カテゴリ:岐阜県(166)( 165 )

伊富岐神社

岐阜県不破郡垂井町岩手は伊富岐神社神社。
延喜式神名帳美濃国不破郡の伊富岐神社に比定される。
読み「いぶき」。美濃国二宮。

c0182455_12312622.jpg
創建は不詳。
祭神に関しても諸説(四説)あって一定しない。
この四説は、
1.多々美比古命説 2.八岐大蛇説
3.天火明命説   4.鸕鷀草葺不合尊説である。
白水社日本の神々によれば、
4の鸕鷀草葺不合尊とする説を否定しているが、
残りの三説については比較的妥当であるという。
精錬に精通した職能集団 伊福部氏に関わる神社である。


c0182455_14473444.jpg
社殿棟札は1606年(慶長11年)のものと
1636年(寛永13年)のものがあり、
1600年(慶長5年)の関が原の合戦後、
すぐに再建されたことを示すものである。
垂井町指定文化財。
境内にある大杉は高さ約30mで、岐阜県内の有数の大木。

例祭日不明。2011年5月4日参拝。駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2011-06-21 14:46 | 岐阜県(120) | Comments(0)

真禅院

岐阜県不破郡垂井町宮代は真禅院。
天台宗。朝倉山。本尊 阿弥陀如来、十一面観音。
南宮大社の神宮寺ある。

c0182455_1684064.jpg
創建は739年(天平11年)と伝え、
創建は行基という。当初は処宮寺といった。
延暦年間(782年~806年)に南宮大社と混淆、寺号を神宮寺とする。
1501年(文亀元年)の火災、
1600年(慶長5年)の関が原合戦により堂宇消失。
天海僧正(慈眼大師)に再建を請うも果たせず、
徳川家光により1642年(寛永19年)漸く再建。
明治初年神仏分離により南宮大社から離れ、
明治4年までに堂宇が現地に移転した。
三重塔、本堂、本地堂、梵鐘は国指定重要文化財。
梵鐘は平安中期以前のもので高さ約165cm、口径107cm。
銘文はないものの龍頭と撞座の様相から
この頃のものと推測されるという。

2011年5月4日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2011-05-12 16:37 | 岐阜県(120) | Comments(0)

多岐神社(養老町)

岐阜県養老郡養老町三神町は多岐神社。
延喜式神名帳美濃国多芸郡の多伎神社に比定される。
読み「たぎ」。美濃国三宮。

c0182455_1625028.jpg
主祭神は倉稲魂神、素盞嗚命、大市比咩神。
境内社は多く神明社(天照大神)、
八幡社(応神天皇・神功皇后)
三野神社(美濃大神)、高山神社(木花開耶毘売命)、
御鋤神社(豊受媛神)、泒(かわまた)稲荷神社などがある。
創建は712年(和銅5年)で、
この地方の豪族を祀る神社と考えられる。
拝殿・本殿裏には如法経塚が存在する。
古くは円墳と考えられていたが、経塚とみられるという。

c0182455_17101891.jpg
1189年(文治5年)に造られたもので、
盛り上げられた土中に
経典を入れた筒を埋め込んである。
写経された経典は法華経であるという。
現在は小さな祠と石祀が残されている。

例祭日不明。2011年5月4日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2011-05-07 17:10 | 岐阜県(120) | Comments(0)

諏訪神社(中津川市山口)

岐阜県中津川市山口(旧長野県木曽郡山口村山口)は諏訪神社。
国道19号線沿いにある。
山口地区は2005年まで長野県木曽郡に属していた。
c0182455_157414.jpg
祭神は建御名方命。
創建は1611年(慶長11年)と伝える。
本殿は1804年(文化4年)の建立で、
宮の越(長野県木曽町)の宮大工である
中村傳左衛門によるものである。
社叢は3300㎡の間に温帯と熱帯の植物が
入り混じっており、県の天然記念物。

例祭日不明。2010年9月4日参拝。駐車場不明。

[PR]
by sionozaki | 2010-09-14 15:27 | 岐阜県(37) | Comments(0)

願興寺(御嵩町)

岐阜県可児郡御嵩町御嵩は願興寺。
天台宗。大寺山。本尊 薬師如来。
c0182455_23202697.jpg
創建は815年(弘仁6年)。
最澄が御嵩に訪れた際に創建したといい、
国重文の薬師如来坐像も最澄の作であると伝える。
この薬師如来の胎内仏は、
993年(正暦4年)当時の一条天皇の皇女が都を追われ
この地に辿り着き、庵を結び薬師如来をひたすら拝んだ所
寺の西南の尼が池より10cm程の薬師如来が蟹の背に乗り現れ
納めたものであるとされている。
その後一条天皇の庇護を受け、
勅願寺として七堂伽藍が建立された。
1108年(天仁元年)、1572年(元亀3年)に
戦火に遭い伽藍は焼失。仏像の焼失は免れた。
薬師如来の他、阿弥陀如来、十二神将などが重要文化財。
本堂は1581年(天正9年)の建立で国重文。
48の柱で構成され、いろは造りという。
境内には徳本上人の名号碑がある。

2009年11月参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2009-12-08 00:11 | 岐阜県(51) | Comments(0)