進神社指定。
c0182455_1785654.jpg
延喜式神名帳伊賀国名張郡には
名居神社、宇流冨志禰神社の2坐が記されている。

例祭は4月18日(春祭)、10月28日(秋祭)。
2011年7月12日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2011-07-16 17:40 | 三重県(172) | Comments(0)

須智荒木神社

三重県伊賀市荒木宮ノ前は須智荒木神社。読み「すちあらき」。
延喜式神名帳伊賀国阿拝郡の須智荒木神社に比定される。
国道163号「荒木」交差点の東側。
「荒木」交差点すぐ南の細い道を東へ進むと
意外に多くの集落が見え やがて燈籠がある。旧郷社。
c0182455_1018152.jpg
祭神 猿田彦命。
また配祭神として武内宿禰命、葛城襲津彦命、誉田別命、菅原道真、
火魂日命、弥都波能比売女命、須佐男命、市杵島姫命、
金山彦命、大山祇命、天児屋命、天萬栲幡千幡比売命、
宇迦能御魂命、大鶺鴒命。創建は不詳。
名張の古代氏族 須知氏・周知氏の分派が当地に移り開拓し
その祖神として祀ったのが始まりであろうという(日本の神々、白水社)。
「スチ」は設智・叱智・臣智・朱智などとも書かれ朝鮮系の氏族。
「延喜式神社の調査」によれば、
周知郡に居住した須知の一部が当地に移住して、
この地に神社を創祀したという。
神宮寺は真言宗系の宝生寺。境内社に鎮守社がある。
近世は「白髭明神」、「白髭大明神」と称していた。昭和6年郷社指定。
c0182455_10184038.jpg
伊賀市内には車塚古墳、寺音寺古墳、鳴塚古墳などの古墳があり、
特に鳴塚古墳に於いては渡来系氏族と関係のある
須恵器などが出土している。
延喜式神名帳伊賀国阿拝郡には陽夫多神社、宇都可神社、
波太伎神社、須智荒木神社、敢国神社、佐々神社、
穴石神社、真木山神社、小宮神社の9坐が記されている。

例祭日は10月20日。2011年7月11日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2011-07-15 05:57 | 三重県(172) | Comments(0)

射手神社

三重県伊賀市長田は射手神社。読み「いで」。
木津川に至る国道163号「長田」交差点付近。
境内の木根神社は延喜式神名帳の木根神社の論社。
他の論社は木根神社(伊賀市長田)。
c0182455_12182053.jpg
祭神 応神天皇、玉垂姫。その他八神霊、伊邪那岐命、
宇迦能御魂神、菅原道真公、大山祇神、禰都波能生神、
武比良鳥命、建速須佐之命、五体三女神、
仁徳天皇、八衛比古神、火産霊神、建角具命。
手元に参考になる資料がなく創建は不明。
天正の戦乱後当地に遷座した。
1605(慶長10年)の棟札に「諏訪大明神宮」の名がある。
木根神社は建角具命。
創建は不詳。明治41年射手神社の境内社となる。
c0182455_13114368.jpg
射手神社石造三重塔は国指定重要文化財。
別当寺の仏性寺のもので高さ5.2m、
建立銘はないが鎌倉時代後期から室町時代初期と考えられる。
露盤と宝輪の一部を欠くが、整った形を残しているという。

例祭日は10月12日。2011年7月11日参拝。駐車場あり。
周辺に天台宗の常住寺(伊賀市)がある。


[PR]
by sionozaki | 2011-07-15 05:00 | 三重県(172) | Comments(0)

江神社(亀山市)

三重県亀山市下庄町は江神社。読みは「えの」。
国道365号「菅内」ー「三宅新橋北」交差点区間。
または三重県道648号「下庄」交差点付近、
延喜式神名帳伊勢国鈴鹿郡の江神社に比定される。
c0182455_7502933.jpg
祭神 高龗神(たかおかみのかみ)、ほか9柱。
創建は不詳。
当社に残る棟札は慶長18年(1613年)の銘があり、
亀山市内最古のもので、亀山市指定指定文化財。
当社付近には川が流れ、その上流には闇淵という大きな沼があった。
その沼には龍神が棲んでいたと伝えられる。

例祭日は10月9日(宵祭)、10月10日(本祭)。
2011年7月11日参拝。駐車場なし。
近隣に真宗高田派の西蓮寺、離れて三宅神社がある。


[PR]
by sionozaki | 2011-07-15 04:46 | 三重県(172) | Comments(0)