カテゴリ:福井県(88)( 88 )

妙泰寺(南越前町)

福井県南条郡南越前町西大道は妙泰寺。
国道365号「南条駅入口」交差点を西へ、すぐに北へ向かう。
羽太神社のちょうど西側。
日蓮宗。大谷山。本尊 十界曼荼羅。
c0182455_20502584.jpg
北陸身延とも云われ越前最大・最古の日蓮宗寺院。
創建は永仁2年(1294年)で開基は日像。
日像は1269年~1342年の日蓮宗の僧。
26歳の頃 北陸にて布教活動していた折
当地が身延山に似ていると感じ当寺を建立した。
日蓮宗大本山妙顕寺四聖跡の第二霊場となる。
隆盛期には七堂伽藍が建ち並び、
塔頭に本光坊、本因坊、法泉坊、立本坊、自俊坊などがあった。
江戸時代には福井城主 結城秀康の祈願所となり、寺領が与えられた。
c0182455_627387.jpg
妙泰寺釈迦如来像、妙泰寺涅槃像は南越前町指定文化財。
ほか境内に七面堂がある、
七面堂は七面大明神を祀るもので日蓮宗寺院に見られる。

2011年8月4日参拝。駐車場あり。
周辺に日蓮宗の歓喜寺、真宗出雲路派の正善寺がある。

[PR]
by sionozaki | 2011-05-28 06:35 | 福井県(88) | Comments(0)

羽太神社

福井県南条郡南越前町東大道は羽太神社。読み「はぶた」。
概ね国道365号「南条駅入口」交差点付近。
JR北陸本線南条駅より徒歩10分程度。
c0182455_1415241.jpg
祭神 瓊々杵命、桜大刀自命、大戸道命、天児屋命。
社伝に依れば延暦2年(783年)十禅師大権現を勧請、
その後平安時代に大戸道命を祀ったと伝える。
明治9年村社指定。明治44年近隣の大将軍神社を合祀。
平成22年社殿を再建した。

例祭日は不明。2011年5月13日参拝。駐車場あり。
周辺に西廼神社、烏賀神社などがある。

[PR]
by sionozaki | 2011-05-26 14:39 | 福井県(88) | Comments(0)

白髭神社(南越前町合波)

福井県南条郡南越前町合波は白髭神社。
国道365号のコープ武生大門出張所付近を東へ向かう。
菅生神社(南越前町)の北側。
南越前町今庄には白鬚神社がある。
国道365号からひとつ逸れた農道沿いにある。
延喜式神名帳越前国敦賀郡の白城神社の論社。
他の論社は白城神社(敦賀市)。
c0182455_5533764.jpg
祭神 武内宿禰命、武内宿禰命、土不合尊、熊野大神、
天御中主神、鵜鵜草葺不合尊、猿田彦命、大己貴命、清寧天皇、
天児屋命、豊受大神、金山彦命、秋葉明神。
創建は不詳。
もと「白城神社」と称していたという。
第21代雄略天皇4年武内宿禰神を祀ったと伝える。
明治43年稲荷神社を合祀した。明治9年村社指定。
拝殿左側に信露滝がある。
第15代応神天皇御誕生の折、
王子への母乳が足らず天地に祈念した所 この地に名滝があり、
この水を授かれば乳が出ると神託を受けた。
そしてその水を頂くと乳が出、王子は健やかに成長したという話が伝わる。
合波の読みは「あいば」。

もう一つの論社 白城神社(敦賀市)は
敦賀市白木にあり、祭神は鵜鵜草葺不合尊。
創建は不詳である。

例祭日は不明。2011年5月13日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2011-05-26 13:55 | 福井県(88) | Comments(0)

興行寺

福井県吉田郡永平寺町藤巻(旧吉田郡上志比村藤巻)は興行寺。
浄土真宗本願寺派。
c0182455_7445961.jpg
1406年(応永13年)に現在の永平寺町大谷に華蔵閣と称する
一草庵を結んだことに始まる。
開祖は綽如(しゃくにょ)の三男の玄信。
1411年(応永18年)に志比荒川に移転、
「志比の総坊」と称された。
この地域に於ける真宗布教の一拠点であった。

2010年3月28日参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2010-08-03 03:17 | 福井県(88) | Comments(0)

大谷寺(越前町)

福井県丹生郡越前町大谷寺(旧丹生郡朝日町大谷寺)は大谷寺。
天台宗。山号は越知山。読み「おおたん」。
c0182455_215439.jpg
左から山門、鐘楼、それから秘仏を納める蔵。
創建は奈良時代の692年。
本尊は三所権現(白山妙理権現、大行事権現、大汝権現)。
開創は越の大徳(おおどこ)と呼ばれる泰澄。
泰澄が11歳の時の寺であり その後吉野山、越知山、
日野山、文殊山、白山など各山を開く。
77歳の際に当寺に帰り遷化する。
寺の最盛時には近辺に1千程の坊を有したという。
敷地内に泰澄の墓がある。
c0182455_2310299.jpg
石造九輪塔で国重文。
1323年に泰澄の供養塔として建立された。

