カテゴリ:散策の記録・旅日記( 35 )

名古屋市~静岡県浜松市、湖西市、新城市 国道301号、1号

2015年3月2日(月)は静岡県浜松市に行く。
予報では晴れで気温も上がることが分かっていたし、
ちょうどお休みだった。
豊川ICまで東名を使う、豊川で下りてから
国道362号で旧三ケ日町へ。
まずは摩訶耶寺に参拝する。
c0182455_11054380.jpg
摩訶耶寺は静岡県でも屈指の古寺。
それから近くの浜名惣社神明宮に参拝。
「西天王町」から国道301号へ、浜名湖が見えてくる。
鷲津の本興寺を過ぎ新居。
1号の舞阪小学校の南にある岐佐神社は見つからず断念、
雄踏の息神社も車を置けず断念。
共に式内社なので残念だった。

それから東区を目指し邑勢神社、
国道257号「三方原町」を北に進み蜂前神社、
国道362号「金指西」の北 龍潭寺と井伊谷宮に参拝しました。
井伊谷宮は旧官幣中社、
隣接の龍潭寺とともにたいへん良かった。
c0182455_10472607.jpg
近くの渭伊神社、二宮神社、六所神社は今回は見送る。
帰路は国道257号線で新城、設楽田峰方面へ、
稲武の国道153号から豊田平戸橋へ出ようと思ったが、
狭い県道などを走って迷ってしまう。
この日もそこまでの計画をしていなくて地図がなかった、
旧引佐町と旧鳳来町の静岡・愛知県境。
c0182455_11062043.jpg
それでも迷ったお陰で新城市中宇利の
八幡神社に参拝できました。
c0182455_12503096.jpg
結局は1号線で豊川、岡崎を経由し、
名古屋に戻りました。
帰り道にも引馬神社、佐脇神社など目につきました、
また蒲郡、豊川、豊橋の神社も集中的に見たいです。

摩訶耶寺、浜名惣社神明宮、法源寺(湖西市)、
妙安寺(湖西市)、志都呂八幡宮、邑勢神社、
蜂前神社、井伊谷宮、龍潭寺、慈廣寺(新城市)、
八幡神社(新城市中宇利)の11ヶ所を載せていきます。
先に名古屋・蟹江分となります。

[PR]
by sionozaki | 2015-03-04 11:20 | 散策の記録・旅日記(32) | Comments(0)

名古屋市~三重県いなべ市、滋賀県日野町、愛荘町、米原市 国道421号、307号

11月21日は滋賀県東部の神社巡りに行く。
主な目的地は日野町の馬見岡綿向神社と
愛荘町の安孫子神社、多賀町の十二相神社。

名二環、東名阪で桑名ICへ、
高速を降りると国道421号線で このまま東近江市に向かう。
その前に三重県側で鴨神社(いなべ市)、真正寺(いなべ市)
石部神社(いなべ市)に参拝。
c0182455_22581648.jpg
写真は鴨神社。
3か所とも もう言葉にならない程の神社・寺院だった。
四日市市朝明町にも石部神社があって、
このいなべ市には石榑(いしぐれ)という地名がある。
更には石加神社という神社があり、
この付近が「石」の産出地であることが分かる。
東近江市に至る国道421号は
近年まで石榑峠が悪路として有名だったが、
今はトンネルが出来てとても便利、交通量も多いように思った。
c0182455_22512038.jpg
滋賀県東近江市で枚方市に向かう国道307号と交差、
307号に入り日野町に向かう。
馬見岡綿向神社は旧県社の大社である。
境内はとても良く整備されていた。
c0182455_03154676.jpg
すぐ近くに落神神社、興敬寺などがあるが見送り
302号を北に戻って愛荘町に向かう。
愛荘町には古社 安孫子神社と軽野神社がある。
軽野神社は愛荘町蚊野と愛荘町岩倉にあって
共に式内論社だが、岩倉の軽野神社には昨年参拝した。
記事が誤って「蚊野」になっていたのに気が付いた、
由諸の訂正も必要なので、一旦非公開にしました。

