カテゴリ:京都府(29)( 29 )

諏訪神社(綾部市西坂町)

京都府綾部市西坂町は諏訪神社。
国道175号「大雲橋北」交差点を南へ、
福知山市大江町南有路の「南有路」交差点を南へ向かう。
その先京都府道9号線沿いにある。
延喜式神名帳丹波国何鹿郡の高蔵神社(綾部市西坂町)が近い。
c0182455_09155667.jpg
祭神 建御名方命、八坂刀売命。
創建は1194年(建久4年)。
信州上田城主 上原右エ門丞景正が丹波国何鹿郡の地頭職に就き、
綾部市物部下市に城郭を構え、信濃国一宮の諏訪神を勧請した。
境内社に太田神社、熊野神社、厄除神社がある。
例祭日には高蔵神社の神輿巡幸の御旅所となる。
また9月14日には放生会祭がある。

例祭日は10月17日。2016年10月10日参拝。駐車場なし。
近隣に高野山真言宗の満福寺、宗派不明の浄土寺がある。
また少し離れ須波伎部神社がある。
満福寺は高蔵神社の神宮寺である。


[PR]
by sionozaki | 2017-01-16 13:28 | 京都府(19) | Comments(0)

阿良須神社(福知山市)

京都府福知山市大江町北有路(旧加佐郡大江町北有路)は阿良須神社。
読み「あらす」。国道175号「大雲橋北」交差点の西。
延喜式神名帳丹後国加佐郡の阿良須神社の論社。
他の論社は阿良須神社(舞鶴市)。
c0182455_08482702.jpg
祭神 神吾田津姫命。
創建は不詳。
神吾田津姫命は木花開耶媛と同神である。
古く天火明命がこの地に到来、この土地の神に饗されたという。
社名「あらす」は令生=生れます(あれます)の意といい、
大江町北有路・大江町南有路の「有路」の語源である。
また安産の神、女性の神と伝える。
またこの「あらす」は福知山市大江町南有路、福知山市大江町二箇にある
十倉神社の「とくら」と語源をともにするという。
境内社に秋葉神社、稲荷神社などがある。
また境内に阿良須神社古墳がある。
舞鶴市の阿良須神社は舞鶴市小倉にあり、祭神は豊受大神。

例祭日は10月18日。2016年10月10日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい神社と感じました。
この周辺には曹洞宗の光明寺、臨済宗妙心寺派の長橋寺、
曹洞宗の普門寺、鶴ケ尾神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-01-16 10:12 | 京都府(19) | Comments(0)

伊智布西神社

京都府舞鶴市桑飼下は伊智布西神社。読み「いちふせ」。
国道175号「大雲橋北」交差点を南へ、
その先突当りの「大雲橋南」交差点を京都府道55号に沿い東へ向かう。
府道55号は舞鶴市上東で国道175号「藤津」交差点に合流するが、

この区間に西から武内神社(福知山市)、十倉神社(福知山市大江町二箇)、
伊智布西神社、藤津神社が鎮座する。
延喜式神名帳丹後国加佐郡の伊智布西神社に比定される。
c0182455_08164276.jpg
祭神については諸説あり道振命、
伊邪那岐命と伊邪那美命という説がある。
905年(延喜5年)造営という。
近世は「市布施明神」と称していた。
境内社に稲荷神社、三柱神社、神明神社、兵主神社などがある。
付近では明治40年由良川が氾濫被害を受けている。
延喜式神名帳丹後国加佐郡には奈具神社、伊智布西神社、
弥加宜神社、倭文神社、大川神社、高田神社、阿良須神社、
笑原神社、麻良多神社、三宅神社、日原神社の11坐が記されている。

例祭日は10月10日。2016年10月10日参拝。駐車可。
近隣に縄文期の桑飼下遺跡がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-01-11 21:29 | 京都府(17) | Comments(0)

倭文神社(舞鶴市)

