<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

春日神社(奈良市都祁)

奈良県奈良市針町(旧山辺郡都祁村針)は春日神社。
国道25号「針インター北」交差点を西へ。針郵便局の近く。
真言宗豊山派の観音寺(奈良市針町)が隣接する。
c0182455_1544082.jpg
祭神は天児屋命。
創建は延暦年間(792年~806年)と伝える。
古く針地域一帯は春日大社の荘園であった。
1578年(天正6年)の銘のある春日型燈籠がある。
神宮寺も存在したが現在は廃寺となっている。

例祭日不明。2010年8月16日参拝。駐車場なし。
近隣に御霊神社(奈良市針町)がある。

[PR]
by sionozaki | 2010-08-28 15:04 | 奈良県(40) | Comments(0)

大野寺(宇陀市)

奈良県宇陀市室生大野(旧宇陀郡室生村大野)は大野寺。
宇陀市内の国道165号「室生寺入口」交差点付近を北へ向かう。
真言宗室生寺派。楊柳山。本尊 弥勒菩薩。
c0182455_23182933.jpg
寺伝では681年(白鳳9年)役小角の開創と伝える。
824年(天長元年)空海により慈尊院弥勒寺と称された。
興福寺と関連が深いともいわれる。
明治33年大火があり伽藍を焼失した。
寺の前を流れる川の対岸に弥勒磨崖仏がある。
総高13.8mで国指定特別史跡。
奈良時代初め興福寺の僧雅縁が発願し、
1207年(承元元年)に宋の石匠が彫刻したものという。

2010年8月16日参拝。駐車場あり。拝観料あり。
近隣の室生口大野駅付近に海神社(宇陀市)がある。


[PR]
by sionozaki | 2010-08-27 23:19 | 奈良県(40) | Comments(0)

常楽寺(伊賀市)

三重県伊賀市種生松屋敷(旧名賀郡青山町種生松屋敷)は
常楽寺。隣接の種生神社の別当寺。
真言宗豊山派。利生山。本尊は釈迦如来。
c0182455_14233932.jpg

創建は1488年(文明8年)。
5巻欠損がある大般若経を有しており、国重要文化財。
この大般若経のうち50巻は奈良時代に書き写されたもので、
貴重なものである。
徒然草の作者 兼好法師が晩年を過ごした草庵 草蒿寺が、
種生字松屋敷より南の種生字国見にあったが、現在は廃寺となっている。
一帯は梅林で、1926年(大正15年)に寺跡を示す石碑が建立された。

2010年8月15日参拝。駐車可。
[PR]
by sionozaki | 2010-08-24 14:58 | 三重県(172) | Comments(0)

種生神社

三重県伊賀市種生松屋敷(旧名賀郡青山町種生松屋敷)は種生神社。
読み「たなお」。伊賀市の山間部に鎮座し、
神宮寺の常楽寺(伊賀市)が隣接する。

c0182455_19211544.jpg
祭神は武甕槌神、その他18柱。
「伊水温故」によると同市阿保の大村神社からの勧請であり、
「三国地誌」に「鹿島祠、香取平岡同殿本社若宮」と記されている。
1904年(明治37年)以降、度々近隣の神社の合祀が行われ、
1907年(明治40年)国見の津島神社と
山立の若宮神社を合祀するに当たり
地名の種生の名を取って、種生神社と改称した。
1907年以降も合祀が行われ、それに伴い各社の棟札が納められた。
毎年11月3日に行われる神事に「こたつき」と
「馬駆」の御渡式があるが、
馬駆は1970年(昭和45年)に廃止され、現在は行われていないという。
隣接の常楽寺(伊賀市)は神宮寺である。

例祭日は10月28日。2010年8月15日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2010-08-19 19:21 | 三重県(172) | Comments(0)

丈六寺(名張市)

三重県名張市赤目町丈六は丈六寺。
名張と榛原を結ぶ国道165号「赤目口」信号機を四十滝側へ。
真言宗東寺派。日光山。本尊 釈迦如来。
c0182455_1684256.jpg
創建は不明だが、
大同年間(701年~704年)室生寺の四門の一として創建という。
丈六寺の「丈六」は丈六の仏像を安置したことに由来する。
福成就寺、無動寺、宝蔵寺とともに名張郡の四大寺の一つ。
石塔五輪塔、大般若経及び法華経、釈迦涅槃図は
名張市指定文化財。五輪塔。
c0182455_1624473.jpg
五輪塔は華厳宗の僧 良弁の供養塔といい塔高234cm、
正応2年(1289年)の銘がある。
基盤(石塔の基礎)は鎌倉時代のものでなく後世のものという。
般若経及び法華経は伊勢市出身の一夢法師が奉納したものである。
釈迦涅槃図は縦約2m、横約1m50cmのもので
室町時代に河内国交野より戦乱から逃れて伝わったものである。