その後 306号を更に北へ。甲良町を過ぎて
多賀大社前の「多賀」交差点を東へ行き 国道306号に入る。
一昨年 伊勢に住んでいた頃に この道を通って
気にかけていた十二相神社に向かう。最大の目的地でもある。

c0182455_03302571.jpg
この鳥居・神社の荘厳な雰囲気には圧倒される。
当社の狛犬に「征露記念」とあるのも面白く思った。
306号は犬上と員弁を結び、このままいなべ市に出ても良いが
307号に戻り彦根へ、21号で大垣、羽島、一宮へと戻りました。
21号と8号分岐にある西円寺と、米原市柏原にある津島神社、
関が原町今須にある妙応寺も とても気になっているが、
今日はお腹いっぱいでした。

今回は鴨神社(いなべ市)、真正寺(いなべ市)、
石部神社(いなべ市)、馬見岡綿向神社、運命水神社、
阿釈院、安孫子神社、軽野神社(愛荘町蚊野)、
十二相神社、入江神社(米原市)の10か所に参拝しました。
全て掲載していきますが、
兵庫の分の残り、豊田、春日井、小牧、神奈川などあり
更新が追いつきません。

また12月には岐阜県関市、美濃市に行く予定です。

[PR]
by sionozaki | 2014-11-22 22:56 | 散策の記録・旅日記(31) | Comments(0)

名古屋市~福井県高浜町、京都府舞鶴市、兵庫県香美町、鳥取県岩美町、兵庫県新温泉町、豊岡市、京都府福知山市

2014年10月18日(土)より3日間 兵庫県但馬地方に出掛ける。
1日目の宿は兵庫県西部の美方郡香美町に取ったので、そこを目指す。
地図を見ると米原・敦賀・高浜を経由するのが一番近いように見えるし、
高浜町と舞鶴市、福知山市にも行きたいと思っていたので丁度よい。
北陸道 敦賀ICまで高速を使い、国道27号線をひたすら西へ走る。

朝は6時に出発、午前中は小浜・高浜の社寺を見ていた。
小浜の中心街を過ぎると、小浜市西勢という地域だが
国道から見える日本海の眺めがとても良いところ。
3年と2ヶ月振りの西勢地区への訪問となったけれど、
僕にとっての海は糸魚川の海岸と この西勢の海岸。
遊佐未森さんの「small is beautiful」というアルバムの中に
「ちょっと海まで」という曲があるが、
西勢の風景にぴったりくる。
とても好きな曲だけど、この海岸のことを思って聴いている。
加斗を越えるとおおい町と高浜町。もう少しで舞鶴市に入る。

c0182455_13511700.jpg
高浜町の青海神社は今年参拝した神社の中で最も素晴らしかった。
おおい町、高浜町の神社は今回は余り見ないことにする。
名古屋からそこまで遠くないから
また次のこの地域への旅行につなぐ。高浜の道の駅。

c0182455_10252830.jpg
今回の旅へは細かい計画をたてずに来てしまって、
福知山市内で迷った。

c0182455_13545955.jpg
それでも京都府道55号線等を経て、
朝来市・養父市そして香美町の宿に着く。
養父の今滝寺が気になったが、
日も暮れていたし運転疲れがあり参拝を見送る。
1日目は前川神社、円成寺(若狭町)、若狭国分寺、
若狭姫神社、佐伎治神社、青海神社(高浜町)、
中山寺(高浜町)、二子山3号墳に参拝・訪問しました。


2日目は香美町と隣接の鳥取県岩美町の神社を見て、
豊岡市に向かうことに。この日の宿も当日になって予約する。
昨夜いろいろと計画を立てたら良かったのだけど、
流石に運転の疲れがあり すぐに休んだ。
福知山市街地までは何とも思わなかったが、
夜久野、養父辺りで限界を感じていたのだった。
まずは湯村温泉の先の面沼神社に参拝、
そして2ヶ所目には御湯神社に。
国道9号を海側に走れば恩志呂神社、高山神社、
佐彌乃兵主神社、許野乃兵主神社があるが、
佐彌乃兵主神社のみに参拝し、浦富海岸に。
海岸沿いには荒砂神社がある。

