カテゴリ:散策の記録・旅日記( 34 )

名古屋市~豊田市足助町、設楽町、豊田市稲武町 国道153号、420号

9月になって少し涼しくなり、
富山東部・新潟西部または兵庫県、
長野木曽開田・岐阜高山のどこかに行こうと思っていたが、
遠出は余り気が進まないので
日帰りで愛知県内で行くことの出来る所の散策に行く。

名古屋市内から国道153号で豊田市勘八町へ。
勘八町の手前 平戸橋町には馬場瀬古墳、馬場瀬神社がある。
その先力石町の石野郵便局を過ぎると右手に鳥居が見える。
白山神社の鳥居なのだが、
社殿がなく鳥居の先はすぐ急な崖になっている。
かなり不自然だが、地図を見ると崖の上に社殿があるようだ。
その先の「中金町平古」交差点の向こうに岩倉神社がある。
c0182455_22581629.jpg

江戸時代建立の舞台が残る美しい神社。
足助までには中金寺、庚申堂、埜神社、
広見神社があってゆっくり見たかったのだが、
足助にある鰻店「川安」の閉店時間が迫っていた。
今日は家を出る時間が少し遅かった。川安の鰻。
c0182455_22585072.jpg
その後足助八幡宮に参拝し、国道420号へ入る。
420号に入って暫くしてある地域は
豊田市安実京町(あじきょうちょう)という。
c0182455_23253196.jpg

この道沿いでは民家すら少ない。
洗い越しも幾つかある。
暫く進むと国道472号と合流する。
この地区は豊田市阿蔵(あぞう)町という。
その先トンネルを越えると設楽町豊邦で、津島神社があるが、
後続車に追われていて寄ることができず。
新城市愛郷奥林までで420号とお別れ、
国道257号で設楽町中心部へ。
設楽町西納庫(にしなぐら)を経て、愛知県旧稲武町へ。
c0182455_23403944.jpg

道の駅と八幡神社に参拝して名古屋に戻りました。

更に涼しくなる10月、11月に2泊か3泊で
遠くに行きたいと思っています。
兵庫県福崎ICで高速を下り、加古川市・明石市がいい気がします。
今回は白山神社(豊田市力石町)、岩倉神社(豊田市中金町)、
足助八幡宮、足助神社、小鷹神社(設楽町)、
八幡神社(豊田市稲武町)の6か所を紹介します。
[PR]
by sionozaki | 2013-09-21 23:02 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

三重県伊勢市~伊賀市、奈良県宇陀市、田原本町、御所市 国道165号・163号・169号・24号

三重県伊勢での生活も残り少なくなった2月20日、21日奈良県へ出掛ける。
主な目的地は伊賀市の阿波神社、鳥坂神社、依名古神社、猪田神社、
宇陀市の海神社、田原本町の池坐朝霧黄幡比売神社、
橿原市の畝尾都多本神社、御所市の鴨都波神社、高鴨神社など。

津市の射山神社に行くため、まずは165号で西へ。
射山神社は名湯 榊原温泉の中にある。一旦163号に出て伊賀へ向かう。
それから長野神社、鳥坂神社、植木神社、依名古神社、猪田神社に参拝、
旧名賀郡青山町で165号に接続、名張市を経て奈良県宇陀市となる。
奈良県最初の目的地は海神社。
c0182455_162615.jpg

海神社は宇陀市室生三本松と宇陀市室生大野の2か所にあるが、
写真は室生大野の海神社。雪が降っていて宇陀付近ではあまり神社を見られず。
また雨師の丹生神社に行けなかった。この日は大和郡山に宿泊。

2日目。昨日と違い天候が良い。最初の目的地は池坐朝霧黄幡比売神社。
地元の人にとっては住宅地にある普通の神社かもしれないが、
さすがの大社であって素晴らしい。隣接の寺や民家とも良くマッチする。
桜井市・橿原市の若桜神社、稚櫻神社、等禰神社に行く予定を変更し、
田原本町に長く居て多神社、姫皇子命神社などに参拝。姫皇子命神社。
c0182455_159193.jpg

