法順寺(若狭町)

福井県三方上中郡若狭町脇袋(旧遠敷郡上中町脇袋)は法順寺。
国道27号「脇袋北」交差点を南に向かう。
当地域には国指定史跡 脇袋古墳群、勝手神社(若狭町)がある。
真宗大谷派。霊仙山。本尊 阿弥陀如来。
c0182455_18485038.jpg
創建は永正年間(1504年~1521年)で開基は了円と伝える。
もと真言宗寺院で、
山号を霊松山と号し正法寺と称した。
天正年間(1573年~1593年)法順寺に改称した。
法順寺木造十一面観音立像は国指定重要文化財。
高さ104.5cmで製作の時期は平安時代後期という。
昭和3年旧国宝に指定(現在は国重文)。

2016年10月10日参拝。駐車場あり。
この地域や若狭地方一帯はたいへん美しい所で心に残っています。


[PR]
by sionozaki | 2016-11-15 18:50 | 福井県(90) | Comments(0)
<< 新年のご挨拶(平成29年) 野坂神社(敦賀市) >>