津島神社(新城市作手菅沼)

愛知県新城市作手菅沼(旧南設楽郡作手村菅沼)は津島神社。
国道301号「田原」交差点を北へ向かう。
その先 愛知県道35号と愛知県道337号が交わる交差点より西側。
この地域の同名社に津島神社(新城市作手善夫)、
津島神社(新城市作手保永)がある。
c0182455_05261283.jpg
祭神 須佐之男命。
もと「天王社」と称していたが、
手元に参考になる資料がなく創建は不詳。
境内社に多賀社、御鍬社がある。
社号標には「村社 式外 津島神社」とあり、大正6年の銘がある。
鳥居付近に樹齢100年以上の枝垂桜がある。
神社と直接の関係はないが、
菅沼地区には弥生期のヌメガイツ遺跡、本城室屋敷遺跡がある。拝殿。
c0182455_05293897.jpg
隣接して曹洞宗の楽法寺がある。
楽法寺は菅沼山と号し、
寛正年間(1460年~1466年)の創建である、次回行く。
神社前の愛知県道337号は国道420号線に至るが、道が狭い。

例祭日は不明。2017年5月15日。駐車可。
近隣に三十三観音堂、津島神社(新城市作手善夫)がある。
たいへん心に残っている神社です。


[PR]
by sionozaki | 2017-08-07 05:20 | 愛知県(306) | Comments(0)
<< 白鳥神社(新城市作手鴨ケ谷) 洞禅院(恵那市) >>