カテゴリ:京都府(29)( 29 )

八幡神社(南丹市園部町天引)

京都府南丹市園部町天引(旧船井郡園部町天引)は八幡神社。
京都府南丹市と兵庫県篠山市を結ぶ国道372号沿いに鎮座する。
当社からすぐ西へ行けば兵庫県篠山市となる。

c0182455_1810281.jpg
祭神は応神天皇。天引地区の産土神。
創建は不明だが、1354年(文和3年)の再建という。
神社は杉、欅などの木々に囲まれ、
特に椋の木は国内有数の大きさという。

例祭日は不明。2013年11月10日参拝。駐車可。
社殿はとても美しく、たいへん素晴らしい神社でした。
この地域へまた出掛けられることを楽しみにしています。


[PR]
by sionozaki | 2014-01-12 18:41 | 京都府(10) | Comments(0)

稗田野神社

京都府亀岡市稗田野町佐伯垣内亦は稗田野神社。読みは「ひえだの」。
延喜式神名帳の丹波国桑田郡の稗田野神社に比定される。
国道372号を走ると当神社の看板が見える。
c0182455_186364.jpg
祭神は保食命、大山祇命、野椎命。
創建は702年(和銅2年)と伝える。
江戸期には「稗田野八幡宮」、
「神宮寺稗八幡宮」と称された。
社殿背後は土が盛り上げられた形となっており、
古くは禁足地であった。

例祭日は10月23日。2013年11月10日参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2013-12-01 13:30 | 京都府(10) | Comments(0)

大宮売神社

京都府京丹後市大宮町周枳(旧中郡大宮町周枳)は大宮売神社。
読み「おおみやめ」。周枳の読みは「すき」。
延喜式神名帳丹後国丹波郡の大宮売神社に比定される。
名神大社。旧大宮町の名は当社の名称に由来する。

c0182455_17433339.jpg
祭神は大宮売神、若宮売神。
延喜式は「大宮売神社二座名神大」とあり、
この2柱の神のことを指す。
「日本三代実録」に「丹後国従五位下大川神、大宮売神並従五位上」とある。
当地は倭名抄にある周枳郷の中心地であり、
当社内では古代祭祀が行われてきた。

c0182455_17523531.jpg
当社境内の祭祀遺跡は大宮売神社遺跡と称し、
弥生時代後期から古墳時代の遺跡で、40点程の祭具が出土した。
社宝に男神像、女神像と石燈籠があり、
共に国指定重要文化財。
明治40年神饌幣帛料供進社指定、
大正13年に府社指定。

例祭日は10月10日。2013年11月9日参拝。駐車場あり。
今回丹後の神社紹介はこれで終わり、
他に奈具神社、竹野神社、網野神社など行きたかったですが次回に延期します。

[PR]
by sionozaki | 2013-11-25 18:01 | 京都府(10) | Comments(0)

真名井神社

京都府宮津市大垣は真名井神社。読みは「まない」。
籠神社の境内社だが、籠神社はもとこの地に鎮座していたとされる。
籠神社より徒歩10分程の場に鎮座する。
c0182455_17324331.jpg

祭神は豊受大神。
また罔象女命、彦火火出見命、伊射奈岐命、伊射奈美命を配祀。
社殿背後には岩座がある。

例祭日は10月15。2013年11月9日参拝。籠神社に駐車。
[PR]
by sionozaki | 2013-11-25 17:39 | 京都府(10) | Comments(0)

籠神社

京都府宮津市大垣は籠神社。読みは「この」。
丹後国与謝郡の籠神社に比定される。丹後国一宮。名神大社、旧国幣中社。
c0182455_1785658.jpg

祭神は彦火明命(ひこほあかりのみこと)。
海部氏に関わる神社であり、
平安期のものとみられる国宝「海部氏系図」を有する。
当社は代々海部氏が神職をつとめ、
現宮司は80数代目に当たる。創建は不詳。
この付近は古代より丹後国の中心地であり、
遥か太古より鎮座していたと考えられる。
別名 「よさのみや」。よさのみやは
与謝宮・與謝宮・吉佐宮・匏宮などの字が書かれる。
11代垂仁天皇の御代に天照大神を、
21代雄略天皇の御代に
豊受大神を伊勢に遷したことより「元伊勢」と呼ばれ、
特に鎌倉期以降の伊勢神道では
外宮の本宮を当社としている。

境内より出土した銅径筒、双雀鏡や狛犬などが国重文。
境内社に真名井神社があり、
籠神社は719年(養老3年)に真名井神社から
遷座されたという。明治4年に国幣中社指定。
神宮寺として大谷寺があり、
近隣には成相寺、智恩寺などの名刹がある。

