カテゴリ:岐阜県(162)( 161 )

潮南神社

岐阜県加茂郡八百津町潮見は潮南神社。
八百津町の山奥、国道418号沿いに鎮座する。
潮南郵便局の概ね西側に鎮座する。読み「しおなみ」。
c0182455_21532954.jpg
祭神 応神天皇、息長帯比売命、多紀理比売命、
多紀津比売命、市杵嶋比売命、伊邪那岐命、
伊那那美命、菊理媛命、建御名方命、八坂刀売命。
設立は明治44年だが、創建は不詳。
神社名「潮南」は明治34年に潮見村と南戸村が
合併してできた合成地名である。
明治44年潮見神社と南戸神社が合祀、潮南神社となる。
潮見神社、南戸神社とも創建は不詳である。
c0182455_21541117.jpg
潮見神社は天照大御神、
大山咋神、
南戸神社は建速須佐之男命、天照御大神、火之迦具土神、
倉稲魂神、仁徳天皇、伊邪那岐命、伊那那美命、菊理媛命、
天之御中主命、高皇産霊尊、神皇産霊尊、
宇摩志阿斯訶備比古遅神、天之常立神、
伊邪那岐命、伊那那美命、少彦名命、菅原道真、
大山津見神、火之迦具土神、大国主命を祭神としていた。

例祭日は4月6日。2017年1月19日参拝。駐車可。
周辺に宗派不明の潮久寺、高野山真言宗の潮見寺がある、
共に少し興味があるので本年中に参拝する。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-20 21:15 | 岐阜県(162) | Comments(0)

神明神社(恵那市山岡町釜屋)

岐阜県恵那市山岡町釜屋(旧恵那郡山岡町釜屋)は神明神社。
国道363号「山岡駅前」交差点を西へ向かう。
その先「下手向」交差点を南へ、喫茶店の場を東へ向かう。
c0182455_20521148.jpg
祭神 天照大御神。
創建は不詳。
境内社に中山神社、津島神社、稲荷神社などがある。
もう少し調べ後日加筆します。

例祭日は10月第一土曜日。2016年12月11日参拝。駐車可。
周辺に池宮神社、白山比咩神社、貴布祢神社、
ともに曹洞宗の普門寺、薬師寺がある。

[PR]
by sionozaki | 2017-04-20 20:53 | 岐阜県(162) | Comments(0)

武並神社(恵那市岩村町)

岐阜県恵那市岩村町字一色(旧恵那郡岩村町一色)は武並神社。
恵那市内の国道257号と363号の交差する「一色」交差点の北、
明知鉄道の岩村駅から5分程の場所にある。
c0182455_21275034.jpg
祭神 大己貴命、天照大御神、伊那邪岐命、
建速須佐男命、金山彦命、崇徳天皇、菊理媛命、菅原道真。
また遠山景朝を配祀する。
武並神社という名称の神社は恵那市に複数あり、
当社と武並神社(恵那市大井町)、武並神社(恵那市武並町竹折)、
武並神社(恵那市武並町藤)、武並神社(恵那市長島町久須見)、
武並神社(恵那市三郷町野井)、武並神社(恵那市三郷町佐々良木)の
七社を合わせて武並七社という。
創建は延久元年(1069年)と伝える。
もとは武並山に鎮座していた。
完成元年(1789年)社殿の修理が行われた。
c0182455_20083464.jpg
武並神社例祭行事は岐阜県指定重要無形民俗文化財。
蔵に引両紋がある。

例祭日は10月第一日曜日。2016年12月8日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-19 21:22 | 岐阜県(162) | Comments(0)

盛久寺

岐阜県恵那市山岡町馬場山田(旧恵那郡山岡町馬場山田)は盛久寺。
恵那市内の国道363号沿いにある。
明知鉄道の花白温泉駅を降りてすぐ。
曹洞宗。東厳山。如意輪観音。
c0182455_20011187.jpg
創建は慶長2年(1597年)。
三河国宝飯郡(現在の豊川市付近)の僧 石室善玖が
当地付近に一草庵を結んだのが始まりである。
慶長2年(1597年)当寺を興し、盛久寺とした。
盛久寺臥龍梅は開山禅師御手植えの梅と伝え、
明治初期には大内青巒(せいらん)が訪れ、
臥龍梅を讃え その掛軸を保有している。
曹洞宗寺院で如意輪観音を本尊とするのは、
比較的珍しいものと思われる。

