カテゴリ:三重県(172)( 171 )

石神社(いなべ市藤原町石川)

三重県いなべ市藤原町石川(旧員弁郡藤原町石川)は石神社。
国道306号「中川原」交差点を西へ向かう。
真宗本願寺派の妙福寺(いなべ市)のすぐ東に鎮座する。
社叢が大きく良く目につく。
延喜式神名帳伊勢国員弁郡の石神社の論社。
他の論社は春日神社(いなべ市藤原町下野尻)、
石神社(いなべ市北勢町飯倉)。
c0182455_11403295.jpg
祭神 品陀和気命。
ほか神功皇后、素戔嗚命、底筒男命、中筒男命、上筒男命、
天児屋命、豊受姫神、伊邪那岐命、大己貴命、
猿田彦命、火産霊神、大山祇神。
創建は仁和2年(866年)と伝える。
延喜式神名帳伊勢国員弁郡の石神社に比定されるが、
諸説あって石神社(いなべ市北勢町飯倉)、
春日神社(いなべ市藤原町下野尻)に比定する説がある。
近世は「八幡宮」と称されていた。
慶応3年(1867年)再建。
石神社カゴノキはみえの樹木百選。

北勢町飯倉の石神社は祭神 応神天皇、
伊毘志都幣神、豊受姫命。
臨済宗永源寺派の慈光院が隣接している。
いなべ市には「石」の名のつく神社名が多く、
石の産地であることを示している。

延喜式神名帳伊勢国員弁郡には鴨神社、石神社、平群神社、
多奈閇神社、猪名部神社、鳥取山田神社、鳥取神社、
大谷神社、賀毛神社、星川神社の以上10坐が記されている。

例祭日は10月10日。2017年4月5日参拝。駐車可。
非常に素晴らしい神社と感じました。
近隣に妙福寺、少し離れて春日神社(いなべ市藤原町下野尻)、
猪毛利谷神社がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-05-10 11:30 | 三重県(172) | Comments(0)

妙福寺(いなべ市)

三重県いなべ市藤原町石川(旧員弁郡藤原町石川)は妙福寺。
国道306号「中川原」交差点を西へ向かう。
延喜式内社 石神社のすぐ近くにある。
真宗本願寺派。眞城山。本尊 阿弥陀如来。
c0182455_11135046.jpg
手元に参考となる資料がなく
由緒や創建は不明。近い内にまた更新します。

2017年4月5日参拝。駐車場なし。


[PR]
by sionozaki | 2017-05-10 11:12 | 三重県(170) | Comments(0)

耳常神社(菰野町)

三重県三重郡菰野町小島は耳常神社。読み「みみつね」。
三重県道140号線「小島」交差点を東へ。
延喜式神名帳伊勢国朝明郡の耳常神社の論社。
他の論社は耳常神社(四日市市)。
c0182455_08200656.jpg
祭神 応神天皇。
また合祀祭神は天照大御神、保食神、建速須佐之男命、
市杵島姫命、大山祇神。
創建は不詳。
明治年間村社指定。大正4年神饌幣帛料供進社指定。
c0182455_08202983.jpg
伊勢国朝明郡の式内社は当社、伊賀留我神社、伎留太神社、能原神社、
石部神社、菟上神社、太神社、鳥出神社、八十積椋神社、志氏神社、
耳利神社、多比鹿神社、移田神社、櫛田神社、井手神社、殖栗神社、布自神社、
桜神社、井後神社、長倉神社、苗代神社、長谷神社の以上24坐である。

例祭日は10月9日・14日前後。2016年9月27日参拝。駐車場あり。
近隣に真宗大谷派の金蔵寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-10-23 08:20 | 三重県(168) | Comments(0)