京都府舞鶴市今田は倭文神社。読み「しどり」。
国道27号「城南中学校前」交差点を東へ、
その先「九枠橋」交差点を南へ。神社西側を池内川が流れる。
延喜式神名帳丹後国加佐郡の倭文神社に比定される。
同名社に倭文神社(富士宮市)、
倭文神社(倉吉市)、倭文神社(鳥取市)がある。社号標。
c0182455_21054369.jpg
祭神 天羽槌雄命(あめのはづちおのみこと)。
創建は不詳(歴史地名大系、平凡社)。
正暦3年(992年)藤原保昌が大江山の鬼退治に際して
誓願し社殿を再建した。
近世は「志鳥大明神」、「子鳥大明神」と称していた。
境内社に池姫神社、稲荷神社、金比羅神社、秋葉神社、
大川神社、沢神社、八幡神社、愛宕神社、武神社がある。
c0182455_21192118.jpg
倭文神社本殿は一間社流造で天保5年(1834年)、
倭文神社舞殿は安政6年(1859年)に改築されたものである。
舞殿は田辺藩の神社建築の様式を汲むものである。
また男神坐像、神像、狛犬四体は舞鶴市指定重要文化財。
また室町時代の鰐口を有する。
天羽槌雄命は天照大御神が天岩戸に籠った際、
玉串に装飾する布を織った神という。
この布は倭文の綾織といい、天羽槌雄命を倭文神という。
c0182455_21202871.jpg
延喜式神名帳丹後国加佐郡には奈具神社、伊智布西神社、
弥加宜神社、倭文神社、大川神社、高田神社、阿良須神社、
笑原神社、麻良多神社、三宅神社、日原神社の11坐が記されている。

例祭日は
10月17日前後。2016年10月10日参拝。駐車可。
これ以上ない程の非常に素晴らしい神社で、とても心に残っています。
境内の由緒板の漢字について誤字が多い点は残念に思います。
10月の参拝 境内に咲くノコンギク?がとても綺麗でした。
近隣に九重神社、真言宗御室派の満願寺がある、
ともに目の前まで行ったが参拝できなかった、また参拝する。


[PR]
by sionozaki | 2017-01-11 19:24 | 京都府(17) | Comments(0)

武内神社(福知山市)

京都府福知山市大江町二箇(旧加佐郡大江町二箇)は武内神社。
国道175号「大雲橋北」交差点を南へ、
その先突当りの「大雲橋南」交差点を京都府道55号に沿い東へ向かう。
府道55号は舞鶴市上東で国道175号「藤津」交差点に合流するが、
この区間に西から武内神社(福知山市)、十倉神社(福知山市大江町二箇)、
伊智布西神社、藤津神社が鎮座する。
c0182455_21242702.jpg
資料を幾つか当たったが祭神や創建は不詳。
当社付近を山側へ登ると石子修理亮の居城跡がある。
伊智布西神社は式内社で、
倉神社は十倉五社大明神とも称する(角川歴史地名大辞典 京都府)。
十倉神社は福知山市大江町南有路にもあるが、
「とくら」は一説に福知山市大江町北有路の阿良須神社、
舞鶴市小倉の阿良須神社の「あらす」と語源をともにするという。
藤津神社は丹後国神名帳の正三位藤津明神に比定される。

例祭日は不明。2014年10月20日参拝。駐車場なし。
周辺に伊智布西神社、十倉神社、藤津神社のほか
臨済宗妙心寺派の長橋寺、曹洞宗の普門寺がある。
また余り関係ないが綾部市栗町中山に武大神社がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-10-27 21:22 | 京都府(17) | Comments(0)

海住山寺

京都府木津川市加茂町例幣(旧相楽郡賀茂町例幣)は海住山寺。
国道163号「海住山寺口」交差点を北へ。
真言宗智山派。補陀落山。本尊 十一面観音。
国宝の五重塔を有する寺として知られる。
c0182455_18170819.jpg
山の中にある山岳寺院で、
「海住山寺口」交差点を登って行くが道は狭い。
この山を三上山という。

創建は735年(天平7年)で良弁。
勅願寺でもと藤尾山観音寺といった。
1137年(保延3年)火災により伽藍を消失。
のち貞慶が再興し、補陀落山海住山寺と改称した。
五重塔は国宝。
文殊堂、絹本著色法華経曼荼羅図、十一面観音立像2体、
海住山寺文書は国指定重要文化財。

2016年3月31日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-01 18:31 | 京都府(10) | Comments(0)

神童寺

京都府木津川市山城町神童子不晴谷
(旧相楽郡山城町神童子不晴谷)は神童寺。
京都府道70号「椿井北代」交差点の北の信号のない交差点を東へ。
真言宗智山派。北吉野山。本尊 蔵王権現。

c0182455_17553911.jpg
「相楽郡上狛郷北吉野山神童寺縁起」によれば
当寺は聖徳太子が596年(推古天皇4年)に創建という。
蔵王堂は1406年(応永13年)の建立、
護摩堂は江戸初期の建立で、
蔵王堂は国指定重要文化財。
不動明王像は高さ約1m60cmで平安期のもの、
愛染明王坐像は高さ約64cmで平安期のもの、
ほかいずれも平安期の阿弥陀如来坐像、
毘沙門天立像、日光月光菩薩立像を有し
いずれも国指定重要文化財である。

