カテゴリ:三重県(170)( 169 )

布自神社

三重県四日市市山村町は布自神社。読み「ふじ」。
延喜式神名帳伊勢国朝明郡の布自神社に比定される。
場所がとても分かりにくい、
近くの世尊寺奥の階段を上った所に鎮座している。
c0182455_18264857.jpg
祭神は木花咲耶姫命、天照大神、菅原道真。
由緒不明というが、大正2年
穂積神社に合祀、戦後現在地に復帰した。

例祭日は10月10日。2015年6月10日参拝。駐車場なし。

[PR]
by sionozaki | 2015-06-16 18:24 | 三重県(139) | Comments(0)

石部神社(いなべ市)

三重県いなべ市大安町石槫南(旧員弁郡大安町石槫南)は石部神社。
東近江市に至る国道421号沿いに鎮座する。
延喜式神名帳伊勢国朝明郡の石部神社の論社。
他の論社は石部神社(四日市市朝明町)。
c0182455_11463602.jpg
創建は不詳。
近世は「山王権現」と称されていた。
境内社に山神社、春日神社などがある。
石部神社石造大鳥居は昭和27年の造立である。
当地付近は石の産出地と考えられ いなべ市内に石神社、
石加神社という「石」の名を冠する神社が存在している。
国道421号を越えた滋賀県愛荘町に石部神社(愛荘町)があり、
これも関連があるものと考えられる。

例祭日は不明。2013年11月21日参拝。駐車場あり。
近隣に石加神社、真宗本願寺派の専福寺(いなべ市)がある。


[PR]
by sionozaki | 2015-01-06 11:43 | 三重県(170) | Comments(0)

真正寺(いなべ市大安町丹生川上)

三重県いなべ市大安町丹生川上(旧員弁郡大安町丹生川上)は真正寺。
真宗本願寺派。釈王山。本尊 阿弥陀如来。
同名寺院に真正寺(いなべ市北勢町田辺)、真正寺(塩尻市)がある。

c0182455_20522510.jpg
手元に参考になる文献がなく、由緒など不明。

2014年11月21日参拝。駐車場あり。
とても美しい寺院と思いました。


[PR]
by sionozaki | 2014-12-30 20:48 | 三重県(164) | Comments(0)

鴨神社(いなべ市)

三重県いなべ市大安町丹生川上
(旧員弁郡大安町丹生川上)は鴨神社。
延喜式神名帳伊勢国員弁郡の鴨神社に比定される。
「丹生川駅」の西側、国道306号から少し逸れた場に鎮座。
旧郷社で、この地域の大社。
c0182455_22581648.jpg
祭神は鴨別雷命、玉依姫命。
創建は不明という(歴史地名大系、平凡社)。
神宮寺に正法寺があったが、
寺は信長の焼き打ちにより廃寺になっている。
明治4年郷社指定。
当社で行われる野火祭(夜火祭)は著名だが、
境内にある石碑の「民族」文化財は「民俗」の誤字である。

例祭日は10月20日。2014年11月21日参拝。駐車可。
近隣に真正寺(いなべ市)、専福寺(いなべ市)、
石加神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2014-12-13 14:49 | 三重県(137) | Comments(0)

八幡神社(いなべ市員弁町下笠田)

三重県いなべ市員弁町下笠田(員弁郡員弁町下笠田)は八幡神社。
国道421号「いなべ警察署東」と「三笠橋南詰」信号機の区間に鎮座する。
c0182455_15291581.jpg
由緒など不明。
祭神は応神天皇と推測され、境内に護国神社がある。
鳥居と社殿の間に線路がある珍しい神社である。

例祭日は不明。2014年5月9日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2014-07-07 15:22 | 三重県(136) | Comments(0)

新町神社(いなべ市)

三重県いなべ市北勢町新町(旧員弁郡北勢町新町)は新町神社。
国道306号より青川峡に至る道に入りその先。
c0182455_18172665.jpg
祭神は天照大神、宇迦之御魂神、火産霊神。
歴史地名大系の御厨神明社が当社に当たるのだろうが、
記述が少ない。

例祭日不明。2014年4月26日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2014-05-31 10:49 | 三重県(136) | Comments(0)

猪名部神社(東員町)

