カテゴリ:岐阜県(182)( 182 )

速入寺

岐阜県高山市石浦町は速入寺。
国道41号「石浦町北」交差点付近。
真宗大谷派。山号不明。本尊は阿弥陀如来。
c0182455_09455032.jpg
創建は不詳。
応永31年(1424年)明国或いは朝鮮より
日本に帰化した画家 秀文の書画が残る。
秀文は明国から日本に来たとされていたが
近年では朝鮮からの帰化人と考えられ、付近に秀文の墓がある。
秀文の書画としては同宗 照蓮寺(高山市)の襖絵が知られる。
また近隣の曽我神社境内社には秀文を祀る秀文社があるが、
もと字坂口に鎮座していたものを合祀したものである。

速入寺境内には秀文の石碑がある他、
明和8年(1771年)~天明8年(1788年)の間続いた
大原騒動で当地の代表となった長三郎の石碑がある。
非常に美しい寺院で、
速入寺という変わった寺院名称も美しいと感じました。

2017年7月18日参拝。駐車場あり。
周辺に真言宗系の飯山寺、
真言宗泉涌寺派の霊泉寺、曽我神社がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-17 09:48 | 岐阜県(182) | Comments(0)

来通寺(郡上市)

岐阜県郡上市白鳥町白鳥(旧郡上郡白鳥町白鳥)は来通寺。
国道156号「向小駄良」交差点を東へ向かう。
真宗大谷派。聞法山。本尊 阿弥陀如来。
白鳥神社(郡上市)の南側。
c0182455_22574883.jpg
創建は文明元年(1469年)と伝える。
開基は覚道。
飛騨地域に真宗を広めた嘉念坊善俊の旧跡として知られ、
境内には嘉念坊善俊の銅像がある。

2017年5月18日参拝。駐車場なし。

[PR]
by sionozaki | 2017-09-08 22:50 | 岐阜県(182) | Comments(0)

洞禅院(恵那市)

岐阜県恵那市武並町藤は洞禅院。
国道19号「向流」交差点より逸れて国道418号線へ。
曹洞宗。不老峯。本尊 釈迦如来。
c0182455_17014331.jpg
創建は延徳3年(1491年)。
開山は小牧市の福厳寺(曹洞宗)の盛禅洞奭和尚。
元禄13年(1700年)焼失した。
山号を○○峯とする寺院があることを初めて知りました。

2017年5月9日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2017-07-25 17:02 | 岐阜県(182) | Comments(0)

神淵神社

岐阜県加茂郡七宗町神淵は神淵神社。
国道41号「七宗橋」交差点を北へ、
その先 岐阜県道64号「神淵支所前」交差点を東へ向かう。
神社は天王山(笹尾山)中腹にあり、
細い道を登った先にある。旧郷社。

祭神 素戔嗚命、奇稲田姫命、十握剣。
創建は宝亀元年(770年)と伝える。
天正5年(1577年)の棟札に牛頭天王の名が見える。
近世は「牛頭天王社」、
明治初期は「神淵八坂神社」と称されていた。
明治34年 現社名神淵神社に改称した。
神淵神社大杉は国指定天然記念物(昭和5年指定)。
大杉は樹高約48m、樹齢は800年。

例祭日は4月15日。2017年3月15日参拝。駐車可。
周辺に葛屋神社、臨済宗妙心寺派の龍門寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-05-06 10:23 | 岐阜県(182) | Comments(0)

葛屋神社

岐阜県加茂郡七宗町上麻生は葛屋神社。
国道41号「七宗橋」交差点を北へ、
その先 岐阜県道64号「神淵支所前」交差点を東へ向かう。
神淵神社入口より東の葛屋地区に鎮座する。
c0182455_09045767.jpg
祭神 須佐之男命。
創建は不詳。
葛屋地区の産土神で神淵神社御前立の社ともいう。
大正6年神明神社を合祀した。

例祭日は4月1日。2017年3月15日参拝。駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2017-05-05 23:24 | 岐阜県(182) | Comments(0)

洞雲寺(白川町)

岐阜県加茂郡白川町和泉は洞雲寺。
国道41号「白川口」交差点を北東へ、
その先岐阜県道62号線沿いにある。
曹洞宗。大龍山。本尊は聖観音。
c0182455_23090431.jpg
創建は康正元年(1455年)と伝え、
劫庵寂永という老僧が庵を結んだことが始まりという。
その後慶長9年(1604年)に洞雲寺となる。
田代の洞雲寺と呼ばれ もと外山山上にあったが
昭和33年に現在地に移った。
洞雲寺須弥壇、大龍山扁額、洞雲寺の駕籠は
白川町指定有形文化財。
「とううん」寺と呼ばれるが正しい読みは「どううん」寺である。
中部四十九薬師霊場第四十六番札所。

