カテゴリ:栃木県(7)( 6 )

長福院(足利市)

栃木県足利市小俣町は長福院。
栃木県道67号線「小俣田町」交差点付近。
真言宗豊山派。三嶋山。
足利市には同名の長福寺がある。
c0182455_16104853.jpg
手元に参考になる資料がなく創建などは不明。
長福院紙本著色熊野観心十界曼荼羅図は
足利市指定文化財。
時期は桃山時代から江戸時代初期のものと考えられ作者は不明。
熊野観心十界曼荼羅図は熊野信仰布教のために
製作された曼荼羅図・参詣図である。

2017年5月24日参拝。駐車場あり。
近隣に八雲神社(足利市小俣町)がある。

[PR]
by sionozaki | 2017-10-13 16:01 | 栃木県(7) | Comments(0)

足利織姫神社

栃木県足利市西宮町は足利織姫神社。
国道293号「通1丁目」交差点を西へ向かう。
栃木県道40号線「足利神社前」交差点付近。織姫公園の南側。
c0182455_16090006.jpg
祭神 天御鉾命、天八千千姫命。
創建については諸説ある。
明治13年に社殿が焼失し、昭和12年再建された。
当社内にも古墳があり、当社拝殿の後方には機神山山頂古墳がある。
機神山山頂古墳は前方後円墳で、
6世紀頃のものと考えられる。

例祭日は不明。2017年5月24日参拝。駐車場あり。
近隣に八雲神社(足利市通5丁目)、浄土宗の法玄寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-13 15:30 | 栃木県(7) | Comments(0)

鑁阿寺

栃木県足利市家富町は鑁阿寺。
国道293号「通1丁目」交差点付近。
真言宗大日派本山。金剛山。仁王院。法華坊。本尊は大日如来。
多くの文化財を所有する寺として知られる。
c0182455_14111154.jpg
建久7年(1196年)足利義兼が堂宇を建立し、
当寺所有文書には建長3年(1251年)鑁阿寺の名が見える。
浄土院、普賢院など12の支院があったが、
明治の神仏分離により廃寺となる。
もと真言宗豊山派寺院、
昭和26年豊山派から独立し真言宗大日派本山となる。
関連社寺に樺崎八幡宮・樺崎寺がある、樺崎寺跡は国指定史跡。
鑁阿寺本堂は国宝。
足利氏宅跡は国指定史跡。
鑁阿寺経堂、鑁阿寺鐘楼、鑁阿寺金銅鑁字御正体、
鑁阿寺文書、青磁浮牡丹香炉などは国指定重要文化財。
鑁阿寺多宝塔、鑁阿寺山門、鑁阿寺木造大日如来像、
鑁阿寺不動明王像などは栃木県指定文化財。

2017年5月24日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-09 07:38 | 栃木県(7) | Comments(0)

示現神社(足利市)

栃木県足利市月谷町は示現神社。
浄因寺(足利市)へ向かう道沿いの左手。
国道293号「大月町」交差点を西へ、
その先「江川町1丁目」交差点を北へ向かう。
浄因寺へ至る道沿いには当社、薬師堂、
天満宮(足利市月谷町)、山神社(足利市月谷町)がある。
同名社に示現神社(佐野市)、示現神社(宗像市)などがある。
c0182455_07594995.jpg
手元に参考になる資料がなく祭神は不明。
創建は元慶4年(880年)と伝える。
古く「月谷郷上の宮大明神」と称していたが、
天正年間(1573年~1592年)現社名に改称した。拝殿。
c0182455_07583340.jpg
示現神社木造左右大臣像は足利市指定重要文化財。
台座に朱書銘があり
文政13年(1830年)に奉納されたことが分かっている。
左大臣の台座には「世話人 堀江源左衛門 小林宗輔 峰岸佐渡
文政十三庚寅歳 三月吉日 慶應元乙丑年再色彩」とある。
また示現神社神代神楽は足利市指定重要文化財。

例祭日は不明。2017年5月24日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい神社と感じました。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-07 07:49 | 栃木県(7) | Comments(0)

天満宮(足利市月谷町)

栃木県足利市月谷町は天満宮。
浄因寺(足利市)へ向かう道沿いの右手。
国道293号「大月町」交差点を西へ、
その先「江川町1丁目」交差点を北へ向かう。
浄因寺へ至る道沿いには示現神社(足利市)、薬師堂、
当社、山神社(足利市月谷町)がある。
c0182455_07545104.jpg
手元に参考になる資料がなく創建などは不明。
祭神は菅原神社と推測される。
浄因寺は臨済宗妙心寺派、
和銅3年(713年)行基が開いたとされる古刹である。

2017年5月24日参拝。駐車可。
周辺に真言宗豊山派の最勝寺、臨済宗妙心寺派の隆興寺、
山神社、琴平神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-07 07:10 | 栃木県(7) | Comments(0)

浄因寺(足利市)

栃木県足利市月谷町は浄因寺。
国道293号「大月町」交差点を西へ、
その先「江川町1丁目」交差点を北へ。
浄因寺へ至る道沿いには示現神社(足利市)、薬師堂、
天満宮(足利市月谷町)、山神社(足利市月谷町)がある。
臨済宗妙心寺派。行道山。本尊は聖観音。
c0182455_19574105.jpg
もと真言宗寺院で「関東の高野山」と呼ばれた。
行道山の南には大岩山が聳え
大岩山には真言宗豊山派 最勝寺がある。
浄因寺は和銅3年(713年)行基菩薩が創建したと伝える古刹で、
関東四大霊場の一。
永和2年(1376年)臨済宗に転宗し、
元和年間(1615年~1624年)京都 妙心寺の僧である
寿山慶長により臨済宗妙心寺派に改宗した。
本堂、経蔵、方丈などを有する大寺院であったが、
明治18年伽藍を焼失した。境内から望む。
c0182455_19592814.jpg
境内に巨石(磐座)があり、寝釈迦と呼ばれる。
浄因寺境内は栃木県指定名勝。
4月上旬に厄除一杯飯の行事がある。

2017年5月24日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい寺院と感じました。
周辺に真言宗豊山派の最勝寺、臨済宗妙心寺派の隆興寺、
山神社、天満宮などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-06 17:36 | 栃木県(7) | Comments(0)