三重県員弁郡東員町北大社は猪名部神社。読み「いなべ」。
国道421号「鳥取(沢)」交差点を南西へ、
または国道365号「大社南詰橋」を東へ向かう。
延喜式神名帳の伊勢国員弁郡の猪名部神社の論社。
他の論社は猪名部神社(いなべ市)。
c0182455_11552601.jpg
祭神 伊香我色男之命、須佐之男命、天照大御神。
創建は不詳だが延喜式神名帳記載の古社である。
境内にある多くの古墳と当社の創建は深い関わりがあり、
境内最大の古墳について諸説あるが猪名部氏の墓という。
猪名部氏は摂津国川辺郡(現在の兵庫県猪名川町付近)から
大和を経て当地に至った豪族といい、
伊香我色男之命は瓊々杵尊の兄で饒速日命の6世という。
地名の「員弁郡」はこの猪名部氏に由来している。
延喜元年(901年)成立の「日本三代実録」貞観元年(859年)
正月二十七日の条に正五位上の神階の記述がある。
境内社に瑞穂神社がある。明治6年村社指定。
上げ馬神事は毎年4月第一土・日曜日に行われ、
馬が崖を駆け上がる。
上げ馬神事は多度大社でも行われ著名である。拝殿。
c0182455_22270660.jpg
延喜式神名帳伊勢国員弁郡には鴨神社、石神社、平群神社、
多奈閇神社、猪名部神社、鳥取神社、鳥取山田神社、
大谷神社、賀茂神社、星川神社の以上10坐が記されている。

例祭日は10月8日。2014年3月21日参拝。駐車場は不明。
非常に素晴らしい神社と思います。
近隣に真宗本願寺派の長伝寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2014-05-14 22:27 | 三重県(170) | Comments(0)

殖栗神社(四日市市)

三重県四日市市西村町は殖栗神社。読み「えぐり」。
国道365号「新小牧橋南詰」交差点を西へ、
四日市市立保々小学校、保々中学校の北側にある。
延喜式神名帳の伊勢国朝明郡の殖栗神社に比定される。
同名社に殖栗神社(桜井市)があり、

一宮市には近い名称の神社 削栗神社がある。
c0182455_09100875.jpg
祭神は天児屋命、天照大神、素盞嗚命、市杵島姫命、
天穂日命、応神天皇、蛭子命、大山祇命、殖栗連など。
創建は709年(和銅2年)と伝え、
殖栗連(えぐりのむらじ)に関わる神社である。
もと四日市市保々市場町の竹千代という地に鎮座していたが、
明治44年に現在地に遷座した。
明治6年村社に指定。
明治39年神饌幣帛料供進神社に指定。拝殿。

c0182455_22043648.jpg
朝明郡の式内社は井後神社、移田神社、石部神社、井手神社、
穂積神社、能原神社、布自神社、多比鹿神社、志弖神社、
長谷神社、苗代神社、長倉神社など24坐ある。

例祭日は10月10日前後。2014年3月21日参拝。裏手に駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2014-05-14 22:08 | 三重県(164) | Comments(0)

井手神社

三重県三重郡菰野町永井は井手神社。読みは「いで」。
延喜式神名帳の伊勢国朝明郡の井手神社に比定される。
当社と関係ないが伊賀市に近い名称の神社 射手神社が、
また井手神社(松山市)、江南市に井出神社がある。
c0182455_21474386.jpg
祭神は大日霊貴命。また合祀祭神に武甕槌命、誉田別命。
創建は不詳である。平凡社の歴史地名大系 三重県の地名には、
当社の記述が殆どない。
「延喜式神社の調査」によれば、本来の祭神は「水の神」であるといい
当社の由緒板にもその様に書かれている。
神社は田園地帯に大きく広がり、そのことを鑑みれば相応しいと思われる。
また当社には「片葉の葦」が自生する。

例祭日は10月10日。2014年3月21日参拝、この日は嵐のような日でした。
駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2014-05-14 22:01 | 三重県(142) | Comments(0)

石部神社(四日市市)

三重県四日市市朝明町は石部神社。読み「いそべ」。
四日市市の北部 朝明町に鎮座。
延喜式神名帳伊勢国朝明郡の石部神社に比定される。
また延喜式神名帳伊勢国朝明郡の太神社の論社。
他の論社は太神社(四日市市)、太神社(いなべ市)。
同名社に石部神社(いなべ市)、石部神社(愛荘町)、
石部神社(小松市)、石部神社(朝来市)がある。
c0182455_20293099.jpg
祭神 天児屋命。
ほか天照大御神、応神天皇、保食神、素盞嗚命、
大山祇命、天目一箇神。
創建は不詳。
近世は「春日明神」と称していた。
明治6年村社指定。社殿北側に池がある。

社名の「石部」は石の加工に従事していた氏族 石部氏に由来している。
この地域には石部神社(いなべ市)、
石加神社など「石」に関する神社が多い。

例祭日は10月10日。2014年3月4日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2014-04-12 19:53 | 三重県(164) | Comments(0)