その後は畝尾都多本神社、天岩戸神社を見て御所へ。
鴨都波神社周辺の御所の人は何故か優しい人が多い。
以前御所でわざわざ車で誘導してまで道案内してもらったことがあったが、
今回も商店街の中のとある店で売り場の商品を譲って貰ってしまった。
考えてみると物を無料で貰った経験は中学の頃から良くしてきた。
御所の鴨都波神社、高鴨神社、長柄神社はいずれも
果てない感動を起こさせる神社でした。
もう高鴨神社の辺りまで来ればあと少しで大阪府に入る。
西へ行けば水越峠を経て千早赤阪村、そして富田林市なのだ。
c0182455_21011.jpg

その後日本武尊白鳥陵を拝見し、岐路に就きました。
帰りは初瀬の辺りで雪だったが、
幸いその先の榛原や青山峠では降らず。無事伊勢に戻りました。

今回は一日目に射山神社、長野神社、阿波神社、鳥坂神社、植木神社、猪田神社、
住吉神社、依名古神社、阿保親王陵、海神社の10か所に、
二日目に池坐朝霧黄幡比売神社、鏡作坐天照御魂神社、
多神社、小杜神社、姫皇子命神社、畝尾都多本神社、天岩戸神社、
鴨都波神社、高鴨神社、長柄神社、日本武尊白鳥陵の11か所に行きました。
合計の21か所すべて紹介していきます。
[PR]
by sionozaki | 2013-03-08 16:34 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

三重県伊勢市~大阪市中央区心斎橋 国道166号・24号・479号・308号

2012年のつじあやのさんのワンマンライブは、
今年も名古屋公演がなく、大阪まで行くことになった。
それでもライブをしてくれるだけでありがたい。
公演日は11月15日。14日の講義が終わってすぐに出発。

伊勢から奈良南部には津市美杉を経由する国道368号か
松阪市飯高町を経由する国道166号が最短ルートだが、
368号はいつも使うので今回は166号を選択する。
松阪市飯高町の木梶地区が三重県側最後の集落、
高見トンネルを抜けると奈良県東吉野村となる。
c0182455_18341538.jpg

奈良県宇陀市にあるとても行きたい神社 阿紀神社、
また雨師の丹生神社、安倍の若桜神社の都合で宿は桜井市に取った。
本当は大和郡山のホテルの方が安いから、郡山まで行きたかった。
松阪市から降り始めた雨はやみ、阿紀神社には無事参拝できた。
阿紀神社のある里は美しい。田舎景色だけど、どこにでもある田舎景色とは違う。
今のさまざまな状況が重なり一生忘れない神社。
c0182455_1847245.jpg

阿紀神社にゆっくり参拝していたら日も暮れて丹生神社など他に参拝できず。
宿泊先へと向かいました。

2日目は早めに桜井を出て、大阪の中心部に向かう。
奈良県内では鏡作麻気神社のみに参拝し大阪に入ったけれど、
もう少しゆっくりしたかった。最近は奈良県がとても好き。
府内は少し散策、大阪市北区南森町。
c0182455_18352165.jpg

それからライブハウスのある心斎橋に向かった。
名古屋のお蔭で都会は慣れたし、会場も初めてでない。
ちょっと選曲が好みでなくてあまり楽しめなかったけれど、来て良かった。
ライブ終了は21時で、それから夕食をとって伊勢までの帰路についた。
地図を見ると枚岡から東へ行く国道308号が最短ルートであり、
その通り進むがこの道はいわゆる酷道だった。暗(くらがり)峠というらしい。
途中国道が一方通行になる時点で何か変だと思ったけれど想像以上。
途中で折り返し、高速で生駒まで行きました。
なんとなく気分でそれからずっと伊勢まで下道。
深夜の国道ではたくさんの野生動物に遭遇した。

2012年の今回のつじさんのライブのことは、
つじあやのTOUR2012~rendezvous vol.2~(大阪)に書きました。
[PR]
by sionozaki | 2012-12-05 18:49 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

