佐々尾神社

京都府亀岡市宮前町神前障子は佐々尾神社。
国道372号「宮川」交差点を北東へ、
または国道9号「千原」交差点を西へ向かう。
神社前の京都府道73号に佐々尾神社前バス停がある。
c0182455_11244203.jpg
祭神 天照大御神、応神天皇、天児屋命。
創建は不詳。
もと笹尾という地に鎮座していた。
応仁元年(1467年)応仁の乱により社殿は荒廃し谷ノ奥に遷座、
更に正徳5年(1715年)現在地に遷座した。
境内社に大山祇命社、素盞鳴命社、市杵嶋姫社、
天満宮、仁徳天皇社がある。
仁徳天皇社は乳の神として婦人の崇敬が篤かった。
神宮寺に神護山慈眼寺(天台宗)があった。
慈眼寺は神仏分離により明治初年廃寺となる、
仏像はすぐ東にある宝林寺・寳林寺に移り国指定重文。
「宝林寺と佐々尾神社一帯」は亀岡の自然100選。
c0182455_11262112.jpg
宝林寺・寳林寺は臨済宗大徳寺派寺院で、
曹渓山と号し、創建は寛文年間(1661年~1672年)。
木造釈迦如来像、木造薬師如来像、木造阿弥陀如来像は
佐々尾神社神宮寺の慈眼寺にあったものである。
また宝林寺石造九輪塔は鎌倉時代後期のもので、
もと宝釈寺(廃寺)にあったものである。
またすぐ近くに「宝訳寺」という地名が残る。

例祭日は10月17日。2016年10月11日参拝。駐車可。
非常に素晴らしい神社と感じました。


[PR]
by sionozaki | 2017-02-03 11:23 | 京都府(29) | Comments(0)
<< 岩城神社(亀岡市) 観音寺(能勢町) >>