カテゴリ:愛知県(300)( 297 )

昌全寺

愛知県豊田市五反田町(旧東加茂郡足助町五反田)は昌全寺。
国道153号「明川」交差点を南へ向かう。
豊田市立明和小学校の南東。
八幡宮(豊田市五反田町)が隣接する。
曹洞宗。宝田山。本尊は聖観音。
c0182455_09320062.jpg
当寺所蔵の「五反田大悲閣記」に依れば
大宝3年(703年)役小角が観音菩薩を安置したことに始まると伝える。
五反田大悲閣記の成立年代は不明である。
明治初年廃寺となり、明治40年再建された。
昌全寺木造聖観音菩薩像は愛知県指定文化財。
高さ121.8cm、檜材の寄木造で平安時代の作である。
五反田町には縄文時代のタニワカダ遺跡がある。
境内に宝篋印塔がある。
昌全寺という寺院名称は全国で当寺のみと思われる。

2017年7月7日参拝。駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-17 09:28 | 愛知県(300) | Comments(0)

八幡神社(豊田市五反田町)

愛知県豊田市五反田町(旧東加茂郡足助町五反田)は八幡神社。
国道153号「明川」交差点を南へ向かう。
豊田市立明和小学校の南東。
古刹 昌全寺(豊田市)と同一敷地内にある。
c0182455_09284462.jpg
祭神 応神天皇。
境内にある五反田の二本杉は豊田市指定天然記念物。
二本とも樹齢は600年以上とみられ、
樹高は33mと36mである。
昌全寺は大宝3年(703年)創建と伝える古刹である。
五反田町には縄文時代のタニワカダ遺跡がある。

例祭日は不明。2017年7月7日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2017-10-17 09:23 | 愛知県(300) | Comments(0)

江島神社(豊川市)

愛知県豊川市江島町(旧宝飯郡一宮町江島)は江島神社。
国道151号「江島橋北」交差点を南へ、豊川を渡る。
曹洞宗の法幢院が隣接する。
c0182455_08152619.jpg
祭神 菅原道真。
手元に参考になる資料がなく創建は不明。
もと「鵜飼天神社」と称していた。
社号標には「村社 天神社」とある。
江島神社のクスノキは豊川市指定天然記念物。
樹高約20mで、樹齢は300年以上という。

例祭日は不明。2017年5月15日参拝。駐車場あり。
近隣にともに曹洞宗の法幢院、大亀寺がある。
グーグルマップでは法憧院という誤字になっている。

[PR]
by sionozaki | 2017-09-08 07:44 | 愛知県(300) | Comments(0)

千郷神社(新城市)

愛知県新城市野田上市場は千郷神社。
新城市内の伊那街道「野田西」-「川田」区間の東。
読み「ちとせ」。
c0182455_08112734.jpg
祭神 応神天皇、天穂日命、廣國押武金日。
大宝年間(701年~704年)藤原公宣が鳳来寺に
参拝した際に創建した八幡社と、
永正5年(1508年)菅沼定則が創建した八幡社を
併せて設立されたと伝える。

例祭日は不明。2017年5月15日参拝。駐車場あり。
素晴らしい神社でした。
近隣に曹洞宗の法性寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-09-07 07:48 | 愛知県(300) | Comments(0)

竹生神社(新城市)

愛知県新城市杉山行時は竹生神社。
国道301号「竹生神社西」交差点のすぐ東。
三河国神名帳の「従五位上竹生天神」に比定される。
c0182455_22550021.jpg
祭神 伊邪美命、速玉男命、事解男命、菅原道真、
素戔嗚命、市杵嶋姫命、多紀理比売命、多紀津比売命、
天忍穂耳命、天穂日命、天津日子根命、活津日子根命、熊野久須毘命。
創建は延喜22年(922年)と伝える。
竹生氏が竹生郷司に就くにあたり創建したもので、
近江 竹生島神社からの勧請である。
もと「竹生大明神」と称していた。
元亀4年(1573年)野田の戦乱により本殿などを焼失した。
c0182455_07280789.jpg
境内社に八幡神社、二宮神社、多賀神社、諏訪社、伊雑神社、
若宮社、稲荷社、別山社、素戔嗚社、鷺田社などがある。
明治2年竹生神社に改称。
明治5年村社指定。
竹生神社のスギは御神木で、樹齢は400年以上と推定される。