三重県伊勢市~岡山県美作市、鳥取県鳥取市、島根県松江市  国道368号・373号・9号・431号・29号・482号

11月始めの大学の文化祭の間、
学部生でなく特に関わらないので、4泊で神社巡りに出掛ける。
夏休み期間中は名古屋で働くだけだったから、
今回の休暇は楽しみのために使ってみる。
行き先は鳥取県・島根県。
鳥取の大学に在学している友人と会うことになり鳥取県西部まで行ったので、
すぐ隣の島根県の観光もできた。

10月31日(水)の講義が終わってすぐ出発。
この日は奈良県大和郡山市内に宿泊。
2012年11月1日(木)。
奈良市宝来町から第二阪奈有料道路に入って
中国自動車道を経て鳥取自動車道大原ICへ。降りると国道373号。
c0182455_9133679.jpg
ここは岡山県英田郡西粟倉村筏津。
この日は大和郡山市から鳥取県米子市までの移動などがあって
殆ど観光できず。
米子駅で待ち合わせて、米子市内に住む小学校の時の友人宅に宿泊。

11月2日(金)は島根県の観光をする。
米子市から島根県内には思いの他すぐ入った。最初の自治体は安来市。
c0182455_917938.jpg
安来市に入ってすぐの「吉佐」信号機を南に行った所に
支布佐神社があるが、良く場所が分からず道も狭く断念する。
それから揖屋駅近くの揖夜神社、松江駅近くの売布神社などに参拝後
松江市美保の関町(旧八束郡美保関町)の美保神社に。
美保神社はおそろしい程の大社であった。美保の風景。
c0182455_9583147.jpg
それから国道431号にて境港市を経由し米子市に戻る。
この日も友人宅に宿泊、夜はお酒を飲みつつ昔の話をたくさんした。
この日の経路には能義神社や武内神社、阿太加夜神社など
見るべき神社が多かったが、余り下調べもしていなかった。

11月3日(土)の4日目は、鳥取市で宿泊する予定なので米子市を出る。
米子市内では宗像神社に行かず加茂天満宮に寄り、
旧淀江町の日吉神社、大山町の名和神社に参拝。
西伯郡大山町内を走る国道9号の風車風景。
c0182455_9453123.jpg
それから国道313号にて倉吉市内に入り、
この日の最大の目的地 波波伎神社に到着。社務所。
c0182455_231366.jpg
それから湯梨浜町を経て9号に戻って鳥取市に。
また姫路神社、板井神社など重要な神社を逃してしまった。
ホテルの位置が分からず鳥取駅前をぐるぐるしたが辿り着く。

11月4日(日)の5日目は最終日。帰路だから西側に向かうのは止める。
高速道路は兵庫の朝来ICまたは宍粟ICが一番近いので、八頭郡経由となる。
宇倍神社はちょうど七五三で混雑していた。
鳥取市古郡家の中臣崇健神社も深く感動するお社。
若桜町に入る手前の八頭郡八頭町南には「丹比」という集落があった。
c0182455_2452749.jpg
若桜町では若桜神社・意非神社に参拝。
この後間違って国道482号の兵庫県美方郡香美町方面に進む、
そのおかげで舂米(つくよね)神社に参拝できた。
c0182455_2535266.jpg
舂米神社からまた29号線に戻り、
暫く南下すると兵庫県宍粟市に入る。鳥取・兵庫県境の新戸倉トンネル。
c0182455_21361591.jpg
最後に宍粟市旧一宮町の伊和神社にも参拝できました。
5日間で合計1,000km以上走行しました。
今回程の旅行は簡単には実現できないので、本当に良かった。

今回は御杖神社、売太神社、粟倉神社、澳津神社、羽島神社、
揖夜神社、売布神社(松江市)、三保神社、美保神社、
加茂天満宮、日吉神社(米子市)、名和神社、住吉神社(大山町)、
波波伎神社、田後神社(湯梨浜町)、母木神社、富吉神社(鳥取市)、
白兎神社、賀露神社、大野見宿禰神社、宇倍神社、
中臣崇健神社、若桜神社(若桜町)、意非神社、舂米神社の25社、
佛谷寺、洞光寺の2ヶ寺を紹介します。
写真は合計700枚程撮りましたがまだ足りない気がします。
中高時代頃から写真好きだったけど、
その熱がまだまだ強いことを実感したので
もっと綺麗に撮ることのできる高いカメラを買おうと思います。