c0182455_05465800.jpg
田後神社(岩美町)にも行ったが、車を駐車できる場所がない。
たとえ5分でも矢鱈に漁港に駐車する訳にも行かず、
田後港を出て国道178号で東へ東へ。
すぐ兵庫県に入るが居組、諸寄など変わった地名が多い。
もう少しこの辺りで看板の写真を撮ってきたら良かった。
食事は浜坂で摂りました。
香美町餘部の八柱神社と香美町香住区の法庭神社・帝釈寺を
見なかったこと今でも後悔している。
八柱神社は過ぎてしまって中々戻れず、
法庭神社・帝釈寺は駐車できる場が見つからなかった。法庭神社・帝釈寺。

c0182455_06201613.jpg
周りは旅館がたくさんあった、
こういう時は旅館やお店に一声掛けて、駐車させて貰えばいいのだろうか。
2日目は面沼神社、御湯神社、佐彌乃兵主神社、荒砂神社、
安養寺(新温泉町)、天隣寺(新温泉町)、彌栄神社(新温泉町)、
薬師堂(新温泉町久谷)、久谷八幡神社、堀川不動明王堂
の10ヶ所に参拝しました。

最終日の3日目は豊岡市から深夜までに名古屋に帰る計画。
まず豊岡市街地から県道703号で穴目杵神社、
穴見郷戸主大生部兵主神社、有庫神社、酒垂神社などを見る。
但馬国の一宮は 出石神社、
生まれて初めて但馬国に来て行かない訳にはいかない。

c0182455_06310420.jpg
しかし苔生した社域でのゲートボールには幻滅した。
その先の伊福部神社にも心奪われた、
伊吹山・伊福部氏にかかわる神社なのだろうが
雨の中の参拝となってしまって残念。

c0182455_06450854.jpg
帰路での一枚。兵庫県道63号線への分岐の手前、
豊岡市但東町久畑という所。
帰りは426号から逸れて、この兵庫県道63号線へ入るが
福知山市先山に至るこの峠を「神懸峠」という、
何と良い名前の峠だろう。
峠に入り大生部兵主神社がある。
それから舞鶴・高浜・敦賀を経て名古屋に戻りました。


3日目は穴目杵神社、慈等寺、穴見郷戸主大生部兵主神社、
有庫神社、酒垂神社、出石神社、
伊福部神社(豊岡市)、一宮神社(豊岡市)、
大生部神社(豊岡市但東町)、名称不明神社2社、
鈴鹿神社の12ヶ所紹介していきます。
写真は1000枚位撮りました。


この2014年もあっという間に11月手前となって
時間の過ぎる速さを感じています。
タイヤを替えないので、冬季は遠方には行きませんし
今年の社寺散策は豊作ではなかったかもしれません。
6月の福井、10月の鳥取・兵庫、、
1年間に2回しか遠方に行かなかったのは珍しいことです。
11月もしかしたら どこか行くのかもしれません。

今回の但馬地方は式内社の多いところ、
出石蕎麦も食べたかったですし、
来年辺り行かれたらいいなと思いますが、
岡山・広島・東北など未知の場所も攻めたいので難しいの
かもしれません。

新しく神奈川カテゴリを作りました、
4年前位に行った時のものを載せたいと思います。
取り敢えず西尾の社寺、笠原の社寺のあとに
鳥取・兵庫、神奈川と順番に紹介していきます。


[PR]
by sionozaki | 2014-10-19 06:03 | 散策の記録・旅日記(40) | Comments(0)

