<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

八幡神社(かつらぎ町下天野)

和歌山県伊都郡かつらぎ町下天野は八幡神社。
国道480号線から逸れて、
丹生都比売神社に向かう和歌山県道4号線沿いにある。

c0182455_17314835.jpg
手元に参考になる資料がなく創建などは不詳。
祭神は応神天皇と推測される。

例祭日は不明。2010年10月1日参拝。駐車場なし。
近隣に高野山真言宗の延命寺(かつらぎ町下天野)がある。


参拝の記録
和歌山県道4号と和歌山県道109号が交差する場に鎮座する。


今回の旅行の参拝経路
橿原神宮飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村)南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野)ー金剛峯寺ー隅田八幡神社


[PR]
by sionozaki | 2010-10-11 17:12 | 和歌山県(9) | Comments(0)

丹生都比売神社

和歌山県伊都郡かつらぎ町は丹生都比売神社。
九度山町より高野山へ至る国道370号線の途中、
和歌山県道4号へ入った天野の地に鎮座する。
延喜式神名帳紀伊国伊都郡の丹生都比女神社に比定される。
紀伊国一宮。名神大社。旧官幣大社。旧県社。
c0182455_23133745.jpg
祭神 丹生都比売神、高野御子大神、
大食都比都大神、市杵島比売大神。
創建は不詳。
古代 高野山参拝の折に当社に参拝することが通例とされていたという。
丹生都比売神は稚日女命とも称し、
天平時代に記された「丹生明神告門」では、
天照大御神の妹にあたるとされる。
稚日女命は紀の川流域の三谷に降臨し紀州や大和を廻り農耕を広め、
かつらぎ町天野の地に祀られることになったという。
高野御子大神は空海の前に黒と白の犬を連れた狩人に
化身として現れ、高野山を霊場とすることを導いたとされる。
近世は「丹生高野明神」、「天野四社明神」と称されていた。
また「天野社」、「天野大社」と呼ばれる。
中世には神社周辺に多くの堂塔が作られた。
境内社に若宮社(祭神 行勝上人)、佐波神社がある。
元寇の役では元撃退の祈祷を当社で行ったという。
明治6年県社指定。大正13年官幣大社となる。
c0182455_131783.jpg
丹生都比女神社銀銅蛭巻太刀一口は国宝。 
丹生都比女神社本殿四殿、丹生都比女神社楼門、
丹生都比女神社本殿内宮殿四殿、丹生都比女神社木造狛犬四対、
丹生都比女神社鍍金長覆輪大刀、
丹生都比女神社金銅琵琶、丹生都比女神社法華経八巻、
丹生都比女神社待従頼宝施入状などは国指定重要文化財。

例祭日は10月16日。2010年10月1日参拝。駐車場あり。


参拝の記録
紀伊国一宮(和歌山市の日前神宮も一宮)。
かつらぎ町の山間部に鎮座する。


今回の旅行の参拝経路
橿原神宮飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村)南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野)ー金剛峯寺ー隅田八幡神社


[PR]
by sionozaki | 2010-10-10 15:48 | 和歌山県(9) | Comments(0)

十禅律院

和歌山県紀の川市粉河(旧那賀郡粉河町粉河)は十禅律院。
国道24号「粉河」交差点を北へ向かう。
粉河観音宗総本山 粉河寺のすぐ北東にある。
天台宗安楽律院派。本尊は阿弥陀如来。
c0182455_21223421.jpg
正暦3年(990年)石崇上人により創建と伝える。
創建時は粉河寺の塔頭であったが
寛政12年(1800年)徳川治宝に依り天台宗安楽律院派に改宗した。
十禅律院本堂、庫裡、護摩堂、塗上門四棟は和歌山県指定文化財。
十禅律院庭園は紀の川市指定庭園。

2010年9月30日参拝。粉河寺の駐車場に駐車。
少し離れて岸本神社がある。

参拝の記録
粉河寺と同一境内にある。
天台宗安楽律院派という宗派は現存しているのか分からない。
殆ど行ったことのない和歌山の寺院として心に残っています。

今回の旅行の参拝経路
橿原神宮飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村)南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野)ー金剛峯寺ー隅田八幡神社


[PR]
by sionozaki | 2010-10-10 11:22 | 和歌山県(9) | Comments(0)

観音寺(紀の川市別所)

和歌山県紀の川市別所(旧那賀郡粉河町別所)は観音寺。
国道24号より北側の紀の川市別所地区にある。
真言宗山階派。如意山。蓮華院。本尊は如意輪観音。
同名寺院に観音寺(昭島市)、観音寺(筑北村)、
観音寺(松本市)、観音寺(名古屋市中川区)、
観音寺(春日井市)、観音寺(長浜市高月町雨森)、
観音寺(能勢町)、観音寺(紀の川市東三谷)、
観音寺(紀の川市桃山町調月)などがある。

c0182455_15062165.jpg
延喜21年(921年)念仏上人により創建と伝える。
天正13年(天承13年)豊臣秀吉の根来寺焼き討ちと同時に
当寺も本尊以外の伽藍などを焼失した。
元和年間(1615年~1624年)薩摩国(現在の鹿児島県)の
沙門道誉が当地を訪れ再建された。
その後 藩主の祈願寺となり隆盛を極めた。
末寺に同宗の帝釈寺がある。鐘楼。
c0182455_774368.jpg
現在の本堂は寛永3年(1626年)の建立、
庫裡は寛永21(1644年)の建立である。
また天保年間(1831年~1845年)建立の三重塔があったが
昭和36年天災により倒壊した。