例祭日は10月17日直前の日曜日。2017年5月15日参拝。駐車場あり。
大変に素晴らしい神社でした。


[PR]
by sionozaki | 2017-09-04 22:20 | 愛知県(300) | Comments(0)

善福寺(新城市)

愛知県新城市清岳(旧南設楽郡作手村清岳)は善福寺。
国道301号「清岳」交差点、
または清岳より一つ南の名前のない交差点を西へ向かう。
真言宗御室派。金輪山。本尊 十一面観音。
c0182455_22520897.jpg
創建について諸説あるが、
推古天皇の御代の創建と伝え、当地域の最古刹である。
もと田源山善福寺と称していたが、
天長元年(824年)真言宗二世真済が
伽藍を再興し金輪山とした。
真済僧正はこの時 仏像の手を修復して作成したことから
「作手」の地名が生まれたと伝える(現在は合併して新城市)。
この時大坊、岩本坊、池ノ坊、松本坊、中ノ坊、
下ノ坊、杉本坊の七坊を具える大寺であった。
天徳2年(958年)勅願寺となる。
その後 重源が伽藍を再興した。
善福寺仁王尊は新城市指定文化財。
仁王尊は高さ約2m80cmで、木造寄木造りである。
作者は一説に運慶の作という。
平成9年に新城市指定文化財に指定。
善福寺のボダイジュは新城市指定天然記念物。
また「善福寺縁起」を有する。境内の石塔。
c0182455_22525075.jpg
寺院の裏より文珠山城址に至る遊歩道があり、
須山のイヌツゲ、仏頭岩、雲龍ガシなど周辺に見所が多い。

2017年5月15日参拝。駐車場あり。
甘泉寺とともに大変に素晴らしい寺院でした。
これ以上の無い程の素晴らしい寺院と思います。


[PR]
by sionozaki | 2017-09-04 20:22 | 愛知県(300) | Comments(0)

甘泉寺

愛知県新城市作手鴨ケ谷(旧南設楽郡作手村鴨ケ谷)は甘泉寺。
国道301号「清岳」信号機より一つ北の
名前のない交差点を東へ向かう。
白鳥神社(新城市作手鴨ケ谷)が隣接する。
臨済宗永源寺派。翔龍山。本尊 釈迦如来。
c0182455_20102298.jpg
創建は応安3年(1370年)と伝える。
この地域の臨済宗寺院の中心寺院であり、
開山は近江 永源寺町より来た弥天永釈。
境内に鳥居強右衛門の墓がある。
新城市には臨済宗寺院が多いが、
特に臨済宗永源寺派寺院については15ヶ寺以上もあり
この数は臨済宗永源寺派寺院全体の一割以上である。本堂と鐘楼。
c0182455_20523323.jpg
甘泉寺涅槃図は愛知県指定重要文化財。
甘泉寺のコウヤマキは国指定天然記念物。
コウヤマキは現在では日本と韓国にのみ自生するが、
当寺のものは特に貴重といい国の天然記念物になっている。
全国的にみても国指定天然記念物のコウヤマキは、
当寺のものと宮崎の祇劫寺のコウヤマキの二件のみで貴重。
樹齢は約600年と伝え、1972年3月に天然記念物に指定。
境内にはシャガ又はヒメシャガが多く自生している。

2017年5月15日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい寺院と感じました。


[PR]
by sionozaki | 2017-08-28 20:10 | 愛知県(300) | Comments(0)

白鳥神社(新城市作手鴨ケ谷)