[PR]
by sionozaki | 2012-10-31 22:49 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

三重県伊勢市~滋賀県甲賀市、近江八幡市、大津市、高島市、長浜市  国道1号・421号・161号・8号・306号

夏休みになって初めての旅行の行き先には滋賀県を選んだ。
一番は長野県白馬村・小谷村と
新潟県糸魚川市辺りに行きたいのだけど遠い。
滋賀県には沙沙貴神社、苗村神社、白髭神社、塩津神社など
気になっていた神社が多いので、この選択で充分良かった。

伊勢からは亀山まで出て、国道1号に沿って滋賀県入りする。
最初の自治体は甲賀市、
県境のこの辺りは滋賀県甲賀郡土山町だった。
「頓宮」交差点付近には垂水斎王頓宮跡がある。

c0182455_11461926.jpg
この道をずっと真っ直ぐ行けば、
草津市を経て宿のある大津市だが
8号線方面の阿賀神社、沙沙貴神社、苗村神社が
大きな目的地なので「徳原」交差点を北に。
国道307号に入って「御園町」交差点で421号に乗る。
国道421号近江八幡市武佐町付近。

c0182455_122358.jpg
国道421号は桑名市と近江八幡市を結ぶ国道だが、
県境付近は悪路であることで知られている。
昨年石榑峠をバイパスする「石榑峠道路」が出来たから、
一度走ってみたい。
近江八幡市安土(旧蒲生郡安土町)の沙沙貴神社は、
とても素晴らしい古社だった。
当社・当地は佐々木氏・佐々木姓発祥の地である。
宮司さんは私の名前を聞いて、
早速佐々木系列の姓であるか調べられていたが違うようだった。
私の名字は余りない名字。長野県も愛知県も20世帯程度、
三重県には多分僕一人しかいない、
宮司さんには良くして頂きました、ありがとうございます。
この日は大津市舞小浜に宿泊した。
1日目は田村神社、阿賀神社、松尾神社、
沙沙貴神社、苗村神社、左右神社、
和田神社、神田神社、唐崎神社の9社に参拝。
草津市の安羅神社は天日槍に関連する神社であり、
以前から関心を持っていたが今回は見送る。


2日目、9月5日は昨日通り過ぎてしまった樹下神社に詣でる。
この付近には樹下神社が4社あるが、このうち2社に参拝。
それから最大の目的地 白髭神社へ行き、
日置神社と酒波寺に参拝する。
日置神社は理想の神社だった。
この辺には、エンジェルズ反対の看板が目立つ。

c0182455_114947.jpg
高島には陸上自衛隊今津駐屯地があるから、
戦車か何かだと思ったら、動物愛護団体だった。
殺処分される犬を保護する特定非営利法人らしい。
この旅行の目的は自然の溢れる
高島でゆっくりすることだったが、
浅井や余呉の神社を見たいということがあり、
高島でゆっくりできなかった。
余呉、木之本、高月方面へは琵琶湖の北側を抜ける。
高島市マキノ町(旧高島郡マキノ町)の国道161号。

c0182455_124264.jpg
旧浅井郡から旧伊香郡に抜ける途中の
塩津神社には参拝したが、
その先の矢合神社(長浜市西浅井町岩熊)は通り過ぎてしまった、
この神社も式内論社である。
余呉では丹生神社へ参拝し、菅山寺方面へ下る。
この道はまだ日本にこんな所があるのかと思う様な場所だった。

c0182455_1335422.jpg
木之本では大見神社、佐波加刀神社に参拝。
こうして2日目の神社散策も終わりを迎えて、
高月(旧高月町)へ出た。
帰路は8号にて米原まで南下、彦根を経て多賀大社前の
「多賀」交差点から306号にて三重県へ。
306号の県境は予想以上に山深く、野生のシカにも遭遇した。
県境のこの峠は鞍掛峠という。県を跨ぐトンネル。

c0182455_150267.jpg
このまま国道に沿って亀山、津、そして伊勢へと戻った。

2日目は樹下神社、樹下神社、白髭神社、日吉神社、
大荒比古神社、太田神社、日置神社、塩津神社、
酒波寺、丹生神社、大見神社、佐波加刀神社の12ヶ所に参拝。
白髭神社を除く、11社寺を紹介する予定です。