2010年7月29日参拝、8月16日参拝。駐車場あり。
周辺に八幡神社(名張市赤目町丈六)、相楽神社(名張市)、
浄土宗の阿弥陀寺(名張市)、真言宗醍醐派の蓮福寺、
勝手神社(名張市赤目町柏原)、八幡神社(名張市赤目町星川)、
真言宗豊山派の極楽寺(名張市)、
真言宗室生寺派の宝積寺(名張市)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2010-08-17 16:41 | 三重県(172) | Comments(0)

新大仏寺

三重県伊賀市富永(旧阿山郡大山田町)は新大仏寺。
国道163号の阿波郵便局付近を北へ向かう。
真言宗智山派。五宝山。本尊 廬舎那仏。
c0182455_1113526.jpg
創建は建長2年(1202年)で開山は重源。
奈良 東大寺(華厳宗)は治承4年(1180年)平重衡による兵火で
多くの伽藍を焼失した。
その後重源の活動により復興されるが、
当地には伊賀別所が置かれた。この伊賀別所が当寺である。
寛永13年(1635年)天災により多くの伽藍を失ったが、
上人堂と鎮守権現は残されたと伝える。
境内に大仏殿、上人堂、明王殿、芭蕉塚などがある。
新大仏寺木造如来坐像、新大仏寺木造重源上人坐像、
新大仏寺木造僧形坐像、新大仏寺絹本著色興正菩薩像、
新大仏寺板彫五輪塔は国指定重要文化財。

新大仏寺木造如来坐像は高さ約4m、
「阿波の大仏さん」と呼ばれ、頭部は快慶の作である。
東大寺の別所は七つあり東大寺七別所、重源の七別所という。
当伊賀別所のほか播磨別所、周防別所、高野新別所、
東大寺別所、渡辺別所、備中別所がある。
うち播磨別所は兵庫県小野市の浄土寺(高野山真言宗)、
周防別所は山口県周防市の阿弥陀寺(華厳宗)である。

2010年7月29日参拝。8月16日参拝(二回目)。駐車場あり。
少し離れて天台真盛宗の本願寺、
延喜式神名帳伊賀国山田郡阿波神社に比定される阿波神社などがある。

[PR]
by sionozaki | 2010-08-05 01:12 | 三重県(172) | Comments(0)

興行寺

福井県吉田郡永平寺町藤巻(旧吉田郡上志比村藤巻)は興行寺。
浄土真宗本願寺派。
c0182455_7445961.jpg
1406年(応永13年)に現在の永平寺町大谷に華蔵閣と称する
一草庵を結んだことに始まる。
開祖は綽如(しゃくにょ)の三男の玄信。
1411年(応永18年)に志比荒川に移転、
「志比の総坊」と称された。
この地域に於ける真宗布教の一拠点であった。

2010年3月28日参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2010-08-03 03:17 | 福井県(86) | Comments(0)

八咫烏神社

奈良県宇陀市榛原高塚(旧宇陀郡榛原町高塚)は八咫烏神社。
国道370号「野依」交差点を東へ向かう。神社前に芳野川が流れる。
延喜式神名帳大和国宇陀郡の八咫烏神社に比定される。
c0182455_2028628.jpg
祭神 武角身命。
創建は705年(慶雲2年)。
797年(延暦16年)成立の「続日本紀」慶雲2年(705年)9月条に
大和国宇多郡に祭祀したことが記されている。
中世は廃退し毎年社参を送っていた京都市の下鴨神社に
願い出て例祭も中止するに至っていた。
文政年間(1818年~1830年)石造神殿から
現在の春日造の拝殿となったという。
大正3年近隣の神社を合祀、
近年になって社殿の整備や社格昇進が行われた。

例祭日は11月3日。2010年7月29日参拝。駐車場あり。
近隣にもと真言宗の蓮昇寺(黄檗宗)がある。


[PR]
by sionozaki | 2010-08-01 01:44 | 奈良県(40) | Comments(0)