石雲寺(新城市)

愛知県新城市名号(旧南設楽郡鳳来町名号)は石雲寺。
国道151号「名号」交差点を西へ、その先国道沿いにある。
臨済宗方広寺派。水源山。本尊 釈迦如来。
セツブンソウの咲く寺として知られる。
c0182455_12211557.jpg
創建は永禄元年(1558年)と伝える。
「名号」の地名は その昔弘法大師が名号を書いたという
伝説に由来している。
お盆に大団扇を背負って
太鼓や鉦を鳴らして踊る「放下」という行事がある。
当寺のセツブンソウの見頃は概ね2月始め、
セツブンソウについては花・植物カテゴリで紹介する。

2017年2月2日参拝。駐車場あり。
周辺に六所神社(新城市名号丹野)、諏訪神社(新城市川合中貝津)、
曹洞宗の智蔵院がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-27 10:20 | 愛知県(300) | Comments(0)
<< 大野神社(新城市) 釣月寺 >>