名古屋市~長野県根羽村、売木村、阿南町、愛知県設楽町 国道153号、418号

2014年10月4日(土)は長野県根羽村、売木村に行ってみる。
国道153号で旧足助町、旧稲武町を経由し、
根羽村の「月瀬の大杉」を見て、
その先418号で阿南町へ抜ける計画。
長野県へ日帰りで出掛けるのは初めて。
c0182455_02551303.jpg
旧足助町の「梶平」交差点。
1週間前にもこの付近に来ているのに続けて来てしまった。
名古屋市内には行っていない式内社・神社も多いが、
やはり田舎町の神社を見ている方が楽しい。
愛知・長野県境 旧稲武町の大野瀬町には「子持ち桂」がある。
c0182455_15245191.jpg
国道から少しだけダートを経て、「子持ち桂」の入り口。
10分位歩くと桂の木の大木が現れる。
この桂の木に至るまでの道は澄んだ小川が流れ、正に理想郷。
「全国の植物」カテゴリを作ったので、またそちらで紹介をします。
豊田市大野瀬町を過ぎると長野県下伊那郡根羽村。
c0182455_15383079.jpg
根羽村は人口が千人もいない過疎の村、
古くは三河国に属した。
根羽村平には国天然記念物の「月瀬の大杉」があり、
2009年12月以来に訪れる。
あの時は153号で松本まで帰ったのだった。
その先 平谷村の「平谷」交差点で国道418号へ、
平谷峠・売木峠を経て下伊那郡売木村、阿南町へと至る。
平谷の道の駅も根羽の道の駅も2回目、とても懐かしく思った。
c0182455_15415228.jpg
この418号線は豊川・新城方面から来る151号と交差するが、
交差する場には「道の駅 信州新野千石平」がある。
ここへは昨年の12月末 実家に帰省する際に寄った。
最短距離を通ることが目的ではないからいいのだが、
名古屋から豊川を経て151号で松本に行くより、
旧稲武町・根羽村を経て418号で
阿南町に出た方が近いのだなと思った。
今日は晴天の休日とあって道の駅の駐車場も混雑、バイクも多い。
c0182455_04474642.jpg
この道の駅付近の伊豆神社(阿南町)は何故か寄らず。
その先151号を走るが新城・豊川へ行くのは遠回りだから
途中県道で旧北設楽郡津具村、設楽町を通り旧稲武町へ。
また国道153号で豊田市平戸橋町方面へ帰りました。
この豊田の平戸橋付近の馬場瀬神社、馬場瀬神社古墳、
津嶋神社(豊田市扶桑町)、胸形神社にはまた訪問予定。

今回は神明神社(豊田市北小田町)、子持ち桂、月瀬の大杉、
月瀬神社(根羽村)、諏訪神社(平谷村)、
中当神社の6か所を紹介します。
ここ最近アクセス数がとても多い、
連日1日に200も付くのは珍しいことです。

三田天満宮の事件はとても残念に思いました。


[PR]
by sionozaki | 2014-10-05 15:13 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)

名古屋市~豊田市足助町、設楽町 国道153号、420号、473号

2014年9月27日(土)は設楽町を目的に出掛ける。

9月9日に自動車が故障し、暫くの間憂鬱な日々を過ごしていたが
漸く直り 心待ちにしていた久々のドライブをこの日 実現できた。
行き先は豊田市足助町経由の設楽町、
昨秋見逃した国道420号沿いにある
津嶋神社(設楽町)のことが気がかりだった。
この夏の不安定な天気は落ち着いて、
ここ最近は青空が続き、過ごしやすい気温になっている。
県外にも行きたいが、今月は自動車の修理代が大きかった。
153号の豊田市追分付近は工事の為に混んでいる。
c0182455_19451627.jpg
この辺を通る度に見ようと思う増慶寺と
因超寺だが、今回も見送ってしまう。
香嵐渓を越えて国道420号線へ入り、設楽町豊邦。
c0182455_19415864.jpg
目的地の津嶋神社(設楽町)である。
小さな社殿、その隣にある建物(写真左手)も美しい。
自宅へ帰って来て知ったのだが、
当社に参拝していた時間に御嶽山の噴火が起こった。
4日程前に美しく聳える御嶽山の夢を見たので、
不思議に思った。
連日放送されている王滝村へは、
子供の頃良く連れて行って貰っていた。
昨日稲沢市の草部(くさかべ)神明社に参拝したが、
その夜手にした音楽系のパンフレットに
「日下部さん」という女性が載っていたのも不思議に思えた。

420号線を戻って、阿蔵付近から473号へ進むと
旧下山村大沼である。
大沼町浜松の熊野社に参拝するが、
山の登り口に建つこの鳥居の雰囲気は
どこかの神社の風景とよく似ている。
伊勢の宇治山田神社だったか、玉城の榛原神社だったか。
c0182455_21585959.jpg
その先「東大沼」交差点北の等順寺には
近くまで行ったが参拝せず、
最後は豊田市御立町の鷲取神社に参拝し、帰宅しました。

天候に恵まれた久々の中距離ドライブは、
愛車が返ってきた喜びもあってとても楽しかった。
10月には必ず県外へ泊まりの旅へ行きますが、
行き場所は今のところ未定です。