2016年12月8日参拝。駐車場あり。
少し離れて臨済宗妙心寺派の万勝寺(飯高観音)がある、
万勝寺はもと天台宗寺院とも考えられる。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-19 02:07 | 岐阜県(160) | Comments(0)

阿夫志奈神社

岐阜県加茂郡川辺町上川辺は阿夫志奈神社。
国道41号「上川辺」交差点のすぐ南に鎮座する。
延喜式神名帳美濃国加茂郡の阿夫志奈神社に比定される。
読み「あぶしな」。旧郷社。
c0182455_19045897.jpg
祭神 伊邪那岐命、伊邪那美命、素盞嗚尊。
創建は弘仁9年(818年)。
弘仁9年(818年)春に疫病が流行、
同年秋に天皇山に当社を創建したと伝える。
その後 貞観元年(859年)11月圧朴(ほほ)の森に遷座し、
更に寛平9年(897年)に現在地に遷座した。
近世は「阿夫階明神」、「芳賀天王」、
「阿夫志奈大菩薩」などと称されていた。
明治6年郷社指定。明治40年神饌幣帛料供進神社指定。
昭和41年9月岐阜県下に於ける社格 銀幣社に指定。
境内社に山形神社、唐武神社(日本武尊)、
大須禰神社(祭神 大須禰比売命)、和田住神社(祭神 鵜草葺不合命)、
八幡神社(祭神 応神天皇)、金比羅神社(祭神 金山彦命、大国主命)、
愛宕神社(祭神 火之迦具土神)、
乙姫神社(祭神 八坂入媛命、豊玉姫命)、
東照宮(祭神 徳川家康)、神明神社(祭神 天照大御神)、
猿田彦神社(祭神 猿田彦命)、稲荷神社(倉稲魂命)がある。
八坂入媛命は第12代景行天皇の皇后。

社名「あぶしな」の語源は
「うぶすな=産土」であると考えられる。
阿夫志奈神社社叢は川辺町指定天然記念物。

延喜式神名帳美濃国加茂郡には県主神社、坂祝神社、
大山神社、太部神社、阿夫志奈神社、神田神社、
佐久太神社、多為神社、中山神社の以上9坐が記されている。

例祭日は4月14日。2016年10月26日参拝。駐車可。
由緒表示が多く良く整備された神社と思います。
この日は天候が悪かったので、また写真を追加します。
近隣に白山神社(川辺町下吉田)、臨済宗妙心寺派の金昌寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-19 01:26 | 岐阜県(159) | Comments(0)

大将軍神社(川辺町)

岐阜県加茂郡川辺町比久見は大将軍神社。
国道418号「比久見」交差点の一つ東の交差点を北へ向かう。
田中神社(川辺町)の北に鎮座する。
同名社に大将軍神社(恵那市)、大将軍神社(越前市)、
大将軍神社(大津市)、大将軍神社(京都市)などがある。
c0182455_01132029.jpg
祭神 経津主命。
手元に参考となる資料がなく創建などは不詳。
隣接の公民館のような建物に釣鐘がある。
社号標には平成24年11月とある。

例祭日は2月1日。2016年10月26日参拝。駐車可。
近隣に太部神社、生蓮寺(川辺町)・桑の木観音堂、
白山神社(川辺町下吉田)などがある。

[PR]
by sionozaki | 2017-04-19 01:14 | 岐阜県(158) | Comments(0)

田中神社(川辺町)

岐阜県加茂郡川辺町比久見は田中神社。
国道418号「比久見」交差点の一つ東の交差点を北へ向かう。
大将軍神社(川辺町)の南に鎮座する。
同名社に田中神社(高島市)などがある。
c0182455_19033842.jpg
祭神 天照大御神。
延喜式神名帳美濃国加茂郡の太部神社は
古く当地に鎮座していと伝え、当社を「元太部」という。
元禄10年(1697年)再建の棟札が残る。
大正9年天災に依り本殿が倒壊、大正2年5月再建された。