愛知県新城市作手鴨ケ谷(旧南設楽郡作手村鴨ケ谷)は白鳥神社。
国道301号「清岳」信号機より一つ北の
名前のない交差点を東へ向かう。
臨済宗永源寺派 甘泉寺に隣接する。
白鳥神社という名称の神社は愛知県新城市、
愛知県豊田市、愛知県豊川市、愛知県安城市、
岐阜県土岐市、岐阜県瑞穂市、
富山県富山市、滋賀県東近江市などにある。

c0182455_05522538.jpg
祭神 日本武尊。
手元に参考になる資料がなく、創建は不詳。
新城地域の白鳥神社の本宮は
白鳥神社(新城市作手白鳥)と考えられる。
この地域の白鳥神社は他に白鳥神社(新城市作手中河内亀田
)、
白鳥神社(新城市作手高里宮山)、白鳥神社(新城市作手清岳宮山)、
白鳥神社(新城市愛郷)がある。

隣接の甘泉寺は臨済宗永源寺派、
翔龍山と号し応安3年(1370年)の創建の古寺である。

例祭日は不明。2017年5月15日。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2017-08-07 05:47 | 愛知県(300) | Comments(0)

津島神社(新城市作手菅沼)

愛知県新城市作手菅沼(旧南設楽郡作手村菅沼)は津島神社。
国道301号「田原」交差点を北へ向かう。
その先 愛知県道35号と愛知県道337号が交わる交差点より西側。
この地域の同名社に津島神社(新城市作手善夫)、
津島神社(新城市作手保永)がある。
c0182455_05261283.jpg
祭神 須佐之男命。
もと「天王社」と称していたが、
手元に参考になる資料がなく創建は不詳。
境内社に多賀社、御鍬社がある。
社号標には「村社 式外 津島神社」とあり、大正6年の銘がある。
鳥居付近に樹齢100年以上の枝垂桜がある。
神社と直接の関係はないが、
菅沼地区には弥生期のヌメガイツ遺跡、本城室屋敷遺跡がある。拝殿。
c0182455_05293897.jpg
隣接して曹洞宗の楽法寺がある。
楽法寺は菅沼山と号し、
寛正年間(1460年~1466年)の創建である、次回行く。
神社前の愛知県道337号は国道420号線に至るが、道が狭い。

例祭日は不明。2017年5月15日。駐車可。
近隣に三十三観音堂、津島神社(新城市作手善夫)がある。
たいへん心に残っている神社です。


[PR]
by sionozaki | 2017-08-07 05:20 | 愛知県(300) | Comments(0)

大野神社(新城市)

愛知県新城市大野奥林(旧南設楽郡鳳来町大野奥林)は大野神社。
国道151号「大野」交差点を南へ向かう。
この土地は宇連川と真立川の合流地点に当たる。
同名社に大野神社(糸魚川市)大野神社(一宮市)
国生大野神社、大野神社(栗東市)などがある。
c0182455_12272110.jpg
祭神 建速須佐之男命、応神天皇、仁徳天皇など。
創建は不詳。
嘉禎9年(1243年)社殿を再建したという。
参拝が不便の為 享保年間(1716年~1735年)各村に分社した。
境内社に服部神社、郷土神社がある。
服部神社は祭神 豊受大神、天棚機姫之命。
郷土神社は地元の戦没者を祀るもので、
天神山山麓にあった穂積神社を大野神社境内に遷したものという。
明治6年村社指定。昭和5年現在の社殿が建立された。
境内にはケヤキの巨木がある。本殿。
c0182455_12274027.jpg
服部神社は神宮に奉納される赤引糸と関係のある神社である。
生糸は岡本(静岡県)に送られ、その後伊良湖から神宮に送られた。
残糸や内耳鍋などが残る。

例祭日は4月19日。2017年2月2日参拝。駐車場なし。
非常に素晴らしい神社と感じました。
大野地区の禅林寺(臨済宗方広寺派)は廃寺か。
真立川沿いに八坂神社、天白神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-27 10:38 | 愛知県(300) | Comments(0)