岐尼神社

大阪府豊能郡能勢町森上は岐尼神社。
国道173号「栗栖」交差点を西へ向かう。
蓮華寺(能勢町)の東側、観音寺(能勢町)の北側にある。
旧郷社。読み「きね」。
延喜式神名帳摂津国能勢郡の岐尼神社に比定される。
c0182455_13431359.jpg
祭神 天津彦彦火瓊瓊杵尊、天児屋命、源満仲。
ほか天照大御神、応神天皇、伊邪那岐命、
伊邪那美命、大国主命、猿田彦命など多数(合祀神)。
創建は不詳だが、延暦元年(782年)と伝える。
社名「岐尼」の由来は岐尼神が降臨の際に
臼の上に杵を渡し荒菰を敷いて迎えたことによる。
当初は現地より西の今西に鎮座していたという。
天文18年(1549年)塩川伯耆守と能勢小重郎が戦った
岐尼の宮合戦の際に社殿や書物を焼失した。
近世は「枳根大明神」と称していた。
境内社に住吉神社、稲荷神社などがある。
明治5年郷社指定。明治40年神饌幣帛料供進神社指定。
明治40年近隣の20社以上を合祀した。

瓊瓊杵尊像を有する。
背後に「奉勧請瓊々杵大明神至元卯九月吉日」という墨書がある。
「至元」という年号は中国の年号で、
日本国内に使用される例は少なく貴重である。
古く神仏習合しており神宮寺として白雲山神宮寺があった。
神宮寺や多くの塔頭は天正年間(1573年~1591年)に廃寺となったが、
一塔頭の成就院は明治まで残った。
延喜式神名帳摂津国能勢郡には岐尼神社、
久佐佐神社、野間神社の三坐が記されている。

例祭日は4月15日。また1月10日に十日戎祭がある。
2016年10月11日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい神社と感じました。
近隣に狐塚古墳、臨済宗妙心寺派の少林寺、
日蓮宗の蓮華寺、高野山真言宗の観音寺がある。
当社前の大阪府道602号を西へ向かうと兵庫県猪名川町に着く、
猪名川町にも今後行く予定です。


[PR]
by sionozaki | 2017-01-31 13:28 | 大阪府(15) | Comments(0)
<< 蓮華寺(能勢町) 如来寺(篠山市) >>