カテゴリ:鳥取県(22)( 22 )

龍徳寺(若桜町)

鳥取県八頭郡若桜町若桜は龍徳寺。
曹洞宗。萬祥山。

すぐ近くに若桜神社(若桜町)がある。
c0182455_18030914.jpg
1529年(享禄2年)の開創で、開基は長素。
鬼ヶ城の城主 山崎氏の菩提寺で、
境内の五輪塔は山崎家盛の墓という。
創建は八東町用呂になされ、
1602年(慶長7年)現在地に移転した。
関連寺院に鳥取鹿野の譲伝寺がある。

2012年11月4日参拝。駐車可。
年内に1千ヶ所掲載を目指しており、
過去のものを掲載しています。


[PR]
by sionozaki | 2015-07-13 17:47 | 鳥取県(22) | Comments(0)

廣見神社(境港市)

鳥取県境港市中野町は廣見神社。
市内の国道431号「中野町」交差点を西へ。

同名社に廣見神社(豊田市)廣見神社(可児市)がある。
c0182455_17411028.jpg
祭神は布都御魂(神社探訪・狛犬見聞録)。
創建は不明。
もと「石上明神」と称していたという。

例祭日は不明。2012年11月2日参拝。駐車可。
赤屋根がとても美しい神社と思いました。
年内に1千ヶ所掲載を目指しており、
過去のものを掲載しています。

[PR]
by sionozaki | 2015-07-13 17:38 | 鳥取県(22) | Comments(0)

荒砂神社

鳥取県岩美郡岩美町浦富は荒砂神社。
延喜式神名帳因幡国巨濃郡の大神社の論社。
他の論社は共に岩美町内の美取神社、御湯神社。
読み「あらすな」。観光地「浦富海岸」にある。

c0182455_20071164.jpg
祭神は大物主神。
創建は7世以降半といい、鈴見山に勧請された。
古く「大神社」と称したこともあるといい、
延喜式の巨濃郡にある大神社に比定する説がある。
神宮寺として黄檗宗の霊祥寺があった。

例祭日は4月。2014年10月19日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2014-11-08 20:05 | 鳥取県(22) | Comments(0)

佐弥乃兵主神社

鳥取県岩美郡岩美町河崎佐弥屋敷は佐弥乃兵主神社。
国道9号「小田入口」交差点を南へ。
読み「さみのひょうず」。神社前を蒲生川が流れる。
延喜式神名帳因幡国巨濃郡の佐弥乃兵主神社に比定される。

c0182455_13135773.jpg
祭神 天照大神。
創建など由緒は不詳である。
鎮座地の字を「佐弥屋敷」といい、
社名の「佐弥」と関連があるものと思われる。
神社前を流れる川を蒲生川というが、
神社南にもう一つ小田川が流れており鎮座地は合流地点である。

c0182455_14235252.jpg
因幡国巨濃郡の式内社は9坐あり、
当社の他は恩志呂神社、大神社、許野乃兵主神社、
御湯神社、高野神社、二上神社、甘露神社、日野神社である。
このうち許野乃兵主神社は当社と同じく
「兵主」神社であり、巨濃郡に二社あることが注目される。
大神社の論社 美取神社は当社のすぐ近くにある、
行かなかったことが大変悔やまれる。

例祭日は4月13日。2014年10月19日参拝。
駐車場はないが、短い時間であれば周辺に駐車可。
近隣に美取神社のほか、天台宗の常智院などがある。



[PR]
by sionozaki | 2014-11-08 14:24 | 鳥取県(22) | Comments(0)

御湯神社

鳥取県岩美郡岩美町岩井は御湯神社。
延喜式神名帳因幡国巨濃郡の御湯神社に比定される。
読み「みゆ」。巨濃郡の読みは「こののぐん」。
国道9号から少し入った場に鎮座。近くに岩井温泉がある。

c0182455_14035089.jpg
祭神は御井神、大己貴命、八上姫命、猿田彦命。
御井神は大国主神の御子で、
社名の「みゆ」は「みい」に因むものという。
創建は811年(弘仁2年)。
江戸時代には「伊勢宮」と称しており、
もとは別の場に鎮座していたという。
境内社に稲荷神社、藤ヶ森神社があり、
拝殿左手に平教経の矢研石がある。