今回は青木原神社、津嶋神社(設楽町)、
熊野神社(豊田市大沼町)、鷲取神社の4ヶ所を紹介します。

[PR]
by sionozaki | 2014-09-28 19:53 | 散策の記録・旅日記(31) | Comments(0)

名古屋市~瀬戸市、岐阜県土岐市、瑞浪市 国道363号、248号

2014年8月22日(金)は国道363号で土岐市、瑞浪市へ行く。
国道363号は名古屋市名東区と岐阜県中津川市を結ぶ国道で、
起点は環状2号「引山」交差点、終点は国道19号「中村」交差点。
途中高浜市へ向かう国道419号線と交差し、
19号「中村」交差点を東へ進めば長野県松本市、長野市へと続く。

この夏は雨の日が多く、なかなか出掛けにくいということもあったが、
それにしても余りにも出掛けていない。
瀬戸市品野町の「品野交番前」交差点までは248号と重複しており、
ここが363号分岐。その先は県境で山道は険しくなる。
土岐市鶴里町柿野雨沢の白鳥神社を過ぎると、
カーブ左手に南宮神社(土岐市鶴里町)がある。
c0182455_16044713.jpg
その先道なりに向かうと、瑞浪市に入る。
土岐市・瑞浪市の境は土岐市曽木町住久保付近。
瑞浪市に入るとすぐ豊田市・高浜市へ向かう国道419号起点、
ここには大きな美濃焼の狛犬と八王子神社(瑞浪市陶町)がある。
この辺りは昭和の大合併以前は恵那郡陶町といった。
その名の通り古くから陶器作りの盛んな地である。
c0182455_15452520.jpg
このまま363号を進むと旧恵那郡山岡町、旧岩村町である。
c0182455_22522557.jpg
津島神社(瑞浪市陶町猿爪)、
貴布禰神社(恵那市山岡町上手向)などにも
行きたかったが、水上神社(瑞浪市)まで行って帰路につく。

今回は南宮神社(土岐市鶴里町)、八王子神社(瑞浪市陶町)、
水上神社(瑞浪市)の3社を紹介します。
運転中 旧小原村の419号沿いにも多くの社寺が目に入りました。
郡上市の白山中居神社・長滝白山神社なども行きたいですが、
今回位の近場で暫く神社散策します。

[PR]
by sionozaki | 2014-08-23 15:46 | 散策の記録・旅日記(31) | Comments(0)

名古屋市~刈谷市、高浜市、碧南市 国道419号、愛知県道50号

2014年7月22日(火)は西三河の刈谷市、高浜市、碧南市へ
出掛けてみる。長野県を出て8年目だが、
高浜市・碧南市には前の会社に居た頃、少し行ったことがある程度。
この7月は全くどこへも行っていないので、この地域に出向く。
c0182455_02425128.jpg

刈谷市、知立市をうろうろして江添川を渡り高浜市。
「高浜」というともう一つ福井県大飯郡高浜町が浮かぶ。
大飯郡の手前 小浜市西部加斗に3年程行ったことがあり、
この三河の高浜市とどちらが先に行くことになるかと思っていたが、
こちらが先となった。
この辺りは味醂などの醸造業と瓦が有名な地域である。
街中を走れば、歴史的な建造物が多く見られる。
c0182455_03001601.jpg
名鉄三河線新川駅の西部を通り、新川を越えて更に南へ。
最終的には碧南市宮町の大濱熊野大神社に行きつく。
碧南駅西の大浜町・築山町には
西方寺、海徳寺、本伝寺、称名寺など寺院が多く、
九重味淋本社・蔵など独特の雰囲気があった。
食事は高浜市役所近くの「きくのや」で頂きました。
高浜市八幡町の八幡神社は車がとめられず参拝できず。

梅雨が明けて灼けるように暑いこの時期は、
愛知県内の神社を中心に散策を進めて行くつもりです。
次は瀬戸市・小牧市・一宮市・犬山市・江南市を考え中です。
また実家にも一度帰省します。

