伊智布西神社

京都府舞鶴市桑飼下は伊智布西神社。読み「いちふせ」。
国道175号「大雲橋北」交差点を南へ、
その先突当りの「大雲橋南」交差点を京都府道55号に沿い東へ向かう。
府道55号は舞鶴市上東で国道175号「藤津」交差点に合流するが、

この区間に西から武内神社(福知山市)、十倉神社(福知山市大江町二箇)、
伊智布西神社、藤津神社が鎮座する。
延喜式神名帳丹後国加佐郡の伊智布西神社に比定される。
c0182455_08164276.jpg
祭神については諸説あり道振命、
伊邪那岐命と伊邪那美命という説がある。
905年(延喜5年)造営という。
近世は「市布施明神」と称していた。
境内社に稲荷神社、三柱神社、神明神社、兵主神社などがある。
付近では明治40年由良川が氾濫被害を受けている。
延喜式神名帳丹後国加佐郡には奈具神社、伊智布西神社、
弥加宜神社、倭文神社、大川神社、高田神社、阿良須神社、
笑原神社、麻良多神社、三宅神社、日原神社の11坐が記されている。

例祭日は10月10日。2016年10月10日参拝。駐車可。
近隣に縄文期の桑飼下遺跡がある。


[PR]
by sionozaki | 2017-01-11 21:29 | 京都府(30) | Comments(0)
<< 阿良須神社(福知山市) 倭文神社(舞鶴市) >>