カテゴリ:岐阜県(183)( 183 )

佐長田神社

岐阜県加茂郡白川町切井は佐長田神社。
岐阜県道68号線より北側の白川町切井地区に鎮座する。
c0182455_20361440.jpg
祭神 猿田彦命。
また天照大御神、伊邪那岐命、大国主命、素盞鳴命。
元禄元年(1688年)の創建と伝える。
手元に参考になる資料がなく、その他由緒は不明。
佐長田の読みは「さながた」。

近隣の龍氣寺は臨済宗妙心寺派寺院で、
龍氣寺鰐口は岐阜県指定重要文化財。

祭日は4月第二日曜日。2017年8月21日参拝。駐車場あり。
少し離れて赤河神社がある。
非常に素晴らしい神社と感じました。

[PR]
by sionozaki | 2017-11-04 13:19 | 岐阜県(183) | Comments(0)

赤河神社

岐阜県加茂郡白川町赤河は赤河神社。
岐阜県道68号線より北側の白川町赤河地区に鎮座する。
c0182455_20321328.jpg
祭神 大名牟遅命。
また少名彦命、火産霊命、宇迦之魂命。
元弘2年(1332年)の創建と伝える。
近世は「森本社」と称していた。
境内には観音菩薩や薬師如来を安置していたが、
明治初年 神仏分離により廃されたという。
明治4年近隣の神社を合祀し現社名に改称した。
昭和39年岐阜県下の社格 銀幣社指定。
燈籠には雨宮山、八幡宮の名がある。
赤河の読みは「あこう」。

近隣の昌寿寺(廃寺)は諸説あるが享保5年(1433年)創建と伝える。
宗派は臨済宗と思われるがもと真言宗寺院。
ほか赤河には福善寺(宗派不明)があった。

祭日は4月第一土曜日。2017年8月21日参拝。駐車場あり。
近隣に天白神社、少し離れて佐長田神社がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-11-04 13:06 | 岐阜県(183) | Comments(0)

白山神社(八百津町野上)

岐阜県加茂郡八百津町野上は白山神社。
国道418号「野上」交差点を北へ向かう。
臨済宗妙心寺派の正傳寺(八百津町)が隣接する。
c0182455_22074184.jpg
祭神 菊理媛命、伊邪那美命。
延長元年(923年)修験者が加賀国(現在の石川県)白山に参拝、
当地に戻って創建したと伝える。
安永3年(1774年)社殿を再建した。

例祭日は4月第一日曜日。2017年8月21日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2017-11-03 12:11 | 岐阜県(183) | Comments(0)

正傳寺(八百津町)

岐阜県加茂郡八百津町野上は正傳寺。
国道418号「野上」交差点を北へ向かう。
白山神社(八百津町野上)が隣接する。
臨済宗妙心寺派。法雲山。本尊は十一面観音。
同名寺院に正傳寺(盛岡市)、正傳寺(東京都港区)、
正傳寺(京都市)などがある。
c0182455_22034695.jpg
暦応2年(1339年)の創建で開基は夢窓疎石。
暦応2年の創建時は米山寺と称し、
現在地より凡そ200m東の場所にあった。
米山寺という字が残り、その地域であると考えられる。
明応2年(1493年)東陽英朝が中興、妙心寺派寺院となる。

正傳寺木造十一面観音坐像、正傳寺愚堂東寔禅師墨書五幅、
正傳寺金銅製三具足は岐阜県指定重要文化財。
正傳寺織田信長書状、正傳寺土岐美濃守政房墨書二幅、
正傳寺雪江宗深禅師墨書、正傳寺以安智観禅師墨書、
正傳寺白隠慧鶴禅師墨書、正傳寺山岡鉄舟書幔幕などは
八百津町指定重要文化財。
境内に山岡鉄舟慢幕とあるが、慢幕は幔幕の誤り。
臨済宗寺院で十一面観音を本尊とするのは珍しいものと思われる。
岐阜県には多治見市の永保寺、八百津町の大仙寺、明鏡寺、
土岐市の崇禅寺、七宗町の龍門寺など臨済宗の重要な寺院が多い。
また八百津町には大仙寺、明鏡寺、見性寺、善恵寺、
正宗寺、南陽寺、等覚寺など重要な寺院が多い。

2017年8月21日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい寺院と感じました。


[PR]
by sionozaki | 2017-11-03 10:52 | 岐阜県(183) | Comments(0)

星宮神社(八百津町)

岐阜県加茂郡八百津町和知は星宮神社。
岐阜県道350線「下渡橋北」交差点付近。
白山神社(八百津町和知194)より北側、
中山神社(美濃加茂市)、長康寺(八百津町)より南側。
同名社に星宮神社(郡上市)、星宮神社(美濃加茂市)
星宮神社(豊田市)などがある。
c0182455_18004326.jpg
祭神 天香香背男命。
元文2年(1737年)の創建と伝える。
虚空蔵菩薩を安置していたが、
神仏分離により他の場に移したと伝える。
明治31年社殿を再建した。

例祭日は6月28日。2017年8月21日参拝。駐車場なし。
近隣に白山神社(八百津町194)、臨済宗妙心寺派の長康寺、
白山神社(八百津町和知861)、華蔵寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-11-02 17:55 | 岐阜県(183) | Comments(0)

白山神社(八百津町和知194)

岐阜県加茂郡八百津町和知194は白山神社。
岐阜県道350号線「下渡橋北」交差点付近。
星宮神社(八百津町)の南側、ガソリンスタンドの後方。
八百津町内には白山神社(八百津町和知861)、
白山神社(八百津町野上)など複数の白山神社がある。
c0182455_15433144.jpg
祭神 菊理媛命。
創建は不詳である。

