カテゴリ:三重県(170)( 169 )

穂原神社

三重県度会郡南伊勢町伊勢路(旧度会郡南勢町伊勢路)は穂原神社。
南伊勢町は2005年に南島町と南勢町が合併してできた町。
五ヶ所から来る国道260号と上野町、沼木町から来る
三重県道719号の交差する地点付近に鎮座する。
c0182455_19171535.jpg

祭神は天忍穂耳命、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、
誉田別命、市杵島姫命、大歳神、御食津神、大山祇命など。
また祭神不詳が一坐ある(拝殿の掛額より)。
歴史地名大系などに記述がなく由緒不明。

例祭日不明。2013年8月30日参拝。駐車可。
[PR]
by sionozaki | 2013-09-09 19:17 | 三重県(136) | Comments(0)

海蔵寺(伊勢市)

三重県伊勢市上野町は海蔵寺。曹洞宗。神岳山。
伊勢市沼木郵便局の北側に位置する。
同名寺院に海蔵寺(西尾市)などがある。
c0182455_1404424.jpg

文献がなく由緒などは不明。
曹洞宗寺院であり、本尊は釈迦如来と推測される。

2013年8月30日参拝。駐車可。
[PR]
by sionozaki | 2013-09-09 14:01 | 三重県(139) | Comments(0)

八柱神社(伊勢市)

三重県伊勢市津村町は八柱神社。読みは「やつはしら」。
外宮前から辻久留、大倉町、佐八町を経て津村町へ至る県道22号沿いに鎮座。
宝寿寺が隣接する。
c0182455_18443485.jpg

記述が見つからず祭神・由緒など不詳である。
県道に沿って大木が聳える。宝寿寺は神宮寺だろうか。
例祭日不明。2013年8月30日。駐車可。
[PR]
by sionozaki | 2013-09-08 18:44 | 三重県(136) | Comments(0)

小田神社(伊勢市)

三重県伊勢市岡本は小田神社。読みは「おだ」。
神宮の神宮寺 世義寺の北側に位置する。
c0182455_18301176.jpg

記述が見つからず、祭神・由緒など不明である。
2013年8月30日参拝。駐車場なし。
次回伊勢訪問の際には世義寺へ行きます。
[PR]
by sionozaki | 2013-09-08 18:30 | 三重県(136) | Comments(0)

倭姫宮

三重県伊勢市楠部町は倭姫宮。読み「やまとひめのみや」。
皇學館大学の向かいに鎮座する。皇大神宮別宮。
c0182455_1733515.jpg

祭神は倭姫命。
倭姫命は「倭姫命世紀」に記述のある神で、垂仁天皇の第4皇女。
天照大御神の御杖代となり諸国を巡り、伊勢国に神宮を創建するに至った。
神社の創建は1923年(大正12年)11月と新しい。
2月20日祈年祭、6月24日、25日月次祭など。
直近の参拝8月30日。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2013-09-08 18:26 | 三重県(136) | Comments(0)

勝福寺(伊賀市)

三重県伊賀市勝地(旧名賀郡青山町勝地)は勝福寺。
真言宗室生寺派。日照山。
c0182455_14432375.jpg
てm手元に参考になる資料がなく創建は不明。
境内の石造阿弥陀像は
1480年(文明12年)の銘があるという(歴史地名大系、平凡社)。

2013年8月19日参拝。駐車可。
[PR]
by sionozaki | 2013-09-04 14:56 | 三重県(148) | Comments(0)

本願寺(伊賀市)

三重県伊賀市上阿波(旧阿山郡大山田村上阿波)は本願寺。
天台宗真盛宗。上野山。
津と伊賀を結ぶ国道163号の阿波郵便局の東に石標があり、その奥。
c0182455_14361211.jpg
文献資料がなく由緒など不明。

2013年8月29日参拝。駐車場あり。
周辺には式内社の葦神社、阿波神社がある。
[PR]
by sionozaki | 2013-09-04 14:39 | 三重県(139) | Comments(0)

奈良波良神社

三重県度会郡玉城町宮古は奈良波良神社。読み「ならはら」。
伊勢自動車道玉城ICの北西の森の中に鎮座。
延喜式神名帳伊勢国度会郡の奈良波良神社の論社。
他の論社は広泰寺南の上宮古神社(玉城町)。皇大神宮摂社。
c0182455_22514172.jpg
祭神 那良原比女命(ならはらひめのみこと)。
他の神宮関係の神社と同じく中世は廃絶しており。
1663年(寛文3年)に再興された。
祭神の那良原比女命の性格は不明だが、当地の田の神という。
「奈良波良」の語源は木の「楢」と「原」である。

例祭日は10月19日。2013年2月26日参拝。駐車可。
場所は非常に分かりにくい所にあります。

[PR]
by sionozaki | 2013-04-01 22:51 | 三重県(170) | Comments(0)

佐田国生神社

三重県度会郡玉城町佐田は佐田国生神社。読み「さたくなり」。
三重県道13号「佐田」交差点を北へ。玉城郵便局の概ね西側に鎮座する。
JR参宮線 田丸駅からは徒歩10分程。皇大神宮摂社。
延喜式神名帳伊勢国度会郡の佐田国生神社に比定される。
c0182455_22410100.jpg
祭神は速河比古命(はやかわひこのみこと)、
速河比女命(はやかわひめのみこと)、山末神御魂。
創建は不詳。他の神宮関連の神社と同じく1663年(寛文3年)に再興された。
「倭姫命世記」には「速河狭田社」とある。
祭神の速河比古命、速河比女命の性格は不詳だが、
当社東側に流れる外城田川の川の神という。
「佐田」の語源は細長い田圃のことという。
また猿田彦命などと関連するという説がある。

例祭は10月21日。2013年2月26日参拝。駐車場なし。
近隣に曹洞宗の光明寺(玉城町)がある。


[PR]
by sionozaki | 2013-04-01 22:39 | 三重県(170) | Comments(0)

安乗神社

三重県志摩市阿児町安乗(旧志摩郡阿児町安乗)は安乗神社。
旧阿児町の中心 鵜方の国道260号に「安乗口」信号機があり、
その付近より三重県道514号が安乗方面に延びている。
この道は阿児町国府に着き、国府郵便局の手前を北進すれば安乗。
安乗の読みは「あのり」。安乗神社や安乗埼灯台の付近は、
道が狭いので参拝には少し注意が必要。

c0182455_11255525.jpg
祭神は応神天皇、伊弉諾命、伊弉冉命など。
明治の合祀政策により多くの神社が合祀されている。
鉄製砲身を有し、志摩市指定文化財。
当社に隣接し、国の重要民俗無形文化財「安乗文楽」の舞台がある。
安乗文楽は「デコバヤシ」ともいい、
秀吉の征韓の役の際の出来事を継承したものである。

例祭日は9月15日。2013年2月25日参拝。駐車場あり。
近隣に曹洞宗の安乗寺、
少し離れて阿津摩里崎神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2013-03-31 11:25 | 三重県(164) | Comments(4)