カテゴリ:岐阜県(170)( 169 )

安楽寺(坂祝町)

岐阜県加茂郡坂祝町大針は安楽寺。
国道248号「西町5」交差点と「黒岩北」交差点区間の南側。
大針神社(坂祝町)がすぐ近くに鎮座する。
臨済宗妙心寺派。吉祥山。本尊 聖観音。
同名寺院に安楽寺(上田市)、安楽寺(各務原市)、
安楽寺(郡上市美並町)、安楽寺(京都市)など多数ある。
c0182455_09342374.jpg
古寺で創建時は天台宗。
創建は791年(延暦10年)、開基は妙吉祥覚法。
もとは洞山という場にあった。
本尊の聖観音は平安時代後期の古仏で坂祝町指定文化財。
西国三十三所観世音菩薩は
もと東白川町にあったもので同じく坂祝町指定文化財。
駐車場からは大針神社(坂祝町)の社叢が良く見渡せる。

2016年5月5日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-05 09:34 | 岐阜県(170) | Comments(0)

大針神社(坂祝町)

岐阜県加茂郡坂祝町大針は大針神社。
国道248号「西町5」交差点と「黒岩北」交差点区間の南側。
地理的には式内社 坂祝神社のちょうど北側にあたる。

c0182455_18555755.jpg
祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、
伊邪那岐命、伊邪那美命。創建は不詳。
もと「住吉神社」と称していた。
1652年(元禄5年)の棟札が残る。
大正年間 十二社神社を合祀し大針神社と改称した。
神社は大きな社叢に覆われ、
すぐに神社であることが分かった。拝殿と本殿。

c0182455_19301373.jpg
参道に中央が陥没した変わった石像がある。
「住吉神社」であるが、美濃市・加茂郡などは内陸である。

例祭日は4月第一日曜日。2016年5月5日参拝。駐車可。
近隣に臨済宗妙心寺派の安楽寺、
少し離れて岩を神体とする黒岩神社がある。
安楽寺はもと天台宗の古寺である。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-04 19:41 | 岐阜県(170) | Comments(0)

伊和神社(富加町)

岐阜県加茂郡富加町加治田は伊和神社。
富加町内の国道418号「駅前」交差点から岐阜県道97号線に入り、
津保川を渡ると道沿いに絹丸神社、龍福寺(富加町)
当社、清水寺(富加町)がある。
同名社に伊和神社(松本市)、伊和神社(宍粟市)、伊和神社(鳥取市)がある。

c0182455_18165871.jpg
祭神 大己貴命。創建は不詳だが、
当社蔵の獅子頭の銘に1346年(貞和3年)とある。
明治43年宮前というところから現在地に遷座という。
境内社に金刀比羅神社があり、伊和神社と別に鳥居が建つ。
伊和神社田の神祭祭事は岐阜県指定無形民俗文化財。
神事に用いる木造獅子頭、
木造能面癋見(べしみ)は富加町指定重要文化財。

例祭日は4月5日。2016年5月5日参拝。駐車場なし。

[PR]
by sionozaki | 2016-06-04 18:43 | 岐阜県(170) | Comments(0)

清水寺(富加町)

岐阜県加茂郡富加町加治田は清水寺。
富加町内の国道418号「駅前」交差点から岐阜県道97号線に入り、
津保川を渡ると道沿いに絹丸神社、龍福寺(富加町)
伊和神社(富加町)、当寺がある。
臨済宗妙心寺派。白華山。本尊 十一面観音。
同名寺院に清水寺(京都市)、清水寺(山形村)、
清水寺(安来市)がある。二天門。

c0182455_16295513.jpg
もと真言宗寺院で、
寺伝では草創は808年(大同3年)と伝える。開山は延鎮。
十一面観音坐像は高さ1m52cm、檜材の一木造。
平安時代のものとみられ国指定重要文化財。
脇侍地蔵菩薩立像は室町時代のもので岐阜県指定文化財。
清水寺二天門は建立時期は明らかでないといい、
同じく岐阜県指定文化財。
また毘沙門天隆は富加町指定文化財。
ほか延鎮大師像、坂上田村麻呂像などを有する。
境内に大師堂、秋葉堂があり、秋葉堂は袋井市の可睡斎からの勧請である。

2016年5月5日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-04 18:03 | 岐阜県(170) | Comments(0)

龍福寺(富加町)

岐阜県加茂郡富加町加治田は龍福寺。
富加町内の国道418号「駅前」交差点から岐阜県道97号線に入り、
津保川を渡ると道沿いに絹丸神社、当寺、
伊和神社(富加町)清水寺(富加町)がある。
臨済宗妙心寺派。臨済山。本尊 聖観音。
c0182455_11424690.jpg
1557年(弘治3年)小庵がつくられたことに始まる。
のちに佐藤忠能はこれを拡張、佐藤家の菩提寺 龍福寺とする。
当地よりすぐ隣の地域は美濃加茂市だが、
本尊の聖観音はもと美濃加茂市にあったものである。
龍福寺雲版は岐阜県指定重要文化財。
雲版には「蔵春禅庵 大和国高市郡越知比丘
嘉吉三年十二月」などと刻印されている。
槍、鎧、轡、鞍などは富加町指定文化財。
すぐ近くの古寺 清水寺(富加町)は当寺の末寺であった。

2016年5月5日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-02 11:39 | 岐阜県(170) | Comments(0)

宝積寺(坂祝町)

