カテゴリ:富山県(27)( 27 )

神度神社

富山県中新川郡上市町森尻は神度神社。
富山県道61号「森尻」交差点付近。読み「かんとの」。
延喜式神名帳越中国新川郡の神度神社の論社。
他の論社は鹿島神社(富山県朝日町)。旧郷社。
c0182455_06400121.jpg
祭神 神度神、豊宇気神。
創建は702年(大宝2年)で佐伯越中守有若による。
近世は「立山社」と称していた。
神宮寺は森尻寺で、古く20以上の末社・坊を誇っていたという。
森尻寺は恐らく廃寺である。

例祭日は6月21日。2016年4月19日参拝。駐車場なし。
少し離れて「江上」交差点付近に八幡社(上市町江上)、
浄誓寺(上市町)があり共に大変素晴らしいが、
人目が気になり参拝できませんでした。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-14 22:52 | 富山県(27) | Comments(0)

日置神社(立山町利田)

富山県中新川郡立山町利田は日置神社。
富山県道3号「日置」交差点付近。
延喜式神名帳越中国新川郡の日置神社の論社。
他の論社は日置神社(立山町日中)。
「続日本紀」などに社名の見える国史見在社でもある。
同名社に日置神社(生坂村北陸郷)、 
日置神社(生坂村上生坂)、日置神社(長野市)、
日置神社(名古屋市)、日置神社(高島市)
日置神社(高浜町)、日置神社(珠洲市)などがある。
c0182455_22094786.jpg
祭神 天太玉命。また天照大神を配祀する。
創建は元明天皇の御代と伝える。
滋賀県高島市より日置部の末裔が当地に至り居住という。
797年(延暦16年)完成の「続日本紀」に
仁明天皇承和12年9月従五位下の神階の記述があり、
続いて901年(延喜元年)成立の「日本三代実録」に
清和天皇貞観2年5月正五位上、
清和天皇貞観9年2月従四位上の記述がある。
近世には「沖の御前」と称していた。
鎮座地は「利田」だが、北側の地区は「日置」という。
c0182455_16200666.jpg
社域にクリタケが生え住民が食ていたという話がある。

例祭日は9月15日。2016年4月19日参拝。駐車場なし。
近隣にともに真宗本願寺派の慶哉寺、宝栄寺がある。
たいへん心に残っている神社です。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-14 21:59 | 富山県(27) | Comments(0)

神明宮(立山町高原八ツ屋)

富山県中新川郡立山町高原八ツ屋は神明宮。
富山県道366号の大森郵便局の北側、
みどりの森保育園の南。

c0182455_21245983.jpg
祭神は天照大神。

近隣に天満宮(立山町西大森)、本願寺派の徳成寺、信行寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-14 21:31 | 富山県(27) | Comments(0)

白鳥神社(富山市寺町)

富山県富山市寺町は白鳥神社。
富山県道59号「安田」と「五福九区」区間にある。
延喜式神名帳越中国婦負郡の白鳥神社の論社。
他の論社は白鳥神社(富山市八尾町三田)。
同名社に白鳥神社(東御市)、
白鳥神社(土岐市鶴里町柿野2240)、白鳥神社(土岐市鶴里町雨沢)、
白鳥神社(土岐市鶴里町細野白鳥)
白鳥神社(郡上市)白鳥神社(瑞穂市)
白鳥神社(新城市作手白鳥)、白鳥神社(新城市中河内亀田)、
白鳥神社(新城市作手高里宮山)、白鳥神社(新城市作手清岳宮山)、
白鳥神社(新城市作手鴨ケ谷)白鳥神社(新城市愛郷)
白鳥神社(岡崎市大西)、白鳥神社(岡崎市大和町平野)、
白鳥社(豊田市榊野町宮ノ洞)、白鳥社(豊田市有間町仲田)、
白鳥神社(東郷町)白鳥神社(東近江市石谷町)
白鳥神社(東近江市市原野町)、白鳥神社(東近江市高木町)がある。
c0182455_20593051.jpg
祭神 日本武尊。創建は不詳。
社名の由来はこの地に生息していた白鷹であるという。
もと白鳥城址付近に鎮座していた。
寺町の由来は臨済宗東福寺派の崇聖寺があったことに由来する。

