<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春日神社(名張市矢川)

三重県名張市矢川は春日神社。
久居より名張・宇陀を結ぶ国道165号の
名張市鹿高地区付近の狭い道路を東側に入る。
名張市安部田・矢川付近は道が少し狭い。

c0182455_16581461.jpg
祭神は天児屋命、他4柱。創建は不詳である。
古くは加陁賀(かだか)明神と称していた。
これは鹿高(かたか)山に鎮座することによる。
現在安部田に鹿高神社が存在しているが、
この鹿高神社は古くは案部田神社といい、
「かたか」とは関係がないという。
神社境内の石灯籠は南北朝時代1353年の銘があるもので、
三重県指定史跡。
神宮寺に円楽寺と極楽寺あり、極楽寺はすぐ近くにある。

例祭日不明。2011年1月25日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2011-01-30 17:24 | 三重県(172) | Comments(0)

葛神社(宇陀市)

奈良県宇陀市榛原山辺三(旧宇陀郡榛原町山辺三)は葛神社。
国道165号沿いの山辺三簡易郵便局付近。
すぐ東に鎮座する篠畑神社の摂社である。
c0182455_18145745.jpg
祭神 天照大御神。
本来の祭神は豊耜入姫命と倭姫命の二柱という。
天照大御神は同殿同床からの脱却のため安住の地を求め諸国を巡るが、
「皇太神宮儀式帳」では美和御諸原の後、
菟田の阿貴宮に遷り、次に佐々波多宮、伊賀の空穂宮と続く。
「倭姫命世紀」では笠縫邑の後、
丹後国吉佐宮、次に大和国伊豆加志本宮に遷り、
次に紀伊国奈久佐浜宮、吉備国名方浜宮、大和国弥和乃御室嶺上宮、
大和国宇多秋宮、そして大和国佐佐波多宮、伊賀国市守宮、伊賀国穴穂宮、
近江国坂田宮、美濃国伊久良賀波乃宮、伊勢国野代宮と続く。
この「大和国佐佐波多宮」は当社とする説がある。
もと「九頭大明神社」と称していた。
境内社に三輪明神社、垣内磐座社などがある。
特殊神事に「歯固めの神事」がある。

例祭日不明。2011年1月25日参拝。駐車可。
社務所の写真しかないので、次回参拝の際に差し替えます。

[PR]
by sionozaki | 2011-01-29 16:56 | 奈良県(40) | Comments(0)

敢国神社

三重県伊賀市一之宮は敢国神社。読み「あえくに」。
延喜式神名帳伊賀国伊賀郡の敢国神社に比定される。
伊賀国一宮。

c0182455_1356965.jpg
祭神は大彦命。配祭神として少彦名命、金山比咩命。
参道沿いに市杵島姫命社、大石社、浅間社などの摂社・末社がある。
神位は日本記略に於いて従五位下から
従三位上に進階したことが記され、
三代実録、文徳実録においては「敢国津神」、
「敢国津大社神」と記されている。
延喜式神名帳においては、
伊賀国唯一の大一坐となっている。
元来はすぐ隣の山南宮山山域にあったとされ、
創建は658年と伝える。
この年大彦命、少彦名の二神を祭神として創建された。

室町時代に流布した吉田神道の神道学者吉田兼右は
1568年(永禄11年)に編纂した著書の中で、
中世に諏訪明神を勧請したことを示し、
勧請される以前は大石明神(大岩明神)が祭神であったとしている。
大石明神は現在摂社の一つで、巨岩を神としたもの。

c0182455_14343287.jpg
社殿が神体と思われる南宮山と向き合う形と
なっていることから
大石明神の地が当社の創始と関係があると指摘される。
祭神に関しても諸説あり、
江戸時代国学が発展していく中で
度会延経は祭神を安倍氏の祖 大彦名命とした。
これに基づいて明治7年大彦命を主祭神として、
配祀に金山比咩命と少彦名命とした。

また古来阿拝郡(阿閇郡とも)を支配していた敢氏の氏神
敢国津神を祀っていたという説もある。
阿拝・阿閇は「あべ」の語源であり、
阿部や安倍姓の祖神ともいわれている。

例祭日不明。2011年1月25日、7月11日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2011-01-28 22:36 | 三重県(172) | Comments(0)

沙田神社

長野県松本市島立三ノ宮は沙田神社。読み「いさごだ」。
延喜式神名帳信濃国筑摩郡の沙田神社に比定される。
諏訪大社、小野神社に次ぐ信濃国三宮だが、
安曇野市の穂高神社も信濃国三宮を称する。
c0182455_05104894.jpg
祭神 彦火火出見命、豊玉姫命、沙土煮命。
現在の島内の地に鎮座する以前は、
波田(旧東筑摩郡波田町)の梓川流域鷺沢嶽にあったとされる。
祭神についても異説があり、
五十狭城入彦命(いさきいりひこのみこと)とする説がある。
五十狭城入彦命・五十狭城入彦皇子は景行天皇の皇子で、
陵墓は愛知県岡崎市の和志山古墳である。
この古墳に隣接する和志取神社は、
延喜式神名帳三河国碧海郡の和志取神社の論社となっている。
他の論社は安城市の同名社である。
また古墳に隣接の蓮華寺(曹洞宗)は、
松本市深志の全久院(曹洞宗)と関連が深い。

c0182455_16244992.jpg
神社境内より土器、石器類が出土されている。
神宮寺の神宮寺は明治初年に廃寺。
神宮寺に関連する一草庵の法性院が
沙田神社より西へ1km程の所に存在している。
堂内に不動明王などを安置する。
信濃国筑摩郡の式内社は当社と岡田神社と阿禮神社の三坐である。

例祭日は9月27日。2011年1月7日参拝。近隣に駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2011-01-14 20:02 | 長野県(85) | Comments(0)