2010年9月30日参拝。駐車場あり。
近隣に真言宗山階派の帝釈寺、真言宗系の善來寺がある。

参拝の記録
偶然参拝した寺院だが延喜21年(921年)創建と伝える古寺。
紀の川市内には複数の観音寺という名称の寺院がある。


今回の旅行の参拝経路
橿原神宮飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村)南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野)ー金剛峯寺ー隅田八幡神社


[PR]
by sionozaki | 2010-10-10 10:35 | 和歌山県(9) | Comments(0)

智足院(紀の川市)

和歌山県紀の川市南勢田(旧那賀郡粉河町南勢田)は智足院。
国道24号「烏子川橋東詰」交差点を北へ向かう。
真言宗山階派。一堂である。
c0182455_20130785.jpg
手元に参考になる資料がなく創建や由緒は不詳である。
分かり次第更新します。

2010年9月30日参拝。駐車場は不明。
近隣に海神社(紀の川市南勢田)がある。

参拝の記録
2010年の参拝時 近くに住む方と様々な話をしたことを良く覚えている。
智足院という寺院で間違いないが、一堂しかない。

今回の旅行の参拝経路
橿原神宮飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村)南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野)ー金剛峯寺ー隅田八幡神社


[PR]
by sionozaki | 2010-10-10 10:20 | 和歌山県(9) | Comments(0)

南法華寺・壺阪寺

奈良県高市郡高取町壺阪は南法華寺。通称 壺阪寺。
国道169号「清水谷」交差点を東へ向かう。
真言宗系単立。壺阪山。本尊は十一面千手観音。
c0182455_19542386.jpg
創建は大宝3年(703年)と伝える。
元興寺の僧である弁基が愛用の壷を坂の上の庵に納め感得し
創建されたという。このことから壺阪寺と呼ばれる。
第44代元正天皇の御代に勅願寺となり南法華寺の名称を賜った。
南法華寺の名は京都の清水寺(北法華寺)に対する名称である。
弁基はその後還俗し春日倉老と呼ばれた。
平安時代の最盛期には60以上の坊を有する大寺院であった。
伽藍に礼堂、三重塔、慈眼堂、六角円堂、多宝塔、仁王門がある。
西国三十三所札所第6番札所。礼堂と三重塔。
c0182455_1133713.jpg
壺阪寺礼堂、壺阪寺三重塔、
壺阪寺鳳凰文磚、壺阪寺絹本著色一字金輪曼荼羅は国指定重要文化財。
ほか白鳳期の観音菩薩像、平安期の如来坐像、
文殊菩薩像、地蔵菩薩像など多くの仏像を有する。
仁王門は延暦2年(1212年)の建立であるが、
室町時代、安土桃山、昭和に修理が行われている。
多宝塔は平成14年建立。

2010年9月29日参拝。駐車場あり。拝観料あり。
近隣に高生神社などがある。

参拝の記録
寺院敷地は広く下の駐車場から歩くと距離が長い。
2010年の参拝時 多くの仏像を目の前で拝見することができた。

今回の旅行の参拝経路
橿原神宮飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野)ー金剛峯寺ー隅田八幡神社
西国三十三所
青岸渡寺ー紀三井寺ー粉河寺ー施福寺(和泉市)ー葛井寺ー
龍蓋寺ー法起院(桜井市)ー長谷寺(桜井市)-興福寺ー三室戸寺ー
醍醐寺(京都府伏見区)ー正法寺(大津市)ー石山寺(大津市)ー園城寺ー
元慶寺(京都府山科区)ー観音寺(京都市東山区泉涌寺山内町)ー
清水寺(京都市東山区清水)ー六波羅蜜寺ー頂法寺(京都市中京区)ー
行願寺(京都市中京区)ー善峯寺(京都府西京区)ー穴太寺(亀岡市)ー
総持寺(茨木市)ー勝尾寺(箕面市)ー中山寺(宝塚市)ー
菩提寺(三田市)ー清水寺(加東市)ー一乗寺(加西市)ー
圓教寺ー成相寺ー松尾寺(舞鶴市)ー宝厳寺(長浜市)ー
長命寺(近江八幡市)ー観音正寺ー華厳寺(揖斐川町)


[PR]
by sionozaki | 2010-10-05 15:55 | 奈良県(40) | Comments(0)

飛鳥寺(明日香村)