2016年3月31日参拝。駐車場あり。
仏像の拝観料は400円。




[PR]
by sionozaki | 2016-05-01 18:11 | 京都府(10) | Comments(0)

祝園神社

京都府相楽郡精華町大字祝園字柞ノ森は祝園神社。
国道24号「開橋」交差点を西へ、
神社のすぐ隣を木津川が流れる。旧郷社。
読み「ほうその」。字の柞ノ森は「ははそのもり」。
延喜式神名帳山城国相楽郡の祝園神社に比定される。
また「日本三代実録」に記述のある国史見在社。
c0182455_03232333.jpg
祭神 天児屋命、経津主命、建御雷命。
創建は不詳だが770年(神護景雲4年)といい、
現在の春日大社からの勧請という。
延喜元年(901年)完成の「日本三代実録」の
貞観元年(859年)条に祝園神の神階の記述がある。
中世には興福寺の支配下にあったという。
境内社に天満神社、稲荷神社などがある。
明治6年郷社指定。拝殿。
c0182455_17364666.jpg
「日本書紀」に崇神天皇の御代 孝元天皇の皇子の武埴安彦
朝廷に逆らいこの地で殺されたが、
その魂は柞ノ森に留まり
神護景雲4年(770年)天児屋命を勧請し創建したという。
神事に「いごもり祭」があるが、
これは武埴安彦の霊を鎮めるものである。
祭は昭和59年京都府無形民俗文化財に指定。
山城国相楽郡の式内社は当社と祝園神社、和伎坐天乃夫支売神社、
綺原坐健伊那太比売神社、岡田国神社、岡田鴨神社の6坐である。

例祭日は不明。2016年3月31日参拝。駐車場なし。

周辺に妙心寺派の禅福寺、浄土宗の西音寺、椿井大塚山古墳がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-01 17:34 | 京都府(14) | Comments(0)

相楽神社(木津川市)

京都府木津川市相楽清水(旧相楽郡木津町相楽清水)は相楽神社。
国道163号「川ノ尻」交差点付近、
木津川市立相楽小学校の隣接する。
延喜式神名帳山城国相楽郡の相楽神社に比定される。
同名社に相楽神社(名張市)などがある。遠景。
c0182455_11453915.jpg
祭神 足仲彦命、誉田別命、気長足姫命。
祭神については諸説ある。
創建は奈良時代で現在の宇佐神宮からの勧請という。
近隣の北ノ庄、大里、曽根山の産土神。
近世には「八幡宮」と称していた。
明治期に現社名に改称。
神宮寺に不動寺があったが明治期に廃寺となっている。

c0182455_03153478.jpg
本殿は三間社流造で桧皮葺、
手法から室町時代初期の建立と考えられ国指定重要文化財。
また末社 若宮神社本殿は一間社春日造、
こちらも室町期のもので京都府登録文化財。
「豆焼」・「粥占」などの「正月行事一連」は
京都府指定無形民俗文化財。
山城国相楽郡の式内社は当社と祝園神社、和伎坐天乃夫支売神社、
綺原坐健伊那太比売神社、岡田国神社、岡田鴨神社の以上6坐である。

例祭日は10月17日。2016年3月31日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-01 17:06 | 京都府(14) | Comments(0)

鈴鹿神社

京都府舞鶴市田中町は鈴鹿神社。読み「すずか」。
舞鶴と敦賀を結ぶ国道27号線から少し逸れた場に鎮座。
志楽保育園が隣にある。
c0182455_21070324.jpg
古く芝束社、鈴鹿明神、箭取社などと称されていた。

例祭日は11月3日。2014年10月20日参拝。駐車場なし。
当社より少し東に行くと臨済宗東福寺派の常楽寺があり、
近隣に鹿原神社や名刹 松尾寺がある。
以上で今回の大飯、鳥取、但馬の神社紹介は終わりです、
福知山の神社は名称不明で掲載できません。

[PR]
by sionozaki | 2014-11-25 17:40 | 京都府(10) | Comments(0)