<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

伊富岐神社

岐阜県不破郡垂井町岩手は伊富岐神社神社。
延喜式神名帳美濃国不破郡の伊富岐神社に比定される。
読み「いぶき」。美濃国二宮。

c0182455_12312622.jpg
創建は不詳。
祭神に関しても諸説(四説)あって一定しない。
この四説は、
1.多々美比古命説 2.八岐大蛇説
3.天火明命説   4.鸕鷀草葺不合尊説である。
白水社日本の神々によれば、
4の鸕鷀草葺不合尊とする説を否定しているが、
残りの三説については比較的妥当であるという。
精錬に精通した職能集団 伊福部氏に関わる神社である。


c0182455_14473444.jpg
社殿棟札は1606年(慶長11年)のものと
1636年(寛永13年)のものがあり、
1600年(慶長5年)の関が原の合戦後、
すぐに再建されたことを示すものである。
垂井町指定文化財。
境内にある大杉は高さ約30mで、岐阜県内の有数の大木。

例祭日不明。2011年5月4日参拝。駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2011-06-21 14:46 | 岐阜県(179) | Comments(0)

奥石神社

滋賀県近江八幡市安土町東老蘇(旧蒲生郡安土町東老蘇)は
奥石神社。読みは「おいそ」。
延喜式神名帳近江国蒲生郡の奥石神社に比定される。
c0182455_11441121.jpg
祭神は天児屋命(あめのこやねのみこと)。
創建は孝霊天皇5年と伝える。
この年石辺大連が老蘇森に大歳神御子(大歳神)を祀ったという。
崇神天皇の御世に社殿を建立し、
更に澳津比古命・澳津比古命が祀られた。
のち賀佐朝臣が相殿に日本武尊、橘比売命を
祀ったという(歴史地名大系、平凡社)。
851年(仁寿元年)の新抄格勅符抄に於いて
正六位上の神階を受けている。摂社の諏訪社。
c0182455_1258997.jpg
諏訪社本殿は一間社流造で市指定の文化財。
建立年を示すものはないものの
様式から桃山時代と推測されるという。
前述したが祭神は建御名方神(たけみなかたのみこと)、
また命の妃である八坂刀売命(やさかとめのみこと)。

例祭日4月7日。2011年6月9日参拝。駐車可。
素晴らしい神社でした。

[PR]
by sionozaki | 2011-06-14 13:12 | 滋賀県(158) | Comments(0)

阿自岐神社

滋賀県犬上郡豊郷町安食西は阿自岐神社。読み「あじき」。
国道8号線「阿自岐神社口」を東へ。
一の鳥居は「四十九院」交差点にある。
延喜式神名帳近江国犬上郡の阿自岐神社に比定される。旧県社。

c0182455_1244958.jpg
祭神 味耜高彦根神、道主貴神。
また相殿に天児屋命、食保神、須佐之男命。
合祀祭神は天照大神、応神天皇、猿田彦神、大物主神など。
創建は不詳。
百済系渡来人阿直岐氏とその子孫がこの付近にて繁栄し当社を奉斎という。
近世は「安食明神」と称されていた。
「あじき」の語源は渡来氏族の阿直岐氏を指す説、
祭神の味耜高彦根神を指す説、
社域より湧き出る水により沼が出来、
その沼から生える芦と古語で村を表す「スキ」が結びつき
「アジスキ」そして「アジキ」と変化した説などがある。
明治14年郷社。明治44年県社指定。
明治41年付近の神社を合祀。

c0182455_1191375.jpg
本殿は三間社流造、桧皮葺で1819年(文政2年)の建立。
棟梁は近隣の田中嘉助、今在家村の木澤甚六。

延喜式神名帳近江国犬上郡の式内社は
当社と多賀大社、日向神社、都恵神社、山田神社の7坐がある。
松阪市の阿射加神社、鈴鹿市の阿自賀神社、伊賀市の比自岐神社、
伊賀市の比々岐神社など全国に似た名称の神社が多い。

