釣月寺

愛知県新城市副川奥双瀬(旧南設楽郡鳳来町副川奥双瀬)は釣月寺。
愛知県道32号「海老」交差点を南へ、
その先NTTの施設のある交差点を東へ向かう。
臨済宗方広寺派。双瀬山。本尊 釈迦如来。
c0182455_19172648.jpg
創建は応永元年(1394年)と伝える。
応永6年(1399年)の寄進状(釣月寺蔵)に釣月庵の名が見える。
当山ではマムシが出没する。
新城市は110以上の寺院があり 比較的多い様に思う。
特に臨済宗永源寺派寺院は15以上もあり
この数は臨済宗永源寺派寺院全体の一割以上である。

2017年2月2日参拝。駐車場あり。
周辺に諏訪神社、海老神社、曹洞宗の東泉寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-04-26 19:18 | 愛知県(291) | Comments(0)
<< 石雲寺(新城市) 白鳥神社(新城市愛郷) >>