多比鹿神社

三重県三重郡菰野町田光は多比鹿神社。読み「たびか」。
国道306号「田光」交差点付近。
神社前を田光川が流れ田光川上流に八風キャンプ場があるが、
この八風キャンプ場のすぐ西側は滋賀県となる。
延喜式神名帳伊勢国朝明郡の多比鹿神社に比定される。
c0182455_08002461.jpg
祭神 多比理岐志麻流美神(たひりきしまるみのかみ)、
仁徳天皇、市杵嶋姫命、伊勢津彦命、天照大神、素盞嗚命、大山祇神。
多比理岐志麻流美神は大国主神の5世の孫で、
甕主日子神と比那良奈良志毘売(ひならしびめ)の間の子。
当地 田光郷を開発した祖神という。
創建は不詳。
近世は「天白大明神」と称していた。
明治6年村社指定。明治39年神饌幣帛料供進神社。
明治43年近隣の神社を合祀。
c0182455_08000390.jpg
田光地域にある「田光のシデコブシ及び湿地植物群落」は
国指定天然記念物。
シデコブシは愛知・三重・岐阜三県の限られた場所でしか咲かない。
伊勢国朝明郡の式内社は当社、伊賀留我神社、伎留太神社、能原神社、
石部神社、菟上神社、太神社、鳥出神社、八十積椋神社、志氏神社、
耳利神社、耳常神社、移田神社、櫛田神社、井手神社、殖栗神社、布自神社、
桜神社、井後神社、長倉神社、苗代神社、長谷神社の以上24坐である。

例祭日は10月14日。2016年9月27日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-10-23 08:01 | 三重県(168) | Comments(0)

鵜川原神社

三重県三重郡菰野町大強原は鵜川原神社。
三重県道140号「大強原」交差点付近。読み「うがわら」。
c0182455_10334130.jpg
祭神 天照大神、天児屋命、菅原道真、宇迦之御魂神、
八坂刀売命、応神天皇、建御名方命、市杵島姫命、建速須佐之男命、
若帯日子命、日本武尊、高皇産霊神、天照大御神、応神天皇、
伊邪那岐命、大雀命、天白羽命、宇気比神、大山祇神。
もと「御厨神明宮」と称し、字 宮瀬古に鎮座していた。
1656年(明暦2年)現在地に遷座、同時に大強原神社に改称する。
明治41年以降周辺の神社を合祀。県内の他の神社同様祭神が数多い。
境内社に奥宮稲荷社、表忠殿がある。拝殿。
c0182455_10464417.jpg
旧地である字 宮瀬古は、
垂仁天皇の御代に天照大御神が同殿同床からの脱却のため諸国を巡った際の
伊勢国野代宮と伊勢国奈其波志忍山宮(なごわしのあしのやまのみや)間の
頓宮跡である。頓宮とは行幸時の仮の宮のことである。
地名 大強原の読み方は「おおごはら」。

例祭日は10月9日、10日。2016年9月27日参拝。駐車場あり。
周辺に薬師堂、真宗本願寺派の光了寺、大谷派の盛願寺、西念寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-10-22 10:17 | 三重県(168) | Comments(0)

菟上耳利神社

三重県四日市市伊坂町は菟上耳利神社。読み「うなかみみみとし」。
三重県道26号「菟上神社東」交差点付近。四日市JCTの下部。
延喜式神名帳伊勢国朝明郡の菟上神社の論社。
他の論社はいなべ市の菟上神社。
また延喜式神名帳伊勢国朝明郡の耳利神社の論社。
他の論社は穂積神社(四日市市)、耳常神社(四日市市)。
神社前を宇奈川が流れる。社号標。社号標には菟上神社とある。
c0182455_09095741.jpg
祭神 応神天皇、天児屋命、建速須佐之男命、大山祇神。
創建は不詳。
菟上神社と耳利神社が合祀された神社である。
菟上神社は応神天皇、天児屋命、建速須佐之男命を祀るが、
もと菟上王を祀っていたとされる。
菟上王は第9代開化天皇の孫で大俣王の子。
誉田別命に随行し曙立王とともに出雲大社に参拝という。
中世は「八幡社」と称していた。
明治41年耳利神社を合祀、菟上耳利神社となる。
社名の読み方について境内由緒表示、平凡社歴史地名大系、
延喜式神社の調査webページでは「うなかみ」耳利神社だが。
三重県道26号「菟上神社東」交差点の看板には「うながみ」耳利神社となっている。
c0182455_09431622.jpg
江戸時代当社近くの重地山で銅鐸が発見された。
高さ40.3cmのもので昭和27年3月 三重県指定重要文化財に指定。
現在は四日市市立博物館に寄託されている。
伊勢国朝明郡の式内社は当社、伊賀留我神社、伎留太神社、能原神社、
石部神社、太神社、多比鹿神社、鳥出神社、志氏神社、耳常神社、
移田神社、櫛田神社、井手神社、殖栗神社、布自神社、桜神社、井後神社、
長倉神社、苗代神社、長谷神社など24坐ある。