例祭日は4月25日。2014年10月19日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2014-11-08 12:58 | 鳥取県(22) | Comments(0)

舂米神社

鳥取県八頭郡若桜町舂米は舂米神社。
国道462号線沿いにある。読み「つくよね」。
国道462号線は国道29号線の若桜駅南付近から
兵庫県美方郡香美町小代区方面に延びるが
一部通行できない区間がある。
氷の山スキー場は季節の頃に観光客を集める。

c0182455_14253837.jpg
もと須賀ノ山に鎮座し「須賀神」と称していた。
1375年~85年頃争乱の影響で衰退、
その後話し合いの末に現在地に遷座することとなり、
この時より「蔵王権現」と称することになったという。
また当地では天照大御神が大群を従えての行幸した伝承が残る。
明治になり近隣の神社を合祀し舂米神社に改称した。
当社より美方郡側に夫婦石がある。
また周辺に茗荷谷神社という変わった名称の神社がある。境内社。
c0182455_13182901.jpg
国道462号は香美町小代区方面には抜けられない。
小代区方面に抜けられたら国道9号に接続し、
養父市や岩美町方面へのアクセスが良い。

例祭日不明。2012年11月4日参拝。近隣に駐車可。
心に残っている大変素晴らしい神社です。


[PR]
by sionozaki | 2012-12-05 18:26 | 鳥取県(22) | Comments(0)

意非神社

鳥取県八頭郡若桜町屋堂羅は意非神社。
延喜式神名帳因幡国八上郡の意非神社に比定される。
読み「いひ」または「おい」。
若桜駅の東側に鎮座。国道29号「若桜」交差点を東へ、
山側へ向かっていく。若桜町歴史民俗資料館の近く。

c0182455_181295.jpg
祭神は天饒日命。
もと一ノ宮谷という所にあったが、
「この屋の落ちた場に大炊の神を遷す」といい
武内宿禰が矢を放ち、この場所に落ち社殿が造営されたという。
また後になり現在の屋堂羅の場に遷座した。
この文より古く「大炊の神」と呼ばれていたことが分かる。
国道29号を宍粟市方面へ向かうと、
大炊(おおい)という地名が残る。
当社の幟は日本一の大きさを誇る。

例祭日は10月9日。2012年11月4日参拝。駐車場あり。
因幡国八上郡の式内社は他に売沼神社、美幣奴神社、
塩野上神社など19坐ある。


[PR]
by sionozaki | 2012-12-05 18:09 | 鳥取県(22) | Comments(0)

若桜神社(若桜町)

鳥取県八頭郡若桜町若桜は若桜神社。
国道29号「若桜」交差点の西側。
すぐ近くに龍徳寺(若桜町)があり、寺の西側に鳥居が建つ。
社殿までは長い石の階段を登る。
同名社に若桜神社(桜井市)がある。
c0182455_07321343.jpg
祭神 国常立命、誉田別命、伊弉冊尊など。
創建は不詳。
もと「松上大明神」または「松神」と称されていた。
またもとは鶴尾山の八平谷(八兵衛谷)に鎮座していた。
1187年(文治元年)に矢部氏より社殿を寄進され、
1369年に鬼ヶ城の築城にあたり松上山に遷座した。
1581年(天正9年)羽柴氏の因幡攻めにより
社殿や宝物などを焼失したという。
神門に懸る神社額には「若櫻神社」とある。
c0182455_13141622.jpg
若桜神社社叢は鳥取県指定天然記念物。
因幡国八上郡には19の式内社がある。
意非神社、大江神社、沼売神社、塩野上神社、和多理神社、
都波只知上神社、多加牟久神社、伊蘇乃佐只神社、
久多美神社、布留多知神社、
美幣奴神社がそれで当社の名は見られない。

例祭日は5月3日。2012年11月4日参拝。周辺に駐車可。
2012年(平成24年)参拝した神社の中では
神倉神社(新宮市)、阿須賀神社、田村神社(甲賀市)、沙沙貴神社、
日置神社(高島市)、佐波加刀神社、揖夜神社、美保大社、
波波伎神社、中臣崇健神社、舂米神社とともにたいへん素晴らしい神社でした。


