カテゴリ:富山県(27)( 27 )

大鋸屋神社

富山県南砺市大鋸屋(旧東礪波郡城端町大鋸屋)は大鋸屋神社。
読み「おがや」。国道304号線沿いにある。

c0182455_1939969.jpg
手元に参考になる資料がなく、
祭神など由緒は不明。

例祭日は不明。2011年9月14日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2013-09-10 19:39 | 富山県(8) | Comments(0)

高岡関野神社

富山県高岡市末広町は高岡関野神社。
三社一体の神社であり その一つ加久弥神社は
延喜式神名帳越中国射水郡の加久弥神社の論社。
他の神社は氷見市の加久弥神社。旧県社。

c0182455_15271135.jpg
伊弉冉命、速玉男命、事解男命、前田利長など。
相殿に素戔鳴命、加具土神。
三社一体の神社とは、
関野神社、高岡神社、加久弥神社の三社で、
加久弥神社は式内論社。
関野神社は1604年(慶長9年)に
水戸田村の熊野社から勧請したことに始まり、
高岡神社は1610年(慶長15年)前田利長が
高岡城鎮守の為に建立した稲荷社が始まり。
加久弥神社は「神明社」と呼ばれる境内社だった。
境内社に天満社、松尾社、住吉社などがある。

例祭日は3月15日、8月15日。2011年9月16日参拝。駐車場不明。


[PR]
by sionozaki | 2011-10-05 15:01 | 富山県(8) | Comments(0)

気多神社

富山県高岡市伏木一宮は気多神社。読み「けた」。
延喜式神名帳能登国射水郡の気多神社に比定される。
名神大社。越中国一宮。旧県社。
但し一宮は高瀬神社、二上射水神社とする説もある。

c0182455_14314154.jpg
祭神は大己貴命、奴奈加波比売命。
相殿に菊理媛神、事代主神。
当社の創建については定かでなく諸説あるが、
創建は717年(養老元年)または718年(養老2年)という。
越中国より能登国が分離した後に、
能登の気多大社より勧請したものといわれる。
よって「新気多」とも称される(日本の神々、白水社)。
神宮寺として慶高寺(真言宗)があり、
最盛期には支院約50坊が存在した。
混淆時の仏像文殊菩薩像、地蔵菩薩像、毘沙門天像は現存する。
社名「けた」を冠する神社はこの地域に多く、
能登の気多大社、越後の居多神社の語源と共通する。


奴奈加波比売命は沼河比売姫命とも書かれ、
糸魚川の能生白山神社奴奈川神社
天津神社・奴奈川神社などで祀られる。

例祭日は4月18日と9月25日。
2011年9月16日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2011-10-05 14:52 | 富山県(8) | Comments(0)

高瀬神社(南砺市)

富山県南砺市高瀬(旧東礪波郡井波町高瀬)は高瀬神社。
延喜式神名帳越中国礪波郡の高瀬神社に比定される。
越中国一宮(但しニ上射水神社、気多神社も一宮)。
旧国幣小社。旧県社。

c0182455_11354060.jpg
祭神は大己貴命。
配祀として天活玉命、五十猛命。
近世には「高麗権現」、「高麗明神」とも称した。
祭神について江戸時代より一坐説があった。
大己貴命一坐、天活玉命一坐、五十猛命一坐である。
現在は神社由緒書などでも大己貴命が主祭神で、
天活玉命、五十猛命を配祀としている。
末社に功霊殿、高瀬稲荷神社がある。

古く当社とニ上射水神社は越中で最も高い神階を誇り
昇格、叙格も同時に行われている(日本の神々)。
神階は795年(延暦14年)に従五位上、
859年(貞観元年)には正三位に昇叙。
当社を越中国一宮とする記述は鎌倉期成立の
「類聚既験抄」に依るが、
室町後期成立の「大日本一宮記」では、
高岡市の気多神社と当神を混同し、一宮としているという。
古くは両部神道の下で多くの寺院が存在したが、
北条時頼により破壊された。

例祭日9月13日。2011年9月15日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2011-10-01 13:25 | 富山県(8) | Comments(0)

級長戸辺神社(南砺市)

富山県南砺市是安(旧東礪波郡城端町是安)は級長戸辺神社。
読み「しながどべ」。不吹堂神社とも呼ばれる。

c0182455_1512821.jpg
祭神は五社大明神。創建は1675年(延宝3年)。
現社名 級長戸辺神社と改称されたのは
1868年(明治元年)のことであり、
それ以前は不吹堂神社と称した。
不吹(吹かぬ)とは、
台風が吹かない 吹かないで欲しいという意味である。
南砺市や婦負郡には似た名称の神社が多いが、
全て同じ願いによってのもの。

例祭日不明。2011年9月14日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2011-09-27 15:39 | 富山県(8) | Comments(0)

白山宮(南砺市上梨)

富山県南砺市上梨(旧東礪波郡平村上梨)は白山宮。
国道156号線沿いにある。

c0182455_20152643.jpg
祭神は菊理媛命、宇佐八幡、建御名方命。
創建は養老年間(717年~724年)で泰澄によるもの。
もとは南砺市と岐阜県白川村に跨る
人形山(にんぎょうざん)山上に創建され、
1125年(天治2年)に現在地に遷座した。

本殿は一間社流見世棚造で板葺。
棟札から1502年(文亀2年)の建立と判明している。
1921年(大正9年)に覆屋を設けており状態が良く
国指定重要文化財。
拝殿は1755年(宝暦5年)の建立である。
社宝に仏像、神像、懸仏などがあり習合のあったことを裏付ける。
33年に一度ご開帳が行われる。

例祭日不明。2011年9月14日参拝。駐車可。

[PR]
by sionozaki | 2011-09-27 12:27 | 富山県(8) | Comments(0)

住吉神社(南砺市皆葎)

富山県南砺市皆葎(旧東礪波郡上平村皆葎)は住吉神社。
国道156号線沿いにある。
鳥居を過ぎると急な階段になっており、その先に社殿。

c0182455_1430347.jpg
手元に参考になる資料がなく創建は不明だが、
祭神は住吉神社の一般的な祭神である底筒之男命、
中筒之男命、表筒之男命と思われる。
もと熊川にあり1915年(大正9年)に現在地に遷座。
奥殿は享保年間(1716年~1736年)の建立で
南砺市指定文化財。
棟梁は氷見市の清右衛門(歴史地名大系、上平村誌)。
社殿には古い建築様式が残っているという。

例祭日は不明。2011年9月14日参拝。駐車可。
すぐ近隣に皆蓮寺がある。

[PR]
by sionozaki | 2011-09-22 15:06 | 富山県(8) | Comments(0)