[PR]
by sionozaki | 2012-09-16 05:24 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

三重県伊勢市~大台町、尾鷲市、和歌山県新宮市 国道42号

伊勢に引越して2ヶ月程が経過し、
最も多忙な時期を過ぎたので新宮市へ出掛けてみる。
2012年5月19日、20日のこと。

伊勢から新宮へは国道42号に出さえすれば、
それに沿って南下するのみ、
一本道で新宮市へと向かうことができる。
42号に出てから最初に目に付いた神社は佐那神社。
国道から見ると、小学校の脇にある小さな神社に見えるが
実際には夫婦杉や池の広がる素晴らしい神社である。
多気町を抜けると大台町。
c0182455_23194816.jpg
まずは瀧原宮に参拝する。
この先は紀北町となる。
紀北町から北牟婁郡。ここから紀伊国である。
確かに何処となく雰囲気が変わってくる気がする。
その後 紀伊長島の長島神社に参拝後、尾鷲市入り。
イオンやエイデン、スーパーが見えて来 街を感じさせる。
尾鷲市内では尾鷲神社と隣接する金剛寺に参拝した。
この日の宿泊先は新宮市内だが、
昼頃にまだ尾鷲に居ることに焦りがあったから、
熊野や美浜、鵜殿では余り寄り道せずに和歌山県入りした。
熊野川を渡って和歌山県新宮市。
c0182455_2145864.jpg

和歌山県へは人生2度目の訪問となる。
一度目は橋本市の方であるから同じ和歌山でも地域が異なっている。
左手に鈴カステラで有名な香梅堂があった。

5月20日、2日目はまず神倉神社に参拝する。
自然石を神体としている神社である。
c0182455_21215236.jpg

この地方は神内神社や花窟神社を始め奇岩が多い。
その後は昨日通り過ぎた紀宝町に戻って、
神内神社と烏止野神社に参拝。
太地町まで行くつもりだったけれど、
那智で雨に遭って断念した。
新宮市内の阿須賀神社と商店街を散策して、帰路につく。
阿須賀神社の宮司さんはとても個性的な方で、
楽器を演奏して頂いた。
帰りは強い雨に遭い、
雨の多い地域であることを実感しました。

今回の旅では佐那神社、川添神社、瀧原宮、長島神社、
尾鷲神社、飛鳥神社、木本神社、神倉神社、
熊野速玉大社、神内神社、烏止野神社、
阿須賀神社、阿田和神社、
花窟神社の15社作成します。
[PR]
by sionozaki | 2012-06-08 23:32 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

名古屋市~三重県松阪市、名張市~奈良県桜井市、葛城市

2011年11月15日と16日は三重県と奈良県へ出向く。
c0182455_12152118.jpg
まずは阿射加神社。
阿射加神社は二社あるが、写真は小阿坂町の阿射加神社。
静かな佇まいと壮大な社叢が素晴らしい。
大阿坂町の阿射加神社にも参拝後南下し気多町入り、
丹生大師(神宮寺)と丹生神社へ参拝する。
この日の宿は名張市内に取ったので、
国道368号で美杉・名張方面に向かう。
名張のこのホテルは比較的安くサービスも良く、
何度も利用している。
国道368号の松阪市飯南町下仁柿地区から津市美杉までの区間は、
狭く屈曲も激しい道である。
松阪市飯南町粥見(旧飯南郡飯南町粥見)付近。
近くには粥見神社がある。
c0182455_14125489.jpg
11月16日(水)、2日目は名張市内の気になっていた神社である
名居神社と積田神社に参拝してから、奈良県内へ向かう。
名張と榛原・桜井を結ぶ165号線は、
本当にもう何度も通っており景色も見慣れた。
奈良県内では談山神社、橘寺、久米寺、
久米御縣神社、諸鍬神社、當麻寺、
鴨都波神社の計7箇所に参拝した。
9月頃と比べると涼しい上に奈良県だから
もっと多くの寺社に参拝することも出来たかも知れないが、
一箇所毎の駐車料金や拝観料、
それから体力のことを鑑みると、これで精一杯。
道も分からぬ県での移動・運転は、思う以上に疲れる。
数ある参拝したい社寺の中でも
最も参拝したいと思っていた當麻寺は、
東塔と西塔を見事に備えていた。
c0182455_1493918.jpg
それから油長酒造を訪ねた。
今回の旅行では三重県で7箇所と、
奈良県で6箇所の記事を作ります。
[PR]
by sionozaki | 2011-11-17 12:25 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