今回は大濱熊野大神社、山神社(碧南市)、西方寺(碧南市)、
吉浜神明社の4ヶ所を掲載していきますが、
5月の滋賀分、6月の福井分の掲載が終わってからとなります。

[PR]
by sionozaki | 2014-07-23 02:34 | 散策の記録・旅日記(31) | Comments(0)

名古屋市~福井県越前市、鯖江市、福井市、坂井市、あわら市、大野市 国道365号、305号、157号

2014年6月26日(木)、27日(金)福井県へ出掛ける。
2014年も折り返しの地点だが、今年は殆どどこへも行っていない。

今回の旅では人と会う計画があり基準に計画。
概ね鯖江市、福井市とその周辺を見られたら良いと思い、
行きは北陸道木之本ICで下り、帰りは大野市より国道157号線を用いる。
木之本には10時前に到着、365号沿いの式内黒田神社を左手に見て
椿坂峠・栃の木峠を越える。
滋賀県側では広峯神社1社のみの参拝となった。

c0182455_22202964.jpg
昨年の春先 岐阜の白鳥から奥越を経て、
南条までの神社散策をした際に行きそびれた
鹿蒜神社とすぐ西側の鹿蒜田口神社に参拝、ともに式内社。

c0182455_22245951.jpg
次に訪れた南越前町牧谷地区の麻気神社も静かな佇まいを見せ、
その次に参拝した日野神社も素晴らしい。
それから越前町と鯖江市の神社を少し見て、
鯖江市内のホテルへと向かい、人と会う準備をしました。
この会う予定の…というのは、同じく神社が好きな若い男性で、
時折メールでやりとりをしていた。
蕎麦を食べながら1時間程神社の話をしました。
1日目は広峯神社、鹿蒜神社、鹿蒜田口神社、真福寺(南越前町)、
麻気神社(南越前町)、浄福寺(南越前町)、日野神社、
日吉神社(越前町樫津)、八幡神社(鯖江市冬島町)、
日吉神社(鯖江市中野町)の以上10ヶ所に参拝しました。

2日目 6月27日(金)は鯖江市から福井市・坂井市方面へ。
福井市久喜津町の白山神社、
そして3年程前に近くを通った鍵岡神社を見、
海側の国道305号線に向かう。福井市大味町。

c0182455_08275898.jpg
大味町に向かう謡谷町、畠中町等は山がちで
急に真っ青な海が現れる
この日は海と空の境界が分からない程の良い天気。
「大味」信号を北上すると「弁慶の洗濯岩」と「鉾島」がある。
二つの名所は、この先も心に残る場であることは間違いないと思う。
そして鉾島の先 三国(旧坂井郡三国町)へ。

c0182455_12571511.jpg
三国では大社 三国神社、あわら市では春日神社、
大野市では中据の白山神社に参拝し、国道157号で帰路に。
前日の夜にどう行動したら効率よく神社散策ができるか考え、
導かれたのが国道157号線で本巣市へ抜けることだが、
157号は本当に酷い道だった。

c0182455_21001551.jpg
落石と洗い越しは当たり前で、
猿は道に群れ対向車のすれ違いも困難。
こんな道をひたすら3時間走って、漸く岐阜県本巣市に着く。
特に温見峠は片方が崖になっている。

c0182455_13043134.jpg
それでも何とか本巣へ出ることができました。
また次の機会に157号線を走りたい気持ちでいます。

2日目は白山神社(福井市久喜津町)、鍵岡神社、
八王子神社(越前町)、鹿島神社(福井市畠中町)、
鉾島神社、三国神社、春日神社(あわら市)、
興源寺(あわら市)、天満神社(あわら市)、
白山神社(大野市中据)の10ヶ所に参拝しました。
今回滋賀と福井で20の記事を作っていきます。


[PR]
by sionozaki | 2014-06-28 13:42 | 散策の記録・旅日記(40) | Comments(0)

名古屋市~滋賀県長浜市余呉・木之本・浅井、米原市

2014年4月13日(日)は滋賀県の湖北地方に出向く。
名古屋ではもう前に桜は散り、
春という一番良い季節を愉しめずに過ごしてきてしまったから
少し寒そうで、今が一番春の季節の湖北を選択する。

