神田神社(篠山市)

兵庫県篠山市大山上は神田神社。
篠山市・丹波市市境の国道176号鐘ヶ坂トンネルの篠山市側、
大山上地区に鎮座する。読み「こうだ」。旧県社。
延喜式神名帳丹波国多紀郡の神田神社に比定される。
同名社に神田神社(上市町)、神田神社(東員町)、
神田神社(大津市真野)、神田神社(大津市真野普門)、
神田神社(大津市本堅田)などがある。

c0182455_18444064.jpg
祭神 大己貴命。
創建は大宝2年(702年)。
もと現在地より北側に鎮座していたが
応保2年(1162年)現在地に遷座した。
近世は「一宮神田大明神」と称していた。
天正6年(1578年)明智光秀の大山城攻撃により焼失した。
神宮寺として神宮寺(宗派不明)があった、
神宮寺の仏像等は近隣の高蔵寺(丹波市)に移されている。
明治12年郷社指定。昭和3年県社指定。
例祭では当社近くの二宮神社(丹波市)で神輿渡御がある。

延喜式神名帳丹波国多紀郡には櫛石窓神社、神田神社、
川内多々奴比神社、大売神社、佐佐婆神社、
二村神社、熊按神社の9坐が記されている。

例祭日は10月9日。2016年10月12日参拝。駐車可。
周辺は社寺が多く日蓮宗の園林寺、
高野山真言宗の大乗寺、浄土宗の本来寺、
浄土宗西山深草派の浄土寺、味淵神社、追手神社、
天台宗の高蔵寺、二宮神社、池尻神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2017-02-16 18:36 | 兵庫県(68) | Comments(0)
<< 加茂神社(丹波市市島町上竹田) 高仙寺(篠山市) >>