岐阜県加茂郡坂祝町取組は宝積寺。
国道21号線「取組」交差点付近。
坂祝町役場の西側。すぐ目の前を木曽川を流れる。
臨済宗妙心寺派。大祥山。本尊 聖観音。
同名寺院に宝積寺(高根沢町)、宝積寺(名張市)、
宝積寺(大山崎町)などがある。

c0182455_09555659.jpg
創建は宝徳年間(1449年~1452年)で、
各務原市鵜沼に創建された。
武芸川(現 関市)に同派の汾陽寺が創建されると当寺は塔頭となり移転、
汾陽寺の衰退後に坂祝の現地に再建された。
庚申堂にある取組庚申像は坂祝町指定文化財。

2016年5月5日参拝。駐車場あり。
近隣に平野神社(坂祝町)、同派の長蔵寺、東光院がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-02 10:14 | 岐阜県(170) | Comments(0)

普済寺(可児市)

岐阜県可児市石森は普済寺。
国道21号「瀬田」交差点の西側、すぐ近くを可児川が流れる。
天台宗。応現山。本尊 薬師如来。
同名寺院に普済寺(瑞浪市)、普済寺(伊那市)などがある。
c0182455_09451091.jpg
創建は1679年(延宝7年)という(境内由緒板)が、
平安期の仏像を有し古寺とも考えられる。
本尊の木像薬師如来坐像は高さ81cm、
檜材の一木造。平安時代後期のもの。
脇侍の日光菩薩立像、月光菩薩立像はそれぞれ高さ1m13cm、
寄木造で時期は室町時代の者と考えられるという。
以上三体の仏像は可児市指定文化財。
堂の前には幾つかの石仏がある。寺は廃寺である。

2016年5月5日参拝。駐車場なし。


[PR]
by sionozaki | 2016-06-01 21:44 | 岐阜県(170) | Comments(0)

神明神社(飛騨市神岡町東茂住)

岐阜県飛騨市神岡町東茂住(旧吉城郡神岡町東茂住)は神明神社。
国道41号「東茂住」交差点付近。東茂住郵便局の近く。
車で10分程北へ行けば富山県富山市となる。
曹洞宗の金龍寺(飛騨市)が隣接する。
c0182455_13225518.jpg
祭神 天照大神。
また大山祇神、火産霊神(摂末社)。
創建は不詳だが和佐保銀山の祖 金森宗貞が崇敬した。
慶長13年(1608年)以降人口が減少、数社を合祀という。

例祭日は5月2日。2016年4月19日参拝。駐車場あり。
近隣に曹洞宗の徳翁寺などがある。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-06 13:20 | 岐阜県(170) | Comments(0)

金龍寺(飛騨市)

岐阜県飛騨市神岡町東茂住(旧吉城郡神岡町東茂住)は金龍寺。
国道41号「東茂住」交差点付近。東茂住郵便局の近く。
車で10分程北へ行けば富山県富山市となる。
曹洞宗。白雲山。本尊 釈迦如来。
同名寺院に金龍寺(安曇野市)、金龍寺(福岡市中央区)などがある。
神明神社(飛騨市神岡町東茂住)が隣接する。
c0182455_22113352.jpg
寺伝では金森宗貞が天正年間(1573年~1593年)に
荒廃していた当寺を復興という。
「飛州志」によれば当寺のことに関し、
大永年間(1521年~1527年)草創、本尊 薬師如来という。
金森宗貞は和佐保銀山の祖で、
「金森宗貞邸跡」は岐阜県指定史跡。
また当地区の左義長は飛騨市指定無形民俗文化財。

2016年4月19日参拝。駐車場あり。
近隣に曹洞宗の徳翁寺などがある。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-04 22:06 | 岐阜県(170) | Comments(0)

飛騨一宮水無神社

岐阜県高山市一之宮町一の宮上
(旧大野郡宮村石原)は飛騨一宮水無神社。
国道41号線「一之宮」信号機付近。水無の読みは「みなせ」。
飛騨国一宮。旧国幣小社。現在は別表神社。
延喜式神名帳飛騨国大野郡の水無神社に比定される。
また「文徳天皇実録」・「日本三代実録」に記述のある国史見在社である。

c0182455_19264529.jpg
祭神 御歳神。
また大己貴命、三穂津姫命、応神天皇、高降姫命、神武天皇など。
祭神については水神説など諸説ある。
創建は不詳。
879年(元慶3年)完成の「文徳天皇実録」の
仁寿元年(851年)条に正六位上の神階の記述があり、
続いて延喜元年(901年)完成の「日本三代実録」の
元慶5年(881年)条に従四位上の神階の記述がある。
1279年(弘安2年)長光という者が鰐口を奉納している。

「水無」の読みとして
「みなせ」の他に「みなし」、また「すいむ」などがある。
境内社に白川神社、稲荷社などがある。
絵馬殿は高山市指定重要文化財。絵馬殿。
c0182455_21333992.jpg
水無神社の大杉は樹齢約800年のもので、
岐阜県指定天然記念物。
分社に水無神社(木曽町福島伊谷)などがある。

例祭日は5月2日。2016年4月19日参拝。駐車場あり。
近隣にもと真言宗系の幢大寺(曹洞宗)などがある。
飛騨国の式内社は8坐となっており、
この数は薩摩国(2)、安芸国・志摩国(3)、筑後国・肥後国・日向国(4)、
長門国(5)、豊前国・豊後国・肥前国・伯耆国(6)の次に少ない。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-02 06:35 | 岐阜県(170) | Comments(0)