名古屋市~富山県高岡市、石川県羽咋市、岐阜県高山市、長野県松本市 国道156号、471号など

2011年9月14日、15日、16日は富山県と石川県に出掛けることにする。
実家に帰る用事ができ、ついでに旅行できる場所を探した。
導いた結果が富山県・石川県、
目的地は五箇山と羽咋市の氣多大社。

1日目(9月14日)は、名古屋から富山県の五箇山ICへ向かう。
合掌造りのある菅沼集落はICを降りて直ぐにある。

c0182455_21235889.jpg
軒数は思ったよりも少ない。
この後156号線沿いの白山宮に参拝後、峠を越えて砺波市に。
南砺市の農村風景は福井県と同じくとても美しい。
この日は出発時間が遅くあまり散策できず。

2日目(9月15日)は、昨日通り過ぎてしまった南波市城端の善徳寺、
南砺市井波の瑞泉寺と不吹堂神社、高瀬神社に参拝後
最大の目的地である氣多大社へと向かう。
富山県小矢部市より石川県羽咋郡を結ぶ国道471号。

c0182455_21267100.jpg
交通量の少ない田舎道をゆっくりと北上。
能登最大の日蓮宗寺院 妙成寺には残念ながら参拝出来なかったが、
名神大社 氣多大社には、念願叶って参拝。

c0182455_21285959.jpg
石川県内では他に羽咋神社と
小田中古墳群(大入杵命墓)のみの参拝となった。
この日は高岡市まで出て、市内のホテルにて泊まった。

3日目(9月16日)は、高岡市野村の「かたかご」でお鮨を頂いた。
市内では気多神社、高岡関野神社のみに参拝し
高速で岐阜県高山市に向かう。
高山市から実家のある松本市へは縦貫道、
安房トンネルを使うのが一般的だが、
子供の頃良く連れて行って貰った野麦峠を走りたかったので、
高山市旧高根村を経由する。
国道361号より野麦峠(岐阜県道39号)への分岐付近。

c0182455_11304998.jpg
この峠は道が狭く、中々屈曲が激しい。そして長野県松本市へ。
時期になるとサンカヨウなどが咲く。

c0182455_20133641.jpg
野麦峠はかつて岡谷で製糸業が盛んだった頃、
多くの女工達が飛騨から岡谷へ抜ける最短ルートとして利用した。
野麦峠本当に久しぶりで楽しかったです。

[PR]
by sionozaki | 2011-09-15 21:08 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

名古屋市~滋賀県長浜市木之本・福井県小浜市 国道8号・27号線

2011年8月は福井県小浜市を目的に旅に出ることにする。
今年になり3度目の宿泊を伴う旅。
何時も行き先を決める時には参拝したい神社・寺院が
複数あることを考えているが、
若狭には重要な社寺が揃っており考える必要がない。
それから長浜市木之本にある伊香具神社にも参拝したいと
以前から思っており、行き先については困らなかった。
伊香具神社は小さな集落の外れにある大社だった。
c0182455_17451654.jpg

滋賀県内ではこの他木之本の石作・玉作神社に参拝し、
その後福井県入りする。
そして弥美神社、宇波西神社、前川神社に参拝した。
この日は一応宿をとるつもりであったが、
持ってきたノートPCのバッテリーの都合で使えず。
敦賀に戻るか小浜まで戻れば宿泊出来ただろうが
まあ車中泊でも良い気がしたので、
水とトイレと駐車場がある所で車中泊する。
名古屋に住む旅好きな敦賀のバイト先のお客さんも
出先では宿を取らないと言っていたので、
それも学生らしくて良い。
夜には名古屋では見られない星空を眺めた。
ずっと空を見上げていると流れ星も見えた。