[PR]
by sionozaki | 2012-12-05 17:53 | 鳥取県(22) | Comments(0)

中臣崇健神社

鳥取県鳥取市古郡家は中臣崇健神社。
国道29号線は鳥取市賀露・南隈から鳥取市南部を通って
智頭郡八頭町・若桜町を経て、兵庫県宍粟市へ至る。
当社は鳥取市南部に位置、29号線の「南栄町北」交差点の西にある。
すぐ北に日本きのこセンター菌蕈研究所があり、そこを目指すと良い。
読みは「なかとみのたかたけ」または「なかおみのたかたけ」。
古郡家の読みは「ここおげ」。
延喜式神名帳因幡国邑美郡の中臣崇健神社に比定される。

c0182455_1353564.jpg
祭神は不明。社伝に依れば大物主命、
度会延経に依れば天児屋命、埴安神。
古来より社殿がなく、拝殿後部は石の玉垣が巡らされている。

c0182455_1454038.jpg
因幡誌に依ればこのことについて祭神が大きく社殿に
収まらないからであるというが、
「井戸」そのものを祀った古来の神社なのだろう。
古く「岡森天王」、「高崇天王」といった。
当社は和名抄に於ける美和郷にあたるが、
この「美和」は奈良県桜井市の「三輪」に通じ関係が指摘される。
因幡国邑美郡では唯一の式内社である。
すぐ近くに森福寺あり、
曹洞宗寺院だがもと天台宗寺院であり
神宮寺であった可能性が高い。
森福寺を見てこなかったことが悔やまれます。

例祭は4月19日。2012年11月4日参拝。駐車場なし。


[PR]
by sionozaki | 2012-12-05 13:06 | 鳥取県(22) | Comments(0)

宇倍神社

鳥取県鳥取市国府町宮下(旧岩美郡国府町宮下)は宇倍神社。
鳥取駅前の国道53号「若桜街道」交差点を東へ向かう。
延喜式神名帳因幡国法美郡の宇倍神社に比定される。読み「うべ」。
因幡国一宮。名神大社。旧国幣中社。現在は別表神社。
c0182455_19494846.jpg
祭神 武内宿禰命。
創建は不詳だが、
社殿背後の亀金山に双履石(磐座)があり古代の神社と考えられる。
848年(嘉祥元年)従五位下の神階の記述があり それ以前である。
仁徳天皇55年武内宿禰命が当地に下向、
社殿背後の亀金山(稲葉山中腹)で双履を残してお隠れになった。
その双履・双履石を磐座として奉斎したものと考えられる。
1581年(天正9年)羽柴秀吉により社殿を焼失した。
境内社に国府神社がある。
国府神社の祭神は建御雷命、日本武尊、速須佐良比咩神、武内宿禰命、伊弉諾尊、
菊理媛命、土御祖神、澳津彦命、澳津媛命、宇迦之御魂命。

明治4年国幣中社指定。
当社の祭神については諸説あり、
因幡国国造祖神の彦多都彦命(ひこたつひこのみこと)、
谷川健一氏は武牟口命(たけむくちのみこと)でなかろうかしている。
c0182455_19500312.jpg
宇倍神社獅子舞は鳥取県指定無形民俗文化財。
宇倍神社御幸祭祭具は鳥取県指定有形民俗文化財。
因幡国に於ける獅子舞は額に一本の角があることが特徴で、
練りこみ、カンヌキ、刻み、七間返し、祈りなどの仕草からなる。
各地で行われている獅子舞には、
当社から習ったものが多くあるといい貴重である。
現在の社殿は明治31年のものである。

例祭日は4月21日。2012年11月4日参拝。駐車場あり。
この日は何か祭事がありゆっくり写真を撮れなかった、いつの日かまた参拝する。
近隣に岩倉観音堂、高宮神社がある。

[PR]
by sionozaki | 2012-12-04 08:15 | 鳥取県(22) | Comments(0)