延喜式神名帳美濃国加茂郡には県主神社、坂祝神社、
大山神社、太部神社、阿夫志奈神社、神田神社、
佐久太神社、多為神社、中山神社の以上9坐が記されている。

例祭日は2月第一日曜日。2016年10月26日参拝。駐車可。
近隣に太部神社、生蓮寺(川辺町)・桑の木観音堂、
白山神社(川辺町下吉田)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-18 19:05 | 岐阜県(158) | Comments(0)

中山神社(美濃加茂市)

岐阜県美濃加茂市下米田町信友は中山神社。
岐阜県道350号「下渡橋北」交差点の一つ東の交差点を北へ向かう。
長康寺(八百津町)のすぐ北側に鎮座する。
延喜式神名帳美濃国加茂郡の中山神社の論社。
他の論社は諏訪神社(美濃加茂市)。
c0182455_18584160.jpg
祭神 金山彦命。
創建は不詳。
当初は下飯田村(現在の川辺町下飯田)付近に鎮座していた。
永禄年間(1558年~1570年)兵火により社殿を焼失した。
近世は「天神社」、「中山天神」と称していた。
美濃加茂市下米田町信友には鍛冶師が住んでおり、
鍛冶師の名を信友といった。
周辺には他にも鍛冶師が居たといい、
当社や祭神と関わりがあるものと考えられる。

延喜式神名帳美濃国加茂郡には県主神社、坂祝神社、
大山神社、太部神社、阿夫志奈神社、神田神社、
佐久太神社、多為神社、中山神社の以上9坐が記されている。

例祭日は10月10日。2016年10月26日参拝。駐車可。
近隣に諏訪神社(美濃加茂市)、
臨済宗妙心寺派の長康寺、星宮神社(八百津町)がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-18 18:56 | 岐阜県(156) | Comments(0)

慈照寺(瑞浪市)

岐阜県瑞浪市日吉町は慈照寺。
国道19号「山野内」交差点を北へ向かい、
その先 酒波神社(瑞浪市)、増福寺(瑞浪市)東側にある
津島神社(瑞浪市日吉町4448)付近の細い道を北へ向かう。
曹洞宗。恵日山。本尊 十一面観音。
c0182455_16314817.jpg
手元に参考となる資料がなく創建は不詳。
当地の地名を「社別当」という、
別当寺のことを指すと思われ天津日神社、
または美濃国神名帳の
酒波神社(瑞浪市)の神宮寺と考えられる。
天津日神社の神体である大型の巻貝化石を有していたが、
1960年代に残念ながら焼失したと伝える。
美濃瑞浪三十三霊場31番札所。

2016年10月26日参拝。駐車可。
近隣に天津日神社、津島神社(瑞浪市日吉町6131)がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-18 16:26 | 岐阜県(160) | Comments(0)

酒波神社(瑞浪市)

岐阜県瑞浪市日吉町は酒波神社。読み「さかなみ」。
国道19号「山野内」交差点を北へ向かう。
美濃国神名帳の正一位酒波大神に比定される。
c0182455_16012115.jpg
主祭神 酒波大神。
ほか応神天皇、比咩大神、神功皇后。
創建は不詳。
延喜5年(905年)の美濃国神名帳掲載の古社である。
境内に古墳があり創建は古墳に関わりがあるものと思われる。
元禄元年(1558年)9月社殿を焼失した。
中世に八幡神を合祀。
近世は「八幡宮」または「八幡社」と称していた。
摂社に白山社、佐竹社、南宮社などがあったという。
神宮寺は社別当にある曹洞宗の慈照寺(瑞浪市)か。
明治初年郷社指定、また酒波神社に改称。
昭和60年岐阜県下に於ける社格 金幣社に指定。
酒波神社本殿は登録有形文化財。

例祭日は10月15日前後。七五三詣は11月6日。
2016年10月26日参拝。駐車可。
非常に素晴らしい神社と感じました。
近隣に曹洞宗の増福寺、
津島神社(瑞浪市日吉町宿)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-18 16:06 | 岐阜県(160) | Comments(0)