昌全寺

愛知県豊田市五反田町(旧東加茂郡足助町五反田)は昌全寺。
国道153号「明川」交差点を南へ向かう。
豊田市立明和小学校の南東。
八幡宮(豊田市五反田町)が隣接する。
曹洞宗。宝田山。本尊は聖観音。
c0182455_09320062.jpg
当寺所蔵の「五反田大悲閣記」に依れば
大宝3年(703年)役小角が観音菩薩を安置したことに始まると伝える。
五反田大悲閣記の成立年代は不明である。
明治初年廃寺となり、明治40年再建された。
昌全寺木造聖観音菩薩像は愛知県指定文化財。
高さ121.8cm、檜材の寄木造で平安時代の作である。
五反田町には縄文時代のタニワカダ遺跡がある。
境内に宝篋印塔がある。
昌全寺という寺院名称は全国で当寺のみと思われる。

2017年7月7日参拝。駐車可。


[PR]
by sionozaki | 2017-10-17 09:28 | 愛知県(306) | Comments(0)
<< 速入寺 八幡神社(豊田市五反田町) >>