奈良県高市郡明日香村大字飛鳥は飛鳥寺。
国道169号「丈六」交差点を東へ向かう。日本最古級の寺院。
式内社 飛鳥坐神社の概ね西側にある。
真言宗豊山派。鳥形山。本尊は釈迦如来。
c0182455_120155.jpg
日本最古の本格的寺院であった法興寺の後身寺院で、
6世紀末から7世紀始めの創建である。蘇我氏の氏寺。
養老4年(720年)成立の「日本書紀」に、
用明天皇2年(587年)蘇我馬子により発願とある。
飛鳥時代には天皇の病気平癒祈願など中心的な役割を果たした。
都が平城京に移ると元興寺(奈良市)に機能を移し、
元元興寺と称されたが建久7年(1196年)焼失し廃寺となる。
長い間釈迦如来像を安置する堂のみがあった。
昭和31年より本格的な発掘調査が行われ寺域は南北290m、
東西200~250mの規模があったことが確認された。本堂。

c0182455_1401818.jpg
飛鳥寺銅像釈迦如来坐像は国指定重要文化財。
飛鳥寺跡は国指定史跡。
銅像釈迦如来坐像は高さ約2m75cm、
推古天皇14年(606年)または推古天皇17年(609年)に
鞍作利止により造立されたものである。通称「飛鳥大仏」。

2010年9月29日参拝。駐車場あり(有料)。拝観料あり。
近隣に浄土宗の来迎寺、
蘇我入鹿首塚、飛鳥坐神社がある。


参拝の記録
周辺は田園地帯、
秋季には彼岸花が咲きとても美しい。

今回の旅行の参拝経路
橿原神宮飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村)南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野ー金剛峯寺ー隅田八幡神社


[PR]
by sionozaki | 2010-10-05 12:05 | 奈良県(40) | Comments(0)

飛鳥坐神社

奈良県明日香村は飛鳥坐神社。
国道169号「丈六」交差点を東へ向かう。飛鳥寺の概ね東側。
延喜式神名帳大和国高市郡の飛鳥坐神社に比定される。
また境内社の飛鳥山口坐神社は、
延喜式神名帳大和国高市郡の飛鳥山口坐神社に比定される。
c0182455_1014568.jpg
祭神 事代主神、高皇産霊命、飛鳥三日比売命、大物主命。
延喜式神名帳には飛鳥坐神社四坐とある。
創建は不詳。
創建時は他の場に鎮座し天長9年(829年)現在地に遷座という。
賀夜奈流美命は「延喜式」と「類聚三代格」では賀屋鳴比女命と表記されるが、
記紀に記述のない性格不明の神という。
また飛鳥三日比売命は賀夜奈流美命と同神という。
養老4年(720年)成立の「日本書紀」朱鳥元年(686年)7月条に
「幣を紀伊国に居す国懸神・飛鳥四社・住吉大神に奉りたまふ」とあり、
この飛鳥四社は当社に比定される。
延喜式神名帳大和国高市郡の加夜奈留美命神社は、当社と関係が深い。
鎌倉時代に成立の「日本紀略」に
当社がもと甘南備山に鎮座していたことが書かれる。
c0182455_19214797.jpg
都が平城に移ると衰退するが、
当社が天照大御神の旧地とする信仰も起き、元伊勢として信仰された。
境内社に飛鳥山口坐神社、八幡神社、稲荷社、奥の社、
祓戸社、八神殿、琴平社、陰陽石などがある。
もとは80社程の末社があったが火災などにより焼失した。
うち飛鳥山口坐神社は祭神 大山津見乃神、久久乃知之神、猿田彦命。
延喜式神名帳大和国高市郡の飛鳥山口坐神社に比定され、
もとは酒船石の場にあったとされる。
社家は代々飛鳥氏が勤める。

例祭日は2月第一日曜日。2010年9月29日参拝。駐車場なし。
近隣に小原神社(明日香村小原)がある。

参拝の記録
飛鳥寺から歩いてすぐの場にある。


今回の旅行の参拝経路
橿原神宮飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村)南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野ー金剛峯寺ー隅田八幡神社


[PR]
by sionozaki | 2010-10-05 11:05 | 奈良県(40) | Comments(0)

橿原神宮

奈良県橿原市久米町は橿原神宮。
国道169号「丈六」交差点の北西。
旧官幣大社。別表神社。
c0182455_944915.jpg
祭神 神武天皇、媛蹈韛五十鈴皇后。
創建は明治23年(1890年)。
初代神武天皇は宮崎日向の地で天孫降臨し、
その後 畝傍山の東南の橿原の場に皇居を営んだと伝え、
明治天皇により官幣大社として創建された。
創建時 この地には洞部落と呼ばれる被差別部落があったが、
創建に当たり移転させられたともいう。
昭和15年拡張工事が行われ、内拝殿、外拝殿、廻廊などが遷宮された。
橿原神宮本殿は国指定重要文化財。
本殿は京都御所の建物を移築したものである。

例祭日は2月11日(紀元祭)、10月3日(秋季例祭)。
2010年9月29日参拝。駐車場あり(有料)。
近隣に久米寺(橿原市)、久米御縣神社がある。


参拝の記録
境内は広大である。
初詣の参拝者数は奈良県下で屈指である。

今回の旅行の参拝経路
橿原神宮ー飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村)南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野ー金剛峯寺ー隅田八幡神社


[PR]
by sionozaki | 2010-10-05 03:55 | 奈良県(40) | Comments(0)