2017年3月15日参拝。駐車場あり。
少し離れて河股神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-05-04 12:01 | 岐阜県(182) | Comments(0)

八幡神社(瑞浪市釜戸町5008)

岐阜県瑞浪市釜戸町5008は八幡神社。
恵那市内の国道418号「佐々良木上平」交差点の一つ北の
信号のない交差点を西へ向かう。
c0182455_10543903.jpg
祭神 応神天皇。
創建は不詳。
寛永16年(1639年)に再興した。
境内社があるが詳細不明、また舞台がある。

例祭日は10月第二日曜日。2017年3月3日参拝。駐車可。
周辺に佐々良木古墳群がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-05-04 10:57 | 岐阜県(182) | Comments(0)

潮南神社

岐阜県加茂郡八百津町潮見は潮南神社。
八百津町の山奥、国道418号沿いに鎮座する。
潮南郵便局の概ね西側に鎮座する。読み「しおなみ」。
c0182455_21532954.jpg
祭神 応神天皇、息長帯比売命、多紀理比売命、
多紀津比売命、市杵嶋比売命、伊邪那岐命、
伊那那美命、菊理媛命、建御名方命、八坂刀売命。
設立は明治44年だが、創建は不詳。
神社名「潮南」は明治34年に潮見村と南戸村が
合併してできた合成地名である。
明治44年潮見神社と南戸神社が合祀、潮南神社となる。
潮見神社、南戸神社とも創建は不詳である。
c0182455_21541117.jpg
潮見神社は天照大御神、
大山咋神、
南戸神社は建速須佐之男命、天照御大神、火之迦具土神、
倉稲魂神、仁徳天皇、伊邪那岐命、伊那那美命、菊理媛命、
天之御中主命、高皇産霊尊、神皇産霊尊、
宇摩志阿斯訶備比古遅神、天之常立神、
伊邪那岐命、伊那那美命、少彦名命、菅原道真、
大山津見神、火之迦具土神、大国主命を祭神としていた。

例祭日は4月6日。2017年1月19日参拝。駐車可。
周辺に宗派不明の潮久寺、高野山真言宗の潮見寺がある、
共に少し興味があるので本年中に参拝する(同年5月に参拝済み)。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-20 21:15 | 岐阜県(182) | Comments(0)

神明神社(恵那市山岡町釜屋)

岐阜県恵那市山岡町釜屋(旧恵那郡山岡町釜屋)は神明神社。
国道363号「山岡駅前」交差点を西へ向かう。
その先「下手向」交差点を南へ、喫茶店の場を東へ向かう。
c0182455_20521148.jpg
祭神 天照大御神。
創建は不詳。
境内社に中山神社、津島神社、稲荷神社などがある。
もう少し調べ後日加筆します。

例祭日は10月第一土曜日。2016年12月11日参拝。駐車可。
周辺に池宮神社、白山比咩神社、貴布祢神社、
ともに曹洞宗の普門寺、薬師寺がある。

[PR]
by sionozaki | 2017-04-20 20:53 | 岐阜県(182) | Comments(0)

武並神社(恵那市岩村町)

岐阜県恵那市岩村町字一色(旧恵那郡岩村町一色)は武並神社。
恵那市内の国道257号と363号の交差する「一色」交差点の北、
明知鉄道の岩村駅から5分程の場所にある。
c0182455_21275034.jpg
祭神 大己貴命、天照大御神、伊那邪岐命、
建速須佐男命、金山彦命、崇徳天皇、菊理媛命、菅原道真。
また遠山景朝を配祀する。
武並神社という名称の神社は恵那市に複数あり、
当社と武並神社(恵那市大井町)、武並神社(恵那市武並町竹折)、
武並神社(恵那市武並町藤)、武並神社(恵那市長島町久須見)、
武並神社(恵那市三郷町野井)、武並神社(恵那市三郷町佐々良木)の
七社を合わせて武並七社という。
創建は延久元年(1069年)と伝える。
もとは武並山に鎮座していた。
完成元年(1789年)社殿の修理が行われた。
c0182455_20083464.jpg
武並神社例祭行事は岐阜県指定重要無形民俗文化財。
蔵に引両紋がある。

例祭日は10月第一日曜日。2016年12月8日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-19 21:22 | 岐阜県(182) | Comments(0)