2日目は27号に沿って朝早くから行動する。
闇見神社、須部神社、多田神社、多田寺、黒駒神社、羽賀寺
若狭姫神社、若狭彦神社、神宮寺、天徳寺と多くの寺社に参拝できた。
国道27号 福井県小浜市西勢付近。
c0182455_18332719.jpg
西勢・加斗などこの付近から見える日本海はとても綺麗。
本当は高浜町まで行き、
青海神社に行きたかったが距離・時間の都合で止めた。
舞鶴には安く泊まることができるホテルがあるので、
このまま舞鶴市入りしても良かったが、そうしなかった。
今思えば宿泊するべきだった。
こんな宛てのない旅行も学生時代しか出来ない。
最後の天徳寺に参拝後、27号を戻って「三宅」の信号より
国道303号、161号にて高島・大津に下りた。
白髭神社を右に過ぎてしまった、
ここも以前から気になっていた神社。

夏場は近間の岐阜県辺りの散策の方が良い気がしました。
[PR]
by sionozaki | 2011-08-05 17:49 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

名古屋市~滋賀県長浜市木之本、福井県鯖江市、福井市 国道365号線

2011年5月13日(金)、今年になって初めて泊まりの旅行に出掛ける。
目的地は福井県鯖江市付近。
昨年は福井県に4度訪れたが、今年はこれが1回目。
北陸自動車道の木之本以北は敦賀を経由する為に遠回りになるのと、
旧余呉町と旧今庄町を結ぶ椿坂峠・栃ノ木峠に
以前から興味があったので、
木之本まで高速を用い、以降鯖江までは国道365号で向かう。
c0182455_3145061.jpg
椿坂峠の入り口 長浜市余呉町中之郷付近。
この先からは愈々峠道らしく険しさが増す。
そして福井県入り、最初の自治体は南越前町(旧南条郡今庄町)。
c0182455_12504822.jpg
この県境付近は冬季通行止めである。
5月のこの時期でも山にまだ雪が見える。
峠を抜けてからは国道476号と重複区間となる。
深い山間の道を抜け少し開けてくる孫谷、合波付近で
福井県最初の目的地である白髭神社に参拝する。
c0182455_135294.jpg
この先湯尾、南条を越えて越前市・鯖江市入りする。
南条にある日蓮宗の古刹 妙泰寺に4年振りに参拝する。

2日目(5月14日・土)、この日も好天に恵まれる。
鯖江市西山公園の満開の躑躅の様子。
c0182455_144288.jpg
この日も同じ鯖江市内のホテルに宿を取ってあるので、
この日が中心となる筈だった。
しかし大滝神社奥之院への登山の途中、
デジカメを落として壊してしまう。
ここ最近は携帯電話や財布など立て続けに物が壊れている。
大滝神社の次の目的地だった鵜甘神社を諦めて、
国道8号に戻り家電量販店でデジカメを購入。
デジカメがないという理由で寺社散策を止めるのも変な話だけれど、
矢張り気力を失ってこの日は殆ど神社散策をしなかった。

3日目(5月15日・日)は最終日。
大谷寺、越知神社、足羽神社、藤島神社を目的に出掛ける。
ここは丹生郡越前町下糸生。
c0182455_1650265.jpg
丹生郡越前町大谷寺にある大谷寺は以前大変良くして頂いた寺院。
昨年参拝した時のことも覚えて下さっていて、
今回も発掘等の近況について教えて頂く。
住職さんと饂飩屋 はすいけ庵にて昼食を頂く。
饂飩屋さんの方の顔もすっかり覚えてしまった。福井の人は温かい。
それから福井市内にある美川酒造場に向かう。
蔵元の方にも良くして頂きました。
蔵元近くの福井ICより名古屋ICまでの帰路に着きました。

今回の福井の旅では、
白髭神社、羽太神社、妙泰寺、熊野神社、大塩八幡宮、大虫神社(1日目)、
萬慶寺、舟津神社、不老神社、大滝神社・岡太神社(2日目)、
日吉神社、大谷寺、越知神社、八幡神社(3日目)に参拝しました。

[PR]
by sionozaki | 2011-05-18 02:47 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)