カテゴリ:愛知県(300)( 298 )

石作神社(長久手市)

愛知県長久手市岩作宮前(旧愛知郡長久手町岩作宮前)は石作神社。
長久手市役所の後方に鎮座する。読み「いしづくり」。
延喜式神名帳尾張国山田郡の石作神社に比定される。旧郷社。

同名社に岐南町の石作神社(岐南町)、江南市の石作神社・神明宮
あま市の石作神社(あま市)、岡崎市の石作神社(岡崎市)
長浜市の石作神社・玉作神社などがある。
c0182455_22523524.jpg
祭神 建真利根命。
ほか天照大神、伊邪那岐命、伊邪那美命、
武甕槌命、大山津見命、大山咋命、
木花咲耶姫命、菊理媛命、王辰爾、大己貴命、応神天皇。
創建は824年(承和元年)。
近世は「神明社」と称していた。
石を加工する集団 石作連に関わる神社であり、
周辺の色金山や猪鼻に石作に用いられる石・石材がある。
延喜式に搭載される あま市の石作神社、江南市の石作神社神明宮、
岐南町の石作神社、長浜市の石作神社・玉作神社は
いずれもこの石作連に関連する。
石作氏は尾張氏の別系と考えられるという。
明治5年郷社指定。
明治40年神饌幣帛料供進神社指定。

c0182455_01370997.jpg
境内社に熱田社、白山社、一之御前社、津島社、
また平成25年建立の大黒神・恵比須神神社がある。
境内に長久手市指定保存樹木のツブラシイがある。
「早稲田」交差点の南側に石標があり、
そこから参道が続いていたものと思われる。旧社務所。
c0182455_22540619.jpg
岩作の読みは「やざこ」。
社叢が大きく広がりたいへん印象的な神社。
山田郡の式内社は他に金神社(瀬戸市)、大目神社(瀬戸市)、
羊神社(名古屋市)、大井神社(名古屋市)、伊奴神社、
尾張戸神社など19坐ある。

例祭日は10月10日。駐車場あり。
2012年8月11日参拝、2016年6月6日再参拝。
近隣に曹洞宗の安昌寺があり、
寺では8月10日に盆踊りが行われる。


[PR]
by sionozaki | 2012-08-30 23:57 | 愛知県(300) | Comments(0)

妻神社(瀬戸市)

愛知県瀬戸市下半田川町は妻神社。読み「さいのかみ」。
瀬戸市から多治見市に向かう国道248号線から
少し外れた所にある。看板があり分かりやすい。
c0182455_3562486.jpg
祭神は妻神(さいのかみ)。
古くこの村に兄と妹が居たが、
年頃になってお互い離れ離れになった。
その後遠い場で出会い結ばれたのは、
兄妹であったという話が伝わる。

例祭は3月の第3日曜日。2011年8月参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2012-04-21 03:58 | 愛知県(300) | Comments(0)

八幡宮(岡崎市保久町)

愛知県岡崎市保久町(旧額田郡額田町保久)は八幡宮。
保久八幡宮とも。

c0182455_3324534.jpg
祭神は比咩命、誉田別命、息長帯比売命、
木花開耶姫命、日本武尊など。
また合祀祭神は市杵島姫命、
熊野神、大山祇大神、豊受大神などがある。
合祀は明治10年に行われた。

境内の舞台は建立の時期は不明。
芝居は昭和30年以降は開催されなくなったという。
岡崎市有形文化財。

例祭は10月11日。2010年2月3日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2012-04-21 03:50 | 愛知県(300) | Comments(0)

須佐男神社(愛西市)

愛知県愛西市鷹場町(旧海部郡佐織町鷹場町)は須佐男神社。
県道129号沿いに鎮座する。領内川の手前 信号の無い交差点を西側へ進む。
「千瓢」の名で知られる水谷酒造が近隣にある。
c0182455_75628.jpg
地名の鷹場は藩主徳川義直の鷹場があったことに依る。
鷹場とは鷹狩りをする場のこと。
由緒は不明。祭神は社名から須佐男命と考えられる。

例祭日不明。2012年3月7日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2012-04-11 07:05 | 愛知県(300) | Comments(0)

諸鍬神社(愛西市)

愛知県愛西市諸桑竹越(旧海部郡佐織町諸桑竹越)は諸鍬神社。
読みは「もろくわ」。延喜式神名帳尾張国海部郡の諸鍬神社に比定される。
神社付近の道はとても狭くなっている。
c0182455_6395370.jpg

祭神は天諸羽命(あめのもろはのみこと)。
この神は宇麻志麻治命(うましまじのみこと)と関係のある神である。
当社は特に蚕桑の神として信仰を集めたという。
海部郡に式内社は8坐あり、他に藤島神社、甚目寺に隣接する漆部神社、
愛西市の宇多志神社、津島市の憶感神社、稲沢市の伊久波神社などがある。

例祭は10月15日。2013年3月7日参拝。隣接の千樹寺に駐車できる。
[PR]
by sionozaki | 2012-04-11 06:29 | 愛知県(300) | Comments(0)

藤島神社(あま市)

愛知県あま市七宝町秋竹柏田(旧海部郡七宝町秋竹柏田)は藤島神社。
国道302号「深田」交差点を西へ。
その先「秋竹」交差点付近。旧県社。
延喜式神名帳尾張国海部郡の藤島神社に比定される。
c0182455_19321738.jpg
祭神 市杵嶋姫命。
創建は676年(白鳳4年)と伝える。
古くこの地は海であり、この近りは「藤嶋」と呼ばれる島であった。
社名をこのことに由来している。
古くから虫封じの新徳が高いという(由緒板)。
境内に秋葉社などがある。
二の鳥居を越えると蕃塀がある、
蕃塀の作者は名古屋市西区八坂町の角田六三郎氏(蕃塀マニア)。
明治元年天皇の東京遷都の際に金幣を奉ぜられている。
明治5年郷社指定。大正10年県社指定。