例祭日は6月28日。2017年8月21日参拝。駐車場なし。
周辺には社寺が多く八幡神社(八百津町上牧野)、
白山神社(八百津町861)、臨済宗妙心寺派の華蔵寺、
星宮神社(八百津町)、臨済宗妙心寺派の長康寺、
可児市になるが木曽川を渡ってともに日蓮宗の森立寺、専養寺、
浄土宗の浄音寺、臨済宗妙心寺派の可成寺、
ともに真宗大谷派の西念寺、常照寺がある。
八百津町は全体的に社寺が多いと感じています。


[PR]
by sionozaki | 2017-11-02 15:25 | 岐阜県(183) | Comments(0)

中山神社(恵那市)

岐阜県恵那市串原(旧恵那郡串原村中山)は中山神社。
恵那市明智町横道の岐阜県道11号を東へ、
または国道257号沿いの恵那市上矢作町 玉泉寺付近を西へ向かう。
ゴルフ場 メダリオン・ベルグラビアリゾート付近。旧郷社。
同名社に中山神社(美濃加茂市)、中山神社(名張市)、
中山神社(津山市)などがある。社頭。
c0182455_18423912.jpg
祭神 広国押武金日尊。
第29代宣化天皇4年大和国(現在の奈良県)の金峯神社より勧請である。
歴史地名大系(平凡社)に依れば創建は不詳という。
串原城主 遠山氏よりの崇敬が篤かったが
天正2年(1574年)武田勝頼により遠山氏は滅ぼされ、
里人により祭祀が続けられたという。
当社では「お犬様」が知られる。
これは宣化天皇4年 金峯神社より勧請した際、
祭神が狛犬に乗って当地に遷座したという話に由来する。
このことから山犬を神の遣いとし崇敬し、
土焼の狛犬を「お犬様」と称し難病など防護神として信仰されている。
境内社に白山神社、蚕霊神社などがある。
近世は「中山観音」とも称していたが、
明治初年神仏分離により中山神社に改称。
仏像は串原地区内の柿畑観音堂に移されたともいう。
金幣社指定。郷社指定。
c0182455_18430838.jpg
中山神社社叢は岐阜県指定天然記念物。
中山太鼓は岐阜県指定無形民俗文化財。
また鳥居付近に弁慶の踏割石がある。
踏割石は磐座と思われ、
昭和63年 ゴルフ場建設により当社に移された。
当社よりも東側に岩倉という地名が残る。

例祭日は10月3日、4日、5日。
2017年8月21日参拝。駐車場あり。
国道257号より当地に向かう岐阜県道403号線は若干道が狭い。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-29 17:23 | 岐阜県(183) | Comments(0)

黄梅院(恵那市)

岐阜県恵那市串原(旧恵那郡串原村木根)は黄梅院。
恵那市明智町横道の岐阜県道11号を東へ向かう。
曹洞宗。香林山。本尊は十一面観音。
c0182455_17124215.jpg
創建は寛永9年(1632年)と伝え、
恵那市岩村町にある同宗 盛巌寺の宝山文鐘が開山した。
黄梅院絵画涅槃図は恵那市指定文化財。
涅槃図は享保14年(1729年)の墨書銘がある。

2017年8月21日参拝。駐車場あり。
少し離れて中山神社(恵那市)がある。
今後 こうして寺院も掲載していくのか考え中ですが、
取り敢えず掲載していきます。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-29 17:12 | 岐阜県(183) | Comments(0)

荘厳寺(土岐市)

岐阜県土岐市鶴里町柿野は荘厳寺。
国道363号線沿い。土岐鶴里郵便局の近く。
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)が隣接する。
曹洞宗。宝樹山。
同名寺院に荘厳寺(西脇市)などがある。
c0182455_16415974.jpg
創建は天正9年(1581年)と伝える。
創建時は他の場にあり大安寺と称していた。
明暦年間(1655年~1658年)現在地に移転した。
境内に宝篋印塔が二基ある。

2017年8月21日参拝。駐車場は不明。
サルスベリが綺麗でした。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-29 16:42 | 岐阜県(183) | Comments(0)

二之宮神社(高山市)

岐阜県高山市漆垣内町は二之宮神社。
国道158号「大洞町」交差点を南へ向かう。
漆垣内公民館に隣接する。飛騨国二宮。
c0182455_09522700.jpg
祭神 天照国照火明命、応神天皇、大八椅命。
第36代孝徳天皇の御世の創建と伝える。
大八椅命は飛騨国造。
境内社に弥勒菩薩を祀る社がある。
二之宮神社本殿附棟札は高山市指定文化財。
本殿は享保16年(1731年)の造営で、
棟札はこの時のものと元文元年(1736年)のものがある。
二之宮神社のケヤキは岐阜県指定天然記念物。
樹齢は800年~900年と見られる。
歴史地名大系(平凡社)には二宮神社と表記されている。
飛騨国二宮で良いと思うが、
二宮であるとは余り認知されていない。境内の欅(県指定)。
c0182455_11074634.jpg
昔 この欅が枯れかかった。
ある日八百比丘尼という尼僧が訪れ神像を彫刻し
祈願して去ったが、その後不思議なことに蘇生したという。
欅の傍に堂宇を建立し神像を祀っていたが明治末期に倒壊、
昭和45年に屋根を新設した(境内由緒板)。

例祭日は9月15日。2017年7月18日参拝。駐車場あり。
近隣に諏訪神社、真宗大谷派の円徳寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-17 10:11 | 岐阜県(183) | Comments(0)