<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

和田神社(松本市)

長野県松本市和田は和田神社。読み「わだ」。
同名社に和田神社(大津市)などがある。
c0182455_1383644.jpg
祭神は建御名方命、応神天皇、宗高大明神。
参考になる資料がなく、創建不明。
古く「大宮」と呼ばれており、
明治14年2月和田神社に改称。
明治42年に近隣の小社を合祀。
立川流の本殿を有していることで知られる。
立川和四郎富棟の弟子 小松七兵衛の手によるもので、
建立は1800年(寛政12年)。
松本市指定重要文化財。

例祭は9月14日、15日。2011年4月参拝。駐車可(田舎)。
近隣には万年寺(松本市)、観音寺(松本市)、南和田神社、
真光寺(松本市和田)、
太子堂(松本市)などがある。

[PR]
by sionozaki | 2011-04-27 01:40 | 長野県(85) | Comments(0)

津金寺

長野県北佐久郡立科町山部は津金寺。
天台宗。慧日山。本尊 阿弥陀如来.
この地方の古刹。

c0182455_15445511.jpg
津金寺由来記によれば開創は702年(大宝2年)で、
開基は行基菩薩という。
津金寺誌によれば、
その後最澄と円仁がそれを完成させた。
のち修学院として法相・天台・真言・禅の四宗兼学の道場となり、
当地方の滋野氏や望月氏の信仰を受け、武田信玄も寺を保護した。
仁王門は八脚門で1813年(文化10年)の建立。
切妻造で、諏訪の宮大工の一派立川流の作。
大工は上原市蔵と田中円蔵。

c0182455_1633769.jpg
本堂はなく観音堂がある。
観音堂は1702年(元禄15年)の再建で入母屋造、銅板葺。
当初は茅葺であったといい、堂内には聖観音を納める。
天井には松本藩水野氏に関連する絵師による絵がある。
大工は不詳という。立科町文化財。
観音堂裏手の山中に石塔がある。
石塔は滋野氏の供養塔で、
1220年(承久2年)~1227年(嘉禄3年)のもので、
長野県指定文化財。
その他妙見堂、庫裡、鐘楼を有し、
妙見堂は1836年(天宝7年)立川和四郎富昌・田中円蔵の建立で、
立科町指定文化財となっている。

2011年4月12日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2011-04-22 10:57 | 長野県(85) | Comments(0)

白山神社(大桑村)

長野県木曽郡大桑村殿字延沢は白山神社。
大桑村内の国道19号線大桑駅付近を北へ向かう。
すぐ近くにもと天台宗の古寺
池口寺
がある。
c0182455_10451644.jpg
主祭神 菊理媛命。
ほか伊豆権現、熊野権現、蔵王権現を祀る。
手元に参考となる資料がなく創建は不詳。
覆屋内部は白山社、伊豆社、熊野社、蔵王社が一列に並び、
社殿はいずれも一間社流造。桧皮葺。
特に猪の目懸魚の形、裏甲のない茅負、
大面取の柱など鎌倉時代の様式を良く残しているという。
本社の白山社は扉に方位柱が施され、他と異なった仕様となっている。
棟札から1334年(弘元4年)橘宗重により造立されたことが分かっている。
昭和12年国指定重要文化財に指定。境内社。
c0182455_05593725.jpg
19号より当社に向かう途中には池口寺がある。
臨済宗妙心寺派寺院だが、もと天台宗の古刹である。
ほか村内には鹿島神社(大桑村)、定勝寺がある。

例祭日は不明。2011年4月11日参拝。駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2011-04-21 14:56 | 長野県(85) | Comments(0)

高座結御子神社

愛知県名古屋市熱田区高蔵町は高座結御子神社。
読み「たかくらむすびみこ」。
延喜式神名帳尾張国愛智郡の高座結御子神社に比定される。
名神大社。熱田神宮摂社。
c0182455_14364497.jpg
祭神 高倉下(たかくらじのみこと)。
創建は不詳だが、673年~686年前後であるという。
祭神の高倉下命は饒速日命の御子、
高倉下は高倉主を意味し、高倉の主を示すという。
近隣に高倉古墳などがあり、
創建には尾張氏が関わる。
社殿は尾張造によるものだったが焼失、
現社殿は昭和38年に造られたものである。
末社に鉾取社、新宮社、御井社などがある。

例祭は6月1日。2011年4月4日参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2011-04-06 14:48 | 愛知県(190) | Comments(0)

道明寺

大阪府藤井寺市道明寺は道明寺。
国道170号「土師の里」交差点付近。
真言宗御室派。蓮土山。 本尊 十一面観音。
道明寺天満宮が隣接する。
桜餅や歌舞伎で聞く道明寺は当寺のこと。

c0182455_15133235.jpg
創建は6世紀末といい、
当初は五重塔などを備えるなど大規模な寺院であった。
土師氏の氏寺でもと土師寺と称した。
近代の神仏分離令により寺院と神社が分離する以前は
道明寺天満宮と一体であった。
本尊の十一面観音は国宝、
十一面観音立像、聖徳太子立像は国指定重要文化財。
本尊の十一面観音像は高さ約98cm、
平安初期のもので道真の作であると伝える。

2011年3月26日参拝。駐車場不明。
近隣に小室八幡神社、本門佛立宗の鶴松寺などがある。


[PR]
by sionozaki | 2011-04-06 14:30 | 大阪府(6) | Comments(0)