この休みに出掛けることを決めており、
もう朝8時前には木之本ICを下りていた。
名古屋から木之本までは大して遠くないと何時も思う。
湖北地方へは三重県の伊賀地方と並んで、
大学3年頃からもう何度も足を運んでいる。
まずは余呉湖を散策しようとすると、
国道から余呉湖へ向かう道に神社が見える。
式内社 乎彌神社・乃彌神社である。
この神社についてはこの日初めて知った、
この付近には式内社が多くすべては把握していないのだった。
乎彌神社・乃彌神社社務所。
c0182455_19295835.jpg
そして余呉湖を一周する。
c0182455_19483055.jpg
そして上丹生の丹生神社、鉛練比古神社へ。
上丹生の丹生神社、意波閇神社たいへん素晴らしい神社でした。
意波閇神社参拝後は国道8号の木之本ICの辺りに戻り、
木之本町廣瀬、河合を抜けて石道寺、神前神社へ。
神前神社は催事の準備中で居づらく、すぐ車に戻った。
今日見る予定の神社は残り三輪神社と波久奴神社。
旧高月町馬上あたりから浅井の三輪神社までは、
県道278号が通っていおり安心していたが、
擦れ違いできない位に細い峠道で心配になった。
c0182455_19553009.jpg
三輪神社は何故こんな奥地に鎮座しているのだろう、
不思議な立地にある。
次の目的地の波久奴神社も彷徨っていると見つける。
この波久奴神社も地方の立派な神社でした。

他の神高槻神社、上許曽神社などはまた次の機会に。
今回は乎彌神社・乃彌神社、丹生神社(長浜市余呉上丹生)、
鉛練比古神社、意波閇神社(長浜市余呉)、神前神社(長浜市)、
三輪神社(長浜市)、波久奴神社、若宮八幡神社(長浜市高畑町)、
伊吹神社(長浜市)の9社に参拝しました。

[PR]
by sionozaki | 2014-04-20 19:32 | 散策の記録・旅日記(31) | Comments(0)

名古屋市~豊川市一宮町、新城市、東栄町、長野県阿南町、松本市 国道151号、153号

昨年のお正月は実家に帰らなかったが、
両方の祖母も大分高齢であるし、
離れた場所で一人暮らしをしていれば
両親でさえ殆ど会わない状態であるので
今年は帰郷することにする。12月30日のこと。

ただ高速を使って実家まで帰っては勿体ないので、
神社散策をしつつ松本へ。
三河の大社 砥鹿神社へはまだ行ったことがないので、
名古屋から豊川までは東名、
豊川から松本までは国道151号を走ることに。
旧一宮町の砥鹿神社は一宮だけあって壮大な神社だった。
国道151号は暫く宇連川に沿う形となる。
昨夏の渇水の際にはこの川の名やダムの名前を良く聞いた。
その先を進めば新城市を越えて北設楽郡東栄町となる。
c0182455_17252072.jpg
東栄駅の辺りで国道から逸れて駅の方へ行ってみるが、
住宅も多くない。
東栄町の中心は駅の方ではなくて、役場のある場所の方なのだろう。
町内では本郷にある諏訪南宮神社にのみ参拝する。
道を進んで行くと、「すれ違い困難」という看板を何度も見る。
東栄町と豊根町を繋ぐ太和金(たわがね)トンネルのこと。
c0182455_17344911.jpg
豊根村を過ぎれば愈々長野県に入る。
長野県最南端下伊那郡阿南町である。
新潟の村上市の人が上越・糸魚川のことを良く知らないように、
三重の桑名や四日市の住人が伊勢や熊野のことを良く知らないように、
長野県でも松本の人間には、
阿南町が何処にあるか分からない人が多いだろう。
阿南町には今回初めて来る。
151号の愛知・長野県境 「新野峠(にいのとうげ)」では、
突然雪が現れる。しかも路面にも雪がある。
c0182455_17352999.jpg
阿南町からは天竜峡を経て飯田の街になる。
その先伊那からは伊那ICで中央道へ、
松本ICまで高速を使いました。

大晦日は松本市内の祖母の家で家族・親類と過ごし、
2日には千曲市の佐良志奈神社、智識寺に詣でました。
長野県の神社、寺院はこれから紹介していきます。

[PR]
by sionozaki | 2014-01-26 17:44 | 散策の記録・旅日記(31) | Comments(0)