例祭日は4月幾日。2011年6月9日参拝。近隣に駐車可。
とても心に残っている神社です。


[PR]
by sionozaki | 2011-06-12 01:19 | 滋賀県(158) | Comments(0)

大滝神社・岡太神社

福井県越前市大滝(旧今立郡今立町大滝)は大滝神社・岡太神社。
国道417号「定友」交差点を南へ向かう。
岡太神社は大滝神社裏手の権現山に祀られ、
共に延喜式神名帳越前国今立郡の岡本神社の論社。
他の論社は岡太神社(越前市粟田部町)、神明社(鯖江市水落町)。
c0182455_5164055.jpg
大滝神社は大瀧神社とも表記され、
祭神 国常立命、伊邪那美命、伊邪那岐命。
岡太神社の祭神は川上御前(岡太大神)。
創建は両社とも第33代推古天皇の御代と伝える。
養老3年(719年)泰澄が参拝し大瀧寺を建立、
以後講堂や護摩堂が建立されたという。
中世には勝山市の平泉寺の末寺として栄え、
最盛期には数十坊を数えた。
延元2年(1337年)兵火により社殿を焼失、
天正3年(1575年(天正3年)の織田信長による
越前一向一揆により堂宇を焼失した。
その後社殿を再建(元禄元年)。
明治初年の神仏分離により大瀧寺は廃され、大滝神社と改称される。
c0182455_2243658.jpg
岡太神社は大滝神社より徒歩20程の権現山に鎮座する。
中腹に鳥居などがあり、山頂付近に本殿や大杉がある。
凡そ1500年前川上御前が岡太川上流の宮ヶ谷に現れ、
「この地は田畑が少ないが、豊かな水や自然がある。
紙漉きに依って生計を立てたらどうか」と仰せになったと伝える。
また村人に紙漉きの技術を授けたといい、紙祖神とも呼ばれる。

延喜式神名帳越前国今立郡には帆山神社、石部神社、国中神社、
岡本神社、須波阿須疑神社、舟津神社、小山神社、鵜甘神社、
敷山神社、加多志波神社の以上14坐が記されている。

例祭日は5月3日から5月5日(春期例祭)。
10月11日から10月13日(秋期例祭)。
2011年5月14日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい神社と感じました。
近隣には社寺が多く真盛宗の安楽寺、時宗の成願寺、
岩本神社、岡太神社(越前市定友町)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2011-06-07 01:02 | 福井県(89) | Comments(0)

越知神社(越前市大谷寺)

福井県丹生郡越前町大谷寺(旧丹生郡朝日町大谷寺)は越知神社。
大谷寺(越前町)に隣接する。
c0182455_1834494.jpg
祭神は伊邪那美命、伊邪那岐命、
大山祗大神、火産霊神。
地名大系にある越知神社の記述は
当社のことではない。
695年(持統天皇9年)泰澄が越知山に登り霊地とした。
当社社殿は12代神官であった大谷義鷹によるものである。

例祭日不明。2011年5月15日参拝。駐車可(田舎)。
[PR]
by sionozaki | 2011-06-05 01:08 | 福井県(89) | Comments(0)

不老神社

福井県越前市不老町(旧今立郡今立町不老町)は不老神社。
国道417号「定友」または「二日市」交差点を南へ向かう。
好善寺(越前市)の東側にある。
c0182455_172930100.jpg
手元に参考となる資料がなく祭神は不明。
当社には自然居士の話が伝わる。
自然居士は自然王子とも書かかれ、
鎌倉時代 興福寺や南禅寺にて修行をした僧侶である。
諸国巡業の際に当社境内にある霊水に心打たれ、
好善寺(真宗本願寺派)付近に庵を結んだという。
この霊水は飲用水や写経に用いたという。

例祭日は不明。2011年5月14日参拝。駐車場なし。
近隣に曹洞宗の正円寺、大将軍神社などがある。

[PR]
by sionozaki | 2011-06-01 13:55 | 福井県(89) | Comments(0)