矢川神社(甲賀市)

滋賀県甲賀市甲南町森尻(旧甲賀郡甲南町森尻)は矢川神社。
読み「やがわ」。旧郷社。神社のすぐ西側を野洲川が流れる。
国道307号「庚申口」交差点を南へ向かう。
延喜式神名帳近江国甲賀郡の矢川神社に比定される。
c0182455_17524435.jpg
祭神 大己貴命、矢川枝姫命。
ただし祭神については諸説ある。
創建は不詳だが一説には天平年間(729年~748年)といい、
甲賀杣・矢川津守護の神社として創建という。
当社の棟札に
「矢河宮建立寛喜二年歳次庚寅上棟九月三日勧進聖人弁覚并氏人等敬白」とあり、
「矢河社」と称していたことを示している。
近世には「矢川大明神」と称していた。
また当社は「甲賀雨宮」の別号がある。
杣川の河岸段丘上に奉斎されたことや
祭神 矢川枝姫命とも関連するものと考えられ、
杣川水系の水神・川神であることを示している。
神宮寺には矢川寺があった。神楽殿と本殿。
c0182455_18571648.jpg
矢川神社楼門は滋賀県指定有形文化財。
滋賀県下には例の多い三間一戸楼門で、
屋根は入母屋造の茅葺である。
社記によれば文明4年(1472年)大和国布留郷五十余村から
雨乞いの実った返礼として寄進されたものである。
矢川神社棋書杣人図・山水図は滋賀県指定文化財(美術館に寄託)。
神宮寺の矢川寺の書院にあったもので横井金谷の作である。
矢川神社太鼓楼は甲賀市指定文化財。
社蔵の文書から寛文11年(1671年)の造営と判明している。
大型の石造橋として貴重である。
ほか鎌倉期の神像などを有する。

例祭日は5月1日。2016年7月19日参拝。駐車場あり。
すぐ近くに浄土宗の海蔵寺、近隣に屋船神社がある。
今年(平成28年・2016年)参拝した神社の中では
佐久田神社、大野神社(糸魚川市)、星宮神社(郡上市)、
那比新宮神社、津野神社(高島市北仰)、八木神社(愛荘町)、鈴休神社、
長孫天神社とともにたいへん素晴らしい神社でした。。


[PR]
by sionozaki | 2016-09-08 18:47 | 滋賀県(170) | Comments(0)
<< 関川神社 西音寺(甲賀市) >>