例祭日は4月24日。2013年11月9日参拝。駐車場あり。
大谷寺や成相寺にも行ったことがあります。

[PR]
by sionozaki | 2013-11-25 17:31 | 京都府(10) | Comments(0)

大原野神社

京都府京都市西京区大原野南春日町は大原野神社。
旧官幣中社で現在は別表神社となっている。
c0182455_9271568.jpg

祭神は健甕槌命、伊波比主命、天児屋命、比咩大神。
伊波比主命は経津主命の別名。
創建は784年(延暦3年)。
桓武天皇が平城京から長岡京に都を移した際に、
奈良の春日社より春日明神を勧請したことにはじまる。
現社殿の造営時期は江戸時代の慶安年間(1648年~1652年)。
その他摂社に仁徳天皇を祀る樫本神社がある。
地名大系には特殊神事として御弓祭や相撲神事があって、
現在は行われていないとある。

例祭日は4月8日。2012年5月12日参拝。駐車場不明。
近隣に天台宗の勝持寺がある。

[PR]
by sionozaki | 2012-05-27 09:28 | 京都府(10) | Comments(0)

岡田鴨神社

京都府木津川市加茂町北字鴨村は岡田鴨神社。読み「おかだかも」。
国道163号「海住山寺入口」交差点を南へ向かう。旧郷社。
延喜式神名帳山城国相楽郡の岡田鴨神社に比定される。
また延喜元年(901年)完成の「日本三代実録」に
神階の記述がある国史見在社である。
c0182455_4494390.jpg
祭神 建角身命。
第10代崇神天皇の御代に創建と伝える。
「山城国風土記」に加茂建角身命が葛木から岡田を経て
加茂に移動したことが記され、
当社はその経由地「岡田」であると見られる。
延喜元年(901年)完成の「日本三代実録」に
清和天皇貞観元年正月27日(859年)の条に従五位上の神階の記述がある。
東側が岡田鴨神社の本殿であり、
西側は境内社 天満宮(祭神 菅原道真)の社殿である。
また境内社に金刀比羅社(祭神 大物主命)、
三十八社神(祭神 鹿島神御子三十八神)がある。 明治6年郷社指定。
山城国相楽郡の式内社は他に祝園神社、和伎坐天乃夫支売神社、
綺原坐健伊那太比売神社、相楽神社、岡田鴨神社、
岡田国神社の六坐が記されている。

例祭日は4月3日。2011年12月22日参拝。駐車場あり。
近隣に加茂八幡宮、真宗本願寺派の大願寺(木津川市)、
また「海住山寺」を北へ向かえば名刹 海住山寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2012-01-20 16:47 | 京都府(15) | Comments(0)

岡田国神社

京都府木津川市木津字大谷は岡田国神社。
延喜式神名帳山城国相楽郡の岡田国神社の論社。
c0182455_2293588.jpg
創建は不詳。
舞台や拝殿がある所より一段高い場を神域とし、
本殿、摂社、小社などが立ち並んでいる。
本殿は1774年(安永3年)の再建で、
拝殿は1620年(明治40年)の建立である。
舞台を中心に両氏子詰所がある境内配置は、
相楽地域に伝わるものといい
重要な遺構と言える(境内由緒板)。

日本の神々によれば、
当社を神名帳の同名社に比定することはできないという。
当社は古く「天神社」と呼ばれ、
以来菅原道真を祀っており、
過去の文書等にも「天神社」、「天神宮」と記されていることから。
また式内岡田国神社は、
木津川市大野の春日神社に比定できることからという。

10月21日に行われる例大祭は布団太鼓台祭という。
2011年12月22日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2012-01-14 03:17 | 京都府(10) | Comments(0)

高麗寺跡

京都府木津川市山城町上狛高麗寺は高麗寺跡。読みは「こまでら」。
木津川市内を走る国道163号より北の田畑の中に位置する。
c0182455_14111749.jpg

当寺の創建は7世紀の始め(飛鳥時代)と見られ、
日本最古級の寺院であったと考えられる。
当寺の名が見えるのは日本霊異記の記述に依る。
寺名は高句麗からの渡来系氏族である狛氏と関係がある。
寺域は東西に200m、南北に180mに及び、
塔、金堂、講堂などを具え、法起寺式の伽藍であったと見られる。

2011年12月22日訪問。駐車場は無し。

[PR]
by sionozaki | 2012-01-14 02:26 | 京都府(10) | Comments(0)