例祭日は4月22日。2016年9月27日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-10-22 09:12 | 三重県(168) | Comments(0)

穂積神社(四日市市)

三重県四日市市広永町は穂積神社。読み「ほづみ」。旧郷社。
三重県道66号「広永町」交差点付近。
伊勢湾岸自動車道みえ朝日ICに隣接する。
延喜式神名帳伊勢国朝明郡の耳利神社の論社。
他の論社は菟上耳利神社
また延喜式神名帳伊勢国桑名郡の穂積神社の論社。
他の論社は福王神社(菰野町)。遠景。

c0182455_07240837.jpg
祭神 饒速日命、伊賀香色雄命、菅原道真。
また合祀祭神は天児屋命、市杵島姫命、大山祇神。     
創建は不詳。
大和国山辺郡穂積邑また大和国十市郡保津邑に
本拠を置いた穂積氏に関わる神社であり、
祭神の饒速日命もこれと関連する。
近世は「川嶋明神」、「団子の宮」と称されていた。
明治15年郷社指定。
境内にもとの社殿のものと思われる瓦、
力試しをした盤持石・磐持石がある。拝殿。
c0182455_08563558.jpg
延喜式神名帳伊勢国朝明郡には穂積神社、伊賀留我神社、伎留太神社、
能原神社、石部神社、菟上神社、太神社、多比鹿神社、
鳥出神社、八十積椋神社、志氏神社、耳利神社、耳常神社、
移田神社、櫛田神社、井手神社、殖栗神社、布自神社、桜神社、
井後神社、長倉神社、苗代神社、長谷神社の以上24坐が記されている。

例祭は10月15日。2016年9月27日参拝。駐車場あり。
周辺にいずれも式内社の井後神社、移田神社がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-10-22 08:41 | 三重県(172) | Comments(0)

長谷神社(桑名市)

三重県桑名市桑部は長谷神社。読み「ながたに」。
三重県道3号「桑部橋南」交差点を西へ。
延喜式神名帳伊勢国桑名郡の長谷神社に比定される。
日本三代実録に記述がある国史見在社でもある。
c0182455_07375495.jpg
祭神 建御雷之男神。また斎主神、天児屋根命、姫大神、応神天皇、
大山祇命、天目一箇命、須佐之男命を配祀。
創建は神護景雲元年(767年)。鹿島神宮からの勧請である。
901年(延喜元年)完成の「日本三代実録」に
貞観元年年(859年)正月正六位上から従五位下への神階の記述がある。
正安年間(1299年~1301年)移転という。
伊勢国桑名郡の式内社は当社、桑名神社、佐乃富神社、尾津神社、小山神社、
野志理神社、多度神社、尾野神社、深江神社、額田神社、宇賀神社、
中臣神社、立坂神社の以上15坐である(うち桑名神社、尾津神社は2坐)。

例祭は10月17日。2016年9月27日参拝。駐車場あり。
2枚掲載したいところですが、当社でも写真が暈けてしまいました。


[PR]
by sionozaki | 2016-10-22 07:35 | 三重県(164) | Comments(0)

西方寺(伊賀市)

三重県伊賀市佐那具町(旧上野市佐那具町)は西方寺。
国道25号「西方寺前」交差点を北へ。
天台真盛宗。山号・本尊不明。
c0182455_18532916.jpg
手元に参考になる資料がなく由緒など不明だが、
仏壇は伊賀市内にあった楽音寺から移されたものという。
楽音寺は伊賀市坂之下にあった寺で、
円仁の開基、本尊は薬師如来という。

2016年3月31日参拝。駐車場あり。
近隣に府中神社(伊賀市)、真宗仏光寺派の了源寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-01 18:55 | 三重県(163) | Comments(0)

春日神社(いなべ市員弁町西方)

三重県いなべ市員弁町西方は春日神社。
三重県道611号「大泉公民館前」を西へ。
式内社 大谷神社(いなべ市)の近く。

c0182455_18435907.jpg
手元に参考になる資料がなく、
創建は不明だが 祭神は天児屋命と推測される。

例祭日は不明。2016年3月23日参拝。駐車場あり。
近隣にいずれも大谷派の妙光寺(いなべ市)、
円願寺(いなべ市)、西善寺(いなべ市)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2016-04-02 18:45 | 三重県(163) | Comments(0)