例祭日は4月10日。2016年4月19日参拝。駐車場なし。
近隣に真宗本願寺派の西教寺(富山市)がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-14 20:49 | 富山県(27) | Comments(0)

速星神社(富山市婦中町速星)

富山県富山市婦中町速星(旧婦負郡婦中町速星)は速星神社。
国道359号「速星」交差点付近。
ファボーレ アルプラザ富山の西側。読み「はやほし」。
延喜式神名帳越中国婦負郡の速星神社に比定される。
同名社に速星神社(富山市住吉)があるが、
神名帳の速星神社は当社に比定される。
c0182455_19284400.jpg
祭神 五百箇磐石尊(いおついわむらのみこと)。
創建は垂仁天皇の御代と伝える。
祭神 五百箇磐石尊は岩石、
社名の速星は隕石に由来する祭神名と見られるという。
垂仁天皇の時代 阿彦を討伐するため皇子を下向させたといい、
皇子は当地に居住し当社を創建という。
のち諏訪神を勧請、相殿に祀った。
明治6年郷社指定。神宮寺は婦中町長沢の各願寺常住坊。
各願寺は高野山真言宗、医王山と号し本尊薬師如来、
もと法相宗の古寺である。

阿彦の詳細は余り調べられなかったが、
垂仁天皇の時代 越の国で勢力を持っていた有力者。
南砺市高波の八幡宮が有する「高波八幡宮社記」によれば
阿彦は自らを「越の国王」と勝手に名乗り
法律を無視し市民を虐殺したという(ただし伝承)。

例祭日は4月17日。2016年4月19日参拝。駐車場なし。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-08 11:25 | 富山県(27) | Comments(0)

最勝寺(富山市)

富山県富山市蜷川は最勝寺。
国道41号線「最勝寺」、「蜷川」交差点付近。
曹洞宗。瑞龍山。本尊 釈迦如来。
c0182455_11052765.jpg
もと臨済宗系寺院で創建は1197年(建久8年)。
蜷川親直の菩提を弔うため創建された寺院で、
当地を本拠とした氏族 蜷川氏の菩提寺。
旧林崎村(現在の富山市安養坊)に曹洞宗の瑞泉寺が創建されると
曹洞宗が広まり、曹洞宗に改宗。
明応年間(1492年~1501年)のことで
新しい開
山に瑞泉寺2世の亀阜豊寿を迎えた。
関連寺院に南丹市の蟠根寺(曹洞宗)がある。
c0182455_20110443.jpg
木造阿弥陀如来立像、木造脇士観音菩薩立像、
木造脇士勢至菩薩立像を有し、いずれも富山県指定重要文化財。
阿弥陀如来立像は杉材で寄木造、高さ約101cm、
木造脇士観音菩薩立像は檜材で寄木造、
木造脇士勢至菩薩立像は檜材で一木造となっており、
それぞれは同時に造られたものでないとみられる。
時期はいずれも鎌倉時代初期という。

2016年4月19日参拝。駐車場あり。
すぐ近くに諏訪神社(富山市蜷川)がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-08 10:54 | 富山県(27) | Comments(0)

八幡宮(富山市八尾町城生)

富山県富山市八尾町城生(旧婦負郡八尾町城生)は八幡宮。
国道41号「上久保6区西」交差点を西へ、その先「滅鬼」の南。
「東八尾駅」のすぐ近く。城生の読みは「じょうのう」、又は「じょうの」。

c0182455_16413594.jpg
参考になる文献が少なく由緒は不明だが、
祭神は応神天皇と推測される。

例祭日は不明。2016年4月19日参拝。駐車場なし。
隣接に法華宗陣門流の本長寺(富山市)、
真宗本願寺派の本願寺、勝満寺、西勝寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-06 16:54 | 富山県(27) | Comments(2)

帝龍寺(富山市)

