帝龍寺(富山市)

富山県富山市舟倉(上新川郡大沢野町舟倉)は帝龍寺。
富山県道67号線沿いにある。
隣接の姉倉比売神社(富山市舟倉)の神宮寺である。
高野山真言宗。船峅山。本尊 大日如来(もと十一面観音)。
c0182455_16045045.jpg
創建は702年(大宝2年)で開基は真福上人。
上人は京都嵯峨野から虚空蔵菩薩を移し開基といい、
当初大寺院であったという。
応永年間(1394年~1427年)に火災に遭い伽藍を焼失。
木造十一面観音像は高さ1mで檜材の寄木造、
墨書銘により1300年(正安2年)の作と分かっており、
保存状態も良く貴重、富山県指定重要文化財。
作者は越前の讃岐房覚乗。
絹本著色三千佛図も県指定重要文化財。

2016年4月19日参拝。駐車場あり。
県重文の十一面観音は毎年8月18日に開帳される。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-06 15:33 | 富山県(27) | Comments(0)
<< 八幡宮(富山市八尾町城生) 姉倉比売神社(富山市舟倉) >>