延喜式神名帳尾張国海部郡には漆部神社、諸鍬神社、国玉神社、
藤島神社、宇太志神社、由伎太神社、伊久波神社、
憶感神社の以上8坐が記されている。

春季大祭は4月第一日曜日、秋期大祭は10月第一日曜日。
2012年3月7日参拝。駐車場なし。

[PR]
by sionozaki | 2012-04-10 21:26 | 愛知県(300) | Comments(0)

高座結御子神社

愛知県名古屋市熱田区高蔵町は高座結御子神社。
読み「たかくらむすびみこ」。
延喜式神名帳尾張国愛智郡の高座結御子神社に比定される。
名神大社。熱田神宮摂社。
c0182455_14364497.jpg
祭神 高倉下(たかくらじのみこと)。
創建は不詳だが、673年~686年前後であるという。
祭神の高倉下命は饒速日命の御子、
高倉下は高倉主を意味し、高倉の主を示すという。
近隣に高倉古墳などがあり、
創建には尾張氏が関わる。
社殿は尾張造によるものだったが焼失、
現社殿は昭和38年に造られたものである。
末社に鉾取社、新宮社、御井社などがある。

例祭は6月1日。2011年4月4日参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2011-04-06 14:48 | 愛知県(300) | Comments(0)

謁播神社

愛知県岡崎市東阿知波町北山は謁播神社。
読み「あつわ」。旧郷社。
延喜式神名帳三河国額田郡の謁播神社に比定される。

c0182455_16212023.jpg
祭神は知波夜命、春日大神、須佐之男命。
創建は不詳。
第13代天皇成務天皇の頃、
知波夜命が三河のこの地を訪れ、出雲色大臣命と共に治めたとされる。
知波夜命は出雲色大臣命の5世の孫。
出雲色大巨命は物部氏の祖。
知波夜命はこの地で亡くなったといい、
すぐ近くに命の墓と伝える牛下山古墳がある。
また広島県三次市三良坂町に知波夜比古神社がある。
2002年9月に本殿・拝殿などの改修工事を行った。

例祭日10月10日。2010年2月3日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2011-02-07 20:38 | 愛知県(300) | Comments(0)

深川神社(瀬戸市)

愛知県瀬戸市深川町は深川神社。
国道248号「紀念橋北」交差点付近。旧県社。
延喜式神名帳尾張国山田郡の深川神社に比定される。

c0182455_17012884.jpg
祭神 天之忍穂耳命、天津日子根命、天之菩卑能命、
活津日子根命、熊野久須毘売命、多紀理毘売命、多岐都毘売命、市杵嶋姫命。
創建は771年(宝亀2年)。
境内からは6世紀頃の円墳がある。
近世は「八王子社」と称していた。
梵鐘が現存し神仏習合が行われていたとみられる。
梵鐘名に「娑婆世界南部州大日国尾張山田郡内瀬戸村
伊勢天照神宮、白山妙理大権現、八王子鐘也
願以此功徳普及於一切。我等与衆生皆共成仏道大旦那瑞龍集博、
願主敬白 永享十年午戌十一月吉日」とある。
高さ約88cmで、神宮寺で用いたものと思われる。
永享10年は1438年。瀬戸市指定重要文化財。
境内社に陶彦神社、白山社、八幡社、神明社、稲荷社、秋葉社などがある。
陶彦神社は焼き物の祖 加藤藤四郎を祀る。
明治5年郷社指定。明治45年諏訪神を合祀。昭和19年県社指定。

c0182455_12363578.jpg
深川神社狛犬は国指定重要文化財。
深川神社本殿は長野県諏訪市の宮大工 立川和四郎の作で
瀬戸市指定重要文化財。
また梵鐘は瀬戸市指定重要文化財。
延喜式神名帳尾張国山田郡には羊神社、石作神社、和爾良神社、川島神社、
渋川神社、金神社、伊奴神社、小口神社など19坐が記されている。

例祭日は10月第三日曜日。2010年11月3日参拝。駐車場不明。
近隣に真宗大谷派の法雲寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2010-11-09 12:38 | 愛知県(300) | Comments(0)

田県神社

愛知県小牧市田県町は田県神社。
国道155号「小牧原」交差点を北へ向かう。
延喜式神名帳尾張国丹羽郡の田県神社に比定される。旧郷社。
c0182455_22193456.jpg
祭神 玉姫神、御歳神。
創建は不詳。
玉姫神は犬山市の大県神社の祭神である大荒田命の娘とされるが、
祭神については諸説ある。
古く「縣の森」と称された。
神宮寺は久保一色の久保寺(曹洞宗)。
明治5年郷社指定。
豊年祭は毎年3月15日に行われ、大型の男根を象った神輿が練り歩く。
現在は3月15日に行われているが、
本来は小正月(旧暦1月15日)に行われていた。
この神事は田遊びの一貫で、
全国の田遊びでは行事の中で妊娠や出産の場面が描かれる。
c0182455_22581781.jpg
延喜式神名帳尾張国丹羽郡には阿豆良神社、田県神社、
稲木神社、石作神社、伊賀々原神社、山那神社、尓波神社、
前利神社、諸鍬神社、阿具麻神社、針綱神社、
生田神社、宅美神社、鳴海柏神社、削栗神社、託美神社、
虫鹿神社、立野神社、井出神社、小口神社、塩道神社、
大縣神社の以上22坐が記されている。

例祭日は3月15日。2010年8月31日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2010-09-02 22:20 | 愛知県(300) | Comments(0)