2010年5月4日参拝。駐車場多数あり。
[PR]
by sionozaki | 2010-06-08 02:33 | 福井県(88) | Comments(0)

氣比神宮

福井県敦賀市曙町は氣比神宮。
国道8号「気比神宮」交差点付近。
延喜式神名帳越前国敦賀郡の氣比神社に比定される。
名神大社。越前国一宮。旧官幣大社。
また境内社の和志前神社、角鹿神社、織田神社、
大神下前神社、天理劔神社、天伊弉奈姫神社、天伊弉奈姫神社は、
いずれも延喜式神名帳越前国敦賀郡の同名社に比定される。
c0182455_9124418.jpg
祭神 伊奢沙別命(氣比大神)。
また仲哀天皇、神功天皇、応仁天皇、日本武尊。
社名の「氣比」・「気比」は伊奢沙別命のことを指し、
他に御食津大神とも称された。
伊奢沙別命は食べ物を司る神。
「けひ」を古く「笥飯」と書いて食べ物を入れる箱のことともいう。
702年(大宝2年)勅により社殿を造営し、
仲哀天皇、神功天皇を合祀した。
平安期に書かれた法令集である「類聚三代格」には
神階正一住勲一等と記されている。
明治28年に官幣大社に移行してからは、
それまで様々な表記を用いていた
「けひ」の字は氣比(気比)に正式に定まり、
氣比(気比)神宮と称された。拝殿と拝殿前の鳥居。
c0182455_9113475.jpg
境内には土公と呼ばれる盛地があり、
古代の信仰形態を留めている。
神功皇后13年(213年)、
神功皇后は玉姫命、武内宿祢命を従え参拝したという。
明治28年官幣大社となる。
境内社は多くあり、そのうち式内社も多くある。
その一つ角鹿(つぬが)神社。
c0182455_1484746.jpg
「角」は直線が突き出た字が正式のよう。
祭神 都怒我阿羅斯等命(つぬがあらしとのみこと)。
角鹿神社の「つぬが」が
地名「敦賀」の由来となったといわれる。

例祭日は9月4日。2010年5月3日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2010-05-27 09:17 | 福井県(88) | Comments(0)

劔神社(越前町)

福井県丹生郡越前町織田(旧丹生郡織田町織田)は劔神社。
国道365号と国道417号の交差する「織田北」交差点付近。
越前国二宮。旧国幣小社。読み「つるぎ」。
延喜式神名帳越前国敦賀郡の劔神社の論社。
他の論社は劔神社(敦賀市莇生野)。
また境内社が延喜式神名帳越前国敦賀郡の織田神社の論社。
他の論社は野坂神社(敦賀市)

c0182455_340686.jpg
祭神 素盞鳴命、忍熊王、氣比大神。
古来座ヶ岳に鎮座していたが、
第14代仲哀天皇第二皇子である忍熊王が現在地に奉斎したと伝える。
近世は「劔大明神」と称していた。
織田信長は当社を氏神として特に崇敬した。社殿。
c0182455_339165.jpg
劔神社梵鐘は国宝。
高さ約110cm、奈良時代のもので第49代光仁天皇の奉納品と伝えられる。
銘文に「劔御子寺鐘神護景雲四年九月十一日」とある。
神護景雲4年は770年。
鎌倉期の釈迦八相涅槃図は国指定重要文化財、
現在は奈良国立博物館に寄託されている。
本殿は福井県指定文化財。
神宮寺に神前院があり、境内に護摩堂が残される。

例祭日は10月9日。
2010年2月19日、2010年5月3日、2011年5月15日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2010-03-06 19:59 | 福井県(88) | Comments(0)

藤島神社(福井市)

福井県福井市毛矢は藤島神社。
国道8号「西方」交差点を西へ向かう。
同名社に藤島神社(あま市)がある。
c0182455_11272398.jpg
祭神は新田義貞(源義貞)で、創建は明治9年(1876年)。
新田義貞は1301年~1338年の武将。
新田氏は上野国新田郡(現群馬県太田市付近)に居住し、
新田と名乗った。
戦没地は福井市新田塚町であり、もとその付近に創建された。
のち福井市牧ノ島に社殿を移設したが、
水害により明治34年に現地の足羽山に祀られた。

2010年2月19日参拝。駐車場あり。
近隣に共に式内社の足羽神社、毛矢黒龍神社がある。

[PR]
by sionozaki | 2010-03-04 19:07 | 福井県(88) | Comments(0)