富山県富山市舟倉(上新川郡大沢野町舟倉)は帝龍寺。
富山県道67号線沿いにある。
隣接の姉倉比売神社(富山市舟倉)の神宮寺である。
高野山真言宗。船峅山。本尊 大日如来(もと十一面観音)。
c0182455_16045045.jpg
創建は702年(大宝2年)で開基は真福上人。
上人は京都嵯峨野から虚空蔵菩薩を移し開基といい、
当初大寺院であったという。
応永年間(1394年~1427年)に火災に遭い伽藍を焼失。
木造十一面観音像は高さ1mで檜材の寄木造、
墨書銘により1300年(正安2年)の作と分かっており、
保存状態も良く貴重、富山県指定重要文化財。
作者は越前の讃岐房覚乗。
絹本著色三千佛図も県指定重要文化財。

2016年4月19日参拝。駐車場あり。
県重文の十一面観音は毎年8月18日に開帳される。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-06 15:33 | 富山県(27) | Comments(0)

姉倉比売神社(富山市舟倉)

富山県富山市舟倉(旧上新川郡大沢野町舟倉)は姉倉比売神社。
富山県道67号線沿い、寺家公園内にある。
延喜式神名帳越中国婦負郡の姉倉比売神社の論社。
他の論社は姉倉比売神社(富山市呉羽町)。
神宮寺の帝龍寺(富山市)が隣接する。南側鳥居。
c0182455_14143274.jpg
祭神 姉倉比売命。
創建は嵯峨天皇の時代と伝える。
近世には「船倉神社」、「船峅神社」と称していた。
応永年間(1394年~1428年)社殿や文書を焼失、
由緒について不明な点が多いという。
神仏混淆の神社であり虚空蔵菩薩を有し、
33年に一度開帳が行われる。
この開帳時には古く虚空菩薩を神輿に搭乗という。
逆光で写真映りが良くないが拝殿。

c0182455_14382542.jpg
神宮寺に高野山真言宗の帝龍寺がある。
もと帝立寺と表記し、本尊の十一面観音は富山県指定重要文化財。
当社のある寺家公園は5、6月にはツツジの名所として知られる。

例祭日は11月15日。2016年4月19日参拝。駐車場あり。
近隣にもと真言宗系の歓喜寺、
周辺に諏訪神社(富山市横樋)、級長戸辺神社(富山市直坂)がある。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-06 13:32 | 富山県(27) | Comments(0)

高岡関野神社

富山県高岡市末広町は高岡関野神社。
国道156号「鴨島」交差点付近。旧県社。
三社一体の神社であり その一つ加久弥神社は
延喜式神名帳越中国射水郡の加久弥神社の論社。
他の神社は氷見市の加久弥神社。
c0182455_15271135.jpg
祭神 伊弉冉命、速玉男命、事解男命、前田利長など。
俗に「高の宮」と称される。
三社一体の神社とは関野神社、高岡神社、加久弥神社の三社で、
加久弥神社は式内論社。
関野神社は慶長9年(1604年)に
水戸田村の熊野社から勧請したことに始まり、
高岡神社は慶長15年(1610年)前田利長が
高岡城鎮守の為に建立した稲荷社が始まりである。
加久弥神社は加久彌神社は高岡市神主町付近にあったとされ、
明治になって関野神社に合祀され神明社と改称された。
大正8年県社高岡神社と郷社関野神社が合祀、
県社高岡関野神社となった。

例祭日は3月15日、8月15日。
2011年9月16日参拝。駐車場は不明。

参拝の記録
JR城端線・氷見線 高岡駅から徒歩5分程度。
境内は良く整備されている。


今回の旅行の参拝経路
神明社(南砺市菅沼)ー住吉神社(南砺市皆葎)皆蓮寺
白山宮(南砺市上梨)大鋸屋神社ー瑞泉寺(南砺市)ー
善徳寺(南砺市)ー級長戸辺神社(南砺市)ー長楽寺神社ー
高瀬神社(南砺市)羽咋神社気多大社
小田中古墳群気多神社(高岡市)
高岡関野神社八幡神社(高山市久々野町小屋名)


[PR]
by sionozaki | 2011-10-05